NYC 私的 Goodies

NY旅リポート、最後です!私的NY Goodiesをまとめてみることにした〜。(*写真多いです)

Architecture

とにかく建物を眺めるのがとても楽しかった。近代的でシャープなデザインも。

NYC architecture

町工場的、パンクな雰囲気を残したものも。

NYC architecture

レゴを積み上げたような表情も。見ていて飽きないのです。

NYC architecture

マンハッタンの街は海に浮かんだ戦艦の様だった。

Skyline

空を背景に、肩と肩を並べて立ち並ぶ高層ビルたち。線で輪郭をなぞってみたくなるような、リズミカルでシャープなラインが好き。

NYC architecture

道が東西と南北にまっすぐに伸びているから、通りに面して立っている建物たちもきれいに一列に並ぶのです。ボートの上から見たSkyline(↑)。↓はMETの屋上から。

NYC architecture

そして、ロックフェラーセンターの屋上からも(↓)。

NYC architecture

Brooklyn

滞在中、毎朝カメラだけをぶら下げて、クリスチアーナとブルースの家の周りを散歩した。

ブルックリン

通りの清掃のため、朝の9時から11時の間は道の片方を開けなければいけない。それで、車がダブルパーキングになってます。

ブルックリン

赤と黒のコントラストは、とてもブルックリンチック(?)で好き。それから、ブルックリンの街には教会がたくさんありました。

ブルックリン

この辺りは緑も多く、立派な公園もあり、住むならこの辺りがいい〜、と思ったのでした。

FOOd

言うまでもなく。食べるのは楽しかった!夕食の写真はどれも暗くってよくわかんないのでパス。でも、ここ「John’s」は楽しかったヨ。1908年創業のイタリアンレストラン。店頭には「Traditional Italian & Vegan」レストランって書いてあったけど、お肉料理もばんばんメニューにのってたぞ。

johns nyc

イタリア南部の料理だそうで、どどーんと大味。クレジットカードはNoNo、キャッシュオンリーです。週の半ばに行ったんだけど、家族連れや大きなグループでにぎわってたよ。

john's deep fried mozzalera

もし行くことがあったら、是非、「ディープフライドモッツァレラ」を頼んでみて〜☆ 辞書のような大きさのディープフライにされたとろとろモッツァレラが出てくるよ!ノックアウトなおいしさ!

それから、Museum of Natural Historyに行ったら、そのすぐ近くにある「Shake & Shack」にも是非!

Shake & Shack

ハンバーガーとフライとシェークを頼みなさい(Must!)めっちゃうまいからっ!なんでも有名なシェフが始めたこだわりのバーガー店らしい。値段は普通のマクドと同じくらい。バーガーのお肉のグリルの加減と言い、チーズの量ととろけ方といい、パンの厚みと柔らかさ、レタスの大きさなど、パーフェクトだった。それから、このフライ(ポテト)がさ、最高!ポテトなんてどれも似たようなもんだって思うでしょ?違うのーっ!油っこさがゼロ。ディープフライなんだろうけど、さくっと軽いっ!マディソンスクエアーにも同じお店があるみたいよ~♪ 太鼓判!

People Watching

街中やメトロの中で、いろんな顔を見かけた。様々な人種が行き交う街。聞こえてくる言語も様々。これがとっっても新鮮で、楽しくって仕方がなかった。相方にもお友達にも「知らない人をまじまじと見つめちゃいけないよっ」って言われていたのだけど、やっぱり見てしまった。

ワシントン・スクエアー

人が集まる広場(↑↓ワシントンスクエアー)に座って、ずぅっとPeople Watchingをしていても飽きないと思う。

ワシントン・スクエアー

メトロ(地下鉄)も好きになりました。ユニオンスクエアーのメトロ・ステーションは、階段を降りたところでいつも誰かが「演奏」していた。この男の子(↓)はせいぜい12~13歳。彼のキーボードの演奏、素晴らしかったよ。

メトロの演奏者

何も買わないのに、ぶらりと小さなお店にはいってローカルの人たちの表情を見てみたり。

ワシントン・スクエアー

あ、そうそう、ショッピングはほとんどしなかった… グッチ、シャネル、ティファニー、ルイビトン…やらなんやら美しいお店の前は通ってみたけど。通りをさっそうと歩く人達を眺めて楽しんでました。

MoMAに行く途中見つけた3つの旗。右から訳しまして…

A Japanese living in Canada traveling in the US 

旗めく旗

It’s ME!!! と。ひとりで喜んでいました♪

約10日間、長々とNY旅リポートに付き合ってくださってどうもありがとう!書いてまとめて、ようやく消化できた気がします。またエネルギーをもらいに、遊びに行きたい街!

上を見上げて歩く in NYC

マンハッタンを歩いているときは、上ばかりを見上げていた。オノボリサンはみんなそうするのかな。高層ビルの隣に立ち、そのビルを見上げると、深い海の底に沈んでしまった気分になる。

そんな深海魚モードで見たマンハッタンの街。

マンハッタンを歩く

ユニオンスクエアーの角に建つ「W」のホテル。

マンハッタンを歩く

19世紀始めに建てられた高級アパート「Gramercy Building」。この向かい側にはGramercy Parkっていうプライベートガーデンがあります。周りにはエレガントな柵がしてあり、鍵を持っている人しか入ることのできない公園。

マンハッタンを歩く

建物のディティールが素敵でしょう?

好き好き。レンガ造りに鉄の非常階段。

マンハッタンを歩く

これは(↓)5th Ave.だったかな。

マンハッタンを歩く

南北に走るのがAvenue、東西に伸びるのがStreet。

マンハッタンを歩く

セントラルパークの周りには立派な並木道が続き。高級アパートが公園を臨んで建ち並ぶ。この木々たちは一体何歳なのだろう、と思いながら見上げていました。

マンハッタンを歩く

碁盤の目の様に伸びる通りは、東西、南北、ずずずっと向こう側まで見渡せたりするのです。両側にそびえたつビルの谷間で、「峡谷の様だ」って表現する人も多いんだって。私にとってはやっぱり海の底な気分。

マンハッタンを歩く

大小の高層ビルがひしめきあい、それぞれが個性的。ボートからひとまとめにして眺めたマンハッタンも美しいけれど、実際にそのど真ん中を歩きまわって見上げるビルたちも美しい。

マンハッタンを歩く

マンハッタンを歩く

ハリケーンが立ち去って一夜が過ぎ、NYとその近辺の街・州が悲惨な被害を受けています。信じられない状態です。これ以上被害が拡大することなく、一日も早く日常の生活に戻ることができますように。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日も訪問ありがとう♪ ↑↑ぽちっと One Click うれしいな♪

美術館巡り in NYC

今日は「NYをハリケーンサンディが襲う」のニュースでもちきりでした。昨日、相方の妹さんに連絡したら、食料・水・ろうそくなどを準備して、停電になっても大丈夫だって言っていた。今日は一日仕事も休みで、メトロも含めてほとんどのお店がしまったままだったそうです。私たちが滞在していた1週間前までは、あんなに天気がよかったのに。相方と二人、胸をなでおろしているところです。

NY旅リポート続きで、ごめんなさい。明日で終わりにするので、付き合ってね。

さて、NYC City Passを使って、3つの美術館に行きました:American Museum of Natural History(AMNH)Metropotlitan Museum(MET)Museum of Modan Art(MoMA)。この順番で、一日に一つずつ見学してきた。

とにかく。どれもとてもとても大きくて広くてテーマがいっぱいで、一日かけたって見きれるものではない。なので、ひとつかふたつ、見るものを決めてゆっくりと回りました。フォーカスは:

  • AMNH:恐竜(4F全てが恐竜の展示)
  • MET:スペシャルエグジビション:Regarding Warhol: Sixty Artists, Fifty Years
  • MoMa:コンテンポラリーアート

美術館ではなるべく写真を撮らないでおこうと決めていました。肉眼でホンモノの作品を見ることができる機会なんてめったにないことなので、しっかりと目で見ておこうと。…といっても、恐竜の展示の前では「かっこえぇ〜」と何枚もパチリパチリしてしまいましたが。AMNH

トリケラトプス(↓)は人気が高い。

AMNH

発掘された恐竜の化石の中には、カナダの中部のものがたくさんあった。もちろん、ホンモノの化石なので、これらは実物大なわけでして… そう思うと、人間なんて小さなイキモノです。

AMNH

American Museum of Natural History では、北アメリカだけでなく、アジアやヨーロッパの動植物や文化遺産の展示もありました。私たちは主に恐竜に十分ひたって満足。

何を見たいか、何を感じるか、どんな風に吸収するかは人それぞれ。今回の旅では、私はMETで一番衝撃を受けました。そしてまた訪れたいと思ったところです。開催中のスペシャルエグジビションは、アンディ・ウォーホルと彼が影響を及ぼしたアーティストの作品がテーマ別にまとめられたもの。この一つのエグジビションを観るのに3時間ほどかかったかな。あらゆるミディアムを使って表現し、影響を与え続けたウォーホールの一時代がまとめられていて、とても興味深かった。

その後、ピカソ、マティス、クリムト、ゴッホ、スーラなどの作品を眺めてきました。初めてこんなにも近くでこんなにもたくさんの有名な作品を目にして、ドキドキしました。油絵具がまだぴかぴかと光っていた。

MET

MoMAに行きつく頃には、おそらく、私たちの視覚的容量がもういっぱいいっぱいになっていたような気がする。Saturation Pointに達したというか、これ以上「見ても」受け入れられない様なトコロってあるみたいです。

METの思い出お土産に。

MET ぎふと

エグジビションのカタログと、クリスマス休み用のMETジグソーパズルだー☆

MET-gift

また、METには行きたいっ!

MET

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日も訪問ありがとう♪ ↑↑ぽちっと One Click うれしいな♪

Green Oasis behind Brownstone

クリスチアーナとブルースが住んでいるようなブラウンストーンは、ぴっちりとお隣さん同士がくっついている。

ブルックリンのブラウンストーン

表通りに立つと、玄関だけが並んでいるわけで、どれくらい奥行きがあるのかとか、背中どおしも向こう側のご近所さんとくっついているのかとか、よくわからない。

私たちの寝室は、表通りとは反対側にあり、ベランダがありました。ブラウンストーンの裏側はこんな風。

ブルックリンのブラウンストーン

そして、細長い庭へと続いていた。

ブルックリンのブラウンストーン

庭と庭が背中合わせになっている。なので、ビックリするくらい静かです。結構大きな木が幾つも並んでいたりして、表通りからは想像できない緑のオアシスが隠れていた。

クリスチアーナとブルースの裏庭も緑がいっぱい。南に面しているので、夏は木陰が気持ちいいんだよって言ってました。

ブルックリンのブラウンストーン

そして、庭でも。振り向くと、「顔」。

ブルックリンのブラウンストーン

頭も。

ブルックリンのブラウンストーン

細長いスペースに段差があり、緑で区切りをつけたデザインのせいか、実際よりも広く感じる。奥へ奥へと進んで行きたくなる空間。

ブルックリンのブラウンストーン

クリスチアーナは、こういう緑のスペースが欲しくて、あえてブルックリンのこの地区を選んだんだって。引っ越してきた当初は、長方形で味気のないお庭だったそうです。

ブルックリンのブラウンストーン

穏やかで優しいラリベラ。

ラリベラ

この隠れた緑のオアシスを目にして、NYに住むならブルックリンがいいな、って思いました。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日も訪問ありがとう♪ ↑↑ぽちっと One Click うれしいな♪