京都でリセット。その2.緑に癒やされる

京都二日目には、朝から南禅寺に!一度訪れてみたいなと思っていたところ。
(また記録写真が多いです。)

が! 今思うと。。。国宝の「南禅寺の方丈」見てこなかったよな。。。

きっと多分ね、大きな三門に登ってお山を仰ぎ、周りをゆっくりと歩いて緑に包まれ、それですっかり気持ちが満たされちゃったからだ。緑が、本当に気持ちよかった!

どっしりと。三門。歴史を刻んだ木材が温かいな。

登りはどうってことないけれど、降りるのに少々足がすくみそうだった。一つ踏み外すと一気に下まで転げ落ちちゃうね。

あぁ。気持ちがいい。

三門をくぐった東側。やっほ〜、お山!

火曜サスペンス劇場を思い出さずにはいられない、この水門。「生」で見たのは初めてで、思っていたよりもさっぱりと「健全」な印象を受けた(笑)。ほら、サスペンスの中では、なんだか良くないことが起こりそうな、迫ってくるものがあったから。

ざざざぁ〜っと勢いよく流れる水音が爽やかだった〜。

人気のスポットだもんね。人けも少ない金曜の午前中だというのに、三脚たててしっかりと撮影している人もいたし、アーチからひょっこり顔をのぞかせてポーズをとっているひともいた。この水路に沿って歩いていくこともできる、とどこかで読んだことがあったけれど、それらしきトレールが見当たらなかった。その前の台風で閉められていたのかなー。

この後、南禅院のお庭を見た。でも、どんな風に歩いて回ったのか、細かいところがぼんやりとしてしまっている。ふわ〜っとした気分で歩いていたんだと思う。

琵琶湖疏水からの水が流れ込んでいる、とどこかに書いてあった。小さな池の周りをくるりと歩けるようになっているのだけれど、本当に、ここも、どこに立って眺めても目に映る風景が素敵だった。

見える角度でお庭の表情が変わって。この紅葉が色づいたら最高だろうな。

緑に陶酔する、ってきっとこのことだよ〜。と思う。

ぐる~りと歩き、特にここに行こうという計画もなく行き着いたのが、南禅寺の北にある禅林寺(永観堂)。ここがまた広くて大きくて、上り下りもあってびっくり!唐門を入ってすぐのところの中庭の池には鯉が泳いでいた。水があるとひとはほっとするんだね。

色づき始める手前の木々の緑と、金木犀の香りにすっかり癒やされた。顔を近づけてかぐ花の香ではなく、「香りに包まれて緑の中を歩く」というのがなんとも贅沢でした。そしてコロコロロロっていう虫の声。すっかりリセットしてもらった♪ 私の中に残った南禅寺のイメージは、「緑」と「水」。

そしてこの後、友達が探して予約を入れてくれていたお店で「湯葉定食」をいただいて。。。お腹、ぱんっぱんっ! 食べた後、籠に入れてもらってそのまま運んでいってほしいほど、歩くのも苦しかった!

遠くから出てきてくれて、素敵な京都の散策に付き合ってくれた友達に感謝です。京都で無理なくすすすぅっとリセットができました♪ また行きた〜い!

京都でリセット。その1

実家に到着した翌日+翌々日、友だちに会いに京都市内に出た。
(うだうだと書きます+写真も多いです)

私の都合で勝手を言い、友達数人に京都で会ってもらった。遠くから出てきてもらったり、忙しいところ都合をつけて付き合ってもらったり、本当にありがたかったです。ちょうどあの台風24号が去り、すぐに次の25号が後を追うように迫ってきていたときだった。お天気が不安だったものの、私たちの京都観光は小雨止まりで、とってもしっとりとした気持ちのよい(やや蒸し暑め for me)二日間だった♪ 良かった〜。で、怪しい天気だったのでカメラは持たず、撮った写真は全部スマホです。

今まではこんなことなかったのに、今回の帰国では「時差ぼけモード」100%! 京都で友達に会う日も、夜中の2時半くらいにパチッと目が覚めて眠れず。瞑想したら眠たくなるかと思い、20分瞑想。ダメ。体操したらクタッと眠れるかと思いやってみたけど、これもダメ。頭のなかがごちゃごちゃとしていたせいかもしれない。飛行機の11時間も全然眠れなかったので、普通ならふらふらするんだろうけれど、これが違っていた。

妙に「ハイ」だった。友達に会えて嬉しいのと、目や耳からどんどん入ってくる情報を処理するのに忙しいのと、京都に住むFちゃんのご馳走で味覚も大喜びしたのと。。。とにかく、五感がフル回転していて眠気はなし。

だけど時々、自分が自分でないような、人の体を借りて動かしているような感じもしていた。

京都に詳しく車で回ってくれたFちゃんのお陰で、私とSちゃんは半日で:京都御苑下鴨神社大徳寺を見て回ることができた!電車とバスだけで一人で観光しようと思ったら、これだけをゆっくりと見ることはできない。

スマホで手軽に撮った写真を何度も眺めてみて、「何故これを撮ったんだろうな」「なんでこんな撮り方したんだろ」というものがたくさんあった。で、思った。「京都にリセットしてもらったなぁ」って。帰国して二日目、頭のなかごちゃごちゃの私を、京都で見たお寺やお庭や緑がゆっくりと解きほぐしてくれた。建築物を眺めながら、屋根のなだらかな曲線や、格子や廊下の直線のリズムや床板の色合いなどに、撫でてもらっている様な感じがしていた。

ふすま絵、だいすき。

散らばった思考が、かたんことんと、あるべきところに少しずつおさまっていくような。

庭師さん(↑)、かっこいいなぁとミーハーしながら、美しく整えられた木々にも心を撫でてもらう。

日本のお庭は、どこから見ても、どの季節に見ても、こんな曇り空の下でも、美しいなぁと、感心する。

Fちゃんは下鴨神社の入り口で私とSちゃんを降ろし、一人で先にある駐車場に向かおうとした。「一緒に駐車場まで行くよ」と言ったけど、「ダメ、ここから歩くのがちゃんとした行き方やから」とFちゃん。ちゃんとした行き方?

で、歩いてみて思ったよ。「うん、この緑のトンネルは歩くべきところだな」って。すぅっとしました。余計なざわざわを吸い取ってもらったような。小雨がぱらつく金曜日だったので、人も少なくて。それも良かった。

「何かがあるんだな」と思う。昔のひとたちが「この場所」を選び、神社を建て、敬い続けてきたところ。

日本のお寺や神社は、特別な神聖な場所なのに自然や季節と切り離されていない。だからかな、初めてこうして訪れても、とても「自然」に馴染めてしまうの。ほっとする。もちろん、大きな大仏さまや建物のスケールや美しさやディティールに「おおぉっ」と眼を見張ることはあるけれど、なんていうのだろう。西欧の教会などの神聖な場所で感じる「おおぉっ」とは違うのです。まぁ、それはきっと、私が日本人だからなのかな。初めて訪れた下鴨神社、大好きになりました。またゆっくりと歩きたいな。

大徳寺を訪れたのも今回が初めて。中にはたくさんの「塔頭(たっちゅう)院」があって驚いた。まるで大学のキャンパスで色んな学部があるような感じ。気になって後でネットで読んでみると、大徳寺は茶の湯文化とも縁が深くて茶室が設けられている院も多いんだって。お茶かぁ… 良いなぁ。

龍源院には4つも枯山水があったよ〜。

東滴壺(とうてきこ)。日本で一番小さな壺庭なんだそうです(↓)。

滹沱底(こだてい)↓↓の西端。阿吽(あうん)の石庭とも呼ばれます。丸い石は阿吽の「阿」の基礎石なんだって。

こういう枯山水のお庭にぐるぐると描かれる「円」をみていると、また「ほっ」っとする。

南側にある一番大きな庭:一枝坦(いつしだん)。

雑草は生えないのかなって、よく思う。雨風にさらされるのだし、鳥の糞などに混じって落ちたものが芽を出したり、土がまともになくたって育ってしまう草はある。… と、俗なことを思いながら。

半日こうしてゆったりと散策させてもらい、友達と話をして笑って美味しいものを頂いて、すっかり解きほぐされ。その日の夜は京都市内で一泊。こんな京都の真ん中(?)で夜を過ごしたのはじめてで、Sちゃんに散歩に付き合ってもらった☆

人がいっぱいで、光があふれていて。四条のあたりってこんな風なんだなぁ〜と、すっかりお上りさんになって人混みを歩くのを楽しんだ。外国人もたくさん。

夜の鴨川沿いには風が吹き、本当に気持ちよくてずぅっと歩いていたい気分だった。水辺はいいね〜。

あぁ、本当に楽しい一日だった。今思い出してもあの時の気分が蘇ってくる。もう一度ぶらりぶらりと歩いてみたいな。帰国して翌日に京都散策、なかなか効果的なリセット方でしたっ。

そして翌日は南禅寺へ!
(長々とすんませ〜ん)

海を超え

忘れないうちに、ぼちぼちと一時帰国の感想を書き留めておこうかな。

今回は一人での帰国だったので、前回のように東京周りではなく、直行で関空に向かえる便を使った。選択肢は一つ:バンクーバー・関空の直行便はエア・カナダのみ。エア・カナダのルージュっていうの。あぁ。。。エア・カナダ。

カナダの国際線を独占しているこの会社は、サービス改善や利用者に喜んでもらおうとする努力をしない。昔からそうで、今も変わらない。今回利用した「エア・カナダルージュ」はチケットが比較的安いって言われている。その理由は、絶対にあの「古い機体」にあると思う。座席の前にモニターはなく、シートもクッション地がぺったんこだし。肘掛けに付いてるボタンもすり減っているものがあり、何一つとっても造りが「一昔前」。ぼろい。今回、少し余分を払ってエコノミープラスにしておいて良かった!エコノミープラスのエリアはすいていて、私の隣は空席。二席使って足を少し伸ばすことができたものの。。。一つのシートのリクライニングボタンはこわれていて、95度くらいの角度から倒れず。二席前のひとの窓のシェルターは3分の2までしか閉まらず、ずっと眩しい光が漏れ続けていた。通路を挟んだ隣の人は、読書のためにライトをつけたかったみたいだけれど、これも壊れていてつかなかった。スチュワーデスさんは「あぁ、壊れているのね。一つ隣の席のは大丈夫みたいだから移動してくださいな。」と言っていた。よく、まぁ、このボロい機体が空を飛ぶものだ。

行きは11時間。出されたご飯は「なんすか、これ?」というようなもので、でも、何も持ち込まなかったので無理やり押し込んだ。一睡もできず。iPadにエア・カナダのアプリをいれていると映画を見れると聞いていたので、試しに見てみたところ、ほとんどの映画がカナダのもので聞いたこともない名前のマイナーなもの。面白くない。もっと映画をあらかじめiPadにダウンロードしておくんだったと後悔した。

ビクトリアからバンクーバーの20分のフライトで、隣りに座ったのは大阪弁を話すカナダ人だった。しかも、私のおばあちゃんが昔住んでいた最寄りの駅の近くに住んでいるらしく、自分も関空に向かうんだと言う。ちょっと変な大阪弁に、私はほとんど英語で答えていた。その彼が、日本行きの飛行機の進行方向右側の窓からみる景色が素敵だよ、と言っていた。

きれい。あんなところ、あんな僻地でも生活をしている人がいるんだな。

関空行きのフライトで学んだことを教訓に、帰りは:

  • セキュリティを通過したあと、おにぎりとお茶を買った。
  • 母に睡眠薬をひとつもらってきた。
  • モイスチャライザー付きのマスク持参。
  • アイマスク持参。

準備万端!

関空を飛び立ってすぐに見えた夕焼け空。この景色を見てすぐに、もぐもぐとおにぎりを2つ食べ、お茶を飲んで睡眠薬を半分。5時間寝た~!

9時間半~11時間の飛行時間でカナダと日本を行き来できる。長いようで短い。日本に降り立ってからの数日は、気持ちが着いてこない。上手く言えないけれど、心の中がもじゃもじゃとする。全てが日本語だから、ぼうっとしていても全て理解できるわけで、一度にどさりと情報が流れ込んでくる。そういうのの消化不良なのかな。家族や友達に会えて嬉しい、食べ物は美味しい、という感情とは別に、自分の中で置いてけぼりになっている部分があるような気がする。で、不思議と、言葉ではない「鳥の声」や「虫の声」が、妙に鮮明に耳に届く。とっても久しぶりに聞いた秋の虫の音(コオロギ?)が心地よかった~。嬉しくなって、「あっ!この声はセミ?!」って友達に言ったら、「蝉じゃないでしょう。。。」とつっこまれた。蝉とコオロギの鳴き声を間違えるほど久しぶりだった。帰って二日目に会った友達に、「帰ってきてどう?」と聞かれ、どうなのか上手く表現できなくて、「コンクリートが多いな。」って答えたっけ。今回は13日の滞在だったので、気持ちがいい具合に日本のペースに乗ってきた頃にまた「帰国」。

歳を重ねるごとに、家族に「ありがとう、さようなら」と言ってカナダに戻るときが辛い。今回も、妹二人と母が空港まで送りに来てくれたんだけれど、辛かった。いつも、今回こそは笑顔で「バイバーイ!」って言おうと思うのだけれど、「ほな、またね。」と言いながらうえぇ~んと泣いてしまう。歳、だよね~。

元気でいてくれる両親と近くでサポートしてくれている妹たちへの感謝の気持ちを抱えてビクトリアに戻ってくる。と、やっぱりほっとする。寂しさはあっても、心はもじゃもじゃしない。私には「このレベルの自然が、最低限必要なんだなぁ」と改めて思う。

一人で空を飛んでいるとそのときだけは、どこにも、誰にも、属していないような開放感を感じたりもする。そんなことないですか??たまに海を超えると色々と気づくし思うねー。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ただいまっ!

約二週間ぶりに日本から戻りました〜。

ただいまっ、Gus!

私の日本での2週間(13日)は「あっ!」という間に過ぎてしまったけれど、お留守番の男衆にとっては長かったようです(苦笑)。帰る数日前の相方からのメッセージでは、Gusがちょっぴり「dog depression(イヌ鬱病)」っぽいから早く帰ってきて〜、とのことでして。。。全く、寂しん坊でこまったさん。3時半ごろ家に着き、そのまますぐにGusを連れて散歩に行った。とーっても気持ちのいい秋の午後。空気が軽くて爽やかだ。家についてホッとした。

Gusからもヘラヘラとした笑顔がこぼれて一安心。

庭にはオークの枯れ葉が落ち始めていて、熟れたリンゴもぽとりぽとり。

また、ぼちぼちと今回の帰国中での出来事や感想などをアップしまーす。

さて、今夜は早く寝よ。時差ボケ早くとれるといいな〜。