大きなダリアとアップルシナモンケーキ

しっかりと雨が降った昨夜。一雨降るごとに秋が深まり、気づいたらきっと冬なんだろうなぁ。明日も雨らしい。

雨と雨の中日の今日はいいお天気。朝から自転車で大学の近くのバルクフードのお店まで行って帰って、その後Gusと散歩。流石に足が疲れた〜。この週末は感謝祭の連休。コロナの第二波が数に現れてきているので、「身近な家族だけの、いつもよりも小さな集まりでサンクスギビングデーを祝いましょう」というメッセージも流れていた。我が家は特に何もせず。今夜なんて「カツ丼」(笑)。

雨の晴れ間に家族で散歩をしている人たちがたくさんいた。Gusも丘の上で、そんな楽しそうなファミリーに挨拶に回ったりしてすっかりごきげんさん。こんな風に笑うのをみると、ほんと、犬じゃないみたいって思う。

今年はこの大きなダリアがどういうわけかとっても元気で、こんな時期に沢山咲いてくれている。

でも花の大きさの割には茎が細くて、ぽきっと首を折ってしまっているものがいくつかあってね。可愛そうなので切って家の中に飾ることにした。

でも、茎が短く折れたこんなにも大きな花をどうやって飾ろうか。困った。たまたま家にちいさな「剣山(←この単語がしばらく出てこなくて焦った…)」があったので、それに突き刺して。。。重しにしてみた。

↑↑の花瓶(と呼んでいいものか)は、20数年前(!!)に大学の「ハンドビルド」の陶芸のクラスで作ったもの。帰国するときに相方に「もらってよ!」と押し付けたのでした。そのときは彼と結婚するなんて思ってなかったんだけど、縁あってまたこちらに戻ってきて。こうしてそのときに押し付けた花瓶にダリアを挿している自分。おもしろいね〜。

さて。今日は数日前に作ったケーキのメモ書きも♪

相方の「伊語の集い」のために作った「アップルシナモンケーキ」なんだけど、これがとっても私好みだったので書き留めておきまーす!オリジナルレシピを少し変えて作ったよー。

アップルシナモンケーキ

材料:
(1C=250CC)

  • 小麦粉 210 grams (1 and 1/2 cups)
  • ベーキングパウダー 小さじ2
  • ベーキングソーダ 小さじ半
  • ブラウンシュガー 150 grams (3/4 cup)
  • リンゴ(サイコロの大きさに切る)1 cup (一個分ほど)
  • 卵 2個
  • 植物油 120 ml (1/2 cup) (油60ml + アップルソース60mlで代用)
  • 水切りヨーグルト 120 ml (1/2 cup)

シナモントッピング(下の材料を全部混ぜる)

  • 粉砂糖 50 grams (1/4 cup)
  • シナモン 小さじ1
  • バター 大さじ1(溶かす)

  1. オーブンは180度(350度華氏)、9インチのケーキ型の底にパーチメントペーパーを敷いておく。
  2. 大きなボールに粉ものを全部入れて混ぜ合わせる。リンゴも入れる。
  3. 別のボールに卵、油、ヨーグルトを混ぜる。卵がほぐれたらオッケー。
  4. 2の粉のボールに3を流し入れ軽く混ぜる。混ぜすぎない。
  5. これをケーキ型に入れる。
  6. シナモントッピングを適当にのせる。表面を全部カバーする必要はなし。
  7. 30分〜35分焼く。

オリジナルレシピでは、焼き上がったものの上に更に砂糖のグレーズをかけているけれど、私は省略。一晩ラップを被せてねかせ、翌朝粉砂糖をふりかけたよ。

これがね〜、甘さ控えめでし〜〜っとりで本当に美味しかった!リンゴは庭のリンゴを使い、去年作ったアップルソースの最後のひと瓶も少し混ぜ入れた。素朴なケーキだけれどリンゴの季節にはまた作ってみたいなっていうレシピ。お試しあれ〜♪

おまけ:気持ちよくておおあくびがでた〜。のGus。

7月始めの庭模様

最近庭の草花のことばかり紹介しているみたいだけど、お天気もいいし気持ちがいいので(特に朝と夕方ネ♪)庭をウロウロ(?)していることが多いのです。全く、週末ひきこもり状態。今年は本当に温かくて、サマードレスや短パンで過ごせる日が続いている。私がビクトリアに住み始めてから、こんな夏今までにあったかな〜。いつになく日焼けしてどんどん黒くなっているように思う…

7月初めの庭

一つ目のボックスの手前に植えたミックスフラワーたち。野菜ボックスの方にのしかかっている。ピンクのポピーはもうそろそろ終わりそう。オレンジの方は次から次へと蕾をつけているので、もう少し頑張ってくれそう。

7月初めの庭

今年は種を集めるぞ〜。

去年、初めて植えたラナンキュラスが可愛らしくて、今年もいくつか球根を足した。去年の球根は花の咲いたあともそのまま放っておいたんだけど、そのせいか今年は芽を出さなかった。花が咲き終わったら球根を掘りあげたほうがいいのかなぁ。ビクトリアの冬はそんなに寒くないから、土の中でも大丈夫そうなんだけどな。

7月初めの庭

ラナンキュラスは、夜になると花を閉じて、日が当たり始めるとまた開くのね。その開き始めが可愛らしいよ。

レモンタイムはこんなに乾燥して気温が上がってきているのに、涼しげに花を咲かせてくれている。ミツバチたちも嬉しそうです。

7月初めの庭

そうそう、スイートピーの手前・裏側(日の当たる方)には、えんどう豆が植わってるんだけど。地面から80cmほどまでにできていたお豆さんは、ほぼ全て「狸」に食べられた。。。

7月初めの庭

ある朝の様子(↓↓)

7月初めの庭

ほんとね、朝、気持よく庭を点検しているときに、こういう「現場」をみると「ムラムラ」を抑えられなくなって、悪態をついてしまう。今年の狸はさ、食べ方のマナーも汚い!コレを見つけた日は、前の庭のクロコスミアっていう花の蕾も鹿に食べられていた。ダブルパンチで朝からくじけそうになる。で、対応策をあれこれと考えながら午前中を過ごす。鹿の方はまだやりやすいの。水で薄めたホットソースを蕾に刷毛でぺたぺたと塗りました。スプレーくらいでは効かないみたいだし、どうせ食べられるなら私の味付けたものを食べれば良い、と。(←小悪魔なワタシ)

狸の方は厄介です。彼らは手先が本当に器用だし、ちょっとくらいの脅しでは効かない(すぐに学んでしまうみたい)。おそらく手の届くところにあるものは全部たべられてしまうだろう、と半分ギブアップした。外側にカイヤンペッパーなどをふりかけても、中の豆だけを食べるので効果なし。でね、私も負けじと。。。お豆の鞘に小さな切り込みを入れて、そこからチャイニーズ・ホットソースをぶちゅっと注入。翌朝、チェックすると、ソース入りのもかじってあったので、少しは学んでくれたのだろうか。来年は「エレクトリックフェンス」を地面から20cmくらいのところに設置しようかな…とも考えている。か。えんどう豆を育てることを諦めるか。ふむ。

ハーブベッドに新しく仲間入りした「ヤロウ」。何色の花が咲くのかわからなくて、赤だったらいいなぁ〜って思っていた。

7月初めの庭

赤だった〜☆ 元気の出る赤。

そして、もうひとつ。新入りさんの赤いダリア。

7月初めの庭

ダリアの中では小さいタイプになるのかな。このディープな赤いのが好きです。ひとつ、蕾のつけねから茎にかけて、ぐわぁ〜〜〜っとアブラムシが密着しているのがあって、あまりの気持ち悪さに水やりをしているシャワーヘッドを落としそうになった。「このままではダリアちゃんが危ない!」と、勇気を出して水をしゃーーっとかけながら指でこそぎ落としたよ。。。あぁ。。。あのアブラムシの感触。。。きっしょ〜。

今年は気温が高い日がつづいているので、うちの涼しい庭でもトマトたちの成長が早い!いつもなら実をつけるのは7月の半ば以降なんだけど、ほら、もうプチトマトは色づく準備段階に入ってるよー(って、ここからが長いんだけどネ)。

7月初めの庭

クレンジングは2日目。お昼すぎになってようやく頭痛が止まった。ほっ。朝の塩水での腸内洗浄もOK☆ 夕方少しお腹が空いて、Gusの犬飯さえも美味しそうに見えてしまったけど、あと一日。頑張れそう。えいえいお〜!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪