トクマルシューゴの優しい歌

Shugo Tokumaru(トクマル シューゴ)って日本でも有名なのかな。私は今日、はじめて、それもとても偶然、彼の作品を見つけた。紹介されていたのは、日本のArtやアーティスト、デザイン作品などをテーマにしているInternational blog「Spoon & Tamago」(←なかなかオモシロイよ♪)の中。

Katachiっていう一曲。

彼の優しい歌声と軽やかなリズムに合わせて、切り抜いたペーパークラフトがStop Motion Animationで動き出す。引きこまれてしまった。この一曲は「In Focus?」っていうアルバムに収録されてます。

トクマルシューゴさんって、北米では「日本を代表するインディーズアーティスト」として知られていて、彼を支持するファンも多いんだって。デビューもアメリカだったそうです。アコースティックギターを中心に、様々な楽器や楽器でない物をとりいれた「Multi-instrumentalist」なんだって。

今週はとても長い一週間だったのもあり、昨夜なんて、理由もなく「ムラムラ」としていました。そ、原因もわからず、ただなんとなく「満たされない」気分。理由がわからないから余計にイライラするのです。髪の毛がダンゴ状に絡まってどうしてもほどけなくって泣きたくなるような気持ち。テレビでも見たらすっきりするかと思いきや、見ている番組にむかって「ばかやろー」って叫びたくなったし。そういう日ってありますか?

このトクマルシューゴさんの曲とストップモーションアニメーションを見て、すぅっと気持ちがほどけていきました。

週末、ゆっくりしよ〜。

*参考までに*

posted with ポチレバ

トクマルシューゴさんのサイト:http://www.shugotokumaru.com/

LOVE: Stop Motion Animation / こま撮り

Stop Motion animation / ストップモーション・アニメーション、大好き。

いつか。たっぷりの時間ができて、面白いアイデアが浮かんだら。

自分でもストップモーション・アニメーションを試してみたい♪ と、思ってます。1分30秒くらいのものを。

ストップモーション・アニメーションは「こま撮り」とも呼ばれるそうな。一コマ一コマをカメラで写真に撮って、それをつなげて一連のアニメーションにしたもの。小学生のときに、みーんな一度は教科書の角っこに「棒人間」を描いてやったことのある、ぺらぺら漫画と同じコンセプトよね。

ウィキによると、一言でストップモーション・アニメーションといっても色々なカテゴリーがあるそうです。

* 紙アニメ
* 切り絵アニメ
* クレイアニメ
* 砂アニメ
* 人形アニメ(パペット・アニメーション)
* モデルアニメ

幼児向けのテレビ番組では、この中のどれかひとつ、登場するよね。ポンキッキでも、クレイアニメや砂アニメがあったような。。。

最近のハイテク3Dアニメーションも、素晴らしいけれど、私は昔の「動きがちょっとカクカクしている」2Dアニメを懐かしく想うし、ストップモーション・アニメーションのよいものを観ると、何度も繰り返し楽しんでしまう。

良い作品を観たいときに遊びにいくのが Vemio!

楽しい楽しい♪

これ(↓)は NokiaN8 のスマートフォンのカメラで撮影した写真をつなげたものなんだって。12メガピクセル。ほほぅ。

ストップモーション・アニメーションってね、1秒間のアニメーションを作るのに「24枚」の写真が必要なんだって。普通は同じショットを2枚ずつ撮るので、1秒間に12種類の写真。1分間のストップモーション・アニメーションを作るには、1440枚の写真/720種類のシーンが必要なのです。

はぁ〜。気が遠くなる。改めて、ストップモーションのアニメーターの、作品にかける情熱を感じずにはいられない。

いつか。時間ができたら♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
↑ 頑張れ!とOneクリックお願いしまーす。いつもどうもありがとう♪