元気な黄色ちゃんと、ブルーベリーの季節。

ビクトリアは夏まっさかり!

そして、私は金曜日にようやく散髪に行ってきました〜♪ スッキリ!

次にいつまた髪を切れるかわからないので、後ろで結べるぎりぎりまで切ってもらった。前髪も長いほうが楽といえば楽なんだけどね。ずーっと全部をひとまとめにしてくくっていたので飽きてしまって。眉毛のあたりまで切っちゃってー!って頼んで切ってもらった。すっかり。。。「おかっぱ頭」になりました(笑)。

美容師さんが「長いほうが束ねられるから楽なんじゃない?」って言ってたんだけど、洗って乾かすのがしんどいもん。軽くなって嬉しい。

お庭写真とかがたまってしまっている。やっぱり、撮ってさっとアップして、そのときに気持ちを書き留めておかないと駄目だな。あとになって写真を見ても、なぜ撮ったのかわからなくなっていたり、勢いがなくなってしまって書けなくなったりする。でも。平日は目が疲れてブログにむかうのが難しいです。

と。数日前のもので。今年は黄色ちゃん(ラディアント・パフューム)がたくさんの花を一斉に咲かせてくれたよー。

昼間、明るい中でみるよりも、夜の7時をすぎて、少し薄暗くなった頃にみるのが私は好き。黄色ちゃんのところだけ、明るい光が灯っているようにみえるから(↑は午前中に撮ったもの)。

ふわぁ〜っと。この日が一番たくさんの花が咲いていたかな。とても鮮やかで、相方もブラインドを開けて庭を見るたびに「今年はきれいだね〜」って言っていた。風が強い日がとても多いので、大きく開いてしまうとあっという間に風に吹かれて花びらを落としてしまうのが残念。

そうだ。先週火曜日には、リモートワークになってから初めて大学のキャンパスに行ったよー。新しいラップトップと大きなモニターをもらいに。3ヶ月ちょっとぶりにスタッフのみんな(フルタイムのひとだけだけど)と顔を合わすことができて嬉しかった。毎日、デイリーミーティングでモニター越しに顔は見ているけれど、「生」で「会う」のはすごく久しぶり。みんなマスクをしてコンピューターをもらってその場で設定をするだけの短い時間だったものの、家に帰ってからも私は妙に元気で浮かれていた。大げさにきこえるかもしれないけれど、「ひとに接することって、生きていく上で、ひとをひとらしくするために必要なことなんだなぁ」と思った。

さてと。今日の「To-Do リスト」に書き出していたことのひとつ。この↓↓の通り道(?)の幅を少し広くして「芝刈り機(手動)」が通れるようにした。

ここね、放っておくとグラウンドカバーの草やら雑草やらが生い茂って通り道が見えなくなるのです。それを今まではせっせとクリッパーなどでちょきちょき切っていた。で、ある日、草刈り機で通過できたらあっという間に刈り込める!って気づいてねー。

わかるかな?↑↑石と石の間。草刈り機の幅より少し広くなるように、石を移動させた。ふぅー。

そうだそうだ。金曜日には朝からブルーベリーヨーグルトマフィンを焼いたんだった。これまた久しぶり。ちょうど今ブルーベリーの季節で、すでに3箱買ってきて半分は冷凍、半分は生食を楽しんでいる。この日の午後、相方の伊語の小さなグループがやってくるというので(庭でのレッスン)、マフィンを焼くことにしたのでしたー。

白砂糖の代わりに蜂蜜で。そのせいかわからないけど、いつもと同じように焼いたのに、ちょっと焼きすぎか?っていう焼き上がりになってしまった。ま、焦げてないからいっか。と、食べてもらったんだけど、皆さんにはこの「かりかりっ」が良かったらしい(笑)。

毎年、大好きなブルーベリーだけは、ケチらずに箱買いして楽しむことにしているんだけど。今年は去年よりも高い!これもコロナのせいかなー。今だけ楽しめる果物だしね。楽しむよー!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Happy Canada Day! に黄色ちゃんが咲いた。

お題のとおりです♪ 記録のために。

 

7月1日。カナダ・デーに1つ目の黄色ちゃん(ラディアント・パフューム)が咲いた。

どんよりと寒い朝。7月やでー!

黄色ちゃんは、花びらを外側に巻くようにして開いていく。開き始めは濃厚な黄色で、開くにつれて落ち着いた優しい黄色に変わる。

黄色ちゃんは元気色。私が初めて買ったバラなだけに、特別なのです。去年は葉っぱを散々青虫に食べられ、黒い斑点まででて、花が咲く頃には素っ裸(?)状態だった。この春はせっせと青虫を取り除いたのでずいぶんまし。それでも食べられたところや斑点のある葉っぱもある。きれいに咲いてくれてありがとう。

それにしてもひんやりのカナダ・デー。今年はダウンタウンで花火も上がらないのかな。聞こえなかったし。我が家も特に何をするわけでもなく。お天気のせいか、眠くって。Gusと散歩をしたあとで昼寝をしてしまった。

昨日は一日中、調子が悪かったGusだけど、復活。ほっ。一体何だったんだろうねー。

Gusと歩きながら、「この国で暮らすことができて幸せだなぁ。住まわせてくれてありがとうね。」と口に出して言ってみた。

20歳の頃、先のことなんて何も考えず「カナダに行こう」と決めてやってきて、縁があってビクトリアにたどり着き、しばらくして相方と出会い、島の南端に落ち着くことができた。普段、すっかり忘れているけれど、私も移民のひとり。受け入れてもらったひとり。ありがたいな。

散歩の帰りに、海岸沿いにバンを停め、海を眺めながら写真を撮っているカップルがいた。ソーシャルディスタンスをあけるために車道に降りたところ、奥さんが「あ、どうもありがとう。あなたはこのあたりに住んでいるの?」ってたずねてきた。「そうですよー。この近くに。バケーションですか?」って聞いてみると、「あなたは幸せよ!こんなにきれいな風景を毎日見ることができるなんて。私たちはプリンスジョージから来たのよ。以前からずっとビクトリアに来てみたいと思ってたの。」って。

うん。幸せだとおもうよ、おばさんっ!プリンスジョージは寒いよねっ。なんにもないしっ。

おまけ:昨夜の豆ごはんのおにぎりと、残り物のキャベツとおあげさんの煮浸しでお昼ごはん。

お豆つぶれちゃったけど。美味しい〜。こういうなんでもない素食、好き好き。歳のせいかなー。

雨の日の黄色ちゃん

今週は曇っていたり、朝もやがかかったり、一日はしっかりと雨が降った。

そんな雨の日、今年の1つ目の黄色ちゃんが咲いた♪

自分で選んだ最初のバラ。元気な黄色いのが欲しくて、誕生日に相方に買ってもらった始めてのバラ。ラディアントパフューム。

ツボミのときには、先のほうに赤みをおびていてね。開き始めると鮮やかな深い黄色になって、咲き終わりは淡く優しい黄色になっていく。シトラス系の香りです。今年は春先にいっぱい虫がついて葉っぱがぼろぼろになっちゃったんだけど、その後またぐんぐん伸びて新しい葉っぱをつけて、今ようやく咲き始めたよ〜。

うちにあるバラたちの中で、一番最後に咲いてくれるのがこの子です。説明を読むと「四季咲き」らしいんだけど、ひと夏に一度しか咲かないよ〜。育て方間違ってるかな。

すこ〜し前に咲き始めた「ベッツィ(Betsy Sinclair)ちゃん」。

ほんのりと薄いアプリコット色で、香りは柔らかくフルーティ。

去年、秋の終わりのセールで小さい苗だったもの。まだ鉢に入っています。

植えたのをすっかり忘れていたダリアも。。。 咲いた。

君、とっても。。。ゴージャス。

こんなダリアの球根、買ったっけ? こんな強烈なインパクトのあるダリア、買ったら覚えていそうなものだけれど。。。覚えがない。ふむ。

ところで、ダリアってどうやったらうまく増やせるのかなー、ってよく思う。水仙やチューリップみたいに自然に増えていけばいいのになぁ。

雨にしっとりとぬれた草花たちはうれしそうです。とっても。

去年の夏に比べると、今年は曇っていたり、雨が降る日があったりするのでありがたい。週に一度か10日に一度くらいで良いので、ざーーーーっっと降って地面を潤してくれるといいのにな。去年、一昨年と、山火事で大きな被害を受け、夏の間は煙で青空が見えなかったというBC州の内陸部も、今年は青々としていて果物もよく育っているみたいです。ありがたいなぁ。

あ、雨が降ると雑草も含めて草が伸びる。明日はいつものカタカタで芝刈りだなー。

ゆったりとした週末を☆