母のチーズスティックパン・グリッシーニ

昔々(笑)、バングラデシュに3年住んでいた。4歳から6歳まで。強烈な生活だったからか、とてもよく覚えている。首都ダッカに住んでいたけれど、不便なことばかりで母は特に大変だったみたい。モノがなくて。でも大変さの中で工夫することを学んだって言ってた。不便だったけれど時間はあったので、日本にいたら絶対に作っていなかったものを作るようになったって。それ、よくわかる。私もカナダに住んでいるから餡こを炊いたり、パンを焼いたりするようになった。ずっと日本にいたら絶対に作ろうなんて思わなかったな。母もバングラデシュに引っ越して、生まれて初めて「オーブン」なるものを目にしたらしい。

その頃母が作ってくれたものの中で、特に「ノスタルジック」に思い起こすのが「チーズスティックパン」!

チョコレートのような甘いお菓子は貴重品。たまにおばあちゃんから送られてきたグリコのポッキーなんて、暑さでドロドロにとけて全部くっついていたっけ。なので、甘いおやつは果物がメインだった。パパイヤとかマンゴやライチとか。で、ソルティーなおやつの中で断トツ一位で大人気だったのが、チーズスティックパン、というわけ。我が家ではチーズスティックって呼んでいたけど、これ、イタリアの「グリッシーニ」と同じだと思う!

先日、母にレシピを聞き、今回はサワードウ種「タバサちゃん」を使って作ってみた☆ 天然酵母を使う場合の分量はカッコの中に覚書き。

母のチーズスティックパン・グリッシーニ

  • 強力粉 250g [中種100g、粉200g]
  • チーズ 30g
  • バター 大さじ2
  • 塩 小さじ半
  • 砂糖 大さじ半
  • イースト 大さじ半 [不要]
  • ぬるま湯 150cc [100cc]

全部混ぜる。こねる。二倍に膨らむまで一次発酵。空気を抜き、小さなボールに分けて細く伸ばす(適当に)。小指の太さくらいかな。布巾を被せて20分ほど寝かせる。

180度で20分焼く。

以上っ☆

懐かしの、チーズスティックパン!!!

ポリッ。

あぁ〜、これこれ。これだ〜。懐かしい〜。

不思議。スティックをポリポリかじっていると、あのバングラデッシュの家が浮かんでくる。ダイニングルーム、格子窓から見える砂場。すぐ近くにあったオジギソウ(じゃないけど、オジギソウのように触ると葉を閉じる木)、マンゴの木、サルスベリ、ライム、鶏とアヒルの小屋。。。あー、懐かしいなー。

実は相方もこのチーズスティックをすごく気に入ってポリポリ食べるので、このあとイーストでもう一度作った。チーズと胡麻を入れ、生地をもっと小さく分けて細短くしてみた。全部で30本ほど。タバサちゃんバージョンの方はちょっぴり酸味があったけど、イーストのはさっぱりで、これもなかなかいい感じ!

余談。昨日、歯医者さんに行ってきましたっ!半年に一度のクリーニングで。

マスクをつけて予約の時間ぴったりに行き、入ったところで手の消毒。コロナ関係のこと諸々の同意書にサイン。で、フェイスシールド、ガウン、マスク、手袋をつけた衛生士のケビンさん登場。いつもと大きく違うってこともなかったけれど、エアゾールが飛び散るからという理由で、チューっと吹き出す道具を使っての口の中の洗浄はしてもらえなかった。

ケビンさんとはいつも必ず犬の話をする。ケビンさんの犬もシニア犬で、この3月に鼻の手術をしたんだって。ちょうどコロナで自宅待機中だったので、わんちゃんのケアをすることができてちょうど良かったって。このわんちゃん、関節の痛みも酷く散歩途中で歩けなくなってしまうので、最近になって乳母車を使うようになったんだって!近所の人達とそのワンコたちみんなで「パック」になって散歩に行くそうな。ケビンさんのワンちゃんは途中から乳母車に乗ることで、最後までみんなと一緒に歩けてすごくうれしそうにしてるよ、って、そんな話をするケビンさんもすごくうれしそうだった。わんこはその日、そのときを思い切り楽しんでいるよね〜って言ってた。ほんと、そのとおりだ。わたしたちもそうありたいよね、先のことを思って心配しすぎたりせずにね、ってケビンさんと笑った。やっぱりこうして実際にひとに会って、何気ない話をしたり笑顔を交換するのっていいな。と、すっかりいい気分になった。歯もきれいになったし!

ゆったりとした良い週末を〜☆

花のヒーリングパワー・桃色ポピーが咲いた日。

おはようございまーす!

って、元気な声でだれかに言ってみたくなるような、気持ちのいい朝だった。

久しぶりに晴れて、朝から「今日は温かくなりそう」な気配が感じられて。ビクトリアの夏は短いので、こういう朝は特別嬉しい。これだけでなんだか「金曜日」な気分になってしまう。まだ水曜日だけどー。

今朝はひとつ「はっ」とすることもあった☆

そう。このブログには毎年登場する、桃色ポピーさん。今朝、今年初のふたつが咲いた〜。

毎年見ているのに、この桃色ポピーには新鮮な気持ちで「うふふ」となる。あぁ、かわいい。

今年はポピーの種はほんの少しだけまいた。そしたら発芽率が悪くて。もしかしたら今年は桃色ポピーに出会えないかも、って不安になっていたので、咲いてくれて嬉しい。良かった良かった。

ポピーのとなりには矢車草。これも。こぼれ種で広がるので気をつけないといけないし、先終わったのをちょんちょんと切り落としたりとめんどくさかったりするんだけれどね。この青が好きで。ミツバチたちも大好きだから。

ヒーリングパワー。Healing+Power なんて言ってしまうと、いかにもヒトがペタッと貼り付けた効果のように聞こえてしまうけれど。草花には彼らが持ちそなえた自然の「ちから」がある。

朝日をあびる芍薬の横顔。つい先日、Doodleで芍薬にトライしてみたんだけど、難しかったー。Doodleにせよ何にせよ、じーっと観察して、姿を描きとめようとして、初めて気づくのが、自然の生み出すものの精巧なデザイン。完璧に調律されているのに、型にはめられているような息苦しさのようなものを感じさせない美しさ。よねぇ。

そろそろ最後の、コンスタンス・スプライちゃん。

と。

この子。ぽってりさん。まだ小さくて。一つだけ花をつけてくれたんだけど。名前がわからなーい。

確か、買ったときの札には:Sinclair って書いてあったはず。でも調べてもそんな名前のバラは見当たらず。なんなんだろうなぁ。

あ、今年「開拓した」エリアに花の種をパラパラして、その中に小さなパースニップも混ぜてみたんだった。

すっかり忘れていた!今朝、白く光るものを見つけてびっくり。きれいな形をしてるねー。糖分が多いので、たいていダンゴムシにかじられてしまうんだけど、この子はきれいだった。で、甘かったー。スライスしてそのまま食べたよー。

あ、ちょっと、見てみてー!畑ボックスの中で幅を利かせすぎていたビオラたち。ポイっとできなくて。。。この空いていたプランターに植え替えておいたんだけど。ほら。。。

ビオラって。。。こんな風に縦に縦に伸びるもの??

自分で種を撒いて育てるまでは、もっとデリケートで育てるのも難しいと思っていたビオラたち。いやぁ。。。タフっ。横にも縦にも広がる伸びる!すげ〜。

グラウンドカバーで、先住のひとが植えていったこの花。。。。あーーー、どんどん地下茎で広がって引っこ抜くのも大変っ。こういうのを「植え逃げ」っていうんだーっていつも思う。シャベルで土を返して根っこをかき集めないといけない厄介者。

でも、お花はかわいらしい。こんなブローチを、秋のコートの胸元につけてみたらかわいいよねぇ、絶対。

花粉症のくしゃみ鼻水で大変だけど、今日も草花のちからをいただきました♪ ごちそうさまー。

6月半ば。週末の過ごし方。

あっという間の週末。いつもよりも少し遅くまで寝て、いつもよりも少しゆっくりと朝のルーティーンをして、いつもよりも少しゆっくりあれやこれやしていると、本当にあっという間に週末は終わってしまう。週末はせかせかしたくないので、ゆっくり、を心がけているんだけれど、ゆっくりながらもよく動いたなぁと思う。じっとしていられない性分なのかもしれない。

週末の片付けや、洗濯や、犬飯作りに加えて…またピーナッツバタークッキーを焼いたりして。スーパーのシーフードエリアがオープンしたので嬉しくなってお魚を買ったし。

6月に入ってからも雨がよく降っているので、草がよく伸びる。→草刈り必須。ちょっと放っておいてもいいかな、と思いつつ、庭の奥の木陰のところだけを刈っておこうか、とカタカタしはじめたら、カタカタカタカタと止まらなくなって、結局全部草刈りしてしまった。土曜日にそれを終わらせておいたので、今朝は日が高くのぼる前に「花摘み」をした。

↑↑ 木の上からコマツグミの歌う声がしたので見上げると、となりにハチドリもとまっていた。見えるかな〜?この時期は色んな鳥たちが声高く歌っていて楽しい。

今年もこぼれ種からたくさんのカモマイルが育ったなー。ひとつひとつ花を摘んでいると、指先にりんごのような香りがうつる。いい香り。今朝はこの花摘みと、終わった花の花柄を切り落として過ごした。

からっからの砂の上でも元気に育つ「カリフォルニアポピー」。そのままにしておくと、飛び散る種で裏庭がこのポピー一色になりかねないので厄介といえば厄介なんだけど。相方はこのポピーをみると、とてもノスタルジックになるらしい。以前、遊びに来たアメリカの友人も、同じことを言っていた。とても元気なオレンジ色なので、畑ボックスの周りの少しのスペースにちょんちょんちょんと咲かせている。7月の始めくらいまでにぎやかに咲いてくれるよ。

花摘みと花柄集めが終わった後、Gusと日曜散歩♪

緑が夏。

散歩中にすれ違う人たちはマスクもしていないけれど、お互いに道をゆずってスペースを開けるように気をつけている。今日は細道でかわいい姉妹に出会い、Gusは「Aww…. he’s like a teddy bear!」ってなでてもらっていた。その後すれ違ったマスチフを連れて歩いていた老夫婦には「Hi little monkey!」って声をかけてもらった。

テディベアだったり、小さな猿だったり、キューティパイだったり、リトルマフィンだったり。

おじいさんになってもそんなかわいい愛称で呼んでもらえて、Gusは幸せだなーっていつも思う。

あ、そうそう、全く関係ないけど。姪っ子はこの春から高校生。「華のJK」で楽しんでるよ、と妹(姪っ子の母)が言っていた。

なに???「華のJK」って。Junior …K..K…. Kids? んなわけないか。

「なんでJとKなん?」って聞いてしまった。そしたら「Joshi (女子)Kousei(校生)」なんだよ、って。なにそれ〜?!

絶対にわからん。

もうひとつ。今日もらったMちゃんからのお便りのなかで、最近は「エモい」っていう表現をよく使うんだよーって。

なんすか?? エモいって。 エロい+キモいってこと? かなと思ったら、エモいの「エモ」はエモーショナルの「エモ」だって言うやんっ! わから〜〜〜んっ! そう説明されても、感覚的に「エモい」はエモーショナルにつながらない。

しばらく日本を離れているうちにわからない表現がどんどん増えていっているんだろうな。忘れていく表現も増え… かといって、英語がパーフェクトになるわけでもなし。なんかさー、在宅になってから話す人というと相方だけだから(一応、デイリーミーティングでちょこっと発言するけど)、英語がどんどん幼稚になって発音もちゃんとできてないし。口が動かなくなってってるような気がする。エモいやんっ!(←。。。違うか。。。使い方間違ってるよね)口を縦横に動かす体操でもしようかな。

クッキーモンスターにみえる。

さ。また在宅一週間、がんばろう〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ビッグGus、久しぶり!

雨あがりの土曜日。ビクトリアにしては珍しく、「むっ」っとした空気。

週末は1時間ほど歩く。

きっと、そんなにも歩かなくてもいいよ、ってGusは思っているんだろうけど、健康のために歩こう!!と、クッキーを前にちらつかせ気持ちを高めてレッツゴー。

今日はすごく久しぶりに「ビッグ・Gus」に会ったよ!以前に一度、Gusの幼なじみのGusをここでも紹介したよ〜(→過去記事☆)。一年ちょっと前だ。

あのときに会ったのと同じ場所でばったり☆

今でも昔と変わらず、ビッグGusを見かけるとしっぽをブンブンブンブンっと振って大喜びするうちのGus。ビッグGusは特別だから。

ビッグGusの飼い主さんに、「Gus、最近どう?まだまだ元気に歩けてるね!体はどこも悪くない?」って聞いてみたところ、やっぱり体を起こすのがしんどそうなんだ、って言っていた。大型犬の13歳だもん。ワンブロックほど一緒に歩いたんだけど、後ろ足がしんどそうだった。

それでもビッグGusはいつも穏やか〜で優しい。

リトルGus(←うちのGus)とビッグGus。お互いにふんふんふんふんと匂いをかぎあって、

ちゅっ♡

リトルGusの大好きなスペシャルフレンド。こうして顔を近づけて、どんな思いを交わしているんだろうね。

以前はこうして挨拶をしたあとは、二人(二匹)一緒に必ずビッグGusの飼い主さんにぴたーーーーっとくっついてクッキーをねだっていたんだけれど、今日はGusとGusはくるくる回ってずっと匂いを嗅いでいた。

また近いうちに会えるといいなー。かわいいかわいいビッグGus。無理しない程度に、元気に散歩が続けられますように。また会おうね!うちのGusにチューしてあげてね。