ひとりごと @ lunch time walk.

夏場は仕事がのんびりで、昼休みにはキャンパスに流れる春夏特有の穏やかな雰囲気の中をぶらりと歩く。7月に入ると「キッズサマーキャンプ」で賑やかになるのだけれど、子どもたちが走り回りながらあげるきゃーきゃーという声は、大騒ぎの小鳥たちのようで聞いていて楽しい。少ないながらも、サマーコースをとっている学生さんたちも、夏の光の中でめいめいにくつろいでいる。


そんなのどかなキャンパスを歩きながら、学生さんたちやキッズや緑や生きものをぼんやり眺めて、よく独り言をつぶやく。「つぶやくときは日本語がいいな」ってもごもごとつぶやく。普段、日本語を話すことがないので、こうして独り言をいいながら「自分の日本語の話し方ってこんな風だったっけな」と思う。英語だけの生活とはいえ、英語がどんどん上達するわけでもない。時々、自分の言語力は英語も日本語もなんとなく幼稚になっていっているのではないかと心配になる。

ポケットにスマホを持ち歩いているものの、散歩のときは記録写真(?)とパパラッチ写真(?)を撮るとき以外はいじらない。こんな気持のいい日に、スマホをもって斜め下に頭を傾けながら歩いている人たちを見るともったいないなぁと思うので。その人たちの分も私はきょろきょろしたり空の方を眺めて歩く。

今日もそんな風にして歩いていて、ふと目に入ってきた男の子(学生さん)。

スキンヘッドにぼうぼうの立派なひげ。ちょっと前までは(今もかな)、もさっとした熊のような髭面が男性ファッションでトレンドになっていたっぽい。髪も長めで束ねて、耳から顔の下半分をモサモサさせるようなスタイル。今日見たこの子は頭はつるつるだった。剃っているのか禿げているのかはわからず。

で。

ふと。「あのひげをばっさり切りおとして、まとめてつんつるてんの頭の上にのせたら… 面白いな。」と。

doodle marathon より。クリックで拡大。

こんな風に。

友達だったら「ねぇねぇ、ひげを切ったら、そのときは頭にのせてみてね。」ってお願いするのになぁ。

そのあと。キャンパスの真ん中の草っぱらを横切っていて、ふと一組のカップルが目に入った。

草の上に頭を寄せ合うようにして寝そべっていた男の子と女の子。ゆっくりと上半身だけをもちあげて近づき、ハグをした。しばらくその状態で抱擁。

doodle marathon より。クリックで拡大。

しっかし。すんごいぎこちないな角度でさ。「ありゃぁ、筋がおかしくなりそう。」とつぶやく。「でも。In Loveな二人だから、変な角度なんて気にならないか。」と。微笑ましいカップルだった。

キャンパスガーデンをぶらりと周り、あじさいチェック。

きれいだなぁ。青いあじさい、ほんとにきれい。うっとりだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

恵の雨上がり

何週間ぶりの雨だろう。とっても久しぶりに、しっとり潤った土曜日。もう少しまとめてざーーーっと降ってくれてもいいのにな、と思いながら外を眺めていた。雨あがりの庭にて。草花も野菜たちもうれしそう。

雨上がり

お風呂あがりのすっきりさっぱりした表情、そんな感じ? ほんのりと淡い桃色に色づいていくのは「黒軸あじさい」。「真っ青なあじさい」がほしいなぁ、と思って植えたらピンク色になっちゃって。それでも可愛らしいです。

紫がかった青いのは、古い古い「ガクアジサイ」。以前住んでいた家の庭から掘り起こして連れてきたもの。相方のお気に入りで、どうしても置いていけなかったのです。

雨上がり

もう少しきちんと世話をしてあげたら、花もバランスよく咲くようになるかな〜。

雨上がり

この青いガクアジサイには、マルハナバチがいっぱい集まってくる。他のあじさいにハチがたかっているのを見たことないんだけど、このちりちりとした花(↑)の部分に集まってくるヨ。

で。この子。

雨上がり

前庭でダメになっちゃっていたものをレスキューして、5年ほどはまったく花をつけなかった。大きくもならず、もうダメなんじゃないかと思っていたとき、ぽっと一つ蕾をつけたのでした。今も、全体的にみるととってもちんちくりんでバランスも悪いんだけど、絞り出したようなこのピンク色には、毎年驚かされる。頑張れ、頑張れ。

さて。私のキュウリ!涼しいうちの裏庭では育つはずがない、と、茄子、ピーマン、キュウリは試したことがなかったんだけど。今年、「低温でもそだつ」種類っていうのを試してみた。

雨上がり

コンパクトで植木鉢でもよく育つ、って説明書きがしてあったもの。いま、ちょうど25cmくらいの背丈。まだまだ小さいのです。

それがね、地面ギリギリのところから花をつけ始めてる。。。

雨上がり

にょろん。

なんでーーー?

育て方が間違っていたのでしょうか。もうちょっと背が高くなってから高い位置に花を咲かせればいいのに〜。一体、どんなキュウリができるんだろ。。。かわいいけどさ。

雨上がり

いんげん豆たちもぼちぼちと♪ 赤ちゃんっていうのは何でもかわいらしい。

このお方は、まだまだ先が長そうだ。。。

雨上がり

今年は、去年のこぼれ種から育っているトマトがいくつかある。コンポストの堆肥から出てきたもの。意外にもとっても元気なので驚きです。コンポストには、庭で育てたトマトの種しか入れていないので、出てきたのは全て今まで育てたもののはず。でも、種類の違うトマトが交配すると、ちょっと変わったトマトにもなる得るんだって。どんなトマトができるのか、楽しみだなー。

スイートピーはまだ元気。本当に良い香り。

雨上がり

今夜、もう少し雨が降るといいのにな。

写真の上でクリックすると写真が大きくなります。写真の外側でもう一度クリックすると閉じます。試してみてね☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。

←ぽちっと One Click嬉しいな♪

開くとき

あじさいは、大好きな花のひとつ。

こんもりと固まっているあじさいや、淡い緑色がかった白いあじさい、軸の黒いものや、額あじさい、それぞれに個性があってどれも好きです。涼しげにほんのりと色づいて、深い緑の葉とのコントラストもきれい。

ガクアジサイ

あじさいって、花びらのように見える部分は「がく」ですよね。で、真ん中のちっちゃいのが花そのもの。

私たちの庭には、普通のピンク色のあじさい、年老いたガクアジサイ、黒軸あじさい、それから花が小さめで白いあじさいがある。ガクアジサイには、相方の特別な思い入れがあって、7年前今の家に引っ越してくるときに、前の庭から掘り起こして一緒に持ってきたもの。

hydrangea

ようやくガクと花を開き始めました。あじさいの花って、こうして密集しているせいか、開き始めるときが妙にかわいらしい。

あじさい

もぞもぞもぞ、という音が聞こえてきそうで。なんともかわいらしい。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
↑ 頑張れ!とOneクリックしてもらえると嬉しいです。いつもどうもありがとう♪

Goodies#58: 黒軸あじさいと額あじさい

相方も私も「あじさい」が好きです。

私たちの庭では、7月のはじめ頃からあじさいがきれいに咲き始める。種類によって花を開かせる時期が少しずつ違うのだけど、今ちょうど「黒軸(黒茎)あじさい」と「額あじさい」がきれいな色をつけている。

黒軸(黒茎)あじさいは「Black Stem Bigleaf Hydrangea」、額あじさいは「Lacecap Hydrangea」と呼ばれる。あじさいにはそれはそれはたくさんの種類があるそうで、グーグルしてもたくさんの写真が出てくる。家の庭には4種類のあじさいがあります。

あじさいの起源は日本にあり。でも、中国に紹介されたときに、中国人が漢字では「紫陽花」と書きましょう、と決めたせいで、あじさいは中国からやってきた植物だと勘違いをするひとも多いそうです。もともとは、やまと言葉の「青い花が集まって咲く」という意味から、「あづ(集)」「さい(真藍)」が語源なんだって。なるほど。で、日本古来のあじさいは「額あじさい」。よく見かける「ぼんぼん」の様なもったりとした種類は、「西洋あじさい」といって欧米で改良されて逆輸入されたんだそう。ほぅ。

ちなみに、あじさいの花言葉

  • 移り気
  • あなたは冷たい
  • 忍耐強い愛
  • 元気な女性
  • ほら吹き
  • 高慢
  • 無情

色が移り変わることから、人が勝手につけた花言葉なんだろうけど、それにしても「ほらふき」っていうのはひどいなぁ…

黒軸あじさいは、名前の通り茎が黒い。その黒と、葉の緑と花の色のコントラストがきれい。

黒軸あじさい

花の色が淡いのもいい。

黒軸あじさい

額あじさいの方は青いです。

西洋あじさいとは違って、繊細さがあって好き。

あじさいって、土が酸性だと「青」になってアルカリ性だと「ピンク」になるんだそうです。相方は「僕は青いあじさいが好きだ」といって、あじさいの周りに土を酸性にするのを助ける「ピートモス」をせっせこと巻いていた。でも、ピンクの額あじさいは毎年ピンクなんだけど。

調べれば調べるほど、あじさいって奥が深い。種類も多いし、酸性・アルカリ性に影響されないものもあるそうだし、種類によって「剪定」の仕方も違うらしい。そうなのよ、間違った剪定の仕方をすると、翌年、全く花をつけないこともあるらしい。

そんな悲しい例が、これ。

悲しいあじさい

庭で一番お年寄りでかわいそうな西洋あじさい。この家に前に住んでいた人に、日当たりが一番きついところに植えられていたもの。私たちが半分日陰に移したものの、まだショックから立ち直れないでいる。その上、2年前、私が剪定の仕方を間違えて、切ってはいけないところまでちょんちょんに切ってしまった。ごめんよ。相方は「暇をやれ」といって引っこ抜きたそうなんだけども、こうして悲しげに葉っぱをつけているのを見るとさ、まだ生きてるんだし。もうちょっと時間をあげよう…

にほんブログ村:
にほんブログ村 海外生活ブログへ
クリック、ありがとう。