ハッピー金曜日のつぶやき

Happy Friday⭐️

はぁ。ようやく金曜日。嬉しい。今日はすかーっと青空。それだけで気持ちが軽くなるねー。木曜日にはしっかりと雨が降った。まさか降るとは思っていなくて、外の椅子にかけっぱなしにしていたGusのタオルもびしょぬれ。そして。今日みたいに晴れて少し気温も上がると、夏野菜たちは嬉しそう。きゅうりもヒョロヒョロとツルを伸ばし小さな花をつけ始めた。嬉しそうな草花を見ている私も嬉しくなる。

黄色ちゃんは雨にぬれた姿もきれい。

ホルモンバランスのせいなのか、お天気のせいなのか、両方か。昨日はとても気分が「Low」で、顔もぶすぅーっとしていた。以前はただそんな顔をしていても何もいわずにいた。パッとしない表情でいることにも気づかないこともあった。「どうしたの?今日は機嫌悪いの?」って、心配して聞いてくる相方のその一言にまでイライラとすることもあった(苦笑)。でも最近は前もって「今日はアンハッピーで良い気分じゃないから」って宣言してしまう。黙って我慢してつくろうよりも、その通り言ってしまった方が楽!相方も「なんでかな、僕のせいかな」って心配する必要がなくて、楽、らしい。そう、日本人は黙って堪えることをよくするけれど、感情が煮詰まってから言葉にするよりも、先に「●●だからね」って言ってしまう方が自分も周りも平和におさまるなーって。最近になって気づいた(お・そ・い)。

ところで。私はまだリモートワーク中で、多分まだしばらくこのワークスタイルが続きそう。

自転車通勤が唯一の毎日の運動だったので、それに変わるエクササイズを。。。と、リモートワークになってから毎朝、仕事を始める前の15分〜25分、体を動かしている。最初は「まりなちゃんのダンス」を15分ほどだけやっていたんだけど、今は筋トレなるものを15分ほどやって、そのあと10〜12分の有酸素運動をしているよー☆ するとね、今までビクトリアで暮らしていると「汗をかく」ってことがほとんどなかったのに、この朝の運動をするようになってから顔や体にじんわりと汗をかくようになった!これはいいことかなぁと思う。

庭の奥やらあちこちに勝手に生えてくるカンパニュラ。

筋トレの後に有酸素運動をすると引き締まる、って聞いたので続けているけれど。ぜんっぜん変わらない。むしろ、ぱんぱん張ってきているような。伸ばさなきゃなぁ。やっぱり朝の自転車通勤、恋しいなぁ。それがなくなってから、ポッドキャストを聞く機会がなくなってしまったしなぁ。同じ24時間でも、使い方が変わると、思考のリズムや方向性(?)のようなものも変わってくるなぁと思う。

そうだ。夜に相方と「The Gift (原題:Atiye)」っていうトルコのNetflixドラマを見ている。トルコのTVシリーズってコレが初めてなんだけど、面白いよ。

ジャンルで言うとファンタジー・ミステリー。トルコの「ギョベクリ・テペ」の遺跡の謎に絡めたストーリーで、私はトルコの歴史も地理も殆ど知らなかったので、エピソードを見るたびに検索して色々と調べてしまう。海外ドラマの楽しいところは、その国の街並みや食文化や自然の風景や言語に間接的にだけれど触れることができること。話の運び方とかキャラクターディベロップメントには、その国の「らしさ」が現れる。

でね、このドラマを見ながら思った。トルコ語って、目を閉じて聞いていると「韓国語」みたい!今までかなりたくさんのヨーロッパドラマを見てきたし、意味は全くわからなくても聞くとどの言語かぐらいはわかる。ところがこのトルコ語って今まで聞いたことのないリズムで字幕を追いながらもしっくりこない。ラテン系の言語やドイツ語系やスカンジナビア系の言語にはところどころ共通するところがあって、「耳がそれを拾って目で英語のサブタイトルと合わせる」っていうようなことを自然にやっているんだと思う。それがこのトルコ語では全くできない。でも韓国語にすごく似てる。で、これまた検索してみたら、トルコ語に似ている言語には韓国語、日本語、モンゴル語があげられていたよー♪ こんなにも離れている国なのに、どうして言語がにているんだろうねぇ。不思議〜。

あ。話は全く変わって、ちょっとこれ見てください。

これねー、「マイヤーレモン」。

去年の秋に、鉢植えで高さが30〜40cmくらいの苗を見つけてね。買ってしまったのです。レモンが育ったらいいなぁって、衝動買い。で、冬を越せずに死んでしまった。葉っぱがどんどん落ちてつんつるてんになって。その枯れて枝だけになったのを庭の日当たりの良いところに放っておいた。そしたら芽が出てきてた〜☆

すごいなぁ。生きてた。でも。今こんな状態だから、ちゃんとした「植木」と呼べる大きさになるのにあと何年かかるんだろう。また捨てられなくなっちゃった。

この間もインスタによく似た動画をアップしたけれど。豆食べるGus、Youtube版。ちゃんと豆を手で持って食べて、最後にごちそうさま(っぽいこと)している図です〜。

みなさん、お野菜食べて元気に夏をのりきってね!

良い週末を!

マッツ・ミケルセンから目がはなせない

一年半ほど前から北欧ドラマにハマっている。一つが終わるたびにブログで紹介したいなーって思いながらずるずると引き伸ばしてしまったのでリストが随分長くなってしまった。なので、リストはぼちぼち書いて、書き終わったらアップすることにして。。。

今日はとても久しぶりにミーハーなお話♪

今、見ているのはデンマークのドラマ「Unit One」。5人のメンバーから成る特殊部隊(?っていうのかなぁ)が、移動オフィス(馬鹿でかいトラック)で事件の起きた町に出向いて事件を解決していく、という設定。それぞれのメンバーに得意分野があるの。

最初のシーズンが放送されたのは、なんと17年前! 北欧ドラマも新しいものはもう見つくしちゃったので、Going Backward… ふるーいのを引っ張り出してきて見てますっ。 あまりに古いと、オフィスで使われているコンピューターがバカでかかったり、携帯も電話の受話器みたいだったり、ファッションも「えぇ?」っていうものだったりするんだけど、なんだかそれも味があって好きです。

でねー、でねー、このUnit Oneの主要メンバーの一人がマッツ・ミケルセン(Mads Mikkelsen)なんだよー!彼、デンマーク人だったのね。今はカナダのトロントに住んでいるらしい。

マッツといえば、ジェームス・ボンドシリーズの「カジノ・ロワイヤル」にも出ていたし、最近ではテレビドラマ「ハンニバル」のレクター。色んな映画に出ているので顔は見たことあるっていうひとも多いはず。最近の映画ではドクター・ストレンジとか。

クセがあって謎めいていて、深入りしちゃいけない危険な雰囲気を漂わせているのに何故か惹きつけられてまう。。。レクター!

Uniit Oneのマッツはまだ30代前半。若~い!こんな若いマッツをみたの初めてっ。今の(50代)マッツも好きだけれど、若いマッツもいいよ~。Unit One の役柄としては、ラフでタフで時にクールなユーモアをみせてくれます。

マッツ・ミケルセンというと、一般的にいう「ハンサム」ではない、ってどこかで読んだことがある。だけど、デンマークで一番セクシーな男、って評されている。そう、とても魅力的。彼の不思議で個性的な顔、とても美しいと思う。みんなが納得する美しくハンサムなひとって(女性も男性も)、少し時間がたつと「もういいか~」って飽きちゃう(?失礼)んだけれど、マッツ・ミケルセンはずぅ~っとただ眺めていたい彫刻のような顔をしている。うっとり。

私的に、なんだか目が離せない理由(聞いちゃいないって?):

  • 横顔がとても印象的・彫刻的
  • エレガントにミステリアスで憂いをおびている
  • 声も好き。アクセントのある英語も好き。
  • 姿勢がいい。立ち姿、歩き方がとても美しい

彼は役者になる前はダンサーだったんだって。プロのダンサーになるための学校にも行ったそうです。だーかーらー、立ち姿がとってもきれいなんだよ!姿勢のきれいなひとって、それだけで洗練されてみえるし何を着ても似合う(気がする)。こんなデンマークビールのCMも見つけた(↓↓)♪ 以前、ココでも話した「Hygge」のことを話しながら♪ 自転車にのっていても姿勢がよくて、スーツが似合うなぁ。

で、もう一つ素敵だなぁって思ったのが、マッツの奥様はコリオグラファーで、二人は20代の頃からずっと一緒で今もとても幸せなんだってー(←しっかり調べてるワタシ…)。素敵よね~♪ 愛する人と同じものに情熱的になれて、一緒に踊って。

それから… マッツ・ミケルセンの高感度をぐぐっとあげてしまったのが、彼が来日したときのインタビュー(→☆Youtubeクリップ 興味のある方どうぞ♪)長いのではしょって見たんだけれど、最初の方(2分〜3分辺りで)日本のこと大好きって言ってるよ♪ 日本食は今まで食べたどんなものよりも美味しいって。そんな風に日本のことを言ってもらえると嬉しい。

いいわぁ~、マッツ。トロントに行く機会があってばったり道ですれ違ったりしたら… 歳がいなく「マッツー!待ってー!」って駆け寄ってしまうだろうな(笑)

対象が誰であれ何であれ、いくつになってもうっとりしたりときめいたり、ストレートに「素敵だなぁ」って感じるのは心のビタミン(?)よね? 最近の日本の役者さん・俳優さんたちのこと、全然知らないんだけど、魅力的なひといますか?? ははっ。久しぶりにミーハー小話でしたー。
*写真は全てネットからお借りしました〜(ピンタレストでマッツ・ミケルセンって入れたらいっぱい出てきて選ぶのが難しかったよ。笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

The Night Manager / ザ・ナイト・マネジャーが面白い!トム・ヒドルストンがかっこいい〜。

とっても久々に、ミーハーなお話っ。

ナイトマネジャー

2週間ほど前、BBCの英国ドラマ「The Night Manager/ ザ・ナイト・マネジャー」を見終わった。すんごい良かった~!日本ではまだ放映されていないと思うので、ストーリーには触れないでおくねー。

最後の最後までどっきどき!英国の作家ジョン・ル・カレの小説がドラマ化されたもの。ジョン・ル・カレというと知っている人も多いと思うけれど、元MI6(英国の秘密情報機関)の出身なんよね。彼の小説は過去に2冊ほど読んだことがある。ジェームス・ボンドの様に大々的にドッカーン、バヒューンっていうアクションで色づけたサスペンスではなく、知的で心理的スリリングなサスペンス、かな。

ナイトマネジャー

この「The Night Manager」。「ホテルの夜間マネージャー」、。。。と訳してしまうと「廃れた宿で安月給で雇われてるおっさん」っていうイメージになってしまうけど、違うのよー。ハイエンドホテルのナイト・マネージャー。このマネジャー役、主人公ジョナサン・パインを演じる「Tom Hiddleston (トム・ヒドルストン)」がめちゃくちゃかっこいいっ。

ナイトマネジャー

このドラマが始まってから、すでにイギリスでは彼の話題でもちきりらしい。次のジェームス・ボンドに抜擢されるかもー!とまで騒がれているらしい。私もそう思った!ダニエル・クレイグもかっこいいけど、ここでリフレッシュしてさ、トム・ヒドルストンに変えちゃおうよー、なーんて。

ナイトマネジャー

このトム・ヒドルストン、映画「The Avenger」ではLokiの役をやってたのね。。。全く目にもとめなかった。黒い長髪は似合わないと思う。

全部で6エピソード。キャストも演技力の高い役者揃い。アメリカドラマ「ハウス」でお馴染みの「ヒュー・ローリー」もめちゃくちゃいい味出しているし、マドンナ役(?)のエリザベス・デビッキは、長身でとっても美しい(バレーをやっていたんだって)。女の私でさえうっとりしちゃう。

ナイトマネジャー

スリリングなストーリーを盛り立ててくれるのは、役者だけでなく、リッチなロケーション♪ 撮影場所には、カイロ、スペインのマジョルカ島、スイスの雪山。。。ドラマや映画で、自分の行ったことのない景色や町並みや、自分が絶対に経験できそうにないリッチなスポットを見られると嬉しくなるよねー! キャストもロケーションもそれこそ「Eye Candy」(目の肥やし?)でしたっ。

ナイトマネジャー

最終エピソードなんて、どきどきはらはらしすぎて、一人でソファーに座っていられなくなって、相方の隣にぴったりくっついてしまったよー。そして私達の間にさりげなくGusが割り込んできた(苦笑)。

セクシーなシーンもあり… エピソードの一つで、彼がお尻を出すシーンがあってね、放映された翌日はそのシーンを語った記事がネットのあちこちで見られたとか(笑)。ワタシ的にトム・ヒドルストンっていいなぁ〜と思ったところはというと:

  • 知的で物静かな雰囲気が漂っている、でも影がある
  • 穏やかで育ちが良さそう(アクセント、好き)
  • ボロボロのTシャツも、アーミージャケットも、スーツも何を着てもとってもよく似合う
  • 痩せすぎてなくてマッチョなボディでもない
  • 歩き方がきれい
  • 笑顔がキュート!

そうです、笑顔がいいっ!大人や青年の爽やかな笑顔とはまた違って、彼の笑顔は「少年」のそれ。困ったような難しい顔をしているかと思えば、ニコって笑うシーンが何度もあって、その「ニコッ」が子猫みたいでキュート! ありゃ、あんなふうに無邪気にニコってされたら、皆、ころっと騙されちゃうだろうなぁ〜って思った〜。

↓↓ こんな風よー。

nightmanager9

これとか。

ね?

メガネも似合うしー。

ナイトマネジャー

久々にキュートなブリティッシュボーイさんにうっとり。うふふっ。いっぱい写真のせてしまった。選ぶのに苦労しまししたー。

ぜひぜひみなさん、見てくださーい。ナイト・マネジャー(アマゾンビデオ)

*ひさしぶりに… Doodle Update:Blue Hair Secret→☆

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

英国歴史ドラマ ウルフ・ホールが面白い

久々にテレビのお話。

3週間ほど前に始まった英国歴史ドラマ「Wolf Hall・ウルフホール」がなかなか面白い。ヒラリー・マンテルのベストセラー歴史小説「ウルフ・ホールがドラマ化されたもの。このマンテルの作品は「16世紀のイギリス宮廷を、希代の天才政治家クロムウェルの目から描いた興奮の歴史大作(Amazonより)」なんだそうで、北米でもかなり注目をあびていたよ。

vox より
vox より

時代は1510年~1535年、ヘンリー8世の側近「トーマス・クロムウェル」にスポットをあてて描かれている。イギリスではBBCで2月に放送され、北米ではマスターピース・シアター(PBS)で4月の初めから始まった。しっかし、原作が1000ページの小説を6つのエピソード(1時間 ✕6)に凝縮してしまったというからすごい。それだけに、時代背景や主要人物の社会的地位や人間関係についてある程度知っていないと、エピソードを見ても「はぁ???」なんだと思う。

vox より

かく言う私も英国歴史にはとても疎い。そもそも…歴史全般に疎い(恥)。大抵、映画やテレビドラマでも歴史もので「時代背景必須」だったりすると「はてな」が飛び散りまして。。。100%楽しめないことがばかり。なもんで、今回のWolf Hallを見る前には、ネットで少し予習をした。Wikiなどで主要人物一人ひとりについて読んでいくと、それぞれにつながりがあり(当たり前なんだけど)、クレイジーなヘンリー8世の周りで微妙に変化する「力関係」が興味深い。前置きもなく一転してたちまち首を切られてしまった権力者も数知れず。

vox より
vox より

普段、歴史ものにコレほど強く惹かれたり、予習をしてまで見ようということはないんだけれど、このウルフホールにおいては、何故ここまで一生懸命になって見ようとするんだろう。…と思う。

多分。物語の主人公がヘンリー8世ではなくて、クロムウェルだからなんだと思う。彼は貧しい家の出で、父親の暴力から逃れるために若くして家を出たんだそうな。傭兵、銀行家、法律家のキャリアを積み、数か国語を話し、ヘンリー8世の側近の地位を得たクロムウェルは「成り上がりの謀略家」とも言われる。クロムウェルと検索すると、色んな概要やら批評やら出てくる。そういったのをちょこちょこと読んでからこのウルフ・ホールを見てみるとね、面白いの。

そう、きっと、彼を演じているマーク・ライランスの演技が素晴らしいというのも、クロムウェルっていう人物に妙に惹かれてしまう理由なんだと思う。とにかく、主要人物を演じている役者さんたちが皆、ベテランさんで素晴らしい。以前に何かで見たヘンリー8世の番組では、「〇〇はとんでもない悪人」「□□さんが可哀想過ぎる!」と、善悪・白黒がとてもハッキリと簡略化されてしまっていた。このウルフ・ホールの中では、それぞれの役柄の人間的な面と獣のような面の両面が見えてくる。クロムウェルが静かに着実にスマートにヘンリー8世の側近として自分を位置づけていく様子は、将棋の駒(チェスって言った方がいいのかな)を間違うことなく進めていく様で、それが面白い。

vox より

もちろん。衣装を見るのも楽しい。女性の髪飾り男性のフェルトの帽子(?)なども気になる。そうそう、2つ目のエピソードで食事の時にフォークやナイフを使っていないのにも驚いた。手で食べてたんだねー。汚れた手は肩にかけられた大きなナプキン(?)で拭いていたんだね。知らなかったヨ。

ま、歴史家の中には「歴史的事実から大きく外れている!」と批判する人もいるらしい。日本でウルフ・ホールが放送されるのはまだ少し先のことかな。歴史好きな人にはたまらないドラマだと思いまーす。…と、ちょうど半分(3つ)エピソードを見終わったトコロで、マンテルの原作を読んでみようかなぁ、と思い始めたのでした。

ウルフ・ホール (上)

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪