happy halloween 2019: ももいろヘアーで。

それでは、恒例の。

職場でのハッピー☆ハロウィン模様〜。

ハロウィンの数日前に一斉に飾り付けをし、今日はカウンターにハロウィンキャンディーのバケツをセット。今年は過去数年に比べるとたくさんの学生さんやスタッフが仮装していたように思った。寒いけどいいお天気だからかな。今年は「ちょっと化けてみたい」気分な人が多かったのかな。

↓↓は間違い探しです(苦笑)。誰かさん(←おなじみのね)のアイデア。。。さぁ、間違いを探せるかな??

さらっと流しましょう。

でね、今年は同僚Gはいつにも増して張り切っていて、彼のカウンターはこんな感じ。

青いチリチリパーマにロシアのホッケーチームのジャージ、両腕にタトゥー。なんだったっけ? ロシアギャングだったっけ? ミュージシャンの誰かのつもりなんだっけ? 来年は黄色いパーマのかつらを被ってもらって、くちばしつけて、シマシマの靴下はいたらビッグバードになれるな。と、この写真見ながら思った。

そして。ぬぁんとっ! カウンターの前にはクライムシーン!

ロシアのギャングも倒れてます。。。

さて。

いつも私は何もしないのだけれど。今年はショッキングピンクのかつらをかぶった。

コープの学生さんにハナちゃんというかわいらしくてノリの良い女の子がいるんだけど、彼女はももいろの髪をしている。で、「ハナちゃんになろうかなぁ〜」と思ってピンクのかつらを探していた。「いいのが見つかんなくてねー」とこぼすと、同僚Gが1ドルショップで調達してきてくれたのでした(笑) サンキュー。

お見苦しいので私の写真はパスね。

で、ピンクの髪の毛のまま家に帰って相方に「今日はかつらかぶってたん」といって見せたら、「それ、君のスタイルとちょっと違うよね」、とのコメント(苦笑)。いやいや。。。ただのハロウィンなんだから。

ポイ、とテーブルの上に脱ぎ捨てると。。。

すかさず。

G:えー。これ、もしゃもしゃしてるの。ぼくちんのですかね?ぶんぶんしますかね?

と、えらくピンクかつらが気になるらしいから、

かぶせてみた。

なんだか。ふつぅにかぶってる。

みょうに、似合ってる。

あたまあったかです。

わたしなんかよりも、似合ってるぞ、Gus!

すんごい久しぶりに「プチ仮装」をしたハロウィン。いつもとちょっと違った一日、いいねー☆

oh… autumn jewels.

今日は寒かった。自転車をこいでいるつま先がキンキンした。

あと数日で10月も終わる。職場もハロウィンの飾り付けをすませ、キャンディーも二箱買って準備万端。このハロウィンが終わると、お店はがらりとクリスマス仕様になるんよね。気持ちがついていかないなー。

散歩道で見かける木の実がね、宝石みたいです。

これはハニーサックル(スイカズラ)の実。食べれないけれど、口に入れてしまいたくなるような赤。このままフリーズドライにしてビーズにしてしまいたいと思うほど、半透明の赤が光を通すと本当にきれい。

それから、この実!

食べちゃうぞ〜!って思うよね〜? こんなにきれいな色合いの、どうしようもない木の実。これは野葡萄の実なんだって。アジア原産の外来種で、根っこでどんどん広がる厄介なツル植物。「今月の雑草」としても取り上げられていた(笑)。ブルーベリーのようなターコイズから、蒼い海のような色、薄い桃色の粒もあり。採ってどうにかできるものでもないけれど、こういう木の実を目にすると浮かれてしまう。

木の実も葉っぱも、今年最後の色を絞り出している。

あ、関係ないけど。青というと。。。

ウォータープルーフのウォーキングシューズを買った。青いのん。

この春まで履いていた運動靴の底が抜けて(履き方荒いから。。。)、仕方なく普通のジムではくようなスニーカーを履いていたら、散歩の度に靴下がじんわりと湿ってしまって。雨降りでなくても、草や枯れ葉や苔の上をワシワシと歩くと濡れてしまう時期だもんで。初めはMerrellのを選んで試して気に入っていたんだけど、足幅の広い私の足には合わなくて返却。この青いのはKeen。初めて試したKeenの靴は幅広で、私の足にはよく合うみたい。これでこの秋冬も問題なくGusと散歩に出かけられるわー。嬉しい。

もっさり。のんびり大あくびのGus。先日、Gusと同い年のボーダーテリアのシスルちゃんに会ってオーナーさんと話していた。Gusも耳が遠くなっちゃってねーって言うと、「ホント?シスルも突然聞こえなくなったみたいなんだよ!心配したけれど、これは歳のせいなんだなぁ〜。」ってオーナーさんが言ってた。Gusだけじゃないんだ、ってわかって私もちょっと安心した。

Gusには癒やされる。最近ちょっと大変で、しんどかったり凹み気味の日でも、Gusはヘラヘラ笑って楽しそうだしね。モシャモシャの顔をわたしの膝の間に持ってきて「耳かいて~ん。マッサージして〜ん。」って見つめられると、そうかいそうかい。。。って。もしゃもしゃで温かいGusに手をあてて、かわいいなぁって。

先週、キャンパスでも「パピーセラピー」の日があった。ミッドタームを終えて、ストレスをためている学生さんのための、わんこをナデナデしてリラックスしようという小さなイベント。同僚数人で、パピーを見に行こう!って行ってみたんだけどねー、列ができていた(笑)。大勢で押し寄せたらわんこもびっくりするから、わんこ一匹につき5人ぐらいの規制があり、順番に部屋に入れてもらえるようにしてあった。外から様子を眺めてみると、ゴールデンかラボの大型犬が5匹くらいいたかな。みんなごろーんって寝っ転がってお腹なでてもらったり、誰かの顔をぺろんってしたり。それだけなんだけど、学生さんたちはみんなわんこに癒やされてたわ~。

わんこのパワーはすごいな。わんこだけじゃなく、生きものたちや季節の草花や樹々にわたしたちはずいぶんと癒やされているんだなぁと思う。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

秋のおそうざい

曇天続きだった週から晴れマークへ♪ 秋の色が日に日に深まり、久々のお日さまに照らされた樹々が本当にきれいな一週間だった。この時期は曇っていても秋の色がきれいなのだけれど、やっぱり晴れている方が気持ちが軽い。

週末になると、集めても集めてもまた集めなければならない落ち葉を、ぶおぉ〜んと吹き飛ばすリーフブロアーの音があちこちから聞こえる。一応、わたしたちもブロアーを持っているんだけど、やかましいので今日も少し「くまで」でせっせと集めた。乾いている落ち葉は軽くて、くまで作業も悪くない。これが雨に濡れてしまうと楽しくないんだけどね〜。

通勤途中の赤と黄色。あまりにも鮮やかなので立ち止まってスマホをとりだしてしまった。

こんな色合いを目にすると、秋模様というよりも、なぜか「秋のお惣菜」ということばが浮かぶ。

で。スマホカメラの焦点がいまいち合っていないのだけど。

ばっちりと目は合ってしまった。

花札の鹿みたいでしょ?

最近、ずいぶんたくましく成長した鹿たちを見かける。春に生まれた子たちかなぁ。角も立派で、胸板も厚い。攻撃的だったりもするので気をつけるように、って言われる。今までの経験で攻撃的だったのは「子連れの牝鹿」だけだけど。

余談ですが。

突然、右の腰が痛みだした! なにこれ??? 椅子に座っていて立ち上がるのがとてもつらい。正確に言うと、お尻の右側、太ももが骨盤にくっついているあたり。なんなんだろう? 特に変わったことはしていないのに。最近、体ががちがちするなぁっていう感じはあったけれど、痛みではなかった。ふむ。

でもね、去年も確か、秋から冬にかけて、ホットフラッシュがひどくなった頃、体がガチガチして関節が痛かったっけ。あのときは膝から太ももにかけての裏側が突っ張るように痛くて、床のものを拾うのが辛かった。これもホルモンの関係なのかなー。体の変化、不思議すぎる。ゆっくりとお風呂であたためて、ストレッチをした。いつも難なくできていたストレッチが、「いてててて。。。」となると悔しい。ふむ。 そのうちほぐれてくるかなぁ。あぁ〜、だれかマッサージして〜〜。

しばらくお天気が続きそうなので、秋の光と、取り巻く秋のお惣菜を楽しもう。

秋もまたあっという間に過ぎ去ってしまいそうなので。

iPadとApple Pencileで一日一描、51日!気づいたことメモ

9月の初めから一日一描をやっている。iPad Proを使ってのデジタルドローイング。51日続いたーん♪

きっかけになったのは、相方に買ってもらった「iPad Pro (12.9”)」と「アップルペンシル」。私にありがちな「宝の持ち腐れ」にしてはならぬ!と、このデジタル機器をどうしても使わなきゃいけない小さな企画が必要だったのでした。

「一日一描」用のインスタアカウント(@paprica.doodle)を作り、毎日アップすることに決めた。Doodleのブログもあり、そちらにもアップしているんだけどね(全部じゃないです)。でも、iPadからダイレクトにアップできて、「こつこつ積み上げてる感」を感じるのにはインスタのほうが向いているような気がして。

アップルペンシルがつるつる滑るので、赤いシリコンカバーをつけた。このまま充電できるよー。

必ずしも続けたからわかる・得られる、というわけではない。何もわからないかもしれないし、何も変わらないかもしれない。でも多分、続けないと気づかないことはあるんだと思う。

で。ここまでで気づいたことをまとめてみる。

デジタルアート(お絵かき用)のアプリの数の多さと質の高さ

すごいです。たくさんありすぎて迷う。幾つか試してみて、今もまだお試し中だけれど、大体落ち着いてきたのは三つ:Tayasui Sketch, Adobe Fresco, Procreate

びっくりするのは、筆やペンツールで色を混ぜたときの効果!本物の油絵の具や水彩絵の具で混ぜているようにじんわりと滲んでいく。はい、混ぜましたー、じゃなくて、じんわりと微妙にしゅわ~っとむしゅぅ~っと混じり合う。

アップルペンシルは素晴らしい

今までにも「スタイラスペン」というのを2本試した。アップルペンシルはその二本とは比べものにならない。なんちゅうのか、かゆいところに手が届く、ように描きたい(色を置きたい)ところに線が置かれる。筆圧にも敏感に反応してくれる。これは素晴らしいペンだと思う!

ペン先を黒に変えた。見やすいのと、ほんの少し摩擦があって滑り止め効果があるらしい。それでも滑るんだけどね。

ツールがすごすぎて、そのすごさに溺れがち

とにかく、どのアプリを使っても、「Effect(効果)」の多用性と多様性にびっくりする。ただ、すごすぎて、何をどういう風に描きたいのかはっきりしていないと、そのEffectに「わーすごーい!」といって終わってしまうことになる。「色をこんなふうに混ぜましたー」→おしまい。みたいに。

まだ試している段階です。でも結局はとてもシンプルなペンやブラシをシンプルに使うのに落ち着いているワタシ(笑)。油絵やアクリル絵の具や水彩(の効果)は、自分的にはやっぱり本当の絵の具を使って描いたものに惹かれるなぁ。一通り「わーすごーい!」をし終わったら、もういいや、ってなってしまっている。油絵の具ブラシの効果を、キャンバスに描く油絵っぽく使うのではなくて、デジタルドローイングの良さを活かす使い方が見つかればいいなぁ、とも思う。

定まらないスタイル

まぁ、まだ色々とツールを試している段階で、「あ、このツールはどんなの?」「へー、これも面白いかも」と遊んでいるというのもあり、。。。今までの51をざーっと眺めてみても「統一感」がない。。。 イラストレーターとかアーティストのインスタやツイッターを見ていると、みんな「スタイル」が決まっている。そういうものがワタシにはない。。。 「ただいま模索中」っていう看板を立てて歩いているような気分。
ま、いっか。次の50を終える頃には「方向性」くらいは見えてくるかな。

デジタルはデジタル

紙・キャンバスと絵の具を使うときの、媒体との関わり合いの中で生まれるものや感じるもの、には欠ける。アナログの、一発勝負で色をのせる(簡単にUndoできないもんね)からこそ生まれる「緊迫感」というか「潔さ」や「勢い」のようなものや、紙やキャンバスだから浮かび上がってくる質感とか。そういうものはデジタルアートにはないように思う。少なくともわたしの描くものには欠けている。

Day 51. 水彩絵の具効果をただ試している、のエントリー

ここまで書いて。。。

そうか。ワタシはきっと、アナログの心地よさのようなものをデジタルドローイングの中に見出そう、ともがいている段階なんだ。そうなんだわ~!それから。もう一つのもがきは、Doodle(落書き、フリードローイングみたいなの)とイラストの違い。言葉でうまく説明できないのだけれど… 思いついたものや浮かんだものを描くのか、メッセージ性をもたせて描くのか、目に映るものを描き写したいのか、…どれも表現は表現なのだけれど、時々「ワタシは一体何がしたいんだろう」と思う。で、答えはでない。

もう少し続けたら、デジタルの中に自分なりに心地の良いものが生まれてくるかな。デジタルはデジタルでこういうもんなんだってスッキリ割り切れるようになるかな。

「只今模索中」はまだまだ続きそうです。

*Doodleのインスタはここでーす→@paprica.doodle

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪