バンクーバーへ弾丸トリップ

とってもとっても久しぶりに、バンクーバーの友人家族に会いに行ってきた!

島を離れるの、久しぶり。フェリーに乗るのも久しぶり。

病み上がりのお友達んちに押しかけるのも気が引けて、今回はあきらめようとも思ったんだけど、本当に長いこと会っていなくて、出不精の私たちは何度かお誘いを断ってきたので。「えい、やっ!」と、勢いで行ってきた〜。

11時のフェリーでバンクーバーへ。そして翌日の朝、バンクーバー10時発のフェリーでビクトリアに戻ってきたっ。こんな弾丸トリップも久しぶり(始めてかも)。

この4月は本当にお天気が安定しないし、寒いっ。ビクトリアに比べて、もひとつ雨の確率が高いバンクーバー。今までも天候を理由にお誘いを断ったこともある。Gusが一緒だし、友達の家に閉じこもっちゃうことになるし。行った日は、曇天。友人宅の家の周りをGusと歩いた。

街の犬たちの糞尿に対するクレームも多いらしい。限られたグリーンスペースが、わんこのおしっこで枯れてしまうから「犬お断り」の札がたてられているのも見たことがある。幸い、友人宅の近くにはドッグパークがあるんだけど、ここ最近の雨でぐっちょぐちょだし。おとなしく家の周りを散歩。

ヘリテージハウスが並ぶ通り。数ブロック先が大通りとはいえ、この辺りは住宅街だから驚くほど静かです。でも、やっぱりバンクーバーは大都市だ。フェリーターミナルから友人宅に向かう途中の交通量がすごかった。みなさん、スピーディーな運転だし。大都市では「何処にどの道を通っていくのか」を前もってはっきり把握していないと、周りの車からのプレッシャーに押されて予定外のところで曲がってしまったり、ハイウェイ降りるの間違ったりしてしまいそうです。運転嫌い(+苦手)の私は、助手席に座っているだけでどきどきしてしまった。情けね〜。

久しぶりの遠征(?)ですっかりお疲れのGus。持っていった「もも色ぶたさん」を枕にして昼寝。フェリーの中では車の中でお留守番なので、ものすごいストレスなのです… 置き去りにされると察して、家を出る前からそわそわと落ち着かず、車の中でもピーピー鳴くし、ナーバスになって体を小刻みに震わせたりするし… 「帰ってくるから心配しなくていいのっ!」って言ってわかる相手じゃないし。そんなGusを連れて出かけると、わたしも疲れる。友人宅では、Gusはピタッと私をマーク。トイレの中まで付いてくる。「ぼくちんをひとりにしないでください」の目をして。パピーの頃のトラウマで、責任は私たちにもあるので責められないし、仕方ないです。

1泊だけだったので、滞在中も弾丸トークでキャッチアップ。赤ちゃんの頃から知っている友人の息子くんも、すっかり大きくなって大学生。「若いっていいなぁ。青年よ、大志を抱け。」な〜んて思って眺めてしまった。誕生日にポップコーンがほしいって言ってたのがついこの間の様。

相方の誕生日もお祝いしてもらっちゃって、なんとも嬉しいサプライズでした♪ もう一泊してよって言ってくれたけど、「そわそわ犬」+土砂降りのお天気ということで、とんぼ返りでビクトリアに戻ってきました〜。

↑↑アザラシがねそべってたよー。

大都市のエナジーも久しぶりには良いもの。興味深い文化的イベントもたくさんあるし、ショッピングだって楽しいだろうし。けれど、私たちはやっぱりのんびりのビクトリアがいいね〜って、相方と何度も言い合った。

途中、島々を眺めながら、今度はGulf Islandsのどこかに行ってみてもいいよね〜って。

Gus連れて? 行く?

Gusも私たちも、家に帰ってきて「ほっ」。とてもシンプルで地味な生活だけど、それが一番ほっとする。たまに家を離れると、自分の家のありがたみをあらためて感じるね♪

弾丸トリップだったけれど、友人たちの元気そうな顔を見ることができて良かった☆

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Goodies#241: 行って帰ってバンクーバー

パスポートをその日のうちに交付してもらうために、仕事を2日間休んでバンクーバーに行ってきましたが。

今回の小旅行では、WiFiの使えるエリアでの iPodTouch の便利さを実感。ワイヤレスネットワークのないところでも、写真メモをとったり、ちびちびとブログの記事を書いたり、予め開いておいたグーグルマップなどで位置を確認したり、数独やってみたり。なんだか、デジタルスイスアーミーナイフを持っているような、浮かれた気分になりました。実際にこうして家を離れて使ってみて、結構するするとバッテリーがなくなっていくのにも気づいたし、こんなアプリがあればいいのにと思ったり。なかなかオモシロイiPodTouch 経験でした。

昨夜の最後のフェリーで帰宅。今日は仕事。職場では、現在、今までに経験したことのない「上から」のプレッシャーの重みで疲れた。こちらの職場はカジュアルとはいえ、「ポリティクス」というものの存在を改めて実感。私たちのような下っ端が、いくら頑張って疑問を投げかけ、実際に私たちの毎日の仕事に与える影響のことを唱えたところで、結局、上のひとたちには雀の鳴き声でしかなく。すっかり「やる気」がうせてしまった金曜日。アニヤちゃんと二人、ぐったりしていた。

二日間、バンクーバーで少し気分転換できたのは良かった。

… それでは、まとめましょう♪

バンクーバフェリ

今回のフェリーは、たまたま一番大きなものでした。

vancouver-visit

アクティブパッセージといって、島と島の間を通り抜けるところ。

こんな小さな島にも人は住んでますヨ。

あ、領事館にいく途中、映画かドラマの撮影隊を発見。↓

バンクーバーダウンタウン

バンクーバーの街は、こんな風に撮影の舞台になることがしょっちゅうだそう。のぞいてみてみたかったけど、生垣が高すぎて見えなかった。

ぶるどポーク

あ。これこれ(↑)。めちゃめちゃおいしかったー!小さなメキシカンのお店で、妙に混み合っていたので、その混み具合にひきつけられて相方と入ってみた。店のお兄ちゃんに、何が美味しいの?と聞いたところ、Pulled Pork (豚肉をゆっくりと時間をかけて煮詰めたお料理)のタコスかブリート。とのこと。

冗談抜きで、「子供用の枕」サイズのブリート。プルドポーク、ブラックビーンズ、メキシカンライス、レタス、ガカモリがみっしり詰まってました。相方と、これ、半分はもって帰ろうね、と言って食いついたのですが。あんまり美味しくって、そのままむしゃむしゃむしゃと全部平らげてしまった。ぺろり。ほんっとうにおいしかった。

そして!

10年パスポート

10年用のパスポート。赤い方が今回のもの。わーい。

これで。確実に。一時帰国できるー!!! はい、3月に2週間、帰国しまーす。3年ぶりの帰国。

もちろん。食べる物リスト。作ってます。2週間内にしっかりとつめ込まねば… うふふ。

Goodies#240: お試し投稿#2 from バンクーバー

お試し投稿#2 from iPodTouch。

朝一でバンクーバーのダウンタウンへ。
パスポートを即日交付してもらうには、領事館が開くと同時に書類を提出し、午後四時ごろに受け取りに行く。

久々のダウンタウン。ビクトリアでは見ることのない高層ビルの間を歩き、すっかりおのぼりさん状態。

うわぁ〜。

うわぁ〜。

あ、雪山。

都会だ。

やっぱり iPodTouch の写真ってフラットでぼやけるのね。
数十階建ての高層ビルを見上げると、深海の底にいる様な気分になる。

お世話になっている友人宅で留守番中のGusと相方。

私が家を出てから帰ってくるまでの1時間ちょっとの間、Gusは大泣きし続けたらしい。…
相方ブチギレ。ブリーダーに送り返すと言っている。↑鳴きつかれて眠りこけるの図。
はい。うちのGus、separation anxiety の症状あり。
一体どうすればいいのやら…

#Goodies28: Vancouver Visit

ただいま。
“Vancouver Visit” と題したものの… 友人宅で5枚ほど写真をとって、カメラのバッテリー切れ。とほほ。
ばたばたと準備したせいで、リチャージャーをかばんに入れるのも忘れたし。慌てると失敗する。

バンクーバーでいつも「犬ともども」にお世話になるのが、友達家族のリービー一家。お母さんが中国人、お父さんがカナダ人、13歳のノアと10歳のティエンティエン。お母さんのチャンジエとAlloccoは、上海からの20年以上の友達で、家族ぐるみでとてもよくしてもらっています。今回は、私たちの結婚記念日にお邪魔したこともあって、夕食の後にはケーキに9本のろうそくを飾って、誕生日会のようにお祝いしてくれました。ケーキにのったろうそくを吹き消すのなんて、本当に久しぶりだったので、それだけでずいぶん感激。ほんと、たまに、ろうそくをカップケーキにでものせて、願いを込めて吹き消すと楽しいかも。

久しぶりに「都市」に出て、ちょこっと買い物をして、シティの雰囲気を味わって、おいしいものを食べました。食べるの好きなら、バンクーバー。中国人を先頭に、韓国人、インド人(シークの人たち)、その他の「マイノリティ」と呼ばれる色んな国から移住してきた人たちがあふれている街。食の色も豊かで幅も広いし、競争があるからみんな「味」で競う。今回は、リービー家お気に入りの「グリークレストラン」と「飲茶」にいってきました。おいしかったー。チャンジエによると、インドの食材屋さんで売ってるサモサも、安くておいしいんだそう。ふたつで$1(100円ほど)だから、やっすい。

と、言うわけで、「張り切って写真と一緒に報告しよう!」というプランはどこへやら。バッテリーが切れる前にランダムにとった貴重な5枚の写真は、バンクーバーでのメインイベントとはまったく関係のない「Gusの散歩 in Vancouver」ショット… ごめんなさい。こんな感じです。

vancouver

リービー家。屋根の工事を始めたところ。フロントポーチがかわいらしい。

vancouver

街中でも、メインストリートから一つはいると、並木道がきれい。

vancouver

うまくとれなかったけど、ストライプのパネルのアーツ&クラフトが好き。この辺りは、ウェストバンクーバー(土地も家も高く、人気があるエリア)の端の方になります。古い家がたくさんあった。

vancouver

これもたぶん、1910年頃に建てられたものじゃないかな。

そして。Gus. 公園見つけて大喜び。ひとっ走りしたあとで嬉しそうだのー。

vancouver

たまに行くとバンクーバーはとても楽しい。

でもビクトリアに戻ってくると、やっぱりほっとする。家がいいねー。

それではいつもの。日本ブログ村:
にほんブログ村 海外生活ブログへクリック、どうもありがとう。