すこしずつ。

まだ哀しみが生々しくてGusの写真を見るのが辛い。

まだまだ時折、わたしも相方も、わぁーーーっと声をあげて泣き出してしまう。

何が一番つらいって、Gusのあの温かなもしゃもしゃにふれることができないこと。あのきょとんとした顔を真ん前から見ることがもうできないこと。足首のあたりのほんのり甘いにおい。

相方もわたしも、もう一度だけGusに触れたいです。もう一回だけ、Gusに「I love you so much.」って言っておでこにちゅーしたい。

でも、すこしずつ。

春にむかっていきます。

インスタやブログ、メールでいただいた沢山の温かいメッセージ。本当にありがとうございます。数日は気持ちをどこにどう置けばよいのかわからず、本当にこまってしまっていて。メッセージのひとつひとつにぽろぽろと涙し、救われた。

何度も繰り返し読みました。

不思議なのは、そうやって泣きながらみなさんの言葉を読んでいると、なんだかGusが私に話しかけてくれているような気持ちになったこと。知りようもない、聞こえることなんてないGusのことばが、皆さんを通して届けられたようで、それでまた泣けてきた。

ひとつ驚いたのは、私の両親も皆さんからの温かなメッセージのひとつひとつに目を通して泣いたんだそうです。

実際に会ったことのない方がほとんどで、写真だけをみてもらっていただけなのに、こんなにも愛されて、Gusって本当に幸せなわんこです。

あの子のストレートな笑顔、命の光が多くのひとの心に幸せの種を撒いてきたのかな、って思い浮かべると、私も幸せです。

笑顔のちからってすごいなぁって、今更ながら知りました。

そのまんまの、心からの笑顔で接することが愛になるんだなって、教わった気がしました。私も笑っていなきゃ。

まだ、Gusの写真を見ると辛いので、実家のワンズ「モモ・ふく・ごんた」のお正月模様を並べてみます。妹もインスタでアップしてたけど。笑えるからっ。

ももたん、ガマガエルみたいで、なかなか貫禄出てきたな。かわいいぞ。

書くと少し気持ちも落ち着くので、また少しずつ書いていきます。

よろしくおねがいしますね♪

シニアとおチビーズと。

火曜日の朝、Gusが突然「けいれん」を起こした。

普通に朝の散歩に行き、帰ってきてご飯の器の前に立って一口目をつけたかつけなかったかのときに突然、体をこわばらせ、しっぽを下げてなにかに怯えるようにして走りだした。

え?!どうしたん???? 慌ててGusのあとを追いかけて体を抱きしめ、Gus!!!と呼ぶも私の声には答えず歯をがっちり閉じ、そうかと思うと足のコントロールを失って横倒れになった。

すごくすごく苦しそうで… ご飯の中に入っていたもので喉をつまらせて息ができないのか、と思い、Gus—!!!と叫びながら口を開けようとしても開かず。体も足も硬直した状態で震え始めた。心臓の鼓動がものすごく速かった。

何が起きたのか全くわからないまま、「もしかしたらこのままGusを失うかもしれない」という思いもよぎり、大声で相方を呼んだ。

Gusが泡のようなものを少しふきだし、相方もわなわなとしながらGusの名前を呼び続け、私はGusの体を擦り続けた。

おそらく、2分ほどの出来事だったと思う。私たちにとってはもっと長く感じたけど。Gusの鼓動が平常にもどった。筋肉も緩み、ぼんやりとしながらも立ち上がろうとし、よたよたとご飯の器のところに歩いていこうとしていた。何事もなかったかのようにです。

Gusも来年の4月で15歳。色々と出てくるお年頃なんだけど、ほんと、私たちの心臓のほうがおかしくなるくらいに怖い出来事だった。昨日は一日、急遽休みをもらい、今日はGusもいつもどおりっぽかった。ご飯も食べたし。

犬の痙攣が数分でおさまる場合は、いちいち獣医さんのところにつれていく必要は無い、みたいです。どうしようかと思ったんだけど、連れて行ったらおそらくMRIとかCTスキャンとか血液検査とかされてそれだけだろうし、昨日は一日家で様子をみていた。こういうときにすぐすぐ病院に連れて行くべきなのかなぁ。歳が歳だし。迷うところ。

週末はお日さまを浴びながらゆっくり元気に歩いてたんだけどねぇ。

色々な症状がでてきてもおかしくないのかなぁ。一年5歳で換算してもそろそろ75歳。6歳で換算すると来春90歳!Gus!元気なシニアライフを送らないとねっ。

さて。文化の日は末の妹よっちゃんの誕生日でした。よっちゃんは末っ子なんだけど、三姉妹の中でいつも率先して動いてくれるところがある。母のぐちを聞いたり、買い物に付き合ったり、先代ゴンタやモモの調子が悪いときには、よっちゃんが車を運転して病院まで連れて行った。まぁ、そんなよっちゃんの誕生日をみんなで祝おうということになり、母と真ん中の妹が色んな料理を作って誕生日会をしたらしい。

もちろん。新しい家族のメンバーの「おチビーズ」、ふくちゃんとゴンタも一緒に。そして、モモ園長も♪ この日はおチビーズを迎えてからちょうど1ヶ月の日でもありました〜。

チビたちのこの顔と、ももたん。最高。

今朝送ってくれた写真。よっちゃんもインスタにのせてたし、ここでも紹介していいかなと。すごくいい写真だと思うし〜(笑)。姪っ子がとった一枚です。

左がおてんば娘の「ふく」。となりが「ごんた」。大きなお顔の「モモ園長」。

↓↓ ふくとゴンタのプロレス。もうケージが壊れそうで。。。デイケアやってる母も、二匹のプロレスがエスカレートして血まみれになりそうなときもあり(汗)、そんなときは一匹ずつ外に出して遊ばせるか、別々にして「タイムアウト」なんだって(笑)。

ケージの外でこんな風にして大暴れしていると、モモ園長がのそっと近寄って、大きなお手々でぽてんぽてんと片方(フクちゃんの方)を押さえて仲裁にはいるらしい。えらいえらい、モモ!

わんこがいっぱいってかわいいし楽しいねぇ。世話する方は大変みたいだけど(苦笑)。ちなみに、ふくちゃんの方は甘噛みもひどくて、まだまだとってもワイルドだそうです〜。

ふくちゃんと5代目ごんたがやってきた。

お題そのまんま、見てやってくださ〜い♡

10月3日、うちの両親、末の妹、真ん中の妹の家族全員で柴犬のパピーたちを迎えに行ってきた♪ 私もわくわくしていたけれど、うちの家族はみんな前夜は眠れないほど浮かれていたらしい(笑)

画像が大きくてごめんなさい。音声もあります、注意!

1ヶ月ですっかり大きくなって柴犬らしくなってる!耳も立ってるし、顔もちゅ〜んと尖ってきてる〜。奥にいる(↑↑)子の泣きそうな表情が笑える。

4代目ゴンタが亡くなってから、特に母のショックが大きくて私も心配していた。モモも、ご飯は食べていても時折とても寂しそうな顔をしていたし、Separation Anxietyの症状がでて一人で留守番するのがつらそうだった。そんな我が実家と妹家族のもとに、喜びの塊がやってきて私もとっても嬉しい。ブリーダーさんにも一言お礼を言いたくて、インスタを通してメッセージを送らせてもらったところ、とてもあたたかいお返事をいただいた:

我が家の子達がご家族に幸せを運べた事がとても嬉しいです。
これからの2匹の長い犬生、楽しい事辛い事色々あると思います。
皆様の人生と2匹の犬生とモモ園長の犬生とコラボでお互い充実した日々をお過ごし頂ける事を心より願っております💖

↑は、妹家族が迎えた「ふくちゃん」。ゴンタのお姉ちゃんになる。ゴンタよりも丸顔でよく食べる。

↓↓が、5代目ゴンタ。なんとも複雑な顔してござる(笑)。

ちなみに、父(↑)が着ているのが4代目ゴンタの写真付きのTシャツ(笑)

まだ10週に満たないパピーを家にひとりで残すのは無責任だし可愛そうでしょ? なので、実家の近くに住む妹たちは、朝、出勤前にふくちゃんをうちの両親のところにドロップしていく。そうそう、保育園ってわけ。モモは園長先生に昇格(笑)。

最初はかなりビビっていたらしい。モモのほうがね。パピーたちの弾けるエナジーに圧倒されて、翌朝はモモはお腹がゆるかったみたいです。夜も、ゴンタが少し夜泣きをしたので、モモは「あのちっちゃいのが泣いてますよ。。。」と、二階にいる母を起こしに行ったんだって。モモは前のゴンタが夜中にウロウロしたり泣いたりどこかにぶつかっていたりしたときにも、必ず母をお越しに行ってたからねー。しばらくモモも寝不足が続くかもしれないねー(笑)。頑張れ、モモ園長!

面白かったのは、ふくちゃんとゴンタが初めてモモにご対面したときに、モモのお腹の下にもぐりこんでおっぱいを探したんだってー。不思議。

保育園では時間を決めてケージの中でお昼寝、ご飯、おしっこ、お遊び、おしっこ、またケージ、というようにスケジュールを決めているようです。じゃないと母が何もできなくなるので。

一気ににぎやかになり母も忙しくなったけれど、昨日のスカイプでは「子犬が二匹いるのって、ほんまにかわいらしいで〜」ってとても嬉しそうだった。

pure joy、よね!

姉・弟、モモ園長ととりまくニンゲンたち。たくさんの思い出を作っていって欲しいな。

妹二人がインスタでぼちぼちとゴンタやふくちゃんやモモとの絡み合い(?)をアップするようなので、興味があればのぞいてみてください。

ふくちゃんママ妹

ごんた・モモ担当のよっちゃん

余談ですが、末の妹よっちゃんはめだかの学校もやってます(笑)。なかなかのマンモス校で春には園児があふれるそうなので、またちびメダカに興味のある方がいらっしゃったら教えて下さいませ〜。

はぁ、ニンゲン以外の生きものと暮らせることっていいね。こころを豊かにしてくれる。