ただいま。

相方がやっと退院。すっかり元気になって、とはまだいえないけれど、入院前より元気になって帰宅できたことがとても嬉しい。ほっとした。

先週はずいぶん冷え込み、朝夕はしっかりと霜が降りて草花が凍りついていた。冬の青空と凍りつく風景は、ビクトリアではめずらしい。今週にはいってからは、雨。どんよりと暗い空と雨。そしてこの冬第一号のストームが吹き荒れるという予報がでている。季節は巡るなぁ。クリスマスまであと10日だもんなぁ。

相方の留守中は、Gusもお腹がゆるみやたらそわそわとし、私の後にぴったりとくっついて離れず。「大丈夫やから。心配せんと。ね?すぐに戻ってくるから。」と説明して通じる相手でもないんだけど、何度も繰り返し説明した。昨日、二人と一匹がそろった家で、Gusもようやく安心したようで、ソファーの上でお腹を丸出しにして寝ていた。あぁ良かった良かった。

今回はちょっと長い入院だったので、「カナダの病院ってこういう感じなんだな」というのがなんとなくつかめたと思う。私は日本で病院にお世話になったことがないので比べられないけれど、病院は明るく清潔に保たれている印象を受けた。看護婦さんも他のスタッフのひとたちも親切で、無理をいっても全く嫌な顔を見せず、ありがたかった。食事だけはとても悲しげだったなぁ。生気がない、というか、味気もなく、可愛そうなほど茹でつくされくしゃくしゃで。これじゃぁ食欲もでないよなぁ、と思ったけれど、仕方ないか。病院だもんね。

病院というところは、不思議な空間。なんていうのかな。そのひとの好き嫌いや望む在り方とか考え方や感じ方のパターンとか、そのひと「らしさ」をつくりだしているものがすべて削ぎ落とされて、一個の人体・肉体になってしまうところ、というか。

普段、普通に動いていて当たり前にしている自分の体の臓器や血管や細胞たちの働きに、改めて感謝をしてしまった。何十年もの間、うまくバランスを取りながら働き続ける仕組み、すごいなぁって。

相方の入院中、私自身も不思議な次元(?)に迷い込んでいたようで、思考もカチンと凍りついていたようだった。家にいてもそわそわして落ち着かず、掃除をすれば良い「気」が流れるような気がして片っ端から掃除をした。今年はクリスマスどころじゃないな、と思いながらも、「ほっこり感」を求めて気持ちだけ緑と灯りを飾った。帰ってきた相方も、ちょっぴりクリスマスモードのリビングなどをみて喜んでいたので私も嬉しくなった。

暖かい家で二人と一匹、ゆったりのんびり過ごせれば最高!そう、本当に、健康が何より。こうしていつものブログに戻ってこれて、異次元でカチコチしていた思考もほぐれてきそうです。あ、お休み中にワードプレスの投稿方法(?)がすっかり変わってしまって、どうも勝手がわからずやりにくい。。。前のほうが良かったなー。

さて、残りの2018年、気持ちよく元気にラップアップしよう!

風邪をひくの巻

久々に流行りの風邪をもらってしまい、先週金曜からダウンしていた。週末は良い天気でぽかぽかと野良仕事日よりだったのに、ずぅっと寝ていた。うーん、悔しいっ! 学期初めは、夏のバケーションやお里帰りやらでビクトリアを離れていた学生さん+スタッフがどっとキャンパスにあふれ、色んな「風邪菌」もキャンパス内で交わり、はびこり、広まり。。。驚異を増す。もう3年、4年ほど、ダウンするような風邪はひいていなかったというのに、油断していた。

レモン+はちみつ+生姜がいいのだろうと思い、たんまりとレモンと生姜を買い込んでがんがんと飲んだ。レモンの消費1ダース。おかげで喉の痛みは2日後にはスッキリ消えて、頭痛と疲労と咳だけがまだ残っている。

普段元気なもんだから、たまにこうして風邪をひくと「体」というものを感じる。体の部分部分や細胞までもが身近なものに感じてくる。自分の体なのだから「身近」で当たり前なのだけれど、元気で痛くも痒くもだるくもないときにはすっかり「おまかせモード」で、そこにあることに注意をはらうこともない。扁桃腺が腫れてしまって喉が痛み始めたときには、口を大きく開けて「あぁーーーー」といいながら喉の奥にぶら下がっているものを鏡でチェックしてしまった。「おーい、どうしちゃったんだーい」という気分で。

ずっと前に友人から聞いた話を思い出した。友人の親戚のひとり(だったかな)が癌になり、肺の一部を切除したんだって。で、その手術の後、放射線治療や化学療法を受けたわけなんだけれど、それ以外に「LSD」の治療を受けたんだって。当時はヒッピーたちの間で使われていたドラッグは、今出回っているものに比べるとずっと「ピュア」で信頼のおけるものが多かったらしい。LSDというと幻覚症状を起こす「薬物」として知られるもので、日本では違法ドラッグです。が、最近ではLSDを使った精神療法も医学的に見直されてきているらしい。とても興味深い分野です。友人の親戚さん自身、LSDに詳しかったこともあり、信頼できるガイド(トリップ状態のときにサポートしてくれるひと)をつけて普通「娯楽」で使用するよりもずっと多い量を一度に摂取したんだって。特別な幻覚効果を考慮して計算された「量」だったんだって。でね、彼女はこのLSDの「トリップ状態(幻覚をおこしたり、ハイになる)」のときに、ミクロレベルで自分自身の体の中にすべりこんで、癌細胞と向い合い、自分自身で体の外に追いやったんだって。彼女は手術と治療のあと、30年以上キャンサー(癌)フリーの生活を送られたんだって。

ひとは自分の肉体とコミュニケーションをとろうと思えばそうすることができるんだろうな、と思う。病は気から、とも言うし、この彼女の場合はLSDが一つの手段であったわけだけれど、シャーマンとかヒーラーとか気功や鍼の先生なんかは、気や血や細胞に語りかける力があるような気もする。そんなことを思いながら、私は喉の奥の赤く腫れたぷらぷらしたところに語りかけてみたのでした(笑)。瞑想のときにも、只今体中をただよっている「風邪菌」を呼吸ととも体の外に促すように、吸って吐いてをしてみた。

ニンジン、リンゴ、レモン、生姜ジュース!

さっさと治して貴重な美しい秋を楽しまなきゃ~。みなさんも季節の変わり目、風邪にご用心っ!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

summer day!

ただいま〜♪

「ようやく夏が来たよ〜。」と、大きな声で言ってしまえるような夏日だった土曜日。半袖で上着を羽織ってなくても大丈夫!

木々の影の勢いも、夏っぽい。

木陰が気持ちのいい季節がやってきた。嬉しいな。

ブログの小休止中、温かいコメントを残してくださってありがとう〜。アップしていないのにのぞいてくださった方もどうもありがとう。おかげさまで相方も帰宅し、いつもの二人と一匹の生活に戻りました。相方はしばらくは安静に、なんだけど、ようやく暖かくなって明るい外の風景が気持ちを掻き立てるようで、「たいくつだ〜」と家の中でぶうたれている。あとはゆっくりと、日にち薬かな。突然のことで病院にお世話になってしまい、わからないことばかりでかなり戸惑った一週間だった。何事も経験ですネ。あらためて、健康でいることが何よりだなぁと気づいた週でもありました。


今は、年齢とともに自分の体の自由がきかなくなることなんて、うまく想像もできない。けれど、自分も歳を重ねれば足腰が弱ってくるだろうし、目に見えない体の部分で突然何かが起きたときに自分一人ではどうにもならないことも出てくるだろうと思う。いつ何が起きるかなんて誰にもわからない。一人でおばあちゃんになって何かがおきたとき、どうすればいいのかなぁ〜、と、ぼんやりと考えてしまった。入院していたのは相方なのに、年老いた自分のことを思い浮かべては、そんなことを考えていた。70くらいまではしゃきっとしていたいし、まだ少し時間があるので、ぼちぼちと考えようかな(笑)。


犬はヒトの病気や何かがおかしいことをいち早く察する、ってよく聞くけれど、Gusも何かを察していた様だった。相方が不在の間はずっとそわそわしていたし、私のそばにぴったりくっついていたし。相方が戻ってきても、病院の匂いとかあったからかな。大喜びで「おかえり!」というのでもなく、妙に戸惑った顔をして私の方にくっついてきた。言うまでもなく、相方は「ぼくのことを忘れてしまったんだ」と寂しげにポツリ。で、夜になってようやく、相方が横になっていたカウチにとびのって、顔中を念入りにぺろぺろしまくっていた。やっぱり、みんなが一緒なのがいいね〜。

夏日だ、夏日だ。数日前の新月のせいかな、引き潮が大きい。岸に打ち上げられてきた海藻をかき分けて、行水しに走っていったGus。ハイカラなことは何もないただ平凡な日々でも、元気ならそれが一番ね。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

週末マスタークレンジングでリセット

今日から6月! もう6月!!
早いなぁ~。

月初め。ちょうど週末にかかっているので、金・土・日の三日間だけのマスタークレンジングをすることにした。久しぶりだ。以前にもブログで紹介した、レモン汁+メープルシロップのレモネードだけで過ごすという、アレね(→過去記事:マスタークレンジング

レモン汁とメープルシロップをジャーに入れて持っていくヨ。

何度もやったことがあるけれど、毎回それなりに「気持ちの準備」ができていないと失敗する(続かなかったり、ズルをしてしまう)。6月はじめでキリがいい(?)し、今週末は人が来る予定もなし。何より、内蔵を少しお休みさせてあげて消化器官を洗浄したくって。20代の頃のように、暴飲暴食はもうしないものの、普段は雑食で食事においては何も制限していない。おやつも大好きなのでしっかり食べる。すると色々と溜まってくるように思う。少しクレンジングして毒素がでてくると、私の場合、痰などのミューカス(?)がとれてくる。鼻の奥の奥(眼と眼の間のあたり)までスカーっ!とするよ。それから、この春は例年に比べると花粉症がひどく、くしゃみと鼻ムズムズはまだ続いている。この症状も少しましになるかなぁと思って。

「おいしそうです」、と、間引きにんじんにくぎづけのGus。

一週間のマスタークレンジングと比べれば、三日間は終わりが見えているので気分的に楽。初日の今日は金曜日で仕事があるので、朝の「塩水腸内洗浄」はスキップ。1時間半ほどはトイレから離れられないからねぇー。マスタークレンジング中、私にとって一番辛いのが、この塩水を飲む洗浄です。まずくて吐きそうになる。でも、これをすると、面白いほど腸の中の汚いもの(普通のうんちではないいろんなもの、宿便やらなんやら)がしゃーーーっと流れ出る(というか、吹き出すのです。ごめんね、汚くて)。なので、年に一度、二度、この塩水洗浄だけでもやってみると消化器官がきれいになるかもしれない。

食べないと体温が下がる。職場でヒーターつけてしまった。ま、今日もまたずいぶんとひんやりした一日だったんだけど。最高気温が14度と出ている。もうちょっと暖かくなって~。

あ、夕方散歩で「The Energylab Time Trial」っていう自転車レースに出くわした。海岸沿いの一区間を三往復して合計20kmのスピードレースなんだって。写真では全然伝わらないけど、すっごいスピードで走り抜けていったよー!

おまけに。間引きしたニンジンをもらって嬉しいGus。

ぼくちん、おやさいはよくかんでたべますよ。

元気に楽しい週末を〜!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪