青空の土曜日に。

青空の土曜日だ!

昨日の夜にサワードゥ種を仕込んでおいて、今日は朝ごはんのあとに粉と水を足してサワードゥブレッドNo2の準備。洗濯物を洗濯機に放り込んでGusといつもの散歩。風もなく気持ちがいい土曜の朝。わんこたちにたくさん出会ったよー。

この小道も秋が過ぎ去ってしまった。もう12月だもんね。こうしてGusと歩いていると12月のせわしさを感じずにいられるのでホッとする。スーパーもダウンタウンも、道を運転していても、やたら混み合っていて皆せかせかとしていて落ち着かないもん。そういう「せわしなさ」にすっかり弱くなってしまった。

くっきー、くれるんでしょ。ひだりのぽけっとにはいってるでしょ。

先日、Gusが4歳くらいのころのビデオクリップを見た。スラリとしていて、まだちゃんと「毛抜き」をさせてくれていた頃だから小ぎれいで。思いっきり走り回って嬉しそうだった。Gusも歳をとったな〜と、しみじみ。ちょっときれいにしてあげよう、と、家に帰って毛抜きをし始めたんだけど、嫌がって逃げてしまった。

なので、年中もっさもさです。まぁ、歳だからね。あまり嫌がることを無理やり押し付けるのもかわいそうだし。ぼさぼさで小太りだけど、いっか。

先日、自転車で転倒した時にチェーンが思い切りはずれてしまい、修理とチューンアップを兼ねて自転車屋さんに持っていった。修理も終わり、すっかりきれいにしてもらった私の愛バイク。お店のおじさんが「チェーンとソケットを新しいのに替えたし、新品同様でまた自転車通勤楽しめるよっ!」と言ってくれた。そっか。16年乗っているけど、まだまだいけそうなのね。

自転車をピックアップした後、すぐ近くで開かれていたクリスマスのクラフトフェアをのぞいた。

子供のおもちゃとか… 鳥の巣箱とか… 必要のないものに妙に惹かれて眺めてしまった。巣箱を送りつけたいのをぐっと我慢して、妹のたんじょう日用に手袋とピアスを買った。喜んでくれるかなー。

さてさて♪ 2つ目のサワードゥブレッドはこんなふうに焼きあがったよー♪

サワードゥブレッドは「温度」も材料の一つとして考えるべし、というのをよく聞く。今回は前回よりもタイミングを測ってとりかかったし、発酵の時の温度も温めてあげたんだけど… 最初の発酵中に生地を「引っ張って伸ばして折りたたむ」というのをしてあげるのが足りなかった。というか。。。自転車ピックしてマーケットをぶらぶらしてその後別のところにも寄ってしまったので。。。またココでタイミングがずれちゃったのでした。サワードゥ、手がかかりすぎっ!

前回よりも均一に膨らんだものの、気泡はあまり入らず。でも、風味はいい感じに酸味が加わってたよ♪ 生地ももちもちで香りもサワードゥにすこーし近づいたかな。また来週頑張ろーっと。むふふ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

始めてのサワードーブレッド!

えへへ~♪ 週末に始めて「Sourdough Bread(サワードゥブレッド)」を焼いた!

サワードゥブレッドというのは、小麦粉と水だけで育てたスターター(パン種)を使って焼くパン。アイデアは果物などを使って作る天然酵母種と同じなんだけど、サワードゥ種には乳酸菌がたくさん生きているのでパンに独特の酸味が加わるのです。サワードゥパン、この酸味が苦手な人もいるらしい。私は大好き。相方も、彼のお父さんがサワードゥ種を冷蔵庫に常備していたらしく、サワードゥパンには子供の頃の思い出もある。

でね、今までにも何度か「種おこし」にチャレンジしてきたんだけど、毎回失敗。スターターが上手く酸っぱくなってくれず、しまいにはカビてしまう始末。元気なサワードゥ種って、素人が匂いを嗅いでも「あ、これこれ、この匂い」ってわかるほど、独特の甘く酸っぱい香りがある。で、もうギブアップしていたのだけど…

職場の「木曜日のドーナツ屋さん」を開いてくれているコーリーさんが、なんとサワードゥブレッドを毎週焼いている!という耳寄りな情報をゲット♥ 先週、コーリーさんに「あのぅ。サワードゥ種を少し分けてください」とお願いすると、「いいよ~!」って。
むふふ。もらっちゃった~♥♥

食卓くまさんになっちゃった、くまさんと。

相方にスターターの匂いをかがせると、「うん、この匂いだっ!」と満足そう。 早速サワードゥビギナーレシピを色々と調べて、一番わかりやすいのにそって作ってみることにした(☆参考レシピ

作り始める前に何度も読んで大体の流れはつかんでいたはずなのに、タイミングがよくわからなくて思ったよりも時間がかかってしまった。というのも、もらったスターターをそのまま使うんじゃなくて、それに餌(小麦粉と水)をあげて一晩置いて元気づいたものを使う、というステップを忘れていたから。このせいで、私の初サワードゥは寝かせ足らずで焼かなきゃいけないことになったのでした。

サワードゥの種を使ったパン生地の「弾力性」にびっくり!! 私が今までに焼いてきたパンで、ここまで弾力性のある生地はなかった。そして、粉と水を足して1時発酵(?)させた生地はとってもなめらか。

あかちゃんのお尻みたい。

レシピサイトに写真がのっているし、ここでは省くけれど(写真を撮る余裕がなかった)、常温発酵で約4時間、冷蔵庫で1時間、冷蔵庫から出して1時間、で焼いた。本当は冷蔵庫に一晩ほどおくのがいいらしい。

丸いパン用のボール(バヌトン?)がないので、浅い木のボールに入れておいたんだけど、高さが伸びず… 焼く直前になっても私の生地はべろり~~んとしたまま。「こりゃ、失敗かな。。。ま、平べったかったらフォカッチャということにしちゃおう」と思ってオーブンに入れた。

焼きあがるとこの通りっ!!

ぼんっ!!!

パン生地にクープをいれる「刃」も家になくて、パン用ナイフを使ったらびよーーーんと生地を伸ばしてしまいまして。。。変な割れ方になってしまったけど。

くまさんも、ちゅっ。

さて。サワードゥの風味の方はというと… もう少し酸味が欲しい。もう少し寝かせてあげたら酸っぱくなるかな。 切り口はこんな風。

酸味は足りなかったものの、パンの食感がとてももちもちっ。時々焼く「こねないパン」よりもずっとしっとりもちもちだったよー。餌をあげて残った(捨てる分の)スターターを使って「サワードゥパンケーキ」も焼いたのです♪ これも、私が選んだレシピのサワードゥ種の量が少なすぎて、酸味が足らず。来週末は別のレシピでトライしよう。

あ、そうだ!種には名前をつけると大切に育てるそうなので。。。私のサワードゥ種には「ジャスパー」という名前をつけましたー。パンケーキ用に足して分割したバックアップ種は「マチルダ」♪

*おまけ:食卓にいすわっているくまさんが気になって仕方のないGus。私がくまさんをいじると、必ずテーブルにやってきてチェックする。↓↓ 背伸びして、必死。

ぼくちんにもくまさんさわらせてください。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪