いらいらの日

今日は一日いらいらとしていた。

こういうことはあまり書きたくないのだけれど、一日いらいらに付きまとわれたようで随分疲れてしまった。

この夏取り組んでいる課題のプロジェクトリーダー(Aと呼ぼう)がいらいらの原因。昨日、仕事を終えてもう帰ろうかというときに届いたAからのメールが、とてもパッシブアグレッシブだった。パッシブアグレッシブって日本語でなんていうんだろ。受動攻撃的、といってもしっくりこないのだけど。なんていうのか、ストレートにハッキリと問題提示をしてくれなくて、でも行間に「攻撃的な要素」が詰め込まれている、そんな感じかな。遠回しに言ってみたり、それこそ、一日の終りに送りつけてくる、というのも典型的なパッシブアグレッシブだと思う。Aはよくこういうことをするので驚きはしなかったけど、いい気もしない。言うことあるならハッキリとそのまま全部伝えてよ!と、以前にも何度も思ったことがある。私一人がセンシティブになって深読みしすぎてるのかなーと思い、一緒に課題に取り組んでいる同僚にもそのメールを読んでもらった。彼女も「朝からイライラした」って言っていたから、やっぱり「何かにおう・棘のある」メールだったんだと思う。

なんだかムラムラとして、そのメールにバシッと返信したい気持ちもあった。でも、ここで返信するのは「オトリにくらいついた魚みたいだな」と感じたので、そのまま何も言わずにいた。

今日も数回、Aからメールがあったものの、最小限の返事だけをした。いちいちそのメールにカチンとくる箇所があったので、今顔を合わせたら食いついてしまいそうだと思い、こっそり隠れてできることをしていた。そんな風に避けて過ごす私自身もパッシブアグレッシブなのかなぁという気もした。

幸いにも、普段一緒に働いているみんなは気さくな人たちで、数人に「ちょっと聞いてー」と愚痴を聞いてもらいスッキリできたんだけどね。そのときは。

私って、一瞬にしてブチ切れる、ということはあまりない(と思う)けど、ジリジリとずるいことをされたりフェアじゃないと感じると、ぐわ〜〜〜んと闘牛モードになってしまう。そう、目の前で赤に布を振られているような気がしてきて。後ろ足で地面を蹴り上げて頭から突進して行きたくなる。愚痴らしてもらって抑えたけれど(苦笑)。

まぁ、たまにこういうことがあると、普段あまり使わない頭と感情のトレーニングになるなぁ、とも思った。

Aも、根は悪い人じゃない。非常に不器用で融通が効かなくて、肝が小さい。まぁ、Aも、上から押されてプレッシャーを感じていてイライラしていたのかもしれない。でも誰にも愚痴を聞いてもらえなかったのかも。うん、多分、そうだ。そんな気がしてきた。

明日は気を取り直してAと話をしようかな。

*おまけ:3コマGus

朝のトマトタイムより

cheers to the summer!

短い涼しい夏に乾杯!

育苗保育園卒園生、タチアオイさん☆ 咲きましたっ!夏の顔!

1つ目の花が開いたのを見つけたとき、思わず「わはぁ〜♡」って声がこぼれた。ハイビスカスのドレスを来て、元気の歌をラッパで奏でているような。タチアオイってこんなにきれいだった?

植え替えた場所によって、すごく大きく育ったのと小さくおさまったのと。ミックスの種だったみたいで、少しずつ色が違う。わぁ〜。ほんと、こんな姿をみると、来年は日当たりの良いところにもう少し植えたいな〜って思ってしまう。

で。週末の朝、折りたたみの椅子をあちらこちらに移動させ、「イケていないスポット」をじーっと見ながら「ここはこうしたらいいかも。」っていうアイデアをメモしてみた。

いつも頭の中で考えているだけなので、次の春には忘れていることが多いから。ちょっとだけメモ!参考になるかなー。

夏のお野菜も、ゆっくりと、ようやく色づいてきている。

25度満たない日ばかりの夏の庭で、よく頑張ってここまで大きくなって色づいてくれたわ〜。

大きなトマトも少しずつ。今年は水をやりすぎず、ギリギリのところで。ちょっと皮が厚いかも、というのが気になるけれど、実はとても甘いです。知り腐れにもならず、葉っぱも黄色くならず、痩せ気味の土でよく頑張ってくれている。来年は場所移動して、このボックスはトマトはお休みにしよう。

そーしーてー♪

一つの苗に一つの実。それでもうちの庭でカボチャがカボチャの形になって育っているのがすごーい。低い気温と雌花と雄花の開花のタイミングが上手くいかなくて、実になれないことが多いから。毎日、「かぼちゃん、かぼちゃん、大きくなぁれ。」と声をかけている。大きくなってねー。なるかな?

日曜の午後、四つん這いになってタンポポをひっこぬいていて、ふと見上げて見えた花たち。ここはお試しでパラパラ種を蒔いて、まとまりがなくて「失敗だな」って思っている場所なんだけど、夏の終りの光の中できらきらしているのがとてもきれいでねー。

足元にこぼれた花びらも。みんなきれい。

うまく言葉で表現できないのがもどかしいのだけれど。木々や草花って元気の粒子を放っている。目で見てただきれい、じゃなくて、ふわっと心に届く何かを放っていると思う。変な話、ほら、ドラッグとかで「ハイになる」っていうけれど、「悦にひたる」という意味で、草花が放つエナジーにはそういう不思議なちからがあるように思う。私はすっかりそんな気分になってしまうから。

春の育苗卒園生の殆どは、今シーズンは花を咲かぜずに終わりそう。でも、↑↑のタチアオイは咲いてくれたし、ほら、この子も☆

背高のっぽの「イヌタデ」さん。6つほど苗を育てていて、そのうち3つはグリーンハウスが強風でぶっ飛んだときにだめになってしまった。生き残った3つはなんとか大きく育ってくれた〜。また、種植えよう!

地味〜なわたしの週末。でもいいや。タンポポ抜きながらハイになってるから。笑。

うちのがりがりくん、2019年総集編

さて。完全に「夏<秋」になってしまう前に、今シーズンの我が家の「がりがり君」の総集編を~(笑)。

これまた毎年同じようなビデオでございます。。。

にんじんで釣る。ちっちゃいちっちゃいにんじんでも釣れます。

にんじんがりがり。

チュースティック持って走って。

そのあとがりがり。

いんげん豆がりがり。ぽりぽり。

初夏は大好きなえんどう豆だったなぁ。

がりがりというより、nom nom nom nom… 。

ベジ犬。

美味しそうにがりがりむしゃむしゃとよくかんで食べているGusを見ていると、わたしまで思わず口をもぐもぐしそうになる(笑)。

しっかし。もさもさだな。久しぶりに散髪用の「ストリッピングナイフ」をネットオーダーしました〜。毛抜き、痛いからか最近ものすごく嫌がるので、一年中もさもさ。ボーダーテリアは二重コートなので、古いレイヤーがどんどんぬける。家の中結構毛だらけです。やれやれ。

*おまけ:久々の。。。

Doodle Marathon!(←すっかりホコリまみれ…)
アップしてみました〜 →☆ Seeds Shower.

iPadを使って描いたよ〜。

お盆ですね。耳の遠い犬とのつきあいかた。

日本はお盆。台風、大丈夫かな。

おじいちゃん、おばあちゃん、おじさんやおばさんもあちらの世界から帰ってこられる。みんなどんな格好をして帰ってくるんだろうな。中でも、帰ってきてるかなぁと楽しく思い浮かべるのは、母方のおばあちゃんと母と10歳違いのおばちゃん。おばあちゃんとおばちゃんは一緒に暮らしていて、お盆に遊びに行くと迎え火をし、お仏壇には海のもの山のものを供え、お盆の終わりには送り火をしてお供えものを川に流しに行ったっけ。きゅうりの馬に乗って帰ってきて、茄子の牛に乗ってまた戻っていく、んだったっけな。こういう風習は、子供心にも大人になってからも、とてもしっくりくるものだと思う。

夏休みでみんなでお墓参りをして、その後集まるというので、先週末には家族とスカイプ。みんな声をそろえて「暑いでー。んもぅ、ほんっまあっついでー。」って。そりゃそうよ、まだまだ有に30度以上の気温やもんね。

ビクトリアはというと、今週はまた少し温かくて気持ちいい。それでも、もうちらりほらりと秋の気配。蜘蛛の巣があちこちにみられ、朝露できらきらしている。これも秋のはじめのしるし。短い夏。

さて。最近、Gusの耳が遠くなってしまったことが気になって仕方がない。普通に「Gus〜」と呼んだら、ほとんど聞こえていない。私の口笛(←あまり上手じゃないのに)や高いピッチの音ならまだ聞こえている。「今まで聞こえていた音が聞こえなくなってしまった世界」に置かれて、寂しいんじゃないかなって心配になる。ただでさえ寂しん坊で甘えたなのに。今までは音を頼りに「私がいる場所」を見つけてかけよってきていたのに、それもできないみたいでねぇ。私が二階やベースメントにいてあれこれしていると、「どこどこ?? どこにいるの???」と、一階の部屋を行ったり来たり走り回っている。そんな様子をみるとやっぱりかわいそうになる。

なので、別の部屋に行ったり庭に行くときは、一度、Gusに声をかけるようにしている。パピーの頃にほんの少しのハンドシグナルは教えておいた(といっても、基本の sit, down, wait, come だけだけど)ので、なるべく手信号を見せるようにもなった。ちゃんとコミュニケーションがとれたときは、耳のそばで「Good Boy!!」と言ってあげて頭にチュッチュする。などなど。。。 不安をかかえたおじいちゃん犬にはなってほしくないもんなぁと思って。今度、「犬笛」の音が聞こえるかも試してみたい。

咲き終わって種をつける前のこの姿がかわいい。

そうだ。数日前の夢でね、誰かに向かって思いっきり、

にんじんハイジ〜っ!!!

って叫んでいた。

どういう意味だかわかりますか? (わかるわけないよね。。。)

にんじんハイジ、とは、

勝手にどうぞ!」または「お好きなように!

という意味です(in my dream)。

「けっ。勝手にすればっ」って言ってやりたいときには、「にんじんハイジーーー(と歯をむき出す)」と言ってみて〜。スッキリするよ!

多分(笑)。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪