待ちに待った!!!

たったかた~ん♡

やっとやっとやぁ~~~~っと!

届きましたよっ。

キラリっ☆

シンプルな旧式デザイン。このスペースに収まるものは数えるほど。

とても。

うれしい。

昨日家に帰って抱きつきましたっ。ラブリーれいぞうこーっ♡

ああぁ、良かった。配達予定日にちゃんと届いて、本当に良かった。もうこれで冷蔵庫のことを考えなくてもいいっ! 最初に冷蔵庫を見に行って注文してから1ヶ月かかったもん。

カウンターに出していたものをとりあえず突っ込んだ。

お友達家族は、今朝バンクーバーに発ちました。なので、昨日、無事に届いた冷蔵庫をみて、良かったねぇ良かったねぇと、一緒に喜んでくれました~。息子くんも、冷蔵庫の表面をびったりと覆っていたプロテクトシートを、べりべりべりと一緒にはがしてくれたし。こんなに温かく迎えられる冷蔵庫も珍しいよね、きっとね。

まぁまぁ、あの白い古い冷蔵庫は最後までよく頑張った(すでに遠い目で回想)。

友人家族が来てから数日後のこと。

冷蔵庫が突然、「うぅぅぅぅぅ~~~~ん、うぅぅぅぅぅ~~~~ん。」と泣き出した。ドレミでいうと「」のあたりの音で、かなりけたたましく。泣き出すたびに冷凍庫を開け、奥の冷風が噴き出るあたりを左斜め下から、ガンガンガンガンっ!とげんこつでぶっ叩く。すると「ふぃ~ん」と、ため息の様な冷たい空気を一吹きし、大抵はおとなしくなりました(笑)。ある夜、夜中の2時くらいに「泣き始め」、私は夢の中でうなされ、起きて行ってぶっ叩き、それでも泣き止まないので電源を引っこ抜いたのね。で、翌朝また電源をいれたのね。
すると、なんと。どういうわけか、数時間のうちに冷蔵庫の温度がどんどん下がり、記録では3.8度まで下がった!すっ。すごいっ!

「ぼくちん、まだがんばれるよ!」の、最後の訴えだったのかもしれない。

んまぁ。かなりのストレスを感じていた相方は、新しい冷蔵庫が届いた夜も、耳の奥であの「ラ~~~~~~~、うぅぅぅぅぅ~~~~ん」の雄叫びが聞こえていたらしい(苦笑)。新しい冷蔵庫は、とても静かです。「(コンコン)、きみ、起きてる?」って聞きたくなるほど。

友達家族がいなくなっちゃって、お家もひっそり。Gusも「みんなはどこですか?」と、きょとんとしてゲストルームの方を向いて座っていたり。とてもとても楽しい7日間だった♪ 久しぶりに毎日日本語でいろんな話をして、やっぱり母国語で話すのって気持ちが楽だなぁと実感した。相方も、「(私は)日本語のほうがずっとおしゃべりで楽しそうだねぇ」と言っていた。きっと、日本語だと気持ちに余裕を持てるんだと思う。ゆったりと話ができて、相づちもゆったりで、気の利いたことや冗談も言いやすいんだと思う。

それから、子供っていいなぁ、と、息子くん(9歳)を眺めながら思った。キラキラしていて、そのまんまで、自由で、今というときを目一杯楽しんでいて。動物一般が苦手で怖かった彼は、初日、「怖い~、やめて~っ!」とGusを見るなり走り回って友人の後ろに隠れていた。なのに、2日ほどの間にGusに急接近して仲良しになり、Gusの後ろにしゃがみこんでうんちチェックをしたり、リードを持って走ってくれて、すっかりGusの友だちになってくれました。それもとっても嬉しかった。いいなぁ、男の子って。言葉は通じなかったものの、相方も息子くんが可愛くて仕方なかった様でした。

ブラックベリー摘みを手伝ってもらった。

冷蔵庫も届き、友人たちも楽しんでくれて、なんとも満たされた一週間でした。

…というわけで、また普段の静かな生活に戻りまーす。しばらくは急に静かになった家で寂しいかな。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ちょっぴりお久しぶりです。

ひゃっほ〜☆

ちょっぴり間があきました。相方の旧友カップルがカリフォルニア州からトレーラーを引っ張って遊びに来てくれまして。うちで5泊。明日からこの島の北の方にあるビーチの美しいトフィノに2泊、その後ウィスラーの方を回ってゆっくりまた南下するという予定で。私がお二人にあったのは今回が始めて。相方は相方で募る話がいっぱいで、私は私で聞きたいことがいっぱいで、一日の終りにはぐったりしてしまい歯を磨いて寝るだけという状態だった。

幸いお天気も夏らしくなり、二人に夏の美しいビクトリアを満喫してもらえたようで嬉しい。トレーラーを引っ張って、トラックには自転車を乗っけてやって来た二人。一昨日は自転車でダウンタウンまで行って、ぐるぐる回っていた。相方の旧友Rさんは、相方がビクトリアに移住するきっかけを作ってくれた人。相方はビクトリアに恋をして永住しちゃったけど、Rさんはビクトリアの6月の涼しさに参ってしまい、さっさとカリフォルニア州に帰っちゃったんだって。Rさんも奥さんのSさんも、とてもクリエイティブで経歴も興味深く、話がとっても面白かった。SさんはCAに引っ越すまではNYでプロのフードフォトグラファーをされていた。ポートフォリオを見せてもらったけど、素敵だった〜。またSさんの写真を紹介してみたいです〜。

おふたりとも声を揃えて、「ボーダーを超えてカナダにはいった途端、エネルギーが変わったのに気づいたよ。ゆったりしてる。人が優しい。」と言っていた。あと、カリフォルニア州のマリーンカウンティでは、昨今では4月から11月の終わりくらいまで雨が降らないんだって。青空が広がるのは嬉しいけれど「疲れる」って。ビクトリアも7月はお天気続きなんだけれど、緑が見られるし花も咲いているし何より海がすぐ近くだから心が安らぐわ〜って言ってたヨ。ずっとここに住んでいて忘れてしまったことに改めて気づかせてもらった気がした。

懐かしい友達といっぱいいっぱい話をして、相方もとても満たされて嬉しそうだった。私たちの「ゆるい庭」をとても気に入ってくださって、私も嬉しかった〜。ミツバチが花の中で花粉を集めながらぐるぐるする様子に感激したり、朝の乱れのない空気の中でストレッチされたり、お昼寝の後で読書を楽しまれたり。ゆったりとされている様子をみて私たちもなんだかホリデー気分になったのでした♪

「庭の緑に加えてあげてね、と、Shade Plantsの鉢植え(寄せ植え)をプレゼントしてくださった。とってもきれいな葉っぱ(名前がわからない〜)。Sさんは、きっと一年きりだと思うって言っていたけど、上手く育てたら来年も続けて茂ってくれるかなぁ。

おもてなし慣れしていないし、夜更かししすぎてちょっと疲れてしまったのだけど楽しかった♪ さて、また二人と一匹の静かな生活に戻りまーす。今夜は早く寝よ。おやすみなさーい。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

パエリア予行演習によばれるの巻

この間の日曜のこと。衝撃(?)を忘れないうちに記録しちゃお。

「パエリアの練習をするから、ギニーピグになってくれない?」と、お友達Gさんに誘われた。Gさんは自分の誕生日パーティに、自分でパエリアを作りたいんだそうで、その予行演習をするから食べに来て~って。行きます行きます行きますよー!ピッグになるなるっ! と、久しぶりにGさんちを訪れた。

ブレント・ウッド・ベイの近くにお住まいです。

前にもココで紹介したことがあるけれど、Gさん&Sさんのボーダーテリア「アーチー」(もう死んじゃったけど)を1ヶ月預かったのがきっかけで、私たちもGusを迎え入れたのです。アーチーが生きているときは、Gusにガウガウするからと連れていけなかったけれど、今回はGusも一緒に参加♪ Gさん&Sさんはボーダーテリアの性格をよく知っているし大大大好きで、お腹をいっぱいなでてもらえたGusは大喜びでしたー。

予行演習にはGさんの息子さんたちも集合。しばらく会っていなかったので話も弾む。

「さぁ、そろそろ準備しようかな」と言って、Gさんはテラスに出ていった。キッチンに戻ってきた。また材料を持って出ていった。 …を何度か繰り返す。

「なんで?どこでパエリア作ってんの?」 と、気になって私もテラスについていくと。

えええええっ!!!

なにっ、このパエリアのフライパンっ?! この特大パンをのっけるための、「特性バーナー」もすごい…

なんとなんと、このパエリアパンは予行演習用で、本番のものはこれよりも二回りくらい大きい… マジで… パーティには35人招待したからだって。ひええっ! 35人も呼べる知り合いがいるのが、これまたすごい~。

パエリアって、作ったことないから知らないのだけど、いろーんな材料が入るのね。

「なんで、こんな特大パエリアにチャレンジしようと思ったのー?」って聞いたところ、バンクーバーで年に一度のパエリアの大会があって、そこでインスピレーションをもらったんだって。それでYoutubeなどでレシピや作り方を調べて、小さいパエリアパン(普通のサイズね)で練習をして、この大きなのを買ってみたくなったんだってー。

鶏肉、エビ、ホタテ、カラス貝、あさり、イカ、サラミ(?2種)、ペッパー3種、いんげん、えんどう豆… お米!

すごい量… 見て↓↓ お鍋の大きさがよくわかるでしょー? テラスからキッチンまで二人がかりで持ってはいったお鍋。ドアを通過するのもギリギリだったらしい。ということは、パーティー本番の特大サイズのパエリアパンは、ドアを通れませ〜ん。

いやはや。。。大人8人でこのお鍋の3分の1弱を食べてギブアップ。残ったものを皆で分けてお持ち帰りさせてもらっちゃった。パーティーでもこのサイズで大丈夫なんじゃなーい?って皆にいわれていたGさん。「ダメダメ、コレじゃ足りないよっ。もうちょっとサフラン入れなきゃ駄目だね。ご飯の硬さはどうだった?」と本番に向けて改善スべき点などをみんなに聞いてましたー。

具沢山のリッチなリゾット、だな〜と思ったよ。どの文化にも「おじや」ってあるんだなぁ、な〜んて。お腹いっぱいになったけれど、それよりなにより、Gさんのパフォーマンスとこのスケールのパエリアのプレゼンに心が先に満たされちゃった感じだった(笑)。本番、頑張ってくださいっ!

*おまけ:大学の庭より

大学の庭園は、春のこの時期が一番きれい!今はシャクナゲや椿だけでなく、春のお花がいっぱい。ネイティブフラワーも日陰の草花も、とてもきれいにアレンジされている。↑↑の写真。真ん中の石に雄の鴨がぽつり(見えますか?)。ひとりでひなたぼっこしていた。最近、男一人でクワックワッと歩いている鴨をよく見かける。そのたびに「彼女はどこなの〜?」って聞くんだけど。女の子不足なのかな。

日本のみなさん、GW、楽しんでくださいね〜☆

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

バンクーバーへ弾丸トリップ

とってもとっても久しぶりに、バンクーバーの友人家族に会いに行ってきた!

島を離れるの、久しぶり。フェリーに乗るのも久しぶり。

病み上がりのお友達んちに押しかけるのも気が引けて、今回はあきらめようとも思ったんだけど、本当に長いこと会っていなくて、出不精の私たちは何度かお誘いを断ってきたので。「えい、やっ!」と、勢いで行ってきた〜。

11時のフェリーでバンクーバーへ。そして翌日の朝、バンクーバー10時発のフェリーでビクトリアに戻ってきたっ。こんな弾丸トリップも久しぶり(始めてかも)。

この4月は本当にお天気が安定しないし、寒いっ。ビクトリアに比べて、もひとつ雨の確率が高いバンクーバー。今までも天候を理由にお誘いを断ったこともある。Gusが一緒だし、友達の家に閉じこもっちゃうことになるし。行った日は、曇天。友人宅の家の周りをGusと歩いた。

街の犬たちの糞尿に対するクレームも多いらしい。限られたグリーンスペースが、わんこのおしっこで枯れてしまうから「犬お断り」の札がたてられているのも見たことがある。幸い、友人宅の近くにはドッグパークがあるんだけど、ここ最近の雨でぐっちょぐちょだし。おとなしく家の周りを散歩。

ヘリテージハウスが並ぶ通り。数ブロック先が大通りとはいえ、この辺りは住宅街だから驚くほど静かです。でも、やっぱりバンクーバーは大都市だ。フェリーターミナルから友人宅に向かう途中の交通量がすごかった。みなさん、スピーディーな運転だし。大都市では「何処にどの道を通っていくのか」を前もってはっきり把握していないと、周りの車からのプレッシャーに押されて予定外のところで曲がってしまったり、ハイウェイ降りるの間違ったりしてしまいそうです。運転嫌い(+苦手)の私は、助手席に座っているだけでどきどきしてしまった。情けね〜。

久しぶりの遠征(?)ですっかりお疲れのGus。持っていった「もも色ぶたさん」を枕にして昼寝。フェリーの中では車の中でお留守番なので、ものすごいストレスなのです… 置き去りにされると察して、家を出る前からそわそわと落ち着かず、車の中でもピーピー鳴くし、ナーバスになって体を小刻みに震わせたりするし… 「帰ってくるから心配しなくていいのっ!」って言ってわかる相手じゃないし。そんなGusを連れて出かけると、わたしも疲れる。友人宅では、Gusはピタッと私をマーク。トイレの中まで付いてくる。「ぼくちんをひとりにしないでください」の目をして。パピーの頃のトラウマで、責任は私たちにもあるので責められないし、仕方ないです。

1泊だけだったので、滞在中も弾丸トークでキャッチアップ。赤ちゃんの頃から知っている友人の息子くんも、すっかり大きくなって大学生。「若いっていいなぁ。青年よ、大志を抱け。」な〜んて思って眺めてしまった。誕生日にポップコーンがほしいって言ってたのがついこの間の様。

相方の誕生日もお祝いしてもらっちゃって、なんとも嬉しいサプライズでした♪ もう一泊してよって言ってくれたけど、「そわそわ犬」+土砂降りのお天気ということで、とんぼ返りでビクトリアに戻ってきました〜。

↑↑アザラシがねそべってたよー。

大都市のエナジーも久しぶりには良いもの。興味深い文化的イベントもたくさんあるし、ショッピングだって楽しいだろうし。けれど、私たちはやっぱりのんびりのビクトリアがいいね〜って、相方と何度も言い合った。

途中、島々を眺めながら、今度はGulf Islandsのどこかに行ってみてもいいよね〜って。

Gus連れて? 行く?

Gusも私たちも、家に帰ってきて「ほっ」。とてもシンプルで地味な生活だけど、それが一番ほっとする。たまに家を離れると、自分の家のありがたみをあらためて感じるね♪

弾丸トリップだったけれど、友人たちの元気そうな顔を見ることができて良かった☆

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪