大きなダリアとアップルシナモンケーキ

しっかりと雨が降った昨夜。一雨降るごとに秋が深まり、気づいたらきっと冬なんだろうなぁ。明日も雨らしい。

雨と雨の中日の今日はいいお天気。朝から自転車で大学の近くのバルクフードのお店まで行って帰って、その後Gusと散歩。流石に足が疲れた〜。この週末は感謝祭の連休。コロナの第二波が数に現れてきているので、「身近な家族だけの、いつもよりも小さな集まりでサンクスギビングデーを祝いましょう」というメッセージも流れていた。我が家は特に何もせず。今夜なんて「カツ丼」(笑)。

雨の晴れ間に家族で散歩をしている人たちがたくさんいた。Gusも丘の上で、そんな楽しそうなファミリーに挨拶に回ったりしてすっかりごきげんさん。こんな風に笑うのをみると、ほんと、犬じゃないみたいって思う。

今年はこの大きなダリアがどういうわけかとっても元気で、こんな時期に沢山咲いてくれている。

でも花の大きさの割には茎が細くて、ぽきっと首を折ってしまっているものがいくつかあってね。可愛そうなので切って家の中に飾ることにした。

でも、茎が短く折れたこんなにも大きな花をどうやって飾ろうか。困った。たまたま家にちいさな「剣山(←この単語がしばらく出てこなくて焦った…)」があったので、それに突き刺して。。。重しにしてみた。

↑↑の花瓶(と呼んでいいものか)は、20数年前(!!)に大学の「ハンドビルド」の陶芸のクラスで作ったもの。帰国するときに相方に「もらってよ!」と押し付けたのでした。そのときは彼と結婚するなんて思ってなかったんだけど、縁あってまたこちらに戻ってきて。こうしてそのときに押し付けた花瓶にダリアを挿している自分。おもしろいね〜。

さて。今日は数日前に作ったケーキのメモ書きも♪

相方の「伊語の集い」のために作った「アップルシナモンケーキ」なんだけど、これがとっても私好みだったので書き留めておきまーす!オリジナルレシピを少し変えて作ったよー。

アップルシナモンケーキ

材料:
(1C=250CC)

  • 小麦粉 210 grams (1 and 1/2 cups)
  • ベーキングパウダー 小さじ2
  • ベーキングソーダ 小さじ半
  • ブラウンシュガー 150 grams (3/4 cup)
  • リンゴ(サイコロの大きさに切る)1 cup (一個分ほど)
  • 卵 2個
  • 植物油 120 ml (1/2 cup) (油60ml + アップルソース60mlで代用)
  • 水切りヨーグルト 120 ml (1/2 cup)

シナモントッピング(下の材料を全部混ぜる)

  • 粉砂糖 50 grams (1/4 cup)
  • シナモン 小さじ1
  • バター 大さじ1(溶かす)

  1. オーブンは180度(350度華氏)、9インチのケーキ型の底にパーチメントペーパーを敷いておく。
  2. 大きなボールに粉ものを全部入れて混ぜ合わせる。リンゴも入れる。
  3. 別のボールに卵、油、ヨーグルトを混ぜる。卵がほぐれたらオッケー。
  4. 2の粉のボールに3を流し入れ軽く混ぜる。混ぜすぎない。
  5. これをケーキ型に入れる。
  6. シナモントッピングを適当にのせる。表面を全部カバーする必要はなし。
  7. 30分〜35分焼く。

オリジナルレシピでは、焼き上がったものの上に更に砂糖のグレーズをかけているけれど、私は省略。一晩ラップを被せてねかせ、翌朝粉砂糖をふりかけたよ。

これがね〜、甘さ控えめでし〜〜っとりで本当に美味しかった!リンゴは庭のリンゴを使い、去年作ったアップルソースの最後のひと瓶も少し混ぜ入れた。素朴なケーキだけれどリンゴの季節にはまた作ってみたいなっていうレシピ。お試しあれ〜♪

おまけ:気持ちよくておおあくびがでた〜。のGus。

ごろごろりんごケーキとハロウィン

一時帰国リポートはひと休み。

で。忘れないうちに覚書き、と。

リンゴの季節。今年はうちの老樹も頑張って実をつけてくれていて、とっても嬉しい♪
先週、りんごがごろごろと入ったケーキが食べたくて仕方なかった。パイではなく、シンプルでお茶に合いそうで、おばあちゃんが作ってくれそうな素朴なケーキ。でね、検索して出てきた簡単そうなのを作ってみた。

これがね、とってもとっても美味しかったので紹介しまーす!
少し軽く、アーモンド風にしたかったので見つけたレシピをちょっと変えてみたよ:粉の半分をアーモンドミール、ラム酒の代わりにアマレットで代用。

アーモンド風・ごろごろりんごケーキ

  • 1/2 cup 小麦粉(中力粉)
  • 1/2 cup アーモンドミール
  • 1 小さじ ベーキングパウダー
  • 1/4 小さじ 塩
  • 1/2 cup 無塩バター(室温)
  • 2/3 cup ブラウンシュガー(きび砂糖でも)
  • 2 卵
  • 1 小さじ バニラエッセンス
  • 3 大さじ アマレット
  • 2 個 リンゴ
  • 粉砂糖(好みで)
  1. 粉ものを全部混ぜ合わせる
  2. バターと砂糖をミキサーでふわっとするまでよく混ぜる。3分ほど。その中に卵を一つずつ入れまぜる。アマレットとバニラも加える。
  3. 粉ものミックスをゆっくりのスピードで2に混ぜ入れる。大体混ざれば良い。混ぜすぎない。
  4. ゴムべらなどでリンゴを加える。生地に絡まればよし。混ぜすぎない。
  5. 350度(=176度℃)で約40分。
  6. しっかり冷めてから粉砂糖をふりかける(オプション)

なんらひねりのないとてもシンプルなりんごのケーキなんだけれど、ツボにはまって美味しかった。こんなのが食べたかった~、っていうケーキでした。紅茶やあったかいミルクに合うよっ。

*おまけのハロウィンフォト:

帰り道、一部が歩行者天国になりハロウィンの仮装をしたキッズとパパ&ママであふれていた〜♪

今年は去年よりも賑やかで盛り上がっていた。

だって、ほら。

ポリスマンがパンダになってサービスしてたし。

振り向くと、

恐竜くんも大サービス!

今年始めて登場したキャラでしたー(笑)

そして、アートなパンプキンカービングも見つけたよ(ネットでね)。

こんなランタンを眺めながら、ホットミルクとりんごのケーキ。いいだろうな〜。

ハッピーハロウィン! 明日から11月ですっ(早っ)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪