夢:スペシャリストの診断

週末は北風がごうごうと吹きすさび、ずっと家に引っ込んでいた。珍しくお腹の調子がイマイチで食欲がなく、食欲が無いと何を作っていいのかよくわからず。夕食もオムレツとトースト。Gusをお風呂にいれて、犬飯作って、甘酒も作りたいし。。。と色々とTo-Doリストにメモっていたのだけれど、何一つせずに終わってしまった。 せっかくの週末を すっかり無駄に過ごしてしまい、少々すっきりしない月曜日。

今週はずいぶん冷え込むらしい。最高気温が2度3度だから、寒い。でも青空+お日さまは嬉しい!

とくにパッとしたこともないので夢の記録。さらっととばしてくださいね♪

***

相方と車でどこかに向かっていた。小さな車で山道をことことと。すると道がどんどんと細くなり、しまいには片方のタイヤが道の脇の溝にガタンと落ちて前にも後ろにも動けなくなった。大きな事故でもないのにそこで意識を失った。

病院の救急ベッドの上で目が覚めた。看護婦さんたちが忙しく行ったり来たりしている。自分の体をざっと調べてみたところ、打ち身も切り傷もない。ただ、ほんの少し、お尻の右側の方がじんじんとした。ベッドから降り、ペラペラのスリッパを履く。相方はどこなのだろう? 少し行った先に小さな診療室があり、相方はそこで手当を受けていた。大丈夫かと聞くと、腕を痛めたらしいけれど大したことはない、君は?と。「私も大丈夫。お尻がちょっと痛いだけ。打ち身かも。」と。その診療室のすぐ脇に応急処置用のカートがあった。消毒液や包帯、ピンセットやテープがきれいに並べてある。その中にケースにいれられた「白いキノコ」が目に入った。キノコをひとつ手に取り、お尻のじんじんするところに当てた。スーパーで売っている普通の白いマッシュルームだ。 気持ち、痛みが和らいだ。

相方を待っていると看護婦さんが通りがかり、「あなた、大丈夫?」と声をかけてくれた。「大丈夫です。お尻が少し痛むけれど、さっきそこのキノコをひとつもらったので。」と言ってキノコを見せてみた。看護婦さんは少し眉をひそめ、「場所が場所だから、一応スペシャリストに診てもらっておいた方がいいわ」と、私の手からキノコをとり、タイヤ付きの担架にうつ伏せになるように言った。

言われるままうつ伏せになると、看護婦さんは担架を押して「ベルトコンベア」にのせた。私の担架はそのまま進んでいき、救急室をでて「荷物受取センター」のようなところを通り抜けた。目の前の扉が自動で開く。トンネルのように暗い。緩やかな昇りになり、ベルトコンベアはそのまま二階へと上がっていった。

また扉が開き、そこで担架は停まった。どこぞの古い屋敷の屋根裏を思わせる薄暗い部屋だ。 うつ伏せになったまま回りを見渡すと、目の前にだらしなく白衣を着た男の人が二人。30代半ばくらいと60代後半か。スペシャリストか。全てが古い造りで、本棚も机も椅子も木製だった。歩くときしむ。壁一面には大きな黒板がある。

スペシャリストの一人(年老いた方)が「で、症状は?」と私に聞いた。「えっと。右側のお尻が少し痛むんですけど。」と答えた。すると、50cmほどの「棒(黒板を指すのに使うようなスティック)」でちょんちょんとお尻の右側を突いて「この辺りかね。」と。「はぁ、まぁ、その辺りです。」と言うと、二人の専門医は顔を見合わせ、軽く頷いた。メガネを掛けた若い方の専門医が、「きっと、アレですね。」と年老いた方に言うのが聞こえた。

『なに?アレって?』と少し不安になる。

「何でしょうか? 何か悪いできものとかですか?」と聞いてみた。体を起こし担架に腰掛けて。

年老いた方が、「いやいや、なんてことはない。おそらくハレナシだよ。」

「ハレナシ? ハレナシ?? 晴れ無し? なんですかそれは。」

若い眼鏡の専門医がチョークを手に取り、黒板にささっと図を描いた。

そして言った。「これがお尻だとするとですね、あなたの場合はこちらの右側のほうがやや大きいのですね。そしてこの部分(ペケをつけて)が患部と思われますね。病気ではなく一種の症状です。コンディションですね。ですからですね、これはハレナシなのですよ。腫れ無し。腫れてる部分とそうでない部分ね。」

年配の方が「はい、もう行ってよーし。」と言って机に戻った。若い方が「はい、お大事にー。」と壁のスイッチを押した。私が担架に乗って入ってきた扉が開く。慌てて担架に寝そべる。そしてそのまままた暗いトンネルをコンベアーにのってゆっくりと降りていった。「私は腫れ無しか。相方はもう大丈夫だろうか」

***

 

ここ最近ずっと左足の膝から腿がカチコチして痛んでいる。もしや。。。「ハレナシ」か?!

あはは。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

旧正月。わんわんっ!

今日は「春節(チュンジエ)」♪ 中国の旧正月。酉年にありがとう・さようならをして、正式に戌年にどうぞ宜しく!の日。

ぼくちんがしゅやく。

大学はリーディングブレークで丸一週間休みというのもあり、ひっそりとした一日。Chinese New Year☆のムードゼロだったキャンパスでした。ま、気持ちだけ、と、赤いセーターを着て出勤した。

で、気持ちだけね、と。

「木曜ドーナツ」の上で「おんどり」と「イヌ(シェパードっぽい)」に干支のバトンタッチをさせてみましたー(ムリヤリ)。今日選んだドーナツはストロベリーピスタチオ。美味しかったでーす☆

元旦には一年の始まりを祝い、気分的に大きなスイッチを入れるのだけれど、旧正月には元旦とはまた少し違った意味で新しい真っ白なノートを開けるようで清々しい。それに、旧正月はいつも新月なので(だよね?)、なんとなく気分がすぅっとして明日からまた満ちていくんだな、とワクワクする。

はるがまちどおしいですね。

前回の記事で紹介させてもらったデジタル本、ダウンロードしてくださった方、ちら見して下さった方、温かいコメントを残して下さった方、どうもありがとうございます☆ とっても嬉しかったです! 小さな本も喜んでいるように思います!

全く関係のないおまけ画像。

先日、Gusの散歩途中で。木の上から「ギャーギャーギャー」という鳴き声が聞こえたので見上げると。

ぎゃーーーぎゃーーーぎゃーーーーっ!

リスが枝にぶら下がって落ちそうっ!

大丈夫か?! リスっ!! おいっ!!

…それにしても… えっらい尻尾(胴体か?)が長いリス。

冬眠中太りすぎて+腕力落ちたのか、リスっ!

ぎゃーーーぎゃーーーぎゃーーーーっ。

えっ。

え?????

二匹。。。

オトコがオンナの腰のあたりにぶらさがっているのか。。。

求めるモノと求められるモノかぁ。

春先には、追いかけまわって走り回るリスをよく見かけるけれど、こんな現場を見たのは初めてでした。助けてあげたいけどどうすることもできず、しばらく見ていたら、ぼとりと一緒に落ち、その後またギャーギャーいいながら走り去って行ったヨ。

ちょっぴりバレンタインな画像でした〜♪

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

キンドルで絵本を出版してみたよー☆

ちょっとしたお知らせです!
この度初めて、アマゾンのキンドルで絵本をセルフパブリッシングしてみました~☆ わ~い☆ 自分の中ではとても敷居の高いプロセスで頑張ったので紹介させてくださ~い。

パッパカパーン☆

コレです。日本語版。

0歳~3歳・4歳位を対象のとてもとてもシンプルな、見開きたったの10ページの絵本です。

素材を作り始めてからここに至るまで1年半ほどかかってしまった。絵本なので、できれば手にとることのできる紙の本にしたいなぁ、っていう思いから、まずは出来上がったものを締め切りギリギリで一つの公募に応募してみたのでした。それにはまぁ、すぱぁっと落ち、落ちてしまった後、記念に(?)Blurbというこちらの印刷サービスでハードコピーを頼んでみた。Blurbには一冊から印刷してくれるサービスがあり、アマゾンと提携して注文が入った時点での印刷出版(プリント・オン・ディマンド)もできるんだけど、値段がとっても高くなる。で、2冊だけ自分と家族用に印刷してみた。

ハードカバーで質も良く、発色も思ったよりもきれいだった。

それから半年以上もたったころ、自分の新しい企画という意味で、アマゾン・キンドルでセルフパブリッシングする方法を調べ始めた。その手順や制作過程で気づいたことなどについては、また後日まとめてみるね♪

デジタル絵本なので、読むためのツールが必要です。幾つかオプションがあるよ~

キンドル本を読むためのツール:

  • キンドル各種端末
  • キンドルアプリ(無料)を利用して iPhone、iPad、アンドロイドタブレット、コンピューターで読む
    • アプリをダウンロード(ココ→☆)して開き、アマゾンのアカウント(ログインとパスワード)情報を入れる。すると購入した全てのキンドル本がライブラリーに表示され、クリックして読むことができる。

私の持っているキンドル端末は「ペーパーホワイト」で白黒なので、このキンドルアプリをコンピューターとiPhoneにいれて絵本の確認をしたよ♪

そうそう、「なか見!」というオプションがあるため数ページはサンプルで見ることができます。10ページぽっきりの本なので、「なか見!」だけで半分程見れちゃいます。あはは。よければのぞいてみてください♪

自分の作ったものを、アマゾンキンドルとはいえ「お店」に並べることにずいぶんドキドキしてしまった。こんなことしちゃっていいのかなって。でも、ま、やってみなきゃわからないしねー。やってみました。

英語版も作り、そちらはカナダのアマゾンに並べてみた。でも日本のアマゾンでも私の名前をいれると英語版も出てくるはず。英語版の方はタイトルを「Look at Mine!」にして動物の名前も変えたりしてみたよー。

*キンドルでの絵本制作の覚書きはココです→☆

日本語版と英語版です☆

   

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

sign of spring!

本格的な春はまだ先だけれど、冬のトンネルの向こうに明かりが見え始めた! そんな土曜日♪ 記録!

日当たりの良いスポットはいち早く春の印をみせてくれている。心が踊る♪

風はぴりりと冷たく、家をでるときはしっかりと防寒。でもさくさく歩いて丘の向こう側の南斜面まででると、お日さまが気持ちよく、手袋を外してしまうほど温かかった。嬉しいな〜♪

毎年楽しみにしているクロッカスのじゅうたん。鹿が食べてしまうので、こんな風にびっしりときれいに見られるのは数日〜一週間かな。あの高価なサフランってクロッカスの「めしべ」だってずっと思っていたけれど、この間調べてみたらクロッカスのようだけれど、「めしべ」がぴょーんと長く伸びる種類の花があるんだって〜。この辺りでも球根が手に入るのかな。この普通のクロッカスも美味しそうです。鹿じゃなくても食べてしまいたくなるようなみずみずしさ。

この間の節分の豆がたくさん余ってしまったので、Gusのおやつのクッキーの代わりにしている。

ぺろり。

豆、ひと粒だよ、Gus。

お日さまが出ると、外をぶらぶら散歩する家族連れやわんこも増える。ジョギングする人も増える。海にもボートが出るし海が穏やかだとカヤックをしている人も見かける。今日はスキューバダイビングをしている人も見かけたよー。みんな嬉しくて自然と外に足が向くんだね。

散歩から帰って、その後すぐ夕食の食材を買いに自転車で出かけた。あんまりにも気持ちよくて買い物ついでにガーデンショップまで足を伸ばしてしまった。まだ寒いから庭には何も植えられないけれど、種を見ているとワクワクしてきたっ。見るだけ〜、と思って立ち寄ったのに、手袋と種を二つ買ってしまった。

そら豆は去年の秋の終わりに植え忘れたので。今から植えても大丈夫…かな。よね? 紫色のはポピー♪ 青いヒマラヤポピーでずっと失敗してきたから、これを試してみよう。ポピーにも色々あるけれど、この種のポピーは今種を巻いても大丈夫らしいです。むしろ、ポピーは暖かくなってからよりも涼しい間に植えるほうが元気に咲くんだって。少々霜が降りても生き延びられる、って説明にも書いてあったよー。撒いてみようかなー。

それより何より。びっしり茂った雑草を抜いたり、木々の剪定をしたり、種まきよりも先にしなきゃならない庭の準備がいっぱい。今週末は連休で、雨もふらないみたいなのでぼちぼち野良仕事かな〜。

冬季オリンピック、見てますかー?

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪