いつもと違うルートで

今日はほぼ一日どんより、ひんやり。ざばーっと雨も降った。散歩がてら、Gusをペットショップまで爪切りに連れていったんだけど、いつもの人が今日はお休みでしてもらえず。「ごめんね〜。せっかく来てくれたのにね〜。」と、レジのお姉さんがGusにオーガニックのチュースティックをくれた。その場でガジガジしてすっかりご機嫌のGusを連れ、帰りはいつもとは違うルートを歩いてみることにした。雨が降りそうだったので、今日もカメラを持たず iPhoneのみ。

長いこと歩いていなかったセメタリーで天使(?と呼んでます)に挨拶をして。やっほー。

お墓なのだけれど、皆さん穏やかに眠ってられるようで、歩いている私もとても穏やかな気持ちになれる。久しぶりだ。

ここにも鹿のファミリーがお昼ごはん中。お母さんと思われる1頭がゆっくりと私たちの方に近づいてきたので、後ずさり。以前、不機嫌なお母さん鹿に攻撃されそうになって以来、「わーい、近づいてくるー。人懐っこいのかなー。」と喜ぶことはもうありません。

こちらも久しぶりのダラスロード。海岸沿いに伸びている道。初めてビクトリアに引っ越したとき、実はこの辺りにステイした。初めてこの道まで歩いて海を見て、ここで頑張ろう!って思った。

それまで住んでいたのはBC州の北の方で、マイナス40度の世界だったので、1月でも凍っていない水(海ですが。。。)をみて、鼻の穴の中やまつ毛も凍りついていないのを確認して、「ビクトリアなら冬だって余裕」って思ったんだった。

でも、越してきた当時と比べると、最近は小さな可愛らしい家がどんどん壊され、敷地いっぱいいっぱいまで大きな箱のようなパネルと窓の家に建て替えられているのが目立つ。海岸沿いなどの敷地はプライムスポット。小さな古い家が売りにでると、待ってましたとばかりにディベロッパーが飛びつく。私たちの家の周りでも同じようなことが起きていて、今日も散歩途中にブルドーザーが取り壊し作業をしているのが目に入った。私と同じような気持ちで立ち止まって眺めているひとと、どこかで「これ以上はしてはいけない」っていうラインをひかなきゃいけないよね。って話をした。

大きなワンコに前と後ろから挨拶されて戸惑っているGus↑↑(笑) 「ぼくちんもくんくんしたいんだけど。。。」ときっと思っているはず。こういうときいつも「お先にどうぞ」というタイプなので、さんざんくんくんされて、他の犬達が立ち去ろうとするときになってようやく「ご挨拶のくんくん」をさせてもらう、というのがGusです(苦笑)。

小さなパブリックアクセスのステップを降りていくと、目の前に浮かんでいた流木の上に「サギ」が休んでいた。彼らはいつもひとり。

もう少し晴れの日が続いてほしいけれど、曇天や雨も悪くないかな。おかげで家の掃除と衣替えをすませることができた〜♪

余談ですが。ほぼ日の紙って素晴らしいよね。トモエリバーっていうんだそうよ。薄いのにとても丈夫で裏写りしない。私は手帳を上手く使いこなせないタイプで、毎日何かを書き込むわけでもなし、別に持っている必要もないように思う。でも、ときどきね、気が向いた時にメモしてますよー。

水彩でもにじまない!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Bear Hill トレールを歩く

週末、Bear Hill Regional Park を歩いてきた。私にとっては初めて歩くトレール。ビクトリアのダウンタウンから車で30~40分ほどのところにある公園です。

写真はクリックするとちょっと大きくなりまーす☆

ビクトリア近辺の州立公園・地域保護地区のリストを見てみると、このBear Hillは「中級者向け」のトレールの印がついている。というのは、このトレールが結構な傾斜のある道で、場所によっては細くて石がごろごろしていて歩きにくいから。てっぺんに着くまで、本当に平坦な道がなかったもん。

相方の肺は普通の人の半分ほどしか機能していないので、平坦なトレールウォーキングもなかなか大変なのです。私も子供の頃ぜんそく持ちだったので、息ができない苦しさはよく分かる。Bear Hillを歩こう!って言い出したのが彼だったので、正直おどろいた。「できるところまで歩いて、無理だったら引き返せばいいんやからね」、と言ってゆっくりと歩き始めた。

このトレール、しょっぱなからえっらい急な傾斜。てっぺんまでの距離は1kmもないのだけれど、高さにして130メートルの昇り。途中、30代前半かと思われる5人組がだだだーーーーっと山を駆け上っていき、私たちがのそのそと歩いていると、まただだだだーーーーっと駆け下りてきた。彼らにとってはトレーニングコースの様。他にすれ違ったひとたちの中には、ウォーキングスティックを両手に持って歩いていた夫婦、ビーチサンダルのようなヘロヘロの靴で登っていった女の子とパパ、Tシャツに短パンの男の子とちょっとおしゃれな格好をした女の子のカップル(←想定外のハイキングコースに女の子はびっくりしていたはず…)などなど。全体的にひっそりとしたトレールのようでした。

もちろんワンコたちともすれ違ったよ〜。

途中のビュースポットで休憩。

Gusは新しい匂いがあちこちに溢れていて始終興奮気味。「キミも足が悪いんやから、はしゃぐのもほどほどにぃ~」と、犬にいったところでわかるわけもなし。

可愛らしい野の花もあちこちに咲いてたよ~。これ(↓)は何ていうのだろう? ラークスパーみたいだけど葉っぱの形が少し違っていたような。。。

かなり乾燥した傾斜にも咲いていた。一見、タフに見える野の花だけど、これを庭で育てようとしてもなかなかうまくいかないんよね。不思議。

えっちらおっちら登っていき、サミットの札が見えてほっとしたー。相方よく頑張ったー!

Bear Hillの頂上の岩の上からはHaro Strait (海峡)とその向こうの島々が見えた。

気持ちいい〜! で、へっくしょーんっ! 今年は寒い春には全然花粉症の症状が出なかったのに、今がつらいっ!鼻はむずむず、喉はいがいが、目はしょぼしょぼ…肌が乾燥するので避けていたのだけど、花粉症の薬(抗ヒスタミン剤)を飲みました。そして夜にはネティポットで鼻洗浄も。頑張ってのりきるのだー。

ネイチャーウォークは楽しい。夜は二人と一匹、ぐっすり熟睡でしたー♪

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

生物時計チクタク

物忘れの話をしたのでもうひとつ。「こりゃ絶対に歳のせいだな…」っていう変化のこと。

小さな字がぼやけるぅ~!

これはもう、「きたきたきたっ!これかっ!」のリアライゼーション。特に、スーパーで買い物していて裏に明記されている原材料表示をチェックする。これがぼやけるのです。しばらくじーーーっと見ていると焦点があって読める(今のところ)んだけど、以前に比べてボヤボヤしてきているのは明らか。私の目は近視に乱視が混じっていて、普段は片目に乱視調整のコンタクトをいれている。コンタクトを外してメガネを使っている方が小さな文字はよく見える気がする。老眼への「はじめのだいい〜っぽ」かぁ。これがどんどん進むとメガネが2ついるようになるのかなー。めんどくさい。文字を目から離せば見えてくる、んだよね?

と、ふと、あのセルフィースティックの先にモノを挟んで字を読んでいる自分を想像してしまった。

それから、ここ最近、頻度が増しているなぁって感じる変化がもうひとつ。

夜中に足が熱くなる~!

経験したことありますか? 体全体が「ほてる」こともある。20代30代は足先が冷たくて困ることがよくあり、今もそれはあまり変わらない。変わったのは、すっかり深い眠りに落ちてから「かーーーっっ!」と足が熱をもち、熱くてたまらなくなって目が覚める。熱い足を冷やそうと、冷たいスポットを探して相方の方に足だけが出張してしまい、時計の針のようにベッドの上でぐるぐる回ったり…

布団を思い切り蹴飛ばして足を冷やしたり。

こんなに熱いのにでも手で触れると案外普通なのです。で、布団から出して冷やすでしょ、ですぐにまた寒くなって布団をかぶる。

コーネンキショーガイのひとつかなぁ。私の母も同じように夜中に突然「がばっ」と布団を蹴飛ばしたり、お腹にだけ布団をかけて足は外に出していたりしてました。。。(今もしてそう)。
気持ちはまだ30代前半なんだけど(もう、20代とは言いません)、生物時計・体内時計は確実にチクタクと休まず時を刻んでいるのだなぁって実感する。いつまでもフルのバッテリー容量を保つことはできないんだなぁ~って。ま、歳を重ねて体に変化が出てくるのは、それはそれでいい。ただ、夜中に何度も「足がアツアツ」で目がさめると、日中眠い。

こんな私のために、特別な靴下があればいいのになぁ。センサーがついていて、足の(皮下の?)温度が上がってくると冷やしてくれる靴下。そして冷めたら自動的にOFFになるようなの。設定温度を決めておいてもいい。今の技術だったら商品化できそうだよねぇ~。

まぁ、色々あるわなぁ~
って思う今日このごろ。今日から8週間で週一のランチタイムヨガ(1時間)に参加することにした。気が向いたときにだけ自分でする30分のヨガとは違い、今日のは「効いた」。膝裏とかアバラとか鎖骨のあたりとか、気づかないうちにかなり固まっていたみたい。午後は気持ちよく疲れてしまって、グレッグに「膝が笑ってるわ(my knees are laughing)」と直訳して言うと、英語にはそういう表現がないので何のことだかよくわかんなかったみたいでした(笑)。

生物時計が気持ちよくチクタクのリズムを刻めるように、できる努力はしていかないとなぁ、と思います。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

雪道散歩 Day2.

昨日の午後から夜にかけてずいぶん降った。こんな風に雪が積もってきれいなビクトリアって。。。初めてかもしれない。自分用の記録として、今日の雪道散歩の様子を並べまーす。よかったら見てくださいませ♪

昨日は大学のガーデンを歩いたのだけれど、今日は反対側にあるトレールの方を散策!日が差して風に吹かれてふわ〜っと舞い落ちる雪がキラキラできれいだったよ〜!

うちの周りでは30cmほど積もっていたので、今日はライナーを敷いた長靴はいて出勤。雪道もなんのその。さっくさっくと楽しい〜。

キラキラの様子を見てもらいたくってビデオも撮ったー!50秒くらいです。

妖精がとんできそうでしょ?

この道を抜けたところに「Mystic Vale」っていうトレールがある。

Gusを連れて来たことあるよ〜。こんなにきれいなミスティックベール、はじめて見た。

水面に落ちてくる粉雪の様子が幻想的で、しばらく見入ってしまいました。雰囲気、伝わるかな ↓↓

ほっぺも指先も足も、すっかり冷えてしまったけれど、心はほっかほか。あまりにもきれいで、誰かに「きれいよね〜」って言いたくて、すれ違った知らない人に話しかけてしまった。みんな「うん、本当にきれいよね〜。こんな景色、今度いつ見れるかわからないよね〜」って笑顔で応えてくれたよ♪ ずぅっとずぅっと外を歩いていたい一日でしたっ☆

*おまけ:エンジェルをする同僚G

ふぉーえばーちゃいるど。

説明不要。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪