バラたちの記録 2022

今年のバラたちの記録を。

裏庭には5種類のバラが育っている。咲く順番からいうと:

  1. マダム・アルフレッドキャリエール
  2. コンスタンス・スプライ
  3. クラウン・プリンセス・マルガリータ
  4. ロイヤル・サンセット
  5. ラディアント・パヒューム(黄色ちゃん)

実はもう一種類小さな苗があるんだけれど、名前がわからず(札にはBetsy Sinclairって書いてあったけれど、そんなバラはないとインターネットは言う)。イマイチ元気もない子。

【訂正】今調べたらBetsy Sinclairを育てているひとの記事を見つけた!→記事☆

7月も後半になると、マルガリータちゃんが終わり、黄色ちゃんだけがまだつぼみを付けてくれている。

5月の終わりごろから咲き始めてくれるのがM.A.キャリエールさん。

自由に空に舞うように。M.A.キャリエールさんはくしゃくしゃっとした姿が可愛らしくとろけるような香りがする。

今年は花が少なかった。私の剪定の仕方のせいだと思う。はい。ごめんね。この冬は頑張るからね。

M.A.キャリエールさんの隣で同じ時期に咲くのがコンスタンス・スプライ(桃色ちゃん)。

コンスタンス・スプライは一気にぱぱぱぱぱっと華やかな咲き方をする。あんなに小さかった(かなりしょぼかった)苗がよくここまで大きくなったものだ。

今年はロイヤル・サンセットさんがきれいだった♪ 去年の冬に場所を移し、日当たりを改善してあげたのが良かったみたいです。花たちは正直だねー。

ずっと日当たりの悪い場所にいたので、株の形も「変」だし小さいのだけれど、花は驚くほど立派です。

段々と大きく開き、オレンジ色から透き通るようなコーラルの色に変わっていく。

そして♪ マルガリータちゃん。

寒くて雨が多かったせいか、葉っぱに黒い点がたくさんついてしまった。ガーデンショップのスタッフに相談したところ、今年はたくさんのバラが苦戦しているからって。黒点のついた葉を全部取り除いて捨てること。それしか手段はないわねーって。マルガリータさんは鉢植えなので、この冬に土を変えてみようと思う。

こうして写真を並べて気づいた。

わたし、バラたちの「横顔」が好きなんだなーって。

正面ももちろん好きなんだけど、花の横顔には空やお日さまの方を眺める真っ直ぐさがみられて好き。

あと少し、黄色ちゃんたちがろうそくの灯りのように光って咲いてくれる。

子供の頃、若い頃は、バラもダリアもあまり好きじゃなかった。ひとが手を入れたような派手さというか、英語で言うなら「too loud」というか、やかましさを感じてしまって。自分で育てているバラやダリアをみていると、自然の生み出す美って素晴らしいなぁって、ただただ感心する。これも歳、なのかな。

えっと。このYoutubeに最後のマルガリータさんが映ってまっす☆

明日はChewyの注射の日!初めて獣医さんに診察してもらうよー。これが終われば普通に散歩に出かけられる!大きな一歩です!

窓拭き、スコーン、桃色のバラ。

なんとか晴れた週末☆ よく働いたと自分でも思う。

まずは窓拭き!先日、ドイツのくまさんが「窓拭きの心得」「窓拭きの手ほどき」(←と私が勝手に呼ばせてもらっている)をブログで紹介されていた。→ここです☆

いやぁ、素晴らしい! なるほどなーーーっ!思う点がたくさんっ。「窓枠から汚れを落とすべし」「窓は最初に内側をきれいにするべし」。くまさんの説明を読んでいると、とても理にかなっていて「そっかぁ、そうだそうだ」と納得。洒落た道具はないけれど、とにかく「週末晴れたら窓拭きをするのだ」って気合まんまん。

裏庭に面した窓は高い位置にある。以前ははしごを立て掛けて掃除してたけど、わたし、はしごに登るの大嫌い。

で、長い「柄」のついた窓拭き道具(片方にスポンジ、片方にスクイージー)と、ホースにくっつけて使うタイプのWindexで窓掃除開始!このホースにくっつけるタイプのは、スゴイパワーで噴射されます。まず、「リンス」に設定して水をぶっかけてOff。スポンジでこすって予め汚れをおとして、またリンス設定で水をかけ、その後「洗浄」に切り替えて石鹸水みたいなのを吹き付ける。そしてまたリンスで流し落とす。

手で拭き取るように完璧にはきれいにならないけれど、大きな汚れはおちてぴかぴかしたので嬉しい☆

すっかりいい気分になって、お昼にはミットゥンさんがインスタで紹介されていた「無花果とほうじ茶のスコーン」を焼いてみた!

ミットゥンさんのレシピはシンプルなものが多く、「おっ☆」と思ったその勢いで作っちゃえるのが嬉しい。

ほうじ茶と無花果☆ この二つの素材を組み合わせるのが斬新〜。

ほうじ茶はミルサーでガガーーーっと粉にして。焼き上がったスコーンの香りがほうじ茶!香ばしさがそのままふわぁんと口の中に広がり、無花果の優しい甘さにぴったり♡ ドライなスコーンって、私あんまりすきじゃないんだけど(喉がつまりそうになるので)、久しぶりに作ったこの風変わりな素材のスコーンは美味しかった!一気にふたつ、食べてしまった。ここにホワイトチョコチップを加えるのもアリかも。。。なんて思った。

少しずつカモマイルを摘み取って。お茶用に乾燥させる。

ゆっくりとだけれど。ようやく、バラが咲き始めた。

コンスタンス・スプライちゃん。

今年はつぼみにアブラムシ(?)がついてしまったのがあり、外側の花弁がやぶれちゃっていたりする。それでもかわいらしい。爽やかな香り。

バラを飾ることができるということ。この季節の贅沢です。

気持ちの良い一週間になりますように♡

朝の庭より。一つ目のもも色ポピー。

今週に入ってからは肌寒い。またフリースを羽織っております。

とはいえ、ホットフラッシュもOn/Offでやってくるので、脱いだり羽織ったり、片腕出したり。ホットフラッシュはあるけれど、以前のようにその度にちょっと気持ち悪くなるということはもう無い。それだけで随分楽になった。

さて。気温は下がって最低気温が10度をきったりしていても、草花たちは夏に向かってゆっくりと進んでいる。

今朝、ひとつめの桃色ポピーが咲いた♪

畑のはしっこでぐんぐん大きくなったひと苗。あぁ、この細い茎がぐぐ〜んと頭を持ち上げる様子をみると元気が出る!

みつばちたち。さぁおいでおいで。

わさわさとしてきた初夏の庭。冷たい朝の空気が気持ちいい。

今年は一段と、ごちゃごちゃしてる。フォックスグローブはこぼれ種からいっぱい出てくるので、いくつかだけを残して咲かせてるよー。種が落ちる前に切るようにしてます。

種には毒があるそうで、草や土を掘って食べる方が一名いるのでね。

今日は朝からお腹ゴロゴロで食欲もなかったGus。月曜日は私が出勤日なので、日中庭に出て何かを食べたのか。歳のせいか、好き嫌いも増えてきたし食べたくない朝もあるし、タンパク質源が「むかつき」の原因になっていたりするようです。今日は少しディハイドレートフードを乾いたまま食べて(←普通は少しぬるま湯で湿らせるんだけど、湿らせたのは食べたくないらしい)、あとはプレーンのピタブレッドを食べていた。

明日はお腹の調子が戻るかなぁ。

コンスタンス・スプライさんは、今年は去年よりも蕾の数も増えて元気。コンスタンス・スプライとその隣のM.A.キャリエールさんには朝日がたくさん当たる。この二つには虫も殆どつかないし、葉っぱに黒点がつくことも稀。朝日で夜露を乾かすことができるのが良いのかなぁ。

眩しいハーブベッドは、今紫色に覆われているよー。

気温がもう少し上がれば、朝からミツバチたちが忙しくするんだけどねぇ。まだちょっと寒いです。

週末、とっても久しぶりに「フィンランドのデーツのケーキ」を作った。

小瓶に入った赤いのはルバーブのシロップ。

実はこのケーキのレシピは、私のブログでは多分、アクセス数の上位3位に入っているページだと思う。もう随分前に一緒に仕事をしていたワンジャちゃんから教わったレシピなんだけど、失敗知らずでしっとりとしてとても美味しい。小麦粉アレルギーなら、アーモンドミールや米粉などで置き換えても大丈夫。私はこの日は小麦粉、アーモンドミール、ココアを各半カップずつ使った。バターもレシピでは180gだけど、120gくらいでも大丈夫だったし、はちみつも少し減らしたけれど十分に甘い。相方はこのケーキにはチョコレートがたっぷりと入っていると信じている(笑)

草花たちは朝の光のなかで一番きれいにみえる。