お上品なシナモンロール【レッスンより】

12月にシュトレンのオンラインレッスンを受けた@classmapan教室で、今月は「シナモンロール」を教わった☆

のですが。。。「前日に生地を仕込んで冷蔵庫へ」というステップを「前々日」にやってしまい、大きくフライング。どーするどーする。。。冷蔵庫で8〜15時間ってレシピには書いてある。でも、オンラインレッスンの時間まで待ってたら26〜27時間冷蔵庫発酵になっちゃう。それに、そうするとカナダ時間では夜だし、アーカイブを見てやろうと思ったら翌日になるから。。。ということは35時間?!ぎょえーっ。

で、レッスン当日の動画は「成形」の工程がメイン。それを見ることができないまま、前もってもらっていたレシピを見て「こんな感じかな〜」と作ってみた。シナモンロール(シナモンバン)は「北米スタイル」のを作ったことがあるしな、と。

生地を仕込むところまでは数日前にアップされていた動画を見ることができたので、ありがたかったです。こういう生地の扱いかた、捏ね方の「Tip」を教わることができたので。

レッスンレシピなので、ここではシェアできないけれど、こんな風よ、というのを見てくださいませ♪ 「北米の庶民のごっつい甘いシナモンロール」とは違い、これはとってもお上品なシナモンロール!

焼き上がり、in the oven!

冷蔵庫で発酵させるときに、四角いタッパーにいれるといいです、ということ。そうすると、成形のときに長方形を作るのがとても楽なんだって。確かに、丸い生地を四角くすると「uneven(不均等)」になりがちだ。で、私の持っていた四角いタッパーは浅かったんだけど、それで無理やり。。。

この冷蔵発酵が終わった時点で、1.5倍ほどに膨らんでいると良いそうです。私のはそこまで膨らんでなかったんだけど、わからないままフライングで続行。自己流で生地を同じ厚みになるように伸ばした。

焼き上がったロールを見て、開口一番、「先生っ!とんがってますっ!」

やどかりだ〜。

こんなにとんがってもいいのか???

でも、私が今まで作ったどんなパンよりも、焼き上がりの色がとてもきれいだと思った。

塗り卵」を茶こしで濾してあげること。それをぬったあとに、少し乾かしてからオーブンにいれるといいんだって♪

で、トッピング。先生は「アイシング」と「クリームチーズ」の2つを紹介されていた。

シナモンロールのトッピングといえば、やっぱりクリームチーズよなぁ〜♡

と、レシピの倍量を用意して、こんもり。焼き上がってまだ暖かいうちにのせちゃった。

トッピングしたあとで「ずり落ちてきたら笑うよな。。。」と、少々焦ったんだけど、そんなこともなく。ほっ。

あとでゆっくりとアーカイブ動画をみせてもらって、この投稿に覚え書きをメモしようと思う。

少し冷めたところで、待ちきれなくなって味見することにした!

生地の外側は「しゃん」としている。パリっ、ではなく、しゃんと、そんな感じ。甘さは控えめの生地なので、食べているとシナモンの風味が口の中にふわんと広がる。美味しい♪ コーヒーよりも紅茶に合いそうだ。ミルクティがいいと思う。お上品な美味しさだ!

「ちょっとブリオッシュみたい」とも思った。トッピングをさ、ブリオッシュにのっているようなもの(あれはなに?)に変えたらどうかなー。なんて。

北米のシナモンロールに慣れちゃっていると、この「お上品なシナモンロール」はブリオッシュみたいだ、と思っても不思議ではない。トッピングをせず、一つ一つラップでくるんで冷凍すると、食べたいときにまた温めて楽しめるんだって。冷凍庫にそんなお家パンが眠っていると思うと嬉しいねー。このレシピの牛乳をチャイティーに変えてみるバージョンも紹介されていたので、先生の動画を見たあとで、復習のためにもう一度チャイティーバージョンで作ってみよう☆

青山先生、大きくフライングしましたが。。。今回も楽しかったです!ありがとうございました。

Gusも(笑)。

精一杯背伸びをして、めっちゃ見てるし。。。

元気な一週間を!!

ネズミ捕りと懐かしいものと、スティックパンと。

週末、ガレージの奥を掃除した。相方の本やレコードや食器の入ったダンボールや、使わない椅子やエクササイズの道具などが積み上げられているガレージの奥。。。あぁ、もういっそのこと全部捨ててしまいたいという思いもあるものの、大半が相方の思い出のものだったりしてねー。

そのコーナーも含めて「Shop-Vac」という、ガレージやワークショップ用の掃除機をガンガンかけた。先週で3度目のShop-Vacタイム。

というのもね。。。2週間ちょっと前にですね。。。ふとガレージのドアを開けてぎょっっっとした。

ラット(どぶねずみ)たちのウンチがっ!!! あちこちにウンチっ!!!

あぁ、気分が悪くなったー。冷たいところで保存しておこうと、ガレージにニンニクとかぼちゃを2つ、リンゴを2ダースほど置いておいたのが原因。かぼちゃです、かぼちゃ。今までこんなことなかったのに、かぼちゃにかじりついて、その「種」が目当てだったみたい。リンゴもいくつかかじられてた。餌のあるところには何度も出没し、糞をしまくり、巣を作ってどんどん繁殖する。。。

ネズミ捕りを仕掛け、ネズミの嫌うウルトラソニックの超音波を発する機械を電源に差し込み、すぐさまネズミ捕り対策! 翌日一匹捕獲。Shop-Vacで掃除、その翌日ももう一匹、掃除。。。と繰り返し、一週間立ってようやく落ち着いたみたい。ウンチももうない。まだどこかにひそんでいるのかなー。

まだなんだか気持ち悪くて、またShop-Vacを出してきて掃除をしていた週末。

ガレージの奥の棚の上にこんなものが置いてあった。

防水マッチ。

なんか、かわいい。マッチの先の色も、パステルグリーンで。

これ、相方が昔々にバックパッカーやってたときのものだ。40年以上も昔のもの?

すってみたら、火がついたから使える。

私たちの非常時用のバックパックに入れておくことにした♪

それから、こんなオーナメントも。ひとつ、ぽつんと棚の上に置いてあった。

かわいい☆ どこかに吊るしてあげたい。

今年はクリスマスのお飾り。。。どうしよう。コロナコロナで、例年よりも早いうちからクリスマスのデコレーションやライトアップを始めている人がたくさんいるそうな。我が家はまったくその気配なし。クリスマス気分ゼロ(というか、マイナス20くらいです)。3日ほど前になったらお尻に火がつき、心にも「灯」がともるかな。。。

もうひとつ、懐かしく古く捨てられないもの。

小さな「ほっかいどー巾着」♡

これね、私が小学生の頃に母に旅土産にもらったもの。なんでまだ持っているのか不思議で仕方がない。私がまだ持っているということは、最初にカナダに留学した時にも持っていて、上海に引っ越したときにも一緒で、そしてまたビクトリアに戻ってきたときにも捨てられずにいた、ということ。ずっと裁縫道具の中に入っていたから、というのも理由なんだけど。今はこの小さな巾着にGusのうんち袋を詰め込み、リードにくっつけて使ってます♪ この間洗ったらきれいになった。

季節的なものなのか、最近、昔なつかしのものや味を思い出し恋しく思う。

で、今日は昨日仕込んでおいた「ミルクスティックパン」というのを焼いてみた。吉永麻衣子さんのレシピで、「冷蔵庫で一晩発酵、翌朝焼ける」すごく簡単でおいしそうなパン♪

コレを焼いてみたくなったのも、あの懐かしの「かにぱん」が食べたくなったから。

でも、残念ながらこのミルクパンはかにぱんとは少し違っていた。これはこれで素朴で好きなので、吉永さんの簡単なパンはまた試してみたい。

もうひとつ。なつかしの「バナナカステラ」も食べたいよぅ。

同世代なら知ってるはず。

あぁ。。。これこれ。写真見てるだけであのあま〜いバナナの香りがここまでとどく。あぁ、一時帰国したらこれ食べる!

夕食は、シュペッツレの練習をしてみようと思って、1ヶ月ほど前に作った煮込みハンバーグとシュペッツレをもう一度♪ あのときにくまさんからもらったアドバイスとビデオを参考にして作ってみた〜。シュペッツレ用の道具はないので、まな板から「しゃっしゃっ」と切り落とすやり方で。必死!ナイフだとうまくいかなかったので、パン作りにつかう長方形のヘラで!

前回のよりも「にょろり」として少し上手になったと思う☆

さぁ、あと一週間ほど、ガレージにShop-vacかけ続けるよー。私の気の済むまで!

気持ちのいい土曜日に。おしゃべり投稿。

気持ちのいい土曜日だった。

朝から快晴で、冬の光もまぶしくて、気持ちが軽い。

Gusも嬉しそうに耳をはためかせて走ってた♪ うん、駆け足したくなる土曜日だった!

明日からまた下り坂で、来週はずっと雨マーク。今日はなるべく外でできることを、まだお日さまが高く上っているうちにすませた。寂しい冬の裏庭で、まだ元気に咲いているサルビアの一種「ホットリップス」。

小さな株がとなりにでてきたりするので、それをレスキューして別のところに植えてあげると、ひと夏でぐんと大きくなる。サルビアは鹿も食べないので、前庭にも4つほどある。ミツバチもバンブルビーもハチドリも大好きです。

ピンクのセダム「オータム・ジョイ」を刈り込んでいると、足元に小さなきのこ。

なんでもないこういう小さな発見がうれしい。

これからがシーズンのヘレボラス。キンポウゲ科のクリスマスローズ属、ってWikiに書いてある。地面からにょきっと出てきてすぐに、ツボミをもちあげる。

色んな種類、色あい、形があるヘレボラス。どうしてこんなに寒くなった時期に花を咲かせるんだろうって、いつも思う。大好きなので、少し違う色合いのものもほしいなぁ、なんて思うんだけど、ヘレボラスってすごく高い。なんでも「こぼれ種でどんどん増える」らしいんだけど。。。うちのは増えてないようにみえる。株分けできるのかな。冬の庭は寂しいので、少し増やせたらいいのになー。

話は変わり。

一週間ほど前に父にプルオーバーのセーターを贈った。フライフィッシングギアを専門にしているOrvisっていうブランドのもの。相方が好きで「これいいんじゃない?」って。私もこの色は父によく似合いそうだったので、迷わず選んで送った。それが今日届いたらしい。

それで珍しくお礼のメールがはいっていた。お母さんに「いつ着ようかな」って聞いたらしい。そしたら「いつまでも大切にとっていないで、普段に着たほうがええで」という答えが返ってきたそうで、メールには:

次の京都学の大学リレー講座に出向く時に着ることにする。
実は、今日(12月5日)京都大学のフィールドワーがクあって、木造建築で明治の初期に建てられた家屋(数個の茶室を合体させたもの)を見学し、その一部を改修された建築設計師の事務室を訪問し、いろいろな話を聴きました。
今年の講座テーマは「なんで京都に来はったんどす?」で、アメリカ人やイタリア人が日本の文化・歴史に魅せられて、現在日本の大学で教鞭を執っておられる講師もおられます。

って書いてあった。父は数年前から「京カレッジ・京都学講座」というのに参加している。これがとても楽しそうなのです。基本講座10回の費用が1万円。講座ごとにトピックがあり、その分野に長けた専門家がリードされるんだけど、とても興味深いみたい。日本にいたら父と一緒に参加してただろうなぁと思う。次の講座のときにこのセーターを着てくれるのかと思うと嬉しい。地味な色ばかりあわせて「らくだ」みたいになっているのを見たことがあるから(笑)。歳をとったら明るい色をきてほしい。

そうだ。レッスン、というと。。。

今日はこの間インスタライブで受けた、初のパンレッスン「ごはんパン」の復習もしてみた。

前回は生地が手にくっついて焦ったんだけど、今回はそんなこともなく、とてもスムーズにいった。膨らみも前回よりもよく、いい感じに焼けた。とてもシンプルなパンなのに美味しいのです。冷めて、何もつけなくても、おにぎりを食べるように食べて美味しい、そんなパン。

来週はシュトレンのレッスンを同じ先生から受けるんだけど、今夜は(日本時間の午後1時)そのための準備のライブを見せてもらった。質問も気軽にできるのでとてもありがたいです。来週、ちゃんとシュトレン焼けるかなー☆

あ、ちょっと見て。今朝、買い出しに行ったときに「ホリデーコーナー」で見つけた「Holiday Chai」。衝動買い。。。どんなもんか、明日飲んでみよう。

でね、見てほしいのはこの左側の「チェリーのカップ」。チェリー?相方はチェリーのカップって呼んでるけど、こうしてみるとチェリーと言うよりプラムっぽい。

この大きめのカップ。実は相方のおじいちゃんの「マイカップ」だったんだって。もう80年以上にもなるもの。壊したら嫌だからって使わないでいたんだけど、今朝突然使ってみたくなって出してみた。持ちやすく、セラミックの厚みも分厚すぎず薄すぎず、丁度いい。相方が「僕が子供の頃、おじいちゃんがこのマグでコーヒーを飲むのを見ながら、”あのマグ、めっちゃでかいな。。。”っていつも思ってたんだけど、こうしてみるとそうでもないか。」って言っていた。

マイカップとして使ってみたいけど、雑なわたしなので、かんっとどこかにぶつけて割ってしまいそうだから…やっぱり戸棚に戻そうかな。でも使ってあげたい気もするんよね。

なんだかまたとりとめのないおしゃべりになってしまった。こういう投稿にはどういうタイトルをつけりゃいいのか困る… んで、「そのまんま」のお題です。

初めてのパンレッスン♪

そうなのですっ。生まれてはじめて「パン作りのレッスン」っていうものに参加させてもらった〜♪ あぁ、この歳になっても「生まれてはじめて」っていうのは楽しいね〜。

出向いていってレッスンに参加する、となると「構えて」しまいがちなんだけど、私の参加したのはオンライン、しかもインスタグラムのライブのクラス☆ インスタのアカウントから申し込んで、レッスン専用のアカウントをフォローして、予定の時間になると先生がそこに登場されて実践を見せてもらえるっていう設定。いやぁ、なんという便利な世の中!コロナで規制が始まってから、オンラインのクラスやレッスンがぐぐっと増えたことは、コロナのありがたい副産物だと思う。こうして海外からでも受けられるんだもんねー。

私が今回受けたのは「@classmapan」さんの「ご飯パン」。そしてこのレッスンのことをわざわざ教えてくださったのもインスタを通して知り合った@nekonote_bakerさん。SNSさまさまだわ〜。で、レッスンは日本時間の午後1時だったので、一緒にすると焼き上がるのが夜の11時以降になりそうで。で、私はライブで工程を見せてもらって、作ったのはアーカイブ配信を見ながら翌朝(今日)。

で、レッスンを見せてもらって思ったのは、やっぱり先生が作られている手先を見せてもらうのってすごく勉強になるっていうこと。あと、作りながら話されている「こつ」や、道具の使い方とかも、「あぁ、そっかぁ〜」ってうなずいてしまった。こういうのって、自分でレシピを読んだりYoutubeで動画を見ているだけではわからないことだなぁ〜って。

でね、同じようにやってみたんだけど、どうも私の生地は手にくっついて。先生は「硬めの生地だから扱いやすいはずです」って言っていたので、「な。なんで。。。」と焦った。それに、二次発酵後も、先生のみたいにぽっこりと膨らんでいなくって、「なんでこんなにぺちゃんこなーーんっ!」と。。。

↑↑ 二次発酵後。左端に移っている「刷毛」は棒の部分を綿棒代わりにして使った(笑)。丁度いい太さだ!とひとり感動していた。

あんまり膨らんでいなかった感じだけど、オーブンの中でそれなりに膨らんでくれた〜♪

わーい♪

ご飯が入っていて、中はもちもちで、外は叩くとコンコンといい音。

で ♡♡

ちゃんと赤ちゃんのお尻みたいになった。

とてもシンプルな材料で作れるので、何度か試して自分ごのみの焼き具合を見つけてください、という先生のメッセージ。最近、パンを焼いていなかったし、こうして手捏ねで焼くのは本当に久しぶりで、それがまた楽しかった。

何もつけずに一つ食べて。で、バターだけをぬって、食べて。お腹いっぱいになってしまった。

これから天気の悪い日が続くので、こういうパン作りは気持ちもほっこりとするし、家の中もいい匂いになって幸せだ。12月には同じ先生のシュトレンのレッスンにも参加させてもらうよ♪ あまり難しくない「発酵菓子ぱん」のようなシュトレンなんだそうで、これも楽しみ☆

夜はお腹が空いていなかったのでサラダだけだったんだけど。

最近、サラダにリンゴとマッシュルーム(生)をたくさん入れて食べるのにハマっている(笑)。うちのドレッシングはバルサミコ+オリーブオイル+ディジョンマスタード+ちょっとジャム。サラダボールににんにくをこすりつける(こすりつけるだけでかけらは入れない)。うん、リンゴの甘味とキノコの旨味?がグッドです。

*おまけ:すっごい久しぶりに。ビリー・ジョエルのPiano Man。

あぁ、なつかしい。なんだか色々と思い出す。

元気な一週間を!