ふたり

ふたり、の写真を3枚並べるよー♪

手をつないで、柔らかい声で会話を交わすお二人。

のろのろと歩いていたGusと私とすれ違うときに、「Beautiful day, isn’t it?」と奥さまのほうがにっこり笑って言葉をかけてくれた。続いてご主人さまのほうが「Enjoy your walk.」と言ってにっこり。「Thank you. you too.」といって私も笑顔を返した。素敵なご夫婦だな。と、ほっこり。

若いふたり。

しっかりと指をからめて手をつなぎ、さっさっと足早に私とGusの後ろからやってきたかわいらしいふたり。

歩くスピードがわたしたちよりずっと速いので、道の端によって先に行ってもらった。

すれ違い際に、彼女のほうが「Thank you.」って。きれいなひと。声も透き通ってきれいだった。彼はGusににっこり。この道の先にある小さな庭園に入っていった。そっか、庭園でデートなんだな。なんだかとても微笑ましくて、いいなぁ〜と、幸せな気持ちになった。

ふたりって、ひとりより、いいよなぁって。

そして、散歩の後にでかけたローカルマーケットで見かけたこのふたり。

右のね、傘を持っている人はパブリックアーティストの「Kashi Abbas」さん(←あとで調べた〜)

See & Be Seen、っていうパフォーマンス(プロジェクト?かな)をされている。私は体験しなかったけど、「Silent Eye-Contact」というのをしてるんだよー。説明を読んでみると、Kashiさんの前に座り一緒に数分目を閉じるんだって。そして、なにも言葉をかわさずににっこりと見つめ合うんだって。「無言で座り、見つめ、見つめられることで、わたしの心に何かが起こるんです。ひとがひとであることの本当の意味を気づかせてくれるんです。」というようなことがKashiさんのサイトにも書かれていた。それを共有できたらって。

「Connecting」とか「ソーシャルネットワーク」とかいって、わたしたちはスマホばかりを見つめてその中で「つながっている」気になっているけれど、本当にそうなのだろうか、っていう疑問が背景にあるんだろうな。言葉を交わさなくても、まったくの他人であっても、ただ静かに座って目を開けて見つめ合うだけで、自分というもの、目の前にいるこの人、二人で共有しているこの時とこの場所、を「見つめてみる」エクササイズなんだろうな。

Kashiさんのサイトでもインスタでも色んな人の写真が紹介されている。いろんなひとがいて様々な顔があって、いいなぁって思ったよ。

ふたり、でした〜。

つらぬきかくる くものいとすぢ

それぞれの季節に、「はっ」とするものはうまく散りばめられているんだなぁ。って。

秋の朝。朝露で光るくもの巣の季節になると毎年思う。

詩心のあるひとは、きらきらとした朝のくもの巣をみて一句詠んだりするのだろう。うーーーむ、とうなってみたけれど、なにも浮かばない。昔の人はどんな詩をうたったのだろうな、と、検索してみたら、古今集の中で文屋朝康の一句が出てきたよ♪

秋の野にをくしらつゆは珠なれや
  つらぬきかくる蜘蛛のいとすぢ

[秋の野の草葉に置く白露は玉であろうか。蜘蛛の糸がつらぬき通してかけていることだ。]

ぴったり☆

こんなにも時代の諸々のことは変わってしまったけれど、季節の移り変わりの中で感じる心は一千年以上も前となんら変わらない。一千年以上も昔に生きたひとたちのことを思い浮かべると、ふぅっと気が遠くなるね。

朝の通勤途中、もうそろそろ大学につきますよ、というこの小道で、自転車を横倒しにしてくもの巣を眺めた。

きれいね〜。

*おまけ:たまらんかわいい一枚

まだ生まれて間もないボーダーテリアのパピー。

ひくひくしてるっ。この小さなおちょんちょんと、ぽってりしたパピーベリーにむちゅぅーってしたいー。何度も見てしまった。

赤ちゃんはみんなかわいいなー。

秋の光、秋の色、秋の味。

光がもう秋。木々も草花も染まっていく。

夏を見送るときに何が一番さびしいかっていうと、日が短くなっていくこと。朝のGusの散歩時に、朝の光を浴びることができるのもあと少し。あーん、寂しい。

二度目のダリアの花たちも、もうすぐ終わる。

子供の頃はダリアがあまり好きじゃなかったな。「嘘っぽい。つくりものみたいやし。」って。とても異国のもののようにも見えた。今もダリアは一番好きな花ではないけれど、小ぶりのものたちは好きでいくつかだけ庭に咲いている。中でも、この真紅のダリアは大好き。

昨日、ファーマーズマーケットに立ち寄ったときに、色んなリンゴを売っているおじさんのテーブルをのぞいてみた。

と。「Kosui・Asian Pear」を発見!ナシだ〜。幸水だ〜♡

小ぶりの幸水。「おじさん、試食させて〜」と頼んで味見した一切れは、とてもみずみずしくて甘かった。姿があまりにも可愛らしくて、木の器にいれてしばらくうっとり眺めてしまった。ひとつ、切って相方と食べてみたところ、あまり甘くなかった… あれ、まぁ。試食したのはあんなにも甘かったのになー。

庭の夏野菜ももうそろそろおしまい。トマトはまだ青いのがたくさんあるけれど。

ひと鉢だけ過保護に育てたかわいいおナスもこれでおしまい。日本のきゅうりも最後の二本、小さいのがとれましたー。

一方。

やられたよ、タヌキに。アライグマどもに。

あと数日おいておいたら収穫しよーっと、と思っていた大きなトマトをっ!!!

あんたら、トマトがココまで大きくなるのにどれだけかかってると思ってんねーんっ!! ったく、種からここまで、4ヶ月ほどかかるトマトを、見事にがじがじがじがじやってくれた。 んもーーーっっ、かんべんしてよーっ!!!

あわててトマトの周りをひと苗ずつ、ネットでカバーしたけれど。あいつら、また来るだろうな。緊急対策で、囲いの周りにネズミ捕り(踏んづけたらバネがフリップするというトラップ)をいくつかおいてみたけど。。。小さいからなー。脅し程度にしかならんだろうな。

でも。美味しいね、っていって食べてくれたのかな。だったらそれほど腹もたたないけど。食べるならちゃんと完食してほしい。

わたしたちは。。。 とっても久しぶりにビーフストロガノフ!

サワークリームいっぱいのハイカロリー。食欲の秋。というか、「秋も」変わらず、しっかり食べる。

さて、一週間、頑張ろっと。

*おまけ:Doodleにて「Kosui」アップ〜 →☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

八月一日、朝仕事!

昨日の夕方、Gusと海沿いの道を散歩しながら決めた。

「海藻集めよ〜」って。

今日から八月!新月なので潮の満ち引きが大きく、海藻が上の方まで(歩道の近くの辺りまで)打ち上げられていたもんね♪

朝、ちゃちゃっと行ってきた〜。大きなヘビーデューティーゴミ袋二つとバケツ持って。

犬と散歩しているひとがちらりほらり。「お庭用に集めてるのね〜。フレッシュでいい肥料になるね〜。」って声をかけてくれた。理想的なのは、それこそ「ワカメ」のような明るい緑色で柔らかいもの。だけど、今朝打ち上げられていたものの多くは分厚くてなが〜〜〜いものが多かった。ずりずりひきずって、まとめて、なんとか朝仕事終了。次の満潮時には柔らかい海藻が打ち上げられるといいな。

いつもこうやって同じように海藻があるわけではない。海藻にも成長の周期があって、ある程度の大きさになると海底から剥がれてしまうのかな。

長い海藻に思ったよりも手こずって時間を取られてしまった今朝。でも、ひと仕事(?というほどでもないのだけど)終えて満足。ちょっとだけ朝の巡回。

去年よりも元気に咲いてくれてたワイルドベルガモットたち。

8月に入ると庭もからからになってしまうので、花も減る。乾燥に強くてミツバチやハチドリの好む草花を、春夏を通して途切れなく咲かせていく計画をたてられるようになりたいなー(目標)。

去年は乾燥しすぎてうまく咲かなかったダリア。大きなぼんぼん子ちゃん。

今、ダリアの増やし方をネットで見ているんだけど、いまいちよくわからない。難しいのかなー。

私の後ろにぴったりとくっついて廻るGus。

きょうのぶんの、いちごといんげんまめ、ください。

↑↑ Gusの後ろの朝顔サーカス、見える〜? あははっ。朝顔につなわたりさせてます。時々、ここにヒモを引っ掛けたのを忘れて顔面ゴールイン(?)してしまう(苦笑)。

来年はもうちょっとちゃんと朝顔のトンネルみたいにできたら楽しいな〜。

一年先のことを考えてわくわくできるのも、土いじりできる場所があるから。ありがたいな。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪