小さな庭仕事と小鳥

くもり空。

明日は雨だというので、今日は午後にずぅっと気になっていた「小さな庭仕事」をやった。

みすぼらしく傾いていた畑ボックスの周りの支柱(白い矢印↓↓)。

このネットになんの意味があるのだろう、という疑問もある。もともとはGusや兎がのこのことボックスの中に侵入するのを防ぐためにつけた。ボックスエリアの出入り口にもネットで簡易ドアをつけていた。でも、今は兎はフェンスラインで入ってくるのを防いでいる(つもり)し、Gusも悪さをしないので、このネットも必要ない。

でもまぁ、ネットがあると、背の高い花が外側からもたれることもできるし、えんどう豆がツルを絡めることもできる。

というので。支柱の埋まっている部分が朽ちてきているものを交換し、ネットも「ぴん」とさせた♪

大したことではないのだけれど、こういう小さな「改善」は、やり終えてみると満足感がある。ずっと気になっていたので、気持ちもすっきりした。

バラを大きな鉢に植え替えて肥料をあげていると、小鳥たちがまわりで「ちちちちちち」と楽しそうにしていた。春になると鳥たちが本当ににぎやかで、唄声がとても気になる。どこにいるんだろう?とか、ちょっと変わった声をしてるなぁ、とか、今年は特に気になる。

私の鳥の巣箱はまだ「空き家」状態です。Chickadee のための巣箱なので、彼らを見ると「ほらほら、あそこに空き家がありますよ」と言ってみるんだけどね(笑)。今日も近くでChickadeeたちは楽しそうにくちばしをきれいにしていた。動画を撮ってみたよー♪

見えるかな? この小さな鳥がChickadee。途中、一瞬写っている少し大きな鳥は、Spotted Towhee。彼らはよく、溜まった枯れ葉の上でごそごそしている。

金曜の朝、外がまだ暗い時間に「フクロウ」のコールも聞いた。遠くで鳴く声に答えていた。耳を澄ませて聞いてみて〜↓↓

多分「Barred Owl」だと思う。いい声。

夕方のこと。ご飯をあげようとGusを探しても見当たらなくて焦った。

耳が遠いので呼んでも聞こえないし、あちこち探し回った。

ひょっとして庭に忘れてきたか??と、庭も探した。いない。

そしたら相方が、「見つけたぞー!」って。

机の下に頭を突っ込んで。。。 なんでそんなところに寝そべってるわけ???

動かない。寝てる。

そぅっと机の下をのぞいてみると。。。

笑。

そうか。テニスボールを追いかけて、そのまま寝ちゃったのか、きみは。

ほーんと見失うことが増えたので、GPSでも付けたくなるほど。

今夜は残りものベーコンを使って、カルボナーラ。

こういうの、久しぶりに食べると美味しいねー。

月星座の欠損を補うファッション?!

なにそれ???

自分の月星座の反対側の星座のファッションをすることで、月星座の欠けている部分を補って運気があがる」んだそうな。

えーーーーっ。なにそれ???

一週間ほど前、ネットで記事を読んでいるときに、ページの端に並んでいた「月星座うんぬん」という記事がふと目についた。「月星座ってなにー?」ってクリックしてリンク先で自分の月星座を調べてみた。するとふたご座だった。普通一般にいう星占いにでてくるのは「太陽星座」っていうんだって(それはうし座)。そっか、私の月星座は双子座なのか〜、意外。。。ってちょっとびっくりしただけで、それ以上は特に興味もなかったので読みすすめなかった。

で、先日、友だちがね、「月星座の欠損って知ってる?」ってメールをくれた。

ほほぅ。ちょっとタイムリー。私、自分の月星座をこの間調べたところやん♪

で、「月双子座の欠損」とはなんぞやと。友だちに教えてもらった「マドモアゼル・愛」先生のYoutubeで聞いてみたところ、「知的欠損・コミュニケーション」でした。

へーっ。そうなのかぁ。確かに。子供の頃から学生にかけては特に口下手で、上手に説明できなかったり、「何が言いたいん?」って言われることもよくあった。感情に流されず論理的に話せるひとが羨ましくて仕方なかったなー。

「月星座の欠損」っていうのは、簡単に言うと、生まれつき持ち合わせないものなんだって。だから。仕方ないのだ。

でね。ほら、Youtubeで何かを見てると右のコラムによく似たテーマの動画が並んで出てくるでしょ?その中にあったのが、この「月の欠損を補うファッション」っていうもので。

生まれつき欠けていてどうしようもないものが、自分が普段着るもので補われて運がよくなる」という話。

自分の月星座を調べて、その反対側の月星座のファッションをすると良い。んだってー。

へぇ〜すごい発想。私はどんなファッションをすれば欠損が補われるんだろう?コミュニケーションがうまくなるんかな。って。ちょっと気になって調べてみた。

ものすごく長い動画。。。でも、どこでどの月星座のファッションについて話されているかという時間(?)を丁寧に書いてくださっているひとがいたので、引用させてもらうと。

  • 月が牡羊座 1:44:13
  • 月が牡牛座 1:50:37
  • 月が双子座 1:57:19
  • 月が蟹座  2:04:25
  • 月が獅子座 2:13:17
  • 月が乙女座 2:19:14
  • 月が天秤座 2:23:13
  • 月が蠍座  2:24:43
  • 月が射手座 2:26:41
  • 月が山羊座 2:28:37
  • 月が水瓶座 2:30:48
  • 月が魚座  2:33:45

(ここから引用→

私は月が双子座なので、1時間57分19秒のところを少し聞いてみた。

びっくりした。「月星座がふたご座のひとは、自分は軽いインチキだっていう間違った自己認識をもっていることが多くて。。。薄い黄色や軽いイメージ、ボーイッシュで都会的で風になびくような服装が好き。安ものでよくてどんどん変える。。。必要以上に堅苦しい服はだめ、こだわらないのが好き。。。」

はい。そのとおりです。黄色好きだし、ユニクロでいいし、昔はまったく男の子のような格好をしてた。それが心地良いんだもん。

でも、このおじさんの話では、「ではなくて、そういう格好をしちゃだめなんです。本当なら、ふたご座の反対側の射手座のファッションをするべきなんですよ。」なんだって。

その「月双子座の欠損を補う月射手座のファッション」っていうのがさ。。。

「おばさんやおばあさんが昔着ていたとても良い服」

「伝統的な大学の真面目な学生服、教会に昔行っていたような伝統的でしっかりとした背景をもった服。。。」

「乗馬服」「紺色」「貴族が楽しむような服」

な。な。なにっ。なんすか、それっ?! 

いやだーーーっ、そんな服着たくないっ!

でも、マドモアゼルさんの話では、乗馬服のような服を着るといいんだって。わたしは。

あぁ。。。なんか目が回りそう。笑えるけど、そんな堅苦しい伝統的な乗馬服のようなスタイル、無理です。おばあさんが昔着ていたとても良い服路線で。。。行ってみようかな。

どんなんや。

ある意味とてもショッキングだった発見だった(笑)みなさんも調べてみたら意外に意外な発見があるかも〜。月星座が双子座さん、いっしょに乗馬服かおばあさんの服を着て運をあげましょう!あははっ。

 

こどもの絵とパパの愛

強烈に眠い金曜日。目が妙にしょぼしょぼしている。

今日は夕食を作るのも嫌で、久しぶりに「ホットナイトロール」という巻きずしと天ぷらをピックアップした。お味噌汁だけ作って。こちらのひと好みのお寿司(ピリ辛ソースがかかっている。笑)だけど、たまに食べると美味しい。

食べた後、ニュースを見ながら寝てしまった(笑)。今夜は、今月頑張っている「即席水彩Doodle」をする気力もないのでお休み。

その代わりにといっちゃなんですが。ちょっと前に見つけた記事が、ワタシ的にはかなり「つぼ」だったので紹介しちゃおう。

「子供の描く絵が現実となったら。。。」というテーマで、我が子の絵を写真をリタッチして現実のものにしてしまった(?)お父さん。Tomさんのインスタグラムから写真をお借りしました〜。

from @thingsihavedrawn

超かわいい。

宇宙のどこかの星には、こんな動物たちがいるかもしれない。

笑える〜。でも、こんな馬もいるかもしれない。馬ってよばないかもしれないけど。

このお方は。存在する。

こんな顔をすることもあるかもしれない。

これはちょっと。。。

でも子供の目にはこんなふうに写っているのかもしれない。笑。フェルメールさんも笑うとおもう。

牛のおっぱいが。。。そう描きたくなる気持ちはよくわかる。

こんなハチドリならどこかで蜜を吸っていそう♡

愛らしい。

目に見えている現実だけが本当のことじゃないような気がしてくる(笑)。心に映るものはまたべつものかもしれないね。

さ。寝よう。

いつもホットウォーターボトルを足元にいれておく。布団に入って足先がじんわりとあたたまり、ふぅ〜っと肩の力を抜く瞬間。幸せ。「あぁ、あったかーい。この瞬間、このときが一日で一番幸せかもな〜」って声に出して言ってみると、ますます幸せ感が染み入ってくる。

みなさん、良い週末を〜☆

雪の日のお客さんとちょっとダーニング

今日は真っ白な雪の上にお日さまがさしてきれいだった☆

外が気になって何度か庭に出て足跡をつけて歩いた。Gusと(笑)気温も上がり、ずいぶん溶けてしまったけれど、まだところどころ10cmほど残ってるよ。雪に包まれると周りが明るくて、それだけで気分が高まる。

雪の連休は楽しかったな。何もなかったけど、楽しかった。

昼間でも外がしんと静かで、あたたかい家の中で過ごしているだけで満たされる思いだった。

週末、雪の中、鳥のフィーダーに餌をいれた。ハチドリのフィーダーにも前日に作って冷ました砂糖水を入れてあげた。砂糖水がこぼれないように気をつけながらフィーダーを木の枝にぶら下げようとしていると、待ちきれずにハチドリが一羽やってきたよ〜! びっくりした。おどろかせないように、その場でフィーダーを持ったまま固まるワタシ。私の手から蜜を楽しんでくれているようで、すごくかわいかった〜。

ハチドリはあんなに小さいのに、他の小鳥たちよりもひとを怖がらないのかも。

で、昨日も。私がフィーダーのそばに立っていると、来た来た!

小さいので、YoutubeのQualityをあげて(HDなどにして)見てみて〜。ビデオの右下のギアのアイコンをクリックして、720p か 1080p (HD)で見てね♪

見えるかな〜。

雪の日のかわいいお客さんだった♪

週末は一つ前の投稿でアップした「パンオレ」を焼いたんだけど。雪の日って粉いじりにはもってこいの日だと思った。捏ねたり、ゆっくりと発酵をまったり。なんだかいい気分だった。で、発酵を待っている間に、穴の空いたセーターのダーニングもした。

蛾に食われた穴が2つ。

できたー☆

修繕したあとに、相方に「見て〜、修繕した」って見せたら、「は?どこ??それより、そこっ、何かついてんで。そこそこ、緑のそれ。。。」って…

古いくつ下もついでに。これ、たいして可愛くもないくつ下なんだけど、母が送ってくれたものでパイル編みで温かいのです。

そう。ダーニング用のマッシュルーム持っていないので「電球」つかってます。

雪国に住む人たちって、長い冬を家の中で上手に楽しむ方法を知っているんだろうなぁ。気持ちは明るく。ビクトリアの冬も長いけれど、「暗く雨ばかり」の冬だからねー。それはまた、雪の日々とは違うのだ。それに、たまに降ってちょっと積もるくらいだから楽しいのかも。

こうして暖かく過ごせる家があることがありがたいね、って相方と言いあった週末だった。