ビーンバッグカイロ【小豆カイロ】作った

寒い週始まり。朝からずっと暖房をつけたまま。

手先・足先が冷えるなぁ。

シンプルなお家と紅葉と大きなオークの木々のバランスがきれい。

雨の前のじと〜っとした寒さ。こういう日は、相方の右肩から腕にかけての痛みが増すようです。私の母方のおじいちゃんは私が生まれる前に亡くなったので会えなかったけれど、おじいちゃんは重度のリュウマチをもっていたので雨が降る前や冬はとても痛がっていたって母が言っていた。

寒い日に温かい飲み物を飲んだり、ココアのカップを両手で包んでみたり、毛布にくるまったり、足をお湯につけてみたり、温めることでふぅ〜っと体のこわばりが解けていくよね。ぬくもって解けるあの感じ、大好き。

「暖」の中でも「ラディアントヒート(これって日本語で何ていうのだろう。放射熱?)」は、ゆっくりとじんわりと体の芯を温めてくれる。うちの暖房はラディアントヒートで、お湯がラディエイターの中をぐるぐる走ってそれで家があたたまる。電気ヒーターや温風ヒーターよりも柔らかい熱で、肌が乾燥することもない。そういう熱。

でね、週末、ひとつ小さめの「ビーンバッグカイロ」を作った。日本では「小豆カイロ」って呼ばれてるのかな? ホッカイロよりもじ〜んわりと温めてくれるこのビーンバッグカイロは、我が家で重宝している。相方がいたがっているときにレンチンして患部にあててあげると、すうぅっと痛みが和らぐみたいです。痛みがまだそこにあっても、痛みでがちがちにこわばっている体を「暖」がほどいてくれるみたい。それだけでもありがたい。

充分の小豆が家になかったので、お米で。でも作ったあとで温めると、すっごい湯気が出てきてねー(笑)。相方も「やっぱり豆のがいい」って言ったので、お米をとりだして「ムング豆」と交換。

古いユニクロのフリースの袖の部分です。

大きさは私の手よりも少し大きめ。

実は、市販のビーンバッグも家に一つあるんだけど、今回作ったものの2.5倍ほどあってね。それを相方の肩や腕にのせると、重みで余計に腕が痛いんだって。それで今回は小さいのを。

Gusにのせてみた。

重くないでしょー?

ホッカイロのように長時間ず〜っと温めてくれるものでもなく、冷めたらまたレンジでチンしなきゃいけないのだけど気持ちのいい暖かさ。私は大きいのを寝る前に温めて、布団の足元にしのばせるよ〜。足元がぬくぬくの布団。。。最高♡

最高というと。。。 今日もお粥で。このお粥が美味しかった。炊きあがりがあまりにもきれいだったので、炊飯器に梅干しいれてしまった。お腹の調子がいまいちのときに、優しいお粥で癒やされる日本人。日本人で良かったなぁって思うとき。

温かくして、元気な一週間を♪

あみぐるみ。

今日は満月。フラワームーンなんだって。今、二階のバスルームの窓から外を見てみたけど、そこからの方角には月が見えないみたい。寝る前に庭に出て見てみよう。

どうでもいいことなんだけど、ちょっとコレ見てー。

あみぐるみー!

結婚してすぐ、暇で暇で。仕事もなかったし。でね、かぎ針であみぐるみの「かもめ」を作ってたころがあった。

職場のパートの学生さんの一人が、「家にいて時間があるからあみぐるみのクジラを作ったのー」って、スタッフのオンライン「休憩室」で紹介していた。それを見て、「あ。そう言えば私も昔作ったなぁ。まだどこかにカモメちゃんあるかも。。。」と、ほりだしてきたのでした。

頭寄せて。グループ・ちゅー♡

ひさしぶりに見ると、この「いびつさ」と「アナログ感」がとても愛らしい。

この写真を、オンライン「休憩室」にアップしてみたところ、同僚の一人が「おー、かわいいね、そのアヒル!」ってコメントをくれた。笑。

アヒルじゃなくて、か・も・め。

どうでもいいことでしたー。

おまけに、今日のお散歩中のハッピー・Gus。

と。

「飯、くれ」Gus。

一歩迫ってくるまでに、さんざんEye-Beamを送りつけて(にらみつけて)いたのでした。

その様子はDoodleで〜→ここでーす☆

さ、お月さん見て寝よう。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

じいちゃんの孫への愛

じいちゃんの孫への愛情は、「京阪バス」となって現れた。

京阪バス

父から甥っ子へのクリスマスプレゼント。

甥っ子は今も変わらず乗り物狂で、ただいまのブームは京阪バスと京阪電車らしい。

我が父ながら、素晴らしい出来栄えだと感心した。途中、一咲(甥っ子)から色々と注文があったみたい。「つり革はちゃんと吊るしてよ」とか「中に人をのせられるようにしてよ」とか。

京阪バス

手帳やスケッチブックを片手に、家の近くのバス停に通ったらしい。全長約50cmほどあるそうです。裏側に簡単なスイッチがあり、ヘッドライトは点灯するんだって。クリスマス前にスカイプしたときには、「今日は最後の仕上げで忙しいわ〜」と言っていた。なんとか23日に完成し、予定通りプレゼントすることができ、父も嬉しそうだった。

京阪バス

私や妹達が小さかった頃は、こんな豆なこと絶対に絶対にしてくれなかったけれど、孫となるとまた違うんだろうね〜。小さなガレージの奥にある小さな電のこで、一つ一つのパーツを切り、組み立てていったそうで、父にとってもやりがいのあるプロジェクトだったみたい。

京阪バス

受け取った一咲の念入りなチェック(↑)。電車やバスに夢中になっている一咲の目は真剣そのもので、一体どんなことを想像しているんだろうと思う。じいちゃん作の京阪バスをとても大切に持ち帰ったそうです♪ 図画工作の苦手な甥っ子だけど、好きな乗り物をいつかじいちゃんと一緒に作れるようになれるといいな☆

*おまけの夕暮れ*

ど〜〜〜んより。典型的なビクトリアの冬空。午後4時半頃です。

gray scene

Miss the blue sky.

*お知らせ:写真の上でクリックすると写真が大きくなります。写真の外側でもう一度クリックすると閉じます。試してみてね☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

サンタさん on campus

昨日のことだけど、サンタさんが馬車に乗って大学のキャンパスにやって来た。

campus_santa3

そう言えば、去年も同じイベントがあったっけな。今年は三田さん(←さんたの変換がよくこうなる)と一緒に写真をとったり、馬にリンゴをあげたり出来るようでした。そのせいか、学生に混じって、小さな子供たちもいて可愛かった〜。子供たちは飛び跳ねながら、「Look look look, Mommy! It’s a horse! Horse’s wearing a Santa hat!!!」と、サンタさんよりも馬の方に夢中でした(笑)。

UVic サンタ

このすぐとなりでは、無料でホットチョコとクッキーが配られていました☆ クリスマスソングも流れていて、冬の日差しが眩しく、しばらくのほほんとしてしまいました。「アレしなきゃ、コレもしなきゃっ」ってバタバタと焦りがちな12月だけど、こうしてホットチョコでぬくもりながら少しクリスマスの気分にひたってみると幸せ。

相方は「クリスマスに何がほしいか言ってよね」って言うけど、今年は本当に何も思い浮かばない。特に何も「モノ」がなくても、ホットチョコでぬくぬくできる日があれば、それで十分だと思う。あ、一つお願いするなら、休みに入ったら雪が降ればいいのにな~。

UVic サンタ

Ho Ho Ho!!

*余談*

突然、ふと、ピアスを作りたくなった。難しいことはできないので、ただ、家にあったセラミックビーズと小さなスワロフスキーをフックにかけただけなんだけど。クリスマスはちょっと苦手と言いつつ、サンタさんにインスピレーションをもらってしまったかも~。

oBZx1

*Doodle Marathon update:singing out loud, it’s all right→☆

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪