Kさんの話

昨日は久しぶりに歯の歯垢をとってもらってきた。スッキリー☆ いつもの衛生士さんのMさんがバケーションでいなかったので、代わりにKさんにお願いした。結婚してすぐの頃、相方のお世話になっていたこの歯医者さんに通うことになったんだけど、初めてのハイジーン(歯垢取り)の予約のときの担当がKさんだった。6-7年、歯垢除去をしていなかった私の歯を見たKさんに、開口一番「これは大仕事だな。」って言われたっけ。全部のクリーニングに90分ほどかかったのでした(汗)。終わった後に「it was one serious excavation!」と言われた。 ははっ。発掘作業ね。。。で、虫歯も4-5本「発掘」されたんだった。

わたしが勝手に「カルメン」と呼んでいる西洋シャクナゲ。

それ以来は半年に一度、きれいにしてもらっている。最近はずっとMさんだけど。

Kさんは2年半ほどまえに奥さまをなくされた。私と同い年くらいのひとだったと聞いた。子宮癌が見つかったときは、すでにステージ4で。手遅れだった。

奥さまが亡くなってから初めて顔をあわせたKさんに、私は明るく挨拶した。そしてねぎらいの言葉をかけた。

後に続けることばも見つからず、Hugをしたかったけれどそれほどの知り合いでもないし、とためらってしまった。Kさんからはまだ悲しみがあふれているのを感じた。こういうときに何て言えばいいのだろう。Kさんは少しうなずいて、「どうもありがとう。Definitely… it was not the right thing to happen」と言った。

歯医者さんでは自分は口を開けているので色んな話をしたくても話せない。「アァーーーァアアーー、んーーんーー(軽くうなずく)」程度で、Kさんがツールを交換するときの少しの間に、すばやく質問したり答えたり。なので、Kさんの話をあーあー言いながら聞いていた。

Kさんは歯科衛生士さんでもあり、作家でもある。「また書いていますか?」と聞くと、「やっと、2ヶ月前に書こうという気持ちになれましたよ」って。奥さまの回想だって。それは、ひとに見せることになるかもしれないし、自分だけのものになるかもしれない。どちらになるか今はわからないけれど、「書く」というプロセスを受け入れられるときが来たって。

「書く」ということを思い出させてくれたのが、去年、カナダでも結構大きな文学賞(CBC Literary Awards )の作品選考に携わったことなんだって。8週間で652の出展作品を読み(これは全部の5分の1)、その中から10作品選ぶという審査員になり、様々なひとたちの様々なものがたりを読む中で何かが動いたって言ってた。

3つの場所に届けることに決めた奥さまの遺灰の最後のひとつを、この夏、Haida Guaii に撒きにいくそうです。

先住ハイダ族の人々の島々、という名前の諸島。バンクーバーから飛行機で北に約2時間。平日に2便。そこには奥さまとの特別な思い出があり、Kさんは「ハイダ・グワイの森は聖地だよ」って。砂浜の海岸がどこまでも続き、夏でも容赦のない風が吹いて近寄れないこともあり、古い古い森が今でも変わらず生きている大小150の島々からなる列島。ハイダ・グワイに奥さまと訪れたときに、「森に浸る(forest bathing)という意味の」ネイティブのことばに出会ったよって。それはあの地に住む人々には必要な単語だなって思ったって。「日本語にも森林浴っていうことばがあるよ」って私が言うと、Kさんの目が少し明るくなって笑った。

その後、犬の話をした。(と言っても、私は「あぁーーぁーぁあー。ぁーあー。」って答えていただけなんだけど。)Kさんの犬は12歳半。Gusと同じくらいの年齢で、同じように耳が遠くなってきているそうです。以前はKさんが家に帰るとすぐに玄関に駆け寄ってきたわんちゃんも、今はよく聞こえないからKさんが帰宅して5分ほどしてから「あ、帰ってたの?(ぶんぶんぶんぶんっとしっぽを降る)」って挨拶しにくるよって。Gusも最近そんな感じ!

奥さまが病気になったときに近所の犬友だちが代わる代わるワンちゃんの散歩をしてくれたんだって。で、今は毎晩、7つの家族が7匹のワンちゃんを連れて一緒に散歩するんだって~。そういうなんでもないルーティーンがありがたいよって言ってた。

もうひとつ、わんこ話の中でKさんがぽつりと言った。

There is something so sweet about old dogs.

歳をとった犬にはなんだか特別な愛しさがある、って。うんうん、Something so sweet だね〜って、一緒に笑って頷いた。

半年後、またKさんに歯をきれいにしてもらおう。そのときどんな話が聞けるのか楽しみだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Can of Good Goodies・9th Anniversary☆

ブログを始めようと決めて、Wordpressのアカウントを作ったのが9年前の今日!

…と、Wordpressから「おめでとうございますっ☆」のメッセージが入っていた(私はすっかり忘れてたっ)。

最初の投稿は、5月31日だった。ちょうどBike To Work Week(自転車通勤週間)の週で、そのことを1つ目の記事に書いたんだった。あのとき、この先9年も続けるなんて思っても見なかったなー。

季節の移り変わりとともに、同じようなことを9回も繰り返して書いてきたような感じだけれど。いつものぞいてくださって、どうもありがとうございます。WPの統計を見てみると、毎日、平均して200〜250の訪問数(ページビューは平均300/day)かな。そんなにもたくさんの方が、こんな代わり映えのない日記ブログをのぞいてくださっていることにびっくりです。ありがとう〜☆

ブログを始めたからこそ出会うことができたブログのお友だちにも感謝です。知らないことや興味深いことをたくさん教えてもらってきたし、素敵な写真の数々を見せてもらったり、良いアイデアやアドバイスもいただいたし。新しいものの見方や考え方を教わったりもする。

ときどきこんな目をして遠くをみている。

Gusもいっぱい愛してもらってきたし。

9年前のGusとくらべると、やっぱりGusも歳をとった〜(笑)。私もだ。

ぼくちんからも、よろしくね。

こうして「ちょっと見て〜。ちょっと聞いて聞いて〜。」と、写真を広げてみたり好きなことを呟ける場所があるということにずいぶん救われているなぁ〜って思う。

ぼちぼち続けるので、また、お暇なときにのぞいてねー♪

いつもどうもありがとう☆

再び【メイソンジャー】スナック

今日は暖かかった〜。20度超えたんじゃないかなぁって思うほどの陽気。夏日だ。

昨日、日曜日もいいお天気だったので、思い切って(?)トマトの苗を畑ボックスに植えた!いんげんも。さぁ、君たち、頑張っておくれっ。 今日くらいの気温があったら、全然問題ないんだけど、うちの庭は夕方の風が冷たくて…それがねぇ〜。心配。ふれっふれっ、トーマート!

さて。随分前の投稿でメイソンジャーにヨーグルトグラノラを詰め込むのを紹介した。今、いつの投稿だったっけと調べてみたら…4年前!そんな前のことになるのー?

日本でもメイソンジャーにサラダやスナックを詰め込むのが一時期ブームだったのか、いろいろと本も出ているんだよね。ケーキやら温野菜まである。。。びっくり。

     

5月に入ってから、Intermittent Fasting をしているので、朝ごはんを11時まで食べない、というのを先日書いた。大好きな朝ごはんを全く食べないのが寂しいので、それまで朝に食べていたものをメイソンジャーに詰め込んで持っていく。

これが美味しいんだー♡

ちょっとアップグレードしたメイソンジャー・グラノラ・ヨーグルト。

グラノラの次に、いつもの「お粉」を入れる。「モリンガパウダー」「シャタバリパウダー」「きなこ」「生カカオ(Raw cacao)」をふりかける。そこにヨーグルト、メープルシロップ、果物。

ぐちゃっと混ぜると恐ろしく汚いたべものになっちゃうんだけど。美味しい☆

粉をあれこれ入れ過ぎかとも思う。でも、ずっと毎朝食べていて調子もいい。最近加えた「生カカオ」も最高に美味しい。生のカカオに含まれているポリフェノールは体にもいいらしいよー♪ カカオ80%以上のチョコレートを一日30g食べるといい、とか、よく聞くけど。チョコレートって、気分ですごく食べすぎてしまうときと、全く食べたくない時がある。カカオパウダーをこうしてグラノラに混ぜちゃうと、飽きずに毎日食べれてしまう。

カカオポリフェノールの効果

  • 血圧低下
  • 動脈硬化予防
  • 美容効果
  • 脳の活性化
  • アレルギーの改善
  • 便通改善

ね? 良さそうでしょ?

ちょっと、余談。
今朝、コーヒーをもらいに行ったスタッフルームで、久しぶりにD君と顔を合わせた。「元気?週末何したのー?」と聞くと、「あぁ、僕のフィアンセがドラゴンボートレースに参加しててね~。。。」って。D君に彼女がいるのは知ってたし、日本語の勉強もしてるって聞いたことがある。新鮮だったのが、いつの間にか「僕のガールフレンド」が「僕のフィアンセ」になってたこと。なんだか微笑ましいなぁ~って。

お天気が良くて、キラキラしていて気持ちよくて。6月半ばには妹夫婦が遊びに来る。こんなふうな気持ちのいいお天気だったらいいのにな。

first bloom on a rainy day.

寒かったなぁ、今日は。暖房つけてしまった。

そしてしっかりと雨。夕方までずぅ〜〜っと降ってた。恵みの雨はとてもありがたい。

休みの日にこんなにひんやりの雨だと、なんだかとても勿体ないような気持ちになってしまうんだけど。草花はとてもいきいきとして嬉しそうだった。

今年の最初の桃色ちゃん、コンスタンス・スプライは、こんな雨の日に初開花。

雨にぬれて、くしゃんとしちゃって。でも、嬉しそう。

こぼれ種から今年も元気に咲き始めたカレンデュラも。元気なオレンジ色にしずくをいっぱい受けて。上向いて咲く子たちだから、雨の重さで顔を突っ伏してしまっているのもあり(笑)。

そして。

いつもの桃色ポピーの一番のりさんも、こんな雨の日に。

きれいだね〜。明日からまた晴れるみたいだから、空を向いて花を咲かせてね。

余談、だけど。先週、キャンパスでは大学のスタッフのためのワークショップやプレゼンがあって、興味のあるものに参加できた。その中のひとつが、Marine Biologist(海洋学者)のひとによるプレゼンで、わたしたちの住むこの島の周りの海で収録した「音」と、それが何を意味するのか、というものだった。1時間弱の短いプレゼンの中で、クジラやオルカやイルカ、オットセイの鳴き声、それから、様々な人工の騒音(貨物船や漁船や個人のパワーボートなど)を聞いた。興味深かったことや不安になったことがいくつかあったけれど、家に帰ってからもずっと心の中に残っていたのが「Whale song」。クジラの声。彼らの一番低い周波数の声は30hzほどで、人の耳には聞こえないんだって(4倍の速さにすると聞こえる)。でもこの低い周波の声は何千キロもの先にいるクジラにも届くんだって。そうやってコミュニケーションをとっているクジラたち。止まない、そして増え続けている騒音の中で、うたい続けているクジラたち。

ちょっと前に始めた「絵日記」より。

明日は晴れるぞ。