そわそわな日につぶやき。

妙にそわそわそわそわしていた一日だったな。

「すっきりしたい。」そんな気分。身の回りがどうもごちゃごちゃしていて気持ちもごちゃごちゃしているので、すっきりしたい。

冬の間にぽてっとついてしまった脂肪も。。。すっきり落としたい。落ちてください。おなか周りとか、足全体とか、どうももたついていてもごもごしている感がある。まぁ、この歳になると何もしないで「落ちる」ことはないので、何か努力しなきゃいけないのだろうけど。

そんなことを思いながらも、こんなものを見つけて思わず手にとってしまった。

↑↑右の「ビーツとバルサミコとシーソルト」の。

軽いっ。ビーツ独特の土臭い味はしない。美味しいぞ。こういうもの食べてるから、すっきりしないんだ。

先週の金曜日、ホールドしていた本がやっと回ってきた♪ 3冊目のPiet Oudolf さんの本。この本の中では、大きなエリアのガーデンデザインというよりも、個々の草花の説明が詳しく紹介されているヨ。

町田康さんの本は初めて。まだ読みはじめたばかりだけれど、文体がとても不思議でどう話が進んでいくのか検討もつかない。河内の言葉に慣れていない人が読むと戸惑うんじゃないかな、と感じるほど方言がつよい。長編なので頑張って読まないと返却までに読み終わらないなー。

春が来て鳥たちが賑やかです。朝の薄暗い時間帯からひゅーるるるとコマツグミが歌い始める。小さな wren(ミソサザイ)や chickadee たちは小枝の間をぴょんぴょんと飛び回っている。この時期はみんな巣作りに大忙し。

そんな鳥たちに、Gusとわたしからの贈りもの(?笑)。

相方が見つけたネット記事によると、小鳥たちは動物の毛を集めて巣づくりに使っているんだって。犬毛でも100%自然毛だからウール? こないだお風呂に入れたばかりなので、まだあまり汚れていないGus毛です。私は半信半疑だったんだけど、な〜んと、こうして吊るしてあげたら1時間もしないうちに小鳥たちがやってきて、つついて適当な量の毛を持っていったよ〜!

Gus!このシーズン、君の大嫌いな毛抜きを頑張ろうね!

そのワシャワシャの胸のあたり… 柔らかくて良さそうよ(ニンマリ)。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

spring in full swing!

G:みなさまごきげんよう。

自分で撮っておきながら、この一枚妙にツボにはまって笑った。「やらせ感」たっぷりでしょ? 「ほらっ、お花の横にすわってすわってっ!」という私に付き合って笑ってるGusが愛らしい。

すっかり春。光も、小道のにおいも。

今日は花粉症がマシだった。朝、ネティポット(→過去記事)で鼻洗浄をしただけで、マスクも目薬も薬もなしで大丈夫だった。ハンノキ花粉はVery Highの予報だったけど。先週は目が痒くて本当に辛くて、思わずアマゾンで「花粉予防メガネ」をポチってしまった。まぁ、使ってみて良さそうだったら花粉に悩んでいる母にもすすめてあげよう。

Gusといつもの丘まで歩いた。うららかなお散歩日和だもん、丘の上はわんこ達がいっぱい。親子連れも。

これは「ヤロウ」よね。丘の上で自生している。我が家の庭のは冬を越せず枯れちゃった。ココだって、冬の間は拭きっさらしの風が吹くというのに。つよいものたちだけがしっかりと生き残っているんだろうな。

コレ(↓↓)も毎年みかける野の花。なんて可愛らしい。

この丘ではボランティアの人たちが、繁殖して広がるアイビーや外来種の(臭い)「ブルーム (broom)」を刈り込んでくれている。そして、少しずつネイティブ種の草花を増やそうとしてくれている。ありがたいです。

草むらの中でボールを見つけて上機嫌のGus。足を悪くしてからはボール投げは極力ひかえているんだけれど。あんまりにも嬉しそうで得意げなので、今日は少し投げてあげた。

もういっかいおねがいします。

来月でGusは12歳! でも、笑うと昔のまんま。

さてさて☆

私の苦手な「セットで苗を育てる」プロジェクト。ガレージの(なんとなく)自然光が差し込むところでちびっこたちを育てている。Grow Lightなしで柔らかい光の中でどこまで発芽するのか疑問だけれど、この場所以外に良さそうなところがなくて。

苦戦しているものの、「よもぎ」は約10日で発芽した!

わ〜い☆ この子たちはこの状態で外に出した。大丈夫、かな?

そしてっ、見てみて〜! この小さい子!!

約1ヶ月かかった。生きてたんだねっ。

吾亦紅です。今年、どうしても育ててみたい花のひとつ。去年の夏、友人とお茶をしていたときに、そばに置かれていた鉢植えの吾亦紅が種をつけていたのです。その種を少しもらって、友人が手渡してくれたレシートに包んで持ち帰ったもの。今のところ2つしか発芽していないけど、とても嬉しい。頑張れ〜。

そして♪ もう一つ嬉しいこと♪

ネットで注文した宿根草の種がやっとやっと届いたー! わぁ〜い☆

アイルランドから届いた種たち。それぞれの草花の特徴や育て方など、とても丁寧な説明もついている。カナダへの発送がずいぶん遅れているとのことで、注文から約4週間かかった。

でも、対応も良かったし、何より種のコレクションが素晴らしい(と私は思う)ので、また利用したいな。参考までに:「Seedaholic」というお店です。アジアへの発送はしていないのかなぁ… 送料はかかったけど、ひとつひとつの種の値段は良心的だと思う。

さぁ、この子たちも私の「宿根草幼稚園」に入園させよう〜♪

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

お庭解禁!ピート・オドルフさんの庭に恋をして

土曜も日曜も、最高のお天気!風が強くてまだ寒かったけれど、日向で風のあたらないところにいるとぽっかぽか。春だよ〜♪

まずはココから。えいえいおー! うっそうとしている…

今年の2月は異例の寒さだったんだって。今朝もまだしっかり霜がおりていた。午前中はあれこれ家の用事やら、Gusとのお決まりの散歩があるので、庭に出たのは午後になってから。それでも数時間しっかり野良仕事出来ました!ただ雑草をぬいたり、伸びた枝を切るだけの作業でも、そんな中で新しい緑が芽吹き始めているのを見つけると嬉しくなる。春だ〜♪

さて。

今年のお庭シーズンに向けての目標は。

「多年草・宿根草を種から育ててみる」こと。

それは、「New Perennial Movement(新多年草・宿根草ムーブメント)」で世界的に有名なガーデナーPiet Oudolf(ピート・オドルフ)さんのお庭の写真を見たから。去年、イタリアのtomさんに教えてもらったのでした(ありがとう!)。日本ではポール・スミザーさんの方が宿根草を自由でダイナミックにアレンジしたお庭で有名みたい。tomさんに教わるまでは、こういう庭造りの動き・スタイルがあることも知らなかった。まずは、ネットでオドルフさんのお庭の写真をたくさん見た。Pinterest でオドルフさんのお庭写真を集めている人たちをチェック(←すでにしっかりと写真をコレクションしている人がたくさんいるので助かります!)それから彼のインスタもフォローした。

でね、彼の手がけた庭の「秋〜冬の姿」を見て衝撃を受けた。恋をしてしまった。

あんなにも自由で柔らかで幻想的な庭(ランドスケープ)、初めて見た。一番鮮やかに花が咲く春や夏ではなく、枯れていく終わりの草花が本当にきれいなのです。あまりにも美しくて、ひとつひとつの植物の名前を一度に知りたくてたまらなくなった。オドルフさんは、心・頭のなかで、この植物たちの花咲く姿や枯れてしまったあとの姿がみえるんだよね。そして描いていく。どこかで「4次元のデザイナー」という表現もみた。そのとおりだ。流れていくときをもふくめたデザイン。

素晴らしいなぁ〜(うっとり)

でね、まずは図書館でオドルフさんのガーデンブックを借りてみることにした。リコールかけて2週間ほど待って、ようやく連絡あり!Gusと図書館まで歩いてピックした。

図書館入り口で待つGus。さびしんぼうなので、一人で残されることはかなりのチャレンジなんだけど、泣きわめくことなくきちんと待てました(ほんの数分だけど〜)。付き合ってくれてありがとう、Gus。

3冊リコールして、2冊届いた♪ わーい♪

Dream Plants」の方は、たくさんの宿根草・多年草の名前と詳しい情報がリストアップされている。以前、オドルフさんの庭の写真をみて素敵だなと思っても、名前のわからない草花がたくさんあった。本を見ながらそんな花の名前を確認することができたのは大収穫。

もう一つの「Planting: New perspective」は、具体的なデザイン例やそれぞれの草花の特徴(大きさや開花時期など)も詳しく紹介されていて素晴らしい一冊。

彼の手がけるようなお庭を作ることはできなくても、「オドルフさんに恋するコーナー」くらいなら目指せるかな、と。この本は2週間で返さないといけないので、メモしたり写真をとったり。情報オーバーロードです。

素敵だ。

例えばこの一枚の写真の中に写っている草花たち。これを全部育てられたらいいのに! と、恋するあまり、どんどん欲が出てきて止まらなくなりそう。忘れてはいけないのは、ひとつひとつが生きもので、苗を買ってきてパズルを合わせるように「ホイできあがり」、というわけにはいかない。

なので。今年はいくつか多年草の種を買ってみた。それを育ててみようと思う。横着で適当な私でも、きちんと発芽させて丈夫な苗を育てることができたら、来年、「オドルフさんに恋するコーナー」を写真をみながら真似っ子してみよう。

雪につぶされたクリスマスローズたち、復活。

クリスマスローズは鹿が食べない花なのに。今年は「葉っぱ」を見事に食べられてしまった。。。なぜ?

小宇宙だ。

*おまけ:オドルフさんの庭

カナダのスキンケアブランド・The Ordinary

カナダにもスキンケアブランドがあるんだねー。普段、スキンケアとかお化粧品について色々と探ることはしないので、カナダ発のブランドのことなんてなにも知らないんだけど。ちょっと前にどこかの待合室においてあった雑誌で見かけたのが、この「The Ordinary(ジ・オーディナリー)」。ちらっと見たときに、ボトルのデザインがとてもシンプルでいいなぁ、と思ったので覚えていた。

数週間前だったかな、このThe Ordinaryのローズヒップオイルを使って良かったよ〜って、ブログのお友達のYukiさんがコメントされていた。で、「ほほぅっ。いいのか?!」って。早速ネットで調べてみたところ、扱っている製品へのこだわり(パラベンをはじめ、結合剤や香料、染料などの添加剤、硫酸塩、鉱物油、ホルムアルデヒドは入っていない。アニマルテストは行わない etc.)がしっかりとしていて、その上値段が驚くほど良心的。500円〜1000円ほど(*ペプチドの製品はもうちょっと高いけど)。原価に近い価格設定を提供しているんだそうよ。ほほぅ。

オーディナリーのサイトで各製品を見てみると… →The Ordinaryサイト(英語)

全然ちゃらちゃらキラキラしていなくて。ミニマリストのデザインの中に調合されたエッセンスのボトルが並んでいるようで。きれい。

でも。わからない〜! だって、AcidとかMagnesiumとかNiacinamideとか。。。何これ?? 状態。

私の知ってるスキンケア用語って「しっとり」「美白」「ハリ」「モイスチャライズ」…とかだもん。

で、よくわからないまま「シミ対策へのライン使い例」というのがあったので見てみると、私が「これがいいかなぁ」って選んだものが含まれていたので、即決。

Alpha Arbutin 2% + HA、Magnesium Ascorbyl Phosphate 10%と100% Cold-pressed Virgin Marula Oil。

送料無料。

目指すは(?)、シミをこれ以上増やさないこと。結構しっかりと色づいた(?)シミがすでにいくつもできているけれど、これはもう仕方がない。日焼け止めを塗らずに遊んできたツケが回ってきたのだから。でも、これ以上増やさないようにしたいなと思う。それから、乾燥対策。まぁ、乾燥においては、自分で作っているクリーム(ミツロウとローズヒップオイルとホホバオイルとエッセンシャルオイル)で調子いいんだけど、このマルラオイルっていうの試してみたいなーと思って。

ただ、私の肌はえらく敏感なもんで、合うか合わないかは使ってみないとわからない。とりあえず、朝は今までどおりのもの(無印の化粧水と自作クリーム)にしておいて、オーディナリーは夜に少しだけ試してみることにした

どれも肌に「吸い付くように」浸透されていく感じがした。マルラオイルも、手にとってから顔につけるのに、手のひらに浸透されていくようだったよ。

敏感肌でほとんど化粧っていうものができない(痒くなる〜)。隠せないのです。なので、何もぬらなくてもあまり見苦しくない程度の肌を維持していけたらなぁ、というのが目標です。しばらく使ってみてなにか変化があったらリポートしまーす(痒くなって撃沈、とならないといいなぁ)。

*おまけ:一緒に走るの巻き

潮が引いていて、駆け足してみたくなったので。

Gus、走ろっ!

走っていると思わず顔がほころぶみたい。