雨上がりの庭模様と、ごんた&ももTシャツ

今日から気温もあがり、連日お日さまマーク☀☀☀

夏至を迎えるのにぴったりのお天気!いよいよ夏だな〜。

でも数日前の雨も嬉しかった。

今はまだ緑色の草の部分も、おそらくもう一週間もすれば茶色くなってしまう。芝刈りをしなくて良いようになるのはうれしい。まとまった雨が降り、気温が上がったので新しい花が咲き始め、野菜たちが大きくなってきた♪ 昨日は「初さやいんげん」をぽりぽりと食べることができたし、小松菜も色濃くなってきた。

ごちゃごちゃ仲良し畑ボックス〜(笑) ビオラ、サルビア、ボリジ、ポピー、カモマイル、などがお野菜に混じって暮らして(?)いる。

にんにくの芽もくるりん。

食べよー。

ワイルドストロベリーがぽちぽちと。色づいてきたもんで、私がその側に立つとさりげなくやってくるGus。

今年は宿根草の「Woolly Sunflower」がとても元気。去年よりもずいぶん大きくなった。秋の終わりに株分けしておいたのもそれぞれ元気に育ってくれていてうれしい。Oregon Sunshineとも呼ばれるらしいよ。

乾燥にも強くて鹿も食べないらしいので、前庭にも植えてみようかな。鹿は食べなくてもウサギがたべるかなー。

ヘーゼルナッツの樹の下の小さな日陰花壇。レスキューしたシャクナゲの周りにこぼれ種で増えたブルネラと…

ここにもビオラたち!

ひょこっひょこって顔を出しているビオラとブルネラの葉っぱの感じがかわいい。

芍薬たち。

雨の中で本当にうれしそうだった。

話は変わり。実家のわんこ。

先月の終わりにゴンタが旅立ってから、両親と妹たちに加えてブルドッグの「モモ」がしょんぼりとしていた。モモは甘えん坊でゴン兄ちゃんが大好きだったので、元気をなくすだろうなとは思っていた。実際に夜もあまり寝ない・ゴンタがいつも座っていた辺りをうろうろする・食欲もない・散歩も行きたがらない。。。そんな状態だった。妹が送ってくるモモの写真を見ても、寂しそうな目をしていて心が傷んだ。

「犬は周りのニンゲンの感情をよく察するから、みんなが元気に前向きになればモモも元気になるよ!」って話をしていた先週末のこと。モモが突然、変な歩き方をし始め、背中にそっと触れただけでもぎゃんぎゃん鳴き、終いには立てなくなってしまった。急遽、近くの病院に連れて行くと「椎間板ヘルニア」だろうと診断され、急性のもので進行が早い場合はすぐに手術をしたほうが良いと言われ、翌日入院。全身麻酔をされてMRI。そのままもう一度麻酔をして手術予定、だったんだけど、麻酔続きになるのでその翌日の朝の手術ということに変更された。

ところが、翌朝、モモはケージの中で立ち上がったんだって。立って外にでてオシッコしたらしい。それで、少し様子を見て痛みが落ち着いて足に感覚が戻ってくるようなら、手術をせずに安静にして回復させてあげるほうがモモにとっては良いだろうということになった。お医者さん大嫌い、ケージ大嫌い、一人ぼっち大嫌いのモモの意地だったのか、翌朝、痛み止めの薬とともに帰宅。今週末にもう一度診てもらいに行って、その後のことを決めるそうです。

とりあえず、手術せずに帰宅できてみんな心からほっとした。

そんなモモと(めっちゃ前置き長かった。笑)ゴンタのTシャツを父の日用に作ってみた♪

Tシャツを一枚から作れるオンラインサービスはいくつもあるけれど、以前に「モモトート」を作ってみたSuzuriを利用することにした☆ 一枚から作れるし、色の選択も思ったより豊富だったし。

デザインはDoodle Marathonとインスタ(@paprica.doodle)の方にアップしたもの。

「ここにいるよ、いつもいっしょですよ。」というゴンタからのメッセージTシャツ。

モモが全快して、またお尻ぷりぷりしている様子を見れる日が早くくるといいなー。

新入りの桃色の芍薬

まとまった雨が降ったあとに庭の草花を見て回ると、地面に顔を突っ伏している花たちがある。終わりかけの花であったり、水を含んだ花の重さに絶えれなかったり。日曜日にはそんな花をレスキューして、大きめのガラス瓶に束ねて入れて、外のテーブルに置いた。

そんな「お顔突っ伏し組」のひとつが、今年ひとつだけ蕾を付けた桃色の芍薬。ひょろっと一本だけ茎を長く伸ばし、地面を這うようにしてそこで蕾を膨らませていた。ピンポン玉の二周りほど大きくなったので、切ってレスキュー。

以前に、小さすぎる芍薬の蕾を切り集めて失敗したことがある。あまり小さくて蕾がまだ硬すぎると、切り花にしても開かないことを知った。

地面の上で転がるように大きくなっていたので、少し形がいびつなんだけど。きれい♪

庭にある大きな芍薬の株は、えんじ色。違う色の芍薬を見てみたいなと思って、小さな球根を買って植えたのが1年半ほど前のこと。今年は葉っぱしか見せないのかなぁと思っていたので、変な咲き方だけれど蕾を見たときには「はぁっ♡」と嬉しくなった。どんな色のどんな姿の子なんだろうなーって。

花瓶に入れてから数時間のうちに、ふわ〜んと開き始めたよ♪

こんなお顔だったー♡

きれいだなぁ。

感動して見つめてしまった。

一体何本の「しべ」があるのだろう。

待ちに待ったひとつだけの蕾の「オープニング」だったので、写真を数枚撮りながらうっとり。すっかり「芍薬桃子(?)」のフォトシューティングになってしまった。

来年は蕾の数、増えるかな〜。

あ、もう一組。お顔突っ伏し組より。

このちいさなビオラ(畑でパーティ開いている子)の顔をみると笑ってしまう。なぜか「ひょっこりはん」を思い浮かべてしまうんよねー(笑)。ビオラの色合いとマルガリータさんの薄いピーチ。このコーデ、かわいい。

もう少し雨が降って、その後は気温が上がる予報。ようやく夏らしくなるかな!

6月はじめの庭の花

5月のはじめに職場でがらっと「再構成(?)」があり、それからなんだか妙にバタバタと忙しい。気持ちが「wound up」したまま家に帰る。ねじ巻きのおもちゃのねじを巻き過ぎた状態。家に帰って相方と話すスピードやリズムが異常にスピーディで、その私の wound up したスピードに付いてこない相方にイラついたりする。Gusと散歩に行き、夕食を食べて、相方と一つドラマを見る頃になってようやく気分が解きほぐされて居眠ってしまう、というパターン。だったら早く布団に入ればいいんだけど、ここで一つポストをアップするという作業が、リラクゼーションだったりするのです。調律、してくれる。

芍薬

今日の写真は先週撮ったものなので、この花たちは今日の姿よりも若々しくみずみずしい。うちの庭の芍薬も、先週はまだこんなまん丸のつぼみだった。きゅぅ、っていう音が聞こえそうなくらい、しっかりとつぼんだ蕾。ご近所さんは、薄い桃色や真っ白の芍薬を育てていて、きれいだなぁ〜ってうっとりと眺めてしまう。特に白い芍薬のあの「まろやかな白」がたまらない。

去年の秋の終わりにハーブベッドで「場所替え」をした。大きさや背の高さをバランスよく整えようと思って。そんなことをした為か、今年は無理やり移動させられたハーブの花たちは元気がない。ショックだったんだろうな。

で、植え替えなかったものたちは、とても元気。このイングリッシュタイム(↓)は、ここに越してくる前に住んでいたところから持ってきたもの。古い古い株です。

junegardenflowers2

うちには2種類のタイムがあるけれど、私も相方もこのイングリッシュタイムの方を好んで食べます。どうにか種をとって、少し増やしたいな、って思うものの、上手く種の収穫ができません。ふむ。

チャイブ

チャイブは6月に入ると、ドライフラワーのようにぱさついてくる。振るとかさこそと種の音がする。

芍薬の花

あんな小さな蕾の中から、これだけのレイヤーの花びらがでてくるんだから、マジックです。そうそう、写真の「背景ボケ」の「ボケ」って、英語で「boke」っていってそのまま使われているんだよー。最近知りました。How to create a great “boke effect” (どうやって上手くぼけ効果を出すか)みたいな風にして。あはは。

あと2日っ!

*Doodle Marathon update:bad posture bad hair →☆

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪