2016年 今年のハーブベッド模様・春

今週はずぅっとお天気がイマイチで寒かったっ! そのせいか、少々体調を崩し、気分も下降気味。ところが今日の午後からスカッと青空♪ 気温も上がった〜。もうそれだけでルンルンです。お日さまパワーの偉大さに気づく。今週末は3連休☆ 嬉しいな〜。

さて。一年を通してブログを見ていると、春から夏にかけては「庭ネタ」が多い!晴れていたら外にでているし、雑草抜きやら種まきやら、「害獣退治」やらで忙しいから〜。

記録もかねて、今年の春のハーブベッド。

2016年ハーブベッド

確か、この何もなかった芝生の一角を「耕し始めた」のが3〜4年前だった。芝を引っぺがすのがしんどかった~。そこに、少しずつ主にハーブを植えていった。この春は、それぞれが成長して全体的にこんもりとなり、ハーブベッドらしくなったよ♪

ほとんど計画性もないので試行錯誤の繰り返し。一年経って上手く育たなかったものもあれば、ミントのように広がりすぎる問題児もいて目が離せなかったり。植物の背丈を把握していなくて、背の低いものが高いものの後ろにかくれてしまったり。それを植え替えると、一年後なんだか元気を失ってしまったり。

2016年ハーブベッド

あーでもないこーでもない、と動かしながらようやく落ち着いてきた感じ。でも、カモミール、ボリジ、イタリアンパセリはこぼれ種であちこちに出没。チョコレートミントと普通のミント(?)も気をつけないとすごいことになりそう。ローズマリーも先週末にばっさりと切った。 これからは広がり過ぎないように、隣同士のハーブたちがぎゅうぎゅうにならないように、注意をはらっていかなくちゃいけないなー。そんなステージかな。

2016年ハーブベッド

えーっと。うさちゃんは相変わらず出没している模様。ハーブは食べてないけど。。。唯一、カモミールの葉っぱが少しかじられているみたい。ふむ。

ハーブベッドではないけれど、黄色いバラの近くに種から植えて育てたビオラさんたち。5つ苗があって、そのうち4つはうさちゃんにボロボロに食べられてしまった。慌ててネットをかけて、かろうじて1つだけは大きく育ってくれている。

2016spring_flowers1

あんな小さな種から、こんなにいっぱい花が咲いたー♪ かわいいなぁ。

あ、そうそう、かわいいというと。今日、仕事が終わって自転車置き場まで歩いていた時のこと。お母さんと3歳くらいの女の子が手をつないで歩いていたのね。女の子がね、お母さんを見上げて「I love you, Mommy.」って。

お母さんが、「I love you too, sweetie.」と答えると、女の子が

I love you a Lot Lot Lot More!!!」って。

なんてかわいいんだろう〜。思わず顔がほころんだ。いいなぁ、こどもって。

2016spring_flowers3

去年、どうしても庭で見てみたいな〜って思って種を蒔いて育てた「キンギョソウ」。去年はイマイチだったのに、そのイマイチさんからこぼれた種から育った今年の花。元気です。植木鉢の中で育ってるよー。2年ほど前に見かけて買ってみた「Renee’s Garden」っていうブランドの種。ミックス種が好き♪ レタスやインゲンもココのものをトライ。お花は少し変わった可愛らしい品種で好き。たとえば、コスモスだったら、花びらが少し変わっていたり、スイートピーもフランスの種類だったり。上のビオラもここの種。

2016spring_flowers2

そうだ。こぼれ種組の花たちというと、この(↓↓)二つも。右はフォックスグローブ、よね? あちこちに出てくるー!しばらくは雑草だと思って引っこ抜いていた。。。左は、なんだろ? これはしっかりとした黒い種で、何もしなくてもまた翌年出てくるヨ。

2016年ハーブベッド

週末、何しようかなー。温かくな〜れ♪

皆さんも、良い週末を!!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

6月はじめの庭の花

5月のはじめに職場でがらっと「再構成(?)」があり、それからなんだか妙にバタバタと忙しい。気持ちが「wound up」したまま家に帰る。ねじ巻きのおもちゃのねじを巻き過ぎた状態。家に帰って相方と話すスピードやリズムが異常にスピーディで、その私の wound up したスピードに付いてこない相方にイラついたりする。Gusと散歩に行き、夕食を食べて、相方と一つドラマを見る頃になってようやく気分が解きほぐされて居眠ってしまう、というパターン。だったら早く布団に入ればいいんだけど、ここで一つポストをアップするという作業が、リラクゼーションだったりするのです。調律、してくれる。

芍薬

今日の写真は先週撮ったものなので、この花たちは今日の姿よりも若々しくみずみずしい。うちの庭の芍薬も、先週はまだこんなまん丸のつぼみだった。きゅぅ、っていう音が聞こえそうなくらい、しっかりとつぼんだ蕾。ご近所さんは、薄い桃色や真っ白の芍薬を育てていて、きれいだなぁ〜ってうっとりと眺めてしまう。特に白い芍薬のあの「まろやかな白」がたまらない。

去年の秋の終わりにハーブベッドで「場所替え」をした。大きさや背の高さをバランスよく整えようと思って。そんなことをした為か、今年は無理やり移動させられたハーブの花たちは元気がない。ショックだったんだろうな。

で、植え替えなかったものたちは、とても元気。このイングリッシュタイム(↓)は、ここに越してくる前に住んでいたところから持ってきたもの。古い古い株です。

junegardenflowers2

うちには2種類のタイムがあるけれど、私も相方もこのイングリッシュタイムの方を好んで食べます。どうにか種をとって、少し増やしたいな、って思うものの、上手く種の収穫ができません。ふむ。

チャイブ

チャイブは6月に入ると、ドライフラワーのようにぱさついてくる。振るとかさこそと種の音がする。

芍薬の花

あんな小さな蕾の中から、これだけのレイヤーの花びらがでてくるんだから、マジックです。そうそう、写真の「背景ボケ」の「ボケ」って、英語で「boke」っていってそのまま使われているんだよー。最近知りました。How to create a great “boke effect” (どうやって上手くぼけ効果を出すか)みたいな風にして。あはは。

あと2日っ!

*Doodle Marathon update:bad posture bad hair →☆

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

2013年・ハーブのまとめ

去年の4月に「開拓」したハーブベッド(→当時の様子☆)。一年目だった去年の春・夏は、植えたハーブもそこそこにしか育たなかった。マジョラムなんて、苗を買ってきて植えたけれど、数センチ大きくなっただけで黄色く枯れてしまった。

そのハーブベッド、このシーズンには、苗と苗の間の土が見えなくなるほどそれぞれが大きく育った。

2013年ハーブベッド

春から夏にかけて、ハーブたちの成長の様子を眺めていました。このベッドに植わっているハーブはというと:

  • イタリアンパセリ
  • オレガノ
  • セージ
  • レモンタイム
  • チャイブ
  • いちご
  • ローズマリー
  • マジョラム
  • ボリジ
  • カモミール
  • チョコレートミント
  • スパニッシュラベンダー
  • フェンネル(勝手に出てきた)

Wow. こんなにも植わってたんだ〜、と書きだしてみて驚いた。

2013年ハーブベッド

どれも、去年の2倍以上の大きさになったと思う。で、今年特に気づいたことというと、ハーブの背丈をきちんと計算せずに植えてしまった。ということ。それぞれのハーブたちが、どれくらいのスピードでどれくらいの背丈に成長するのか、ってことを苗を植えるときにもう少しちゃんと考えればよかった。例えば、スパニッシュラベンダーは、去年の3倍くらいに大きくなったけど、ものすごい勢いで背を伸ばしたローズマリーとマジョラムの後ろに隠れてしまった。

2013年ハーブベッド

去年、全く元気のなかったマジョラムは、新しい芽をたくさん出してふさふさの緑に茂った。マジョラムって花が咲くものと咲かないものがあるのかな。私のには色のついた花は咲かなかったヨ。

2013年ハーブベッド

この緑色の葉っぱには、独特の香りがあり、卵料理にも使ったし、野菜の酢漬けを作るときに一房いれておくととてもいい香りがついた♪ 柔らかい葉っぱがきれいです。

オレガノは、薄い桃色のと白いのがあったはず。でも今年は桃色の方がぐんぐんそだっていたヨ。

2013年ハーブベッド

花がたくさんついて、その重みでくたっと倒れてしまったり。オレガノは広がるので、気をつけてコントロールしなきゃいけない。あ、そう言えば、この花を乾燥させてオレガノティーにするといいらしいヨ。来年は試してみよう!

ハーブをたくさん植えたいと思うのは、ハーブを使ってお料理をするからというよりも、私の場合は「みつばちたちに提供したいから」という理由のほうが大。この島だけでなく、世界のあちこちでミツバチの数が激減している今、少しでもミツバチの住みやすい環境提供に参加できればと思って。

2013年ハーブベッド

どのハーブの花にも、ミツバチは必ずやってくる。ぶーん、ぶーん、という羽音を聞いていると幸せな気分になる。ボリジにも今年もたくさんやってきた♪ ボリジは去年のこぼれ種が芽を出しました〜。

フェンネル(↓)だと思う。そんな香りがしている。どこから種が飛んできたんだろう。植えた覚えもなし、庭のどこにも植わってないんだけどな。鳥のフンかな〜。

2013年ハーブベッド

細い茎のてっぺんに開いた黄色い小花が、夏の花火のようにかわいらしい。ひょろひょろで、お料理に使えそうでもないけれど、この花にもハチが集まっていたので今年は放っておきました。

ことし一番の「愛らしかったで賞」をあげたいのは、チョコレートミントの花。

2013年ハーブベッド

小さくて、薄紫がかっていて、綿帽子のようなこの花、今年初めて咲きました〜。チョコレートミントは、直植えにするとそこらじゅうにどんどん広がっていくので、鉢の中に植えて鉢ごと土に埋めている。そのせいか、去年はあまり元気がなかったのです。今年はこうして頑張って花を咲かせてくれて、本当にかわいらしい。

もう少し涼しくなって、草花が休む季節になったら、ハーブたちの背丈を考えて植替えをしてみようと思う。それから、ハーブというと、みんな直射日光がばんばんあたるところを好むのだろうと思っていたけれど、一概にそうではないらしい。。。足元が少し影になっている方が元気に育つのもあるんだよね。「クラスの席替え」じゃないけど、ハーブたちの性質を踏まえて場所替えをしてあげないといけないなぁ〜って思ってます。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

咲いた咲いた

去年の夏の終わりに「来年の春には種を植えて、花を咲かせるぞ〜」って楽しみにしていた、カモマイルとボリジ。

どちらも、ミツバチが好む花だから。という理由で。ハーブの花にはたくさんミツバチが集まってきて、庭に出ていて、あのブブ〜んっていう羽音を聞くと嬉しくなるのです。

どちらもまだ寒かった春先に種を植えて、なんとか芽を出して。

ようやく咲いた♪

カモマイルの花

カモマイルの種なんて、ゴマ粒の20分の1ほどの「粉」だもん。去年も一昨年もうまくいかなくて、花をさかせるところまでたどりつかなかったのです。

かわいらしいなぁ。

それから、初めて種を植えてみたボリジ。

ボリジ

薄い青紫色した星の花。ひとつの種から芽を出した苗が、すんごく大きくなった。茎の太さなんて私の親指の2倍くらいあるよー。今日、写真を撮ろうと近寄ったら、ミツバチが集まっていた。うれしいなぁ。

ボリジは、花をサラダにいれたりして食べるらしいけど、おいしいのかな。きゅうりの味がするらしい。葉っぱには小さな毛が生えているので、そのまま食べたら絶対に口の中がチクチクするでしょう。調べてみると、乾燥させたボリジの葉っぱを使ってお茶にして、それを飲むと胸がスッキリして咳がとまるらしい。同じように、乾燥させた葉っぱをボールにいれて、沸騰したお湯をいれ、顔をその上に持って行ってタオルを被せて「スチーム」すると、気持ちよくクレンジングされて肌が柔らかくなるんだそうです。

お野菜もそうだけど、小さな種がこうして大きくなって花を咲かせているのを見ると、感心せずにはいられない。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もどうもありがとう♪ ↑One Click、嬉しいな♪