起きがけに飛び出たことば

数日前のこと。

朝、目覚まし時計が鳴る少し前に目が覚めた。ふぅっと目が覚めて、そのときに「ぽっ」と飛び出てきた単語。

ピエトラ。

ピエトラ・ドゥーラ。

まだ頭はぼぅーーーーーっとしていたのに、実際に口に出して言っていた。ピエトラ、ピエトラ。。。え?ピエトラ、何? え〜っと、ピエトラ・ドゥーラ。って。

寝起きに見る夢とかって、起きた瞬間にしゅっと消えてしまうことが多い。でもこの「ピエトラ・ドゥーラ」は顔を洗っているときにも、その単語だけ残っていた。何なんだろうと思い、Pietra Duraで検索してみた。

そしたらそういう言葉があった。

硬い石の意で,宝石やメノウ,カルセドニー,ジャスパー,ラピスラズリなどの貴石およびその細工品を指す。複数形のピエトレ・ドゥーレpietre dureは数種の宝石・貴石を組み合わせた細工品を指す。イタリア以外のヨーロッパ諸国では誤って単数形で,いろいろな種類の宝石・貴石の細片を一定の意匠に従って組み合わせたパネルのことを意味する場合もある。 印章,装身具,装飾小箱などが古くからこれらの貴石から作られた 【コトバンクより】

16世紀にローマで始まった貴石を用いた工芸技術で、主に床や壁に幾何学模様などが描かれ、後に16世紀後半にかけてはフィレンツェで最盛期を迎えたらしい。で、17世紀にはインドにも伝わって、タージマハルの壁の装飾、あれもPietra Duraなんだそうな。このサイト(→☆)には詳しくピエトラ・デュラの説明がしてあって興味深い。

どこかでちらりと見た言葉なのかな。不思議。

こんな言葉を私が勝手に「作り出す」ということはないのだろうし。

目で見て脳のどこかに情報として残っていたけれど、見たときには意味のある情報としてはプロセスされていなくて、ただ言葉だけが壁にぺっとくっつけられた付箋のように、ランダムに残っていたのかなぁと。それが起きがけの、まだ眠っている脳がぷっと吐き出したのかなぁ。

というので、新しい言葉をひとつ学んだのでした(笑)

でさ。どうせ飛び出てくることばなら、「どこどこにある木の根元に宝あり」っていうようなドキドキするようなメッセージだったらいいのに〜、なんて。まぁ、そんな「せこい」ことを考えるようなひとには、お宝メッセージなんて届かんわな(笑)

かわいいゲウムちゃん。

*おまけ:ミミズコンポストより*

週末にやっと、「ふるい」を買ったのでーす。で、みみずちゃんたちを古いにかけて、Black Goldと呼ばれるミミズのうんちを回収。きれいだ〜。

ミミズコンポスト・みみずちゃんのうんち回収

今日もいいお天気。

しようしようと思いながら手を付けることができなかったこと:「ミミズコンポストのみみずちゃんうんちの回収」作業をやったー☆

ミミズコンポスト・Vermicompostを開始したのは去年の8月、お盆の頃。→記事

最初の3〜4ヶ月は、みみずちゃんたちがコンポストに慣れて活動リズムを作るためにそっとしておいた。2週間に一度ほどのペースで野菜くずなどをあげ、全体の湿り具合だけは注意していた。握って絞ったスポンジ程度の湿り具合がいいんだそうな。

丁度いい「ふるい」がないので、少しずつ敷物の上に出して、みみずを取り除き、土(Worm Castings、みみずのうんち)を袋につめた。地味な作業で面倒だな〜って思ってきたけれど、いざ初めてみるとみみずちゃんたちの元気な様子や、きれいに分解されて「うんち」になった野菜くずに一人で感動してしまった。

ミミズコンポストはベースメント(屋内)に置いておいた。ま、いえば、過保護に育てているともいえるみみずたちの住処。このうんち回収ついでに、外においているコンポストの中身も調べてみた。そっちの方は適当に枯れ葉をぶちこみ、野菜くずも何でもかんでも容赦なくいれ、もちろん冬の間も外の気温そのまんま。それでも!みみずたちがいるんよね〜。屋内のミミズコンポストのみみずよりも数は少ないものの、太くてたくましい!ぷりぷりしてる!

いやぁ。驚いた。バラエティのある餌をどんどん入れて、もう少し水分量を増やしてもいいのかな、寒くても大丈夫なんだな、って気づいたのでした。

コンポストの容器に枯れ葉、完全に分解されていないコンポストや野菜くず、みみずたちを入れて新しいサイクルスタート☆ また頑張って働いてね〜。

ミミズコンポストから回収した「うんち・Worm Castings」は肥料としても使えるし、苗床用の土にも良いらしい。肥料として使うときには、一握りほどを植木のまわりに撒いて土になじませる。苗床用の土に使う場合は、「ピートモス(またはココナッツファイバー):Worm Castings」を2:1の割合で混ぜると良いんだって。やってみよう。

ほ〜ら♡

Black Gold とも呼ばれるWorm Castings。

ほんの少しキャベツの芯などが残っていたけれど、それ以外は全て分解されてたよ〜。ありがとう、みみずちゃんたち!

今日もほぼ一日、わしわしと春への準備に励みました。

↑↑ は、ちょっとだけ広くした花壇。こうやってすこ〜しずつ、草刈りする面積を減らしている(笑)

こぼれ種から発芽したラークスパー。冬を超えたたくましい子たち。

こうして去年と同じように春の準備の庭仕事ができること、とてもありがたい。

週末おやつは、アップルソースマフィン。秋のリンゴで作ったアップルソースで。しっとりとする。

良い一週間になりますように。

ミミズコンポスト・1ヶ月後

ミミズたちを迎えてVermicompost・ミミズコンポストを始めてから、約1ヶ月がたった。

気になるでしょー? (笑)

最初の二週間は餌(野菜くずなど)を与えずに新居に落ち着いてもらった。最初にミミズコンポストをスタートしたときに、完全に分解されていないコンポスト(庭のコンポスター)を半分入れたのでそれで十分だろうと思って。二週間たってから容器の左半分に餌を入れ始めたよ♪

餌やりは週に一度、週末にする。

「みみじゅちゃ〜ん、ごはんでちゅよ〜」

野菜くずやコーヒーかす。↑の黄色いバケツに入っているコーヒーかすは、近くのカフェからもらってきたもの。庭のコンポストにも入れようと思って何度か頼んだ。スタバにも行ったよ〜。変なこと頼んで断られるかなぁ、と少しためらいもあったんだけど、思い切って聞いてみると「たくさんあるからいつでもバケツおいてっていいよ〜」って言ってくれた。ありがたい。

さてさて、ふたを取ると。

ぬぬぬっ。脱出しようとしているみみずちゃんが数匹。

ミミズコンポストを置いているワークショップ(物置き+ワークベンチがある小さなスペース)は、電気を消すと真っ暗(そう、写真の暗室にできそう)なので、こうやって容器の上の方まで上がってきていても不思議ではない。

でも逃げちゃ駄目でちゅよ〜。

一番上には湿らせた新聞紙をかぶせている。これは乾燥を防ぐため。新聞紙もミミズは食べます。

新聞紙を外すと。結構表面でもニョロニョロしている子たちがいる。

↑↑これはまだ二週目。最初に入れた枯れ葉がまだたくさん形を留めている。

左側をほってご飯をあげるよー。

で。

一週間後見てみたところ。

大きな野菜の欠片はまだまだ残っているけれど、葉っぱ類はほとんど形をとどめていなかった。

右側には餌を入れず、分解が終わったら(食べるものがなくなったら)ミミズたちがゆっくりと餌のある左の方に移動するかな、と思って。実験中。

このコンポストね、全然臭くないよ。蓋を開けて顔を突っ込んでも臭くない。

無臭、というわけではなくて、なんちゅうか「雨の後の森の道のような匂い」かな。

右側の方は随分細かく分解され、「Black Gold」とも呼ばれる「ミミズのうんち」が見られるようになった☆ これが草花たちにとってはとても栄養価の高い肥料になるんだって。

みみずの「おうんち」さまさま。

来週か再来週には少し「ふるい」にかけてこのミミズのうんちを集めて袋にまとめてしまおうかな。と思ってます〜。来春までは、ゆっくりのペースでミミズたちに働いてもらい、畑の野菜に使える分の肥料が集められたらいいな。Black Gold Project、でござーい。

リモートワークのときとは違い、洗濯やら掃除、買い物、料理なんやらが全部週末に山積みになってしまう。みんなやってることなんだし、私だってリモートになる前はやってたことなのに、なんでこんなにしんどいのだ。

するべきこと・したいことを簡単にリストにあげ、それを見てげんなり。台所周りを見渡しただけでも「あそこも、ここも。。。汚い。。。」と、自分をどんどん追い詰めてしまった。あれもこれもしなきゃ!と、その思いにあっぷあっぷしちゃって、とても不効率な時間の使い方をしてがっくりしたりイライラしたりして。心に余裕がなくなるとこんなもんだ。

保存版チョコバナナブレッド、また作った。

で、今朝「はっ」と気づいた。

全部やろうと思うからしんどいんやわ。一つか二つ、できれば良しとしよう。台所も、一箇所きれいにすればそれでいい。散らかってるから汚いからって病原菌がわきだすわけでもないしー。

一つだけすればいい、って思ったら「ほっ」として、二つ三つ、気持ちよくすることができた。

台所は一つの棚の上をきれいにしただけだけど、いい気分になった。それでいいや。

良い一週間になりますように〜☆