6月はじめの庭より:バラ、ラナンキュラス、ルピナス

6月に入りようやく、桃色のバラ「コンスタンス・スプライ」と「マダム・アルフレッド・キャリエール」が咲き始めた♪

このふたつが植わっているのは、朝日を浴びる西側のフェンス沿い。庭の真ん中に植わっているバラたちのように、強い風をまともに受けることはないものの、2週間ほど前の強風(昨夜も結構きつかった)で突っ伏している枝もある。気づく度にフェンスに結びつけている。

コンスタンス・スプライは、細いつる枝の先に蕾を3つつけることもあり、風でバランスを失って地面の方に突っ伏しているのもいくつかある。そういう蕾たちも、朝日を浴びたくて、またゆっくりと顔を持ち上げるから大したもんだ。

M.A.キャリエールさん。

自由な姿が大好きだ。今年も会えてうれしい。 M.A. キャリエールの香りはとろんとしたライチのよう。

バラの足元に。白いラナンキュラス。

Gusがお空に行ってから、Gusを想って育てるようになった花。コロンとしたかたちがかわいらしくて、それがGusの雰囲気に重なって。

しっかし、ラナンキュラスはなかなか難しい。どのタイミングで苗を育て、いつ外の鉢や地面に植えると良いのか、いまいちコツがつかめない。私が思うよりも、ラナンキュラスは涼しい家に発芽させる方がよいらしく、去年は遅すぎた。今年は植えたものの8割にツボミがついている。安定しない春の気温で苦戦した花のひとつだ。

かわいい。ミルフィーユ。

ね? なんとなく、Gusなんよね、この姿が♪

この春、一番びっくりしたのが、このスポットで育っているルピナスの大きさ。↓↓

私の背丈ほどまで育ち、幅もものすごい。。。枝分かれして次の小さなツボミも出てきている。

この場所がよっぽどルピナスに合っているのか、土が良かったのか。とにかくデカい。他の場所に植わっているのはコレの半分ほどの大きさだもん。

↓桃色からモーヴへのグラデーションのルピナス。これもかわいい。

今も昔も、草花や自然をモチーフにした服飾デザインは多い。草花の姿・かたちも、その美しい色も。

このルピナスを見ていても、こんな色合いの軽い素材のサマーセーターに、爽やかなグリーンのスカートを合わせたら素敵だろうなぁと思った。足元は白いKedsのようなシンプルなスニーカーで。

ビクトリアはいよいよ初夏の気候。これからどんどん乾燥していく。この潤いのある短い期間を楽しもう♪

バラたちの開花。ようやく!

ようやく庭のバラたちが開き始めた♪

一番最初に咲くのは「マダム・アルフレッド・キャリエール」。

キャリエールさんたちは、花びらもくしゃっとしていて、そのまま空に跳んでいきそうな自由な姿をしている。そんな姿が好き。

今年の始めにバサッと剪定をするときに、今回はちょっと頭を使って枝を切り「こうしてみるかな」と元気に伸びた若い枝をアーチ上に横に曲げて誘引してみた。完璧にはできなくて、まだたくさん「ブッシュローズ」っぽく刈り込んだ部分もあった。でも曲げてあげた枝から伸びた新しい枝には、いつもよりもたくさんつぼみがついているように見える。

同じようにしてあげた「コンスタンス・スプライ」ちゃんも、今年は大きなつぼみを付けてくれてるよ♪ やっぱり、きちんと考えて剪定をすることって大切なんだなぁって、気づいた。今頃っ。

春先の気温や雨の量にもよるのかな。今年は珍しく、あまり虫もつかず、黒い斑点もつかず、元気。

コンスタンスちゃんとM.A. キャリエールさんは、隣同士。ようやく大きくなってきて、重なっている枝もあって楽しくなってきた。

そして。3番手は「クラウン・プリンセス・マルガリータ」ちゃん。コンスタンスちゃんと同じく「イングリッシュ・ローズ」かな。

色合いも開いたお顔も、ちょっと「ベイビー」っぽくてかわいい。

マルガリータちゃんは、まだ鉢植え。この冬にこの場所に地上にしてあげようかな。そうした方がぐいぐいと大きくなるかなぁ。私、鉢の中で植物を育てるのが苦手で。大抵が水のあげる量が多すぎるか少なすぎるかのどちらかで、草花を苦しめる。

出勤前の朝の少しの時間がとても気持ちよくて、ほんの5分、10分でも庭に出て草花たちを眺める。みんな自由にそれぞれの元気の度合いで育ってくれている。野菜はどうもよくない。今年はあまりあれこれ植えず、夏野菜を少しだけにしよう。その後、土を休めよう。

気がつくと、五月も終わりやんっ。大好きな五月。今年はなかなか、Emotional な五月だったな。

草花たちが潤っていて元気なうちに、また写真や動画をアップするねー☆

 

 

s

バラたちの記録 2022

今年のバラたちの記録を。

裏庭には5種類のバラが育っている。咲く順番からいうと:

  1. マダム・アルフレッドキャリエール
  2. コンスタンス・スプライ
  3. クラウン・プリンセス・マルガリータ
  4. ロイヤル・サンセット
  5. ラディアント・パヒューム(黄色ちゃん)

実はもう一種類小さな苗があるんだけれど、名前がわからず(札にはBetsy Sinclairって書いてあったけれど、そんなバラはないとインターネットは言う)。イマイチ元気もない子。

【訂正】今調べたらBetsy Sinclairを育てているひとの記事を見つけた!→記事☆

7月も後半になると、マルガリータちゃんが終わり、黄色ちゃんだけがまだつぼみを付けてくれている。

5月の終わりごろから咲き始めてくれるのがM.A.キャリエールさん。

自由に空に舞うように。M.A.キャリエールさんはくしゃくしゃっとした姿が可愛らしくとろけるような香りがする。

今年は花が少なかった。私の剪定の仕方のせいだと思う。はい。ごめんね。この冬は頑張るからね。

M.A.キャリエールさんの隣で同じ時期に咲くのがコンスタンス・スプライ(桃色ちゃん)。

コンスタンス・スプライは一気にぱぱぱぱぱっと華やかな咲き方をする。あんなに小さかった(かなりしょぼかった)苗がよくここまで大きくなったものだ。

今年はロイヤル・サンセットさんがきれいだった♪ 去年の冬に場所を移し、日当たりを改善してあげたのが良かったみたいです。花たちは正直だねー。

ずっと日当たりの悪い場所にいたので、株の形も「変」だし小さいのだけれど、花は驚くほど立派です。

段々と大きく開き、オレンジ色から透き通るようなコーラルの色に変わっていく。

そして♪ マルガリータちゃん。

寒くて雨が多かったせいか、葉っぱに黒い点がたくさんついてしまった。ガーデンショップのスタッフに相談したところ、今年はたくさんのバラが苦戦しているからって。黒点のついた葉を全部取り除いて捨てること。それしか手段はないわねーって。マルガリータさんは鉢植えなので、この冬に土を変えてみようと思う。

こうして写真を並べて気づいた。

わたし、バラたちの「横顔」が好きなんだなーって。

正面ももちろん好きなんだけど、花の横顔には空やお日さまの方を眺める真っ直ぐさがみられて好き。

あと少し、黄色ちゃんたちがろうそくの灯りのように光って咲いてくれる。

子供の頃、若い頃は、バラもダリアもあまり好きじゃなかった。ひとが手を入れたような派手さというか、英語で言うなら「too loud」というか、やかましさを感じてしまって。自分で育てているバラやダリアをみていると、自然の生み出す美って素晴らしいなぁって、ただただ感心する。これも歳、なのかな。

えっと。このYoutubeに最後のマルガリータさんが映ってまっす☆

明日はChewyの注射の日!初めて獣医さんに診察してもらうよー。これが終われば普通に散歩に出かけられる!大きな一歩です!