Chewy、パピーキンダー卒業と怪我

今日はぐったりです。

ハッピーなニュースと落ち込んだニュース。

まずはハッピーニュース♡

金曜日(9月16日)に無事、パピーキンダーを卒業しましたっ(笑)

そつぎょーだじょ。

帽子を嫌がったので、代わりにメープルリーフのネクタイをつけてもらって(笑) 先生にもよく頑張りましたって言ってもらいましたー!今回のキンダーで教わったのは基本の基本。言ってみれば、飼い主が「パピーとはなんぞや」っていうことを教わったようなクラスだった。Gusのときにも一通り通ったけれど、Chewyとも通えて良かった。クラスがあるから、毎週次のクラスまでに頑張って練習しよう、って思えたし、困っていた行動へのアドバイスもたくさんもらえてありがたかった。クラスの最後にはいつも「クラスメート(みんなテリアだった。笑)」とのプレイタイムがあり、飼い主がどんな風に「スーパーバイズ」するべきか、っていうことも教わった。ただ遊ばせりゃ良い、のではなくて、みんながストレスを感じずに遊んでいることを常に見てあげること、まだ歯がとがっているので、上手に口を開けて遊ぶことをわからせること、などなど。実際、Chewyも、このキンダーに通っている間に「カミ具合」を少し学んだような気がする。先生もそう言ってた!

仔犬にとって、どんな状況でも常に「わたし」が一番たのしい「パックメンバー」だっていうこと。美味しいクッキーも、べた褒めの大げさすぎる「Yeeessss!!!」も、怖いものから守ってくれるのも、全部「わたし(飼い主)」からもらえるものなんだ、ってわからせること。そんなことも教わった。インストラクターのバーブが、Chewyはたくさんの可能性を秘めている子だから、いっぱい一緒に遊んで練習を続けて素晴らしい関係を築いてね、っていうメッセージももらった♪

一つのコマンドを確実なものにするのには、最低100回復習しないといけないんだよーって言ってた。こつこつと続けよう!

さて。良くないニュース。

昨日の夕方の散歩でChewyは怪我をしました。

いつもと同じ海岸をリードを付けて歩いていてね。波打ち際に大きな流木があったのね。半分が水辺に突き出していて、半分が海岸に打ち上げられていて。穏やかで、誰もいなくて、静かにChewyと歩いていたとき。。。

私の視界には入っていなかった水鳥が4〜5羽、一斉にハタハタハタッ!!!と飛び立ったのです。

次の瞬間、どぴゅーーーーーんっっっ!!とチューイも飛び立った…

水の中に駆け込んでいってくれればわたしも指に引っかかったリードを掴み直して追いかけられた。Chewyはよりによって、流木の上をダッシュして、私はとてもじゃないけど流木の上を一緒に走るのは無理で(細すぎたし、バランスも悪いし)、流木に沿って走り、腕を最大限に伸ばして「チューイっっっっ!!!!」って叫び(←Chewyの耳には入らず)、ギリギリまでリードを指に引っ掛けていたけれど、流木の上を走るチューイをリードで引き戻すことは危なすぎて。水の中を走るも私の足もすべり、手からいよいよリードがするっと外れたところで、Chewyも流木の上でバランスを崩して後ろ足から水の中に落ちました。

高さにすると80cmくらいかな。1mもなかったと思う。ただ、変な落ち方だったし、水の中とはいえ浅瀬の石ころの上に着地、だった。落ちたところでキャイ~ンと鳴いた。鳴いたのはその一回だけだったけど、後ろの左足を曲げてしまって伸ばせない。。。びちょびちょのChewyを抱きかかえて家に帰り、すぐに開いているであろう獣医に電話するも、時間はもう午後5時前。それも土曜日。予約のない患者を受け付けてくれるところはなくて、救急の動物病院に行ってくださいって言われて。

行ったのよ、救急病院に。そこで3時間近く待って、ようやく順番が来てテクニシャンの人に体温を測ってもらい、軽く状況・状態の確認。別の部屋にいる獣医さんにテクニシャンの人が伝達し、獣医さんが今すぐに診察するべきかを判断する。という流れ出して。

結局、Chewyの場合は熱もないし生死に関わるものではないので、家に帰って明日、別の獣医さんに診てもらってください。となっ!!!!

なんちゅう救急病院っ!!!!

ぜんっぜん救急じゃないしっ、病院じゃないやんっ!!!

そして今朝。9時から開くという獣医さん2件に電話をするも、つながらない。しつこくかけ続け、ようやくようやくつながったところで懇願しました。で、なんとかね、別の予約と予約の間に診てもらえることになりまして。

レントゲンで見たところ、骨には異常はなし。脱臼でもなし。膝から太ももに少し腫れが見られますって。肉離れか捻挫か、靭帯が切れたようではないけれど、レントゲンではそれは確定できないんだって。とにかく痛み止めと炎症を抑える薬を3日分もらい、2週間は絶対に安静。走るべからず。跳ぶことなんてもってのほか。散歩も控えて庭でおしっことウンチをさせること。家の中でも走ってはいけない。とにかく「安静に」って言われました。

夕方には外に出て3本足でひょこひょこ歩き、おしっことウンチもできたので少し安心した。

安静にすることできちんと元通りに治ってくれますように。靭帯が伸びたとか、ひどい肉離れでないことを祈っています。数日様子を見て変化がないようならまたお医者さんです。

はぁ。。。とにかく。今日、無理を言って診てもらえて、それだけでも感謝感謝だった。明日はエリザベス女王の国葬でカナダもお休みなので、いつものかかりつけのお医者さんもきっとお休みだろうし。ふぅ。

昨日から今日にかけて感情のローラーコースターでどっっっっっと疲れた。明日は一日、Chewyとゆっくりしまーす。早く、スムーズに、回復しますように。プリーズ。

ちょっと九月の庭メモ

九月の学校始めの第一週が終わり、久しぶりに頭の中がぐるぐるとして、体もなんだかぐったりとした一週間。エリザベス女王が亡くなられ、月が満ち、今日のビクトリアの空は海の向こうの山火事の煙で奇妙なオレンジ色をしていた。

今日も早起き。で、Chewyをパピーデートに連れて行った。インスタにアップしたよー→☆ 

16ヶ月のボーダーテリアのテディーは、ボーダーテリアと自由に遊んだことがないそうで、Chewyと走り回る様子を見て飼い主さんご夫婦とお子さま二人(そう、家族全員で出てきてくれたのー!)、みんなとーっても喜んでた♡ こんなに嬉しそうなテディをみたのは始めてだねっ!って。テディは避妊手術をしていなくて、もうすぐヒートがやってくるらしく、それもあってか。。。Chewyってば、ハンピング(馬乗りになって腰をふる)し始めて。。。まだタマタマだって落ちてないのに!「ぼくちんのテディー♡」って。 で、みんなまた笑ってた。犬は犬同士で遊ぶのが一番幸せなんだなーって、走り回るChewyをみて思った。

さて。久しぶりに庭メモ。

今年はズッキーニ全然あかん。

雄花と雌花の咲くタイミングが完全にずれていて、うまく受粉されないものばかり。手で受粉しようとするも、雌花が咲いてるときに雄花が咲いてないからできず。来年はもう少したくさん植えようかなー。場所とるんだけどなぁ。

いんげん豆だけは元気に、まだまだたくさんぶら下がっている。今年はBush Beans(Providerっていう種類)とポールビーンの二種類を植えた。ずいぶん遅い夏の始まりだったけれど、九月に入っても良い天気がつづいているので、あと少しの間は花が実になってくれそうです。

Gusは生のいんげん豆をぽりぽりと食べていた。Chewyは少し茹でたのを喜んで食べる。

光がもう完全に秋。

来週は最高気温が17度くらいまで下がるらしい。朝もやの立ちこめる日もでてくるだろうなぁ。蜘蛛もたくさんでてくる季節。

今になってようやく咲き始めたジニアたち。

それがねー、Chewyがねー、ジニアの葉っぱを食べるんですわ。やーめーてっっ!っていって抱えあげて別のところに連れて行くんだけど、またのそのそとジニアのベッドのところに戻ってきてがじがじしてる。。。お腹をこわさんねんやったらもうええわ、とあきらめました。

りんごも。少しずつ、色づいてきた。 今年は春が寒すぎて、受粉されなかった花がたくさんあった。りんごも今年は去年の3分の1くらいかなぁ。

そしてみなさんっ、見てくだされっ☆

私のヒーロー(?)、長十郎くん! 今年はたったの3つだけだけど、上出来上出来ーって褒めてます。もうこれ以上大きくならんのかな。食べても良いのかな。わからない。。。うっとり見ているうちに樹の上で腐ってしまったら悲しいな。と、鼻をくっつけてスースーしてみたけど、熟れてる匂いもしない。でも梨って熟れても匂いがしないものかもしれないし。。。ふむ。

明日は一日、のんびりゆっくり、最低限のことしかしないと決めたじょ(←チューイー語。笑)

ここほれわんわん。やめてくれ。

二日前のこと。

夕食の仕度をしているときに、いつもなら足元をチョロチョロとしているチューイがいなかった。

呼んでも飛んでこない。

やけに静かだ。。。

やばい。

どこで悪さをしてるんやろ。。。と、窓から庭を見ると。

はっ???

へっ???

ここほれわんわんやってた… (固まるワタシ)

さ、証拠動画でございます。

20cmほど深さがあり、底にまんまるの石が転がっていて取り出せなかったようでした。これ、放って置いたらどこまでも掘り続けてていたんじゃないかと思う…

はぁ。やれやれ。