食べれないキノコたち

お題のまんま。今日は食べれないキノコたちを見てやってくださいませ♪

散歩のときに通る道の傍らに、きのこの集落がある。杉の木のすぐそばで、枯葉からにょこっと頭を出している。

mushrooms1

これがね、どれもみんなかわいらしくって。

食べられないのはわかっていても、しゃがみこんで「食べられるないかな〜。だめかなぁ。やっぱりダメか。」と眺めてしまう。

mushrooms2

今年のビクトリアの秋は、何十年ぶりかの「乾燥した秋」なんだそうな。そう言えば、最近、霧が出て曇っているように見える日が続いているけど、雨は降っていない。こういう秋って、きのこの豊作の秋なのかな。どうなんだろう。

mushrooms3

きのこってね、一般的にね、秋の雨が降って、その後カラッと晴れて気温が上がったその日の夜にぽこぽこっと一斉に頭をのぞかせるんだって。だから、きのこ狩りのチャンスを狙っているなら、秋の雨を待って、そのすぐ後の晴れた日の夜にバスケットをもってでかけましょう〜。

mushrooms4

コレ(↑)なんかは食べれないかな、って思うけど。だめだよねー。きのこは変なモノを食べると怖いから。「ハッピーシュルーム」って言われている、ま、娯楽用のきのこっていうのは、一体どんな姿をしているのだろう。

キノコたちは、飛び出たばかりの丸いときが可愛らしい。カサが上にむいて反り返り始めるとちょっと怖い。

mushrooms6

コレなんて、食べられる種類だったら、結構食べ応えがあるのにな。

きのこ

今日は、天気のせいか、ちょっとお腹が痛かったせいか、朝は少々ブルーでした。そんなとき、カウンターにやってきた女の子が、ニコッと笑って「How’s your day so far?」とたずねてくれた。挨拶がわりにかけてくれた一言だろうけど、ふっと気持ちが軽くなって、私も笑顔を返してしまった。笑顔の連鎖反応。英語でのこういう気軽な挨拶っていいなぁって思いました。笑顔って誰にもらっても嬉しいものです。もったいぶらずに、出会った人に笑顔を向けられるよう心がけてみよう、と気づかせてくれた女の子でした。

*Doodle Marathon update:and, make a face. →☆

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

春きのこりん

みぃ〜〜っけ。

春のきのこ

湿った苔のじゅうたんの上に、ぽつぽつと傘を広げた春のきのこ。

spring_mushroom

ちっちゃくて。みずみずしくて。やわらかで。うれしそうで。

雨がまだ続いているビクトリア。雨のせいなのか、顔を出しても元気なのは数日だけみたい。きのこって、みんなそう?

spring_mushroom

こんな透き通った色をして、やわらかい傘をぐっと上にそらせている様子を見ると、いつものごとく「Hi、きのこりん。」って声をかけてしまう。

spring_mushroom

言ってみれば、ただの小さなキノコなんだけど。

きれい。

こういう姿を見かけると、なんていうのかな、ふっと思考が止まる。色々と思う。普段私は余り色々と考えないタイプだと思っていても、頭の中では常に自分中心の思考が回転しているんだな、とか。ニンゲンってややこしいな、せわしないな、とか。何も言わないきのこなのに、私の思考をだまらせる。不思議。

spring_mushroom

とてもきれい。春のきのこりん。

今日もご訪問どうもありがとう。↓↓ぽちっと One Click嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Goodies#128: セレブなきのこ

先週紹介した「自主的にのこのこ飛び出すきのこ達」は、食べてはいけないきのこ。名前もわからない「凡人きのこ」。

一方、しっかりと「値」のついた「セレブなきのこ」の代表。

ご存知。まつたけ= Pine Mushroom。カナダ産の松茸。

カナダのまつたけ

と、あんずたけ=Chanterelle

あんずたけ

きのこ、好きですか?

カナダには、日本では簡単に手に入る種類のきのこが手に入らない。生椎茸はめちゃくちゃ高く、カナダでは、彼らもセレブなきのこです。前回帰国したときに、「My 椎茸」を育てるための「しいたけスターターキット(クヌギの枝の様でした)」をどれだけ持ってかえりたかったことか。

あと、ナメタケとかシメジ、エノキ、エリンギもたまぁに中華街のお店で見かけるけど、どれだけ古いのかわからないので買いません。

あんずたけは、日本ではあまり知られてないのかな。私も日本名を聞いたのは初めてです。松茸もあんずたけも、今が旬で、今しか店頭に並ばない。値段はというと、どちらも500グラムで1900円程。普通のマッシュルームが500グラムで250円ほど。値段で比べると彼らがどれだけセレブかよくわかる。

「季節限定」に大変弱いワタシ。味見しなきゃ。うふっ。

昨日の夜は、あんずたけをバター炒めにして、ソテーした豚肉と食べた。うーん...うまい。

日本語のウィキによると、「あんずたけ」という名前はその「色」と「杏(アプリコット)」の様な香りに由来するとのこと。におってみたけど、「言われれば」「そうかもな」と思う程度でした。味の方はまろやかで、甘みがある。豚肉や牛肉のお料理、オムレツにもよく使われるそうです。うん、シャントレルのオムレツは、おいしいと思う。

で、今日は、ちょこっとだけ買ってみた「カナダ産松茸」で、松茸ご飯に挑戦。

選び抜かれた日本の松茸に比べると、香りがやや「おおざっぱ」で、あの繊細なアロマに欠ける気がしました。が、食感よろしく、おいしゅうございました。カナダの大きな森の中で、大雑把に育っている様子が目に浮かぶ「味」でした。(←どんなんやぁー。と、先につっこんでおきます)

松茸ごはん

日本のデリケートなセレブ松茸、おいしいんだろうな...

にほんブログ村:
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へクリック、どうもありがとう。

Goodies#120: きのこのこのこ

秋の雨がひとふりする頃、きのこがのこのこと現れる。

きのこ

木の幹の周りだとか、花壇だとか、ときには原っぱの草原の真ん中だとか。出没する場所もまちまちで、のこのこでてくる種類もいろいろです。茶色、黄色、白っぽかったり赤っぽかったり。形も、帽子の形、傘の形、レースを冠った可憐なもの、平たくへらへらしたものなどなど。おもしろい。

きのこ

きのこ。食べるのも好きだし。こうやってじっと見ているのも楽しい。

写真もとったことだし、と、きのこについてちらっとWikiをのぞいてみてびっっくり仰天。

「きのこ、奥が深いぞー。」

きのこは「菌子の集まりだ」程度のことしか知りませんでした。(←おねえさん、高校で習ったんじゃないのかい)
菌類が胞子を形成するためにつくる「複合的な構造」のことを「子実体(しじつたい)」と言うんだそうですが、子実体の大きなものを一般に「きのこ」と呼んでいるそうです。

ウィキやらなんやらで「きのこ」の生態などについて読んでみたけど。非常に Visualize / 視覚化しにくい。絵に描いて(頭で想像して)図式化できないと、うまく理解できないわたし。うーん。つまり、菌類が自分の子孫を残すための「たまご」のようなものが「胞子」で、その「胞子」の「お宿」となる菌糸の集まりがきのこ? で、その「お宿」にはいろんな形があるために、きのこには様々な形があるわけ。か?

間違っていたらごめんなさい。各自勉強してください。

きのこ

するするとのびた「きのこ」たち。生態系のサイクルの「分解」という重要な部分を担当しているんだそうです。

きのこ

数日のうちに、土へ還る。

もう一度、きのこについて読んでみよう。

にほんブログ村:
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へクリック、どうもありがとう。