鳥のさえずりとキノアの人気の裏側で

春先には鳥達が巣作りをして雛を育て一生懸命唄を歌う。この辺りでは、ロビン(コマツグミ)やハクトウワシが早朝に賑やかに歌い出す。その他小さなBushtitsもチチチチチチー。ひばりや雀やフィンチもチュンチュン、ピーヒョロロローと歌う。7月にもなると朝の鳥のさえずりが落ちついて、耳にする歌声には、「パートナーを探さなきゃいけない」っていう切羽詰まった感がなく、「娯楽で歌ってますよ~」って感じがする(私の勝手な解釈)。最近は庭の水やりをしていると、ハチドリがチチチっと遊びに来る。

鳥のさえずりを聞くと、な~んか楽しい気分になる。脳の奥でスイッチがオンになって、春先の朝の空気や新緑の眩しさが蘇ってくるんじゃないかな、って思う。でね、鳥のさえずり好きさんにおすすめのサイトを見つけたよ♪

birdsong1Birdsong.fm

ページを開くと「春の鳥のさえずり」が聞こえる。スマホ用のアプリ(無料)やダウンロード出来るMP3っていうオプションもあり。

birdsong2

早速 iPhoneに入れて、ついでにRain Forest の鳥のさえずり(99セント)も買っちゃった。

birdsong3

iPhoneでピーチクバーチクさせながらポケットに入れたりしたら、ポッケに小鳥だよ!と、嬉しくなって相方に見せてみたところ、「えぇ〜、何それ。そんなのなくたって、窓開けりゃぁピーチク聞こえるやん。」という答え… ったく、つれないねー、面白くないねー。ちなみに、このアプリを流しながら、もうひとつのヨガアプリをオンにすると、鳥のさえずりを聞きながらヨガができるよーん♪

さて。昨日、久しぶりにキノアを食べた。「Moosewood Restaurant New Classics」にのっている「Curried Quinoa」っていうレシピをトライ。レシピはこの人が紹介してた→☆英語

P1180098

まともな写真を撮ってなかったんだけど、これ、とっても美味しかったよ!シンプルなのにスパイスが効いていて、庭のえんどう豆の甘さも引き立った。ピラフみたいなので、ここに冷凍エビなんかを入れたら美味しいかも〜。

キノアというと、近年ではスーパーフードと呼ばれて健康食品のリストの上位にあがるよね。マグネシウムやカルシウムを始めとするミネラルやビタミンを含み、必須アミノ酸の全てを取り入れることのできる唯一の植物性食材なんだって。こうしてキノアの効果が注目を浴びて、欧米やアジアのヘルシー志向のヤッピーたちの食卓に並ぶようになったわけだけど。輝かしいスーパーフードキノアの人気の裏側には、これまで何千年にわたって土地の主食としてキノアを食べてきた人たちが、価格の高騰でキノアを食べることが出来なくなってしまっている、っていう事実がある。

そういう話を読んで知っている相方は、「できれば食べたくないな。僕達には他にも食べるものがあるんだし。」と言っていた。「これはおいしいね〜」と言ってたべてはいたけれど、どこかひっかかるんだろうね。私もこの話を読んでから、キノアを見るたびに少し立ち止まってしまうのです。

paprica Instagram ☆↓↓ 良かったら見て見てね〜♪

instag

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ


今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Chocolate Quinoa Cupcake・チョコレートキノアカップケーキ

近頃「10時のおやつ」が欠かせなくて、よくないなぁ〜と思いつつ、朝ごはんと昼ごはんの間にコーヒーを買いに行ってしまう。で、珈琲だけでは物足りなくて、ついつい一つ甘いものに手を出してしまう。

キャンパスの小さな映画館のカフェ(売店)が、一番コーヒーが安くて、ハチミツや豆乳もおいてあるのでいつもそこまで足を延ばすんだけどネ。ベーカリーからの焼き菓子も置いてあるのです。「今日はコーヒーだけっ!」って心を決めて出かけても、フレッシュの焼き菓子の誘惑に勝てず、ついつい。で、最近の私ブームがね♪「Chocolate Quinoa Cupcake・チョコレートキノアカップケーキ」♪ しぃ〜っとりとして美味しいっ。

そぅ。名前のとおり、キノアが入ってるカップケーキ。粉の代わりにキノアなんだよ。おぉ〜。じゃ、小麦粉アレルギーの人も食べれるね。

10時のおやつのために… 自分で作ってみることにした☆

Chocolate Quinoa Cupcake・チョコレートキノアカップケーキ

材料:

  • キノア 2/3 C
  • 水 1 1/3 C
  • 牛乳(又は豆乳)1/2 C
  • 卵 4個
  • バター 2/3 C (溶かしておく)
  • 砂糖 1 1/2 C (私は1Cに減らした)
  • 無糖ココア 1 1/2 C
  • ベーキングパウダー 大さじ1
  • 塩 小さじ半

チョコレートキノアカップケーキ

キノアを分量の水で炊く。芯がなくなって柔らかくなったらOK(約10分)。それを10分蒸らす。火を通した後は膨らんで、約1 1/3 Cの量になるかな。もし中途半端に残っているキノアがあったら、それを使うといいねー。

チョコレートキノアカップケーキ

牛乳と卵をブレンダーでよく混ぜる(私はハンドミキサーを使った)。その中に溶かしたバターを加えて混ぜる。

別のボールで粉モノ(砂糖、ココア、ベーキングパウダー、塩)を混ぜあわせておく。私は砂糖はきび砂糖を使い、量を減らしました。砂糖をぐっと減らしてチョコチップを加えるというバリエーションもあったよ。

粉ミックスをブレンダーにいれて、サクッサクッと混ぜる。これをマフィンカップにいれる〜。

チョコレートキノアカップケーキ

小さなマフィンカップパンがなかったので、相方のおばあちゃんのふる〜い「ヨークシャープディングパン」を使った。

175度(コチラのオーブンで華氏350度)で30分。

できた〜☆

チョコレートキノアカップケーキ

とっても黒い… お店で売っているのには、この上にクリームがのってたり、フロスティングがかけてあったりする。私はこのままストレートで。

断面図はというと。

チョコレートキノアカップケーキ

ほぅら。しぃっとり。小麦粉ゼロで、ココアたっぷりなので、普通のカップケーキよりも重みがあるかな。お店のよりも甘さ控えめで、ココアのビターな風味もよく味わえて私は気に入った♪ アイデア的には「フラワーレスチョコレートケーキ」とよく似てるけど、コチラの方はキノアが入っている分、しっとり感+ボリュームがあるかな。次はチョコチップを入れてみよう〜。

良い一週間を!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

今日も訪問ありがとう♪ ↑↑ぽちっと One Click うれしいな♪

キノアで朝ごはん

豆乳ヨーグルトの実験をして、そのヨーグルトを食べきってからは、ヨーグルトの朝ごはんは少しお休みにして、また「スチールカットオーツ」の朝ごはんを楽しんでました。朝は果物だけ、スムージーだけ、の方が体にはいいらしいんだけど、私はやっぱり「しっかり食べる」に落ち着いちゃう。スチールカットの朝ごはんは、あったかでお腹に優しい感じがして気に入ってます。

で、これにちょっと変化をつけたくて、今週は「キノア(Quinoa)の朝ごはん」♪

良質のタンパク質を含み、グルテンフリーのキノアは、白ごはんやオーツ(押し麦)、クスクスなんかの代わりに食べる主食として注目されてます。私もときどき適当にスパイスを混ぜて炒めて、ピラフみたいにして食べるよ。

キノアの朝ごはんレシピは、相方がアマゾンで注文した「ヴィーガン(Vegan)」の料理本にのってた♪

ヴィーガン料理本

この本「Vegan Cooking for Carnivores」の作者、Roberto Martin はハリウッドの有名人のためにヴィーガンレシピを色々とあみだして、それで注目をあびているそうな。相方に「なんでヴィーガンの料理本なんて買ったん?ヴィーガンになるの?」と聞くと、野菜料理を楽しめるようになるため、だって。「君のインスピレーションになると思ってさ」と… ワタシが作るんかいっ!

まぁまぁ、見ていて美味しそうなレシピもいくつかあり。でも、ヴィーガン用にアレンジされたチキン(←何で作られているかは不明)のような特別な材料を用意しないといけないものもあって、「これって、ちょっとずるくないか?」とも思いました。一度、ベジタリアンの知り合いに「おいしいよ」って薦められて、Soy(大豆)バーガーなどを試したことがあったけど、お◯らが出て困ってしまった。それ以来、ベジ用の加工食材って怖い。

あ、話がそれたけど。

この本にのってた「Quinoa & Berry Breakfast」を試したよ~。

基本的には、ワタシがいつも食べているスチールカットオーツをキノアに変えただけデス。

キノアとベリーの朝ごはん

材料(一人分):

  • Red Quinoa(赤いキノア)1/4 C
  • 水 1/4 C
  • 牛乳か豆乳 1/4 C
  • シナモン 小さじ 1/4
  • レーズン 1/4 C(←ちょっと多いカモ)
  • ベリー、その他の果物適当に
  • アガベシロップ 大さじ1
  • ナッツ、適当

キノアは赤いキノア、って書いてあったけど、普通のキノアでも大丈夫だと思う。赤いのがお店にあったので買ってみた。

赤いキノア

キノアと水、豆乳、シナモン、レーズンを小さなお鍋に入れ、蓋をして弱火にかける。時々かき混ぜる。

蓋をすると吹き出してあふれるので、少し開けておきました。要はゆっくりと時間をかけて火を通せば良し。

キノアが水分を吸ってしまって膨らんだら出来上がり♪ 10分から15分です。

出来上がったら、アガベシロップとベリーを混ぜ入れる〜。

キノアの朝ごはん

レーズンと一緒に煮詰めるので、十分な甘みがあって、別にアガベシロップは入れなくてもいいと思った。

キノアはやっぱり「穀物」の味がする。こんな風に甘みを加えて果物と一緒に朝ごはんとして食べるなんて、思いつかなかったけど。試してみるとなかなかおいしい。

今朝はブルーベリーとりんごを混ぜた。シナモンとリンゴの組み合わせはやっぱりおいしい♪

キノアの朝ごはん

中途半端にキノアが余ってしまったときには、是非、お試しあれ〜☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もどうもありがとう♪ ↑One Click、嬉しいな♪

Goodies #25:Quinoa Power+recipe/キノアの力+レシピ

イラン人の知り合いが「お米やパスタの代わりにキノアを食べるといいよ」と教えてくれた。Quinoa と書いて「キノア」または「キヌア」。こんな風な粒です。

quinoa

南米のアンデス山脈が原産で、栽培の歴史はインカ帝国の頃までさかのぼり、当時はイモ、とうもろこしに続く主食のひとつだったそう。「Mother Grain = 穀物の母」と呼ばれるほど重要な穀物だったらしい。
穀物の中でもずば抜けて「良質のたんぱく質」の割合が高く、グルテンを含まないから「小麦アレルギー」のひとも食べることができる。良質のたんぱく質というのは、体に必要な9つの必須アミノ酸を含むたんぱく質なんだって。その他にも、キノアには、鉄分、カルシウム、ジンク、ビタミンE、マグネシウム、繊維なども含まれてるそうです。栄養価の高さから、最近は日本やヨーロッパでも注目を集めている穀類だそうです。そうなの?

びっくり、キノアについて日本語での情報盛りだくさんのサイトをみっけ:Quinua.jp (http://quinua.jp/q/index.html)
勉強になりました。

このキノア、嬉しいのは、調理がすっごい簡単。「クスクス」っていう穀類を使ったことありますか?あれと同じくらい簡単に調理できる。基本的に、キノアの倍の量の水やスープストックで柔らかくなるまで「炊くだけ」。20分くらいでオーケー。味はというと、英語では「nutty」とか「seedy」って言われる。ほら、「玄米」なんかも白米に比べると、なんていうのか「香ばしい」様な味があるけど、あんな感じかな。プチプチとした食感もよろしい(私は好きです)。
ひとつ、たまらなく絶えられないのは、「料理した後の見栄え」。これこれ、ウェブから引用。
キノア
丸くカーブを帯びた、細い糸みたいなもの。これは、煮たり炊いたりすることで開いたキノアの胚芽の部分。小さくて同じ形のものが密集しているのって、視覚的に絶えられない。げー気持ち悪い。
これを抜きにすれば、キノアは素晴らしいです。
今日ははじめてのレシピーに挑戦してみたので、ここでも紹介!

Spiced Quinoa

(Allrecipes.comより。4人分 / 欧米の1カップ=250ccです

  • オリーブオイル 大匙1
  • たまねぎ1個(みじん切り)
  • にんにく 1かけ(細かいみじん切り)
  • キヌア 3/4カップ
  • カレー粉 小さじ1.5
  • 塩 小さじ半分
  • コショウ 小さじ半分
  • クミン 小さじ半分
  • シナモン 小さじ1/4
  • チキンストック 1.5カップ
  • ヒヨコマメ(チックピー)缶詰ひと缶(ゆすいで、水を切っておく)
  • 松の実 1/2カップ
  • レーズン 1/2カップ (お湯に浸しておく)

作り方:

  • オリーブオイルでたまねぎとにんにくを中火でよくいためる。たまねぎが透き通るまで約5分ほど。
  • その中に、キノア、カレー粉、塩、故障、クミン、シナモン、チキンストックをいれ、煮立ったら火加減を弱めてふたをして約20分。キノアがやわらかくなればいい。
  • 上の写真のようにキノアに火が通ったら、ヒヨコ豆、松の実、レーズンを混ぜ合わせる。
  • あたたかくても冷たく食べても、どちらでも良い。(ホントにどっちでもおいしいよ)

Note: 松の実は100gが千円ほどもして、めちゃくちゃ高いので、代わりに「ひまわりの種」をローストして使った。香ばしくてグッドでした。

シンプルだけど、カレー風味にレーズンの甘さがきいていて、おいしかったよー。ひよこ豆の食感も好きでした。おすすめです!

spicy-quinoa

ほー、午後11時54分。あと6分で明日になってしまう。なんとか今日のエントリーにまにあった。ほっ。
それではここで、日本ブログ村:にほんブログ村 海外生活ブログへクリック、ありがとう。