雪がとけて。シニア犬話。

裏庭にところどころこ残っていた雪も今日ですっかり溶け、さぁ、いよいよ春がやって来るかなと気持ちも高まる。

雪に埋もれていたミニシクラメンもヘラボレも、すくっと首をもたげて元気に復活。たくましい。

晴れている日は日が長くなってきているのがはっきりとわかるようにもなった。

そこで。

簡易グリーンハウス、復活!

去年の冬に雪の重さでボキっと折れてだめになったことから学び、シーズンが終わって秋のストームが来る前にビニールを外してフレームだけにして越冬した。もう雪も降らないだろうし、大きなストームも来ないだろう。。。と予測して。ビニールを被せたよー♪

3月に入ったら育苗保育園もオープンしよう!

あぁ、春が来るねぇ。

春というと。

この春で14歳になるGus。相変わらず食いしん坊で、よく歩いてくれるし元気は元気。なんだけど、お腹をこわすことが増えた。獣医さんに勧められて「低アレルゲンのドッグフード」に切り替えたってブログに書いた。12月の始めだった。しばらくは調子よくそれを食べていたしお腹もいい感じだったんだけど、2週間たったころに、嘔吐と下痢。びっくりした。Gus本人もびっくりしたようで、それ以来、あの低アレルゲンの不味そうなドッグフードは食べなくなった(高かったのに〜!)だいたい何にでも食らいつくボーダーテリアが「食べない」っていうのだから、よっぽどまずいんだろう。それで、どうしたものかと思い、シニア用って書いてあり、グルテンフリーでカナダ産のカリカリを2種類ほど試している。

↑↑のなんてねー、材料を見ると「ターキー、サーモン、卵、ブルーベリー、バナナ、サツマイモ、ほうれん草、ブロッコリ、オーツ、アルファルファ、玄米、ひまわり、ターメリック、にんにく、プロバイオティック、グルコサミン。。。」と。なんだか美味しそうでシニア向けっぽい。これは美味しそうに食べていたんだけど、おなかがやっぱり緩む。リッチなのかなぁ。

で、結局。私の作る犬飯に戻り、調子の悪い日は玄米と鶏肉だけ、とか。二日前は鶏肉の匂いが嫌だったみたいで、玄米に少しバターを溶かしてかけてあげたらがつがつ食べていた。なんなんだろうねぇ。タンパク質源が合わないのかなー。お豆腐とか?

うちの実家のごんちゃん(柴犬16歳半)は、バギーデビューをした。

もう目は見えないし耳も聞こえていない。目が見えなくなってからがちょっと大変みたいです。今は少し落ち着いたものの、ちょっと前までは目が見えないのが怖かったのか、突然ぎゃいんぎゃいん騒ぎ出したりしてたんだって。ものとものの間に挟まって出れなくなってバタバタしていたり、朝と夜が反転して夜中の2時なんかに「おしっこーぉーぉーーん」と雄たけびをあげたり。お世話係が寝不足の様。

それでも、ゴンタはまだ食欲があるし、外に出してあげるとてくてく歩くらしい。バギーに乗ってちょっと遠くの公園まで連れて行ってもらった日の夜は、ちゃんと時間になったら布団に入って朝まで寝てたんだって。目が見えなくても、やっぱりお日さまにあたって少し運動をすると夜は眠れるのかな。

Gusも耳が遠くなった。

私が大きな少し高めの声で話しかけると、まだ聞こえる。私の口笛は聞こえる。でも相方の声はもう殆ど聞こえない。男の人の声は低いので聞こえないみたい。相方が呼んでもまったく振り向かなかったりするので、相方も寂しそうでねー。寂しいのはGusよりも自分の方なのに、「Gusも耳が遠くなって寂しいかなぁ。不安なんじゃないかなぁ。静かな世界で退屈なんじゃないかなぁ。」という。

まだ少し聞こえるのだから、私は一日に何度か、Gusの耳をぴろっと持ち上げ、顔を近づけて話しかける。

寂しさや不安は感じてほしくないもんね。

笑える。

いいぞ、Gus。なかなか貫禄がでてきたぢゃないか(笑)