Goodies#202: 強風にさそわれて

「冬のストーミィな日が大好きだ」と、相方が言う。

冷たい風が「ゴーゴー」と吹きすさむ冬の日。今日は一日中、まさにそんな相方好みの日でした。

確かに。仕事もなく、どこにも出かける必要がないのなら、こういう日って悪くないな...

そうして強風にさそわれるように、Gus を連れて海岸沿いの道まで歩いてみた。

あらしの日

潮は満ち、波が打ちつけられて、歩道も車道もリズム良く水しぶきを浴びていた。

嵐

おぉ...冷たそう。

強風のカモメ

大波を心待ちにしていたサーファーの様に、こういうストーミーな日にはカモメがたくさん空を舞う。適当にシャッターを押していても、写真に入ってくるくらいの混み様です。

嵐の空

写真だけをみていると、変に「静けさ」を感じたりする。

嵐の海

そこで。

実際の音響効果をご紹介します。ゴーゴー、聞こえますよ(↓  持っている手が震えるくらい風が強かった)

私も、ストーミィーな日、好きかな。なんだか頭がすっきりしました。

にほんブログ村:
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へクリック、どうもありがとう♪

Goodies#140: 秘密のスポット

...とは言え、別に誰かが秘密にしているわけでもないのでしょう。

ただ私が今日まで気づかずにいて、足をのばしたことがなかった。のスポット。

Gus の散歩道からのわき道で、「この先行き止まり」の看板があったから、歩いたこともなかった道でした。この道沿いにある家は、オーシャンビューがありぃの、南に面しているわの、ミリオンダラーハウスだなぁ…と、リッチな人たちの家を外から見てみようと思って歩いてみた。

すると、道のほぼ突き当たりに「Pubric Access(公共通路)」の看板が二つあり。ふむ。

一つ目をずんずんと歩いていくと、

秘密の道

イガイガの茂みを抜けて、

秘密のスポット

海に出た。岩場の海岸沿いを、古いウォーターパイプが東西にはしっている。

岩の間にかわいらしい花。なんていう名前だろう。花かな。桃色づいた葉っぱなのかな。

いわばの花

そして、てくてくと戻って、もう一方の「公共通路」をのぞいてみると。

海

うはっ。きれい。

小さなビーチでした。岩が入り組んでいるため、広くオープンな浜辺よりも、ひっそりとプライベートなビーチ。「ひみつ」と呼びたくなるのもわかるでしょう?

秘密のビーチ

今日は、冷え込んでいたけど、海は穏やかで空は快晴。

ガス

ちょっとひたってみる、Gus。

そして、ひとつ、すてきなものを見つけました。

流木

朽ちた流木の断面。

朽ち方が個性的で、朽ちた跡が「暗号」の様。よほど、持ってかえろうかと思ったワタシ...重すぎた。

いつまでも、ひっそりと、秘密のスポットであり続けますように。

にほんブログ村:
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へクリック、どうもありがとう。

Goodies #19: Cadboro Bay Gyro Beach/カドボロベイ-ジャイロビーチ

ブログを始めてからというもの、常にカメラを持ち歩くようになった。10数年ビクトリアに暮らし、何度も歩いたこの散歩道「シンクレアーロード」。そこから見えるカドボロベイの風景を、今日、は . じ . め . て カメラでパシャリ。

cadboro bay

この先、急な下り坂になっていて、前に書いたお気に入りの「バルクフード」などのお店の集まった「カドボロマーケット」に続く。坂のてっぺんからの風景を好む人はたくさんいる。「絵になるねー」と。始めて写真もとれたことだし、今日はこの道の散歩レポート。

この坂道、半端じゃない「傾斜」なのだけど、昔、この道をジョギングして駆け上っていた友達がいた。Yちゃん(あはは、そうだよ、Yちゃん、ここで紹介してしまうよ)。Yちゃんは、ぽきっと折れそうに細かった。けど、泳ぐわ、走るわ、の人でした。上の写真は、この坂道を登るたびに思い出す、Yちゃんへ。です。

さて、ずんずん歩いて行って、交差点をわたったところにマーケットあり。で、並木道となります。

gyro park

その先が、Cadboro Bay Gyro Beach。

gyro park

金曜のお昼時。天気がいいと、小学校や幼稚園からキッズがたくさんやってきて大変にぎやかです。

タコとか龍なんかの遊具もあり。

gyro park

そして、ジャイロビーチ。うはー。いい天気。混んでるよ、今日は。

gyro beach

そして、わんこ。
newfoundland dog
あんまりにもでっかくてかわいいので写真をとらせてもらいました。ニューファンドランドの犬。セントバーナードが山の救助犬なら、ニューファンドランド犬は海の救助犬なんだって。泳ぐの上手なんだそう。体重、約65kg。
それにしても暑そうだのー。

今日のおまけ:キッズフレーズ “skill
このカドボロベイの広場でキャッチボールをしている2年生くらいの男の子が、うまくボールをキャッチしたときに
“Yo! this was a SKILL!”
彼の友だち: “Throw me one, I’ll show you!” 彼も受けた。 “Hey, mine was definitely a SKILL!”
こんな風にSkillという単語を使っているのが新鮮で、得意げな彼らもかわいらしかった。

にほんブログ村:にほんブログ村 海外生活ブログへ
(ありがとうございまーす)

はじめての海

Gusにとっては色々なものがまだまだはじめて見るもの・耳にするもの・触れるもの・におうもの... 週末、天気がよかったので一緒に海辺まで散歩した。だんなも一緒に二人と一匹で出かけたので、Gusも嬉しそうに足取りが軽かった。犬は本来 “Pack Animal”(群れをなす動物)なので、自分のグループが一緒に一つの部屋に集まったり出かけたり、ということをとても喜ぶらしい。

「ちょっとびびってしまうかな」という不安もそっちのけに、Gusはすたすたと水の中に入っていった。水は大丈夫らしい。

ところで最近困っているのが「Gusの拾いぐせ」。どこに出かけてもまあ...下向いて歩き続けて小さな石ころやドングリやらをこりこりと食べてしまう。歯がかゆいから噛みたいのはわかるんだけれども、周りが「あぁ!また食べてる!」と大騒ぎをしたりすると、ごっくんと飲み込んでしまうというパターン。周りの友人やブリーダーさんに聞いたところ、これは良くない癖なので「NO!」と言って口に指を入れて吐き出させなきゃダメとのこと。
海岸には小石がごろごろ。気が向いたら立ち止まってカリカリコリコリし始めるGus。

ノーノーノーっ! と必死で石を出させている私の苦労もそっちのけで、Gusは嬉しそうだった.