感謝祭の夕食・ターキー胸肉ロースト

今週末は感謝祭で3連休☆ Thanksgiving Dayは明日なんだけれど、気持ちのゆったりしている中日の今日、すーーーーっごく久しぶりにターキーディナーを作ることにしたっ!よっしゃー!

といっても、二人だけなので七面鳥一羽をまるごとローストすることはせず、七面鳥の胸肉だけがローストしやすいようにロールになっているもの(?ネットできゅっとしてあるやつ)を買ってきた。数人に「胸肉だけのは便利だよー。あまり時間もかからないし、二日ほどで食べ切れるし」ってすすめられた。で、初めてのトライ♪ ターキー胸肉ローストのレシピはこれ→☆

見てみるとすっごいシンプル。切れ込みを10箇所ほどいれて、底に厚めにスライスしたにんにくを差し込む。オリーブオイルでコーティングして塩コショウ。セージやオニオンパウダーをふりかけても良い。最後に刻んだローズマリーをこすりつける。オーブンは180度(350F)。約500gに対して30分のローストで計算すると、私の買った塊は1200gくらい75分くらい焼く!焼き上がったら蓋をして10分待つ。

ターキーディナーで私も相方も一番好きなのというと、「スタッフィング」=詰め物の部分。七面鳥の胸の空洞部分(?)に乾燥させたパン(クルトンみたいなの)に味付けをして詰め込んで一緒にローストしちゃうのね。焼いているうちに、ターキの肉汁がしみてしっとりとして、それにグレービーをだらだらとかけて食べるのがとても美味しい。コンフォートフードです。

胸肉だけのローストだと、スタッフィングを詰める場所がない。なので、スタッフィングだけをロースティングパンで作ったよー。これも初トライ。参考レシピはこれ→☆

ポイントは、使うパンをサイコロ形に切って最低24時間乾燥させること。じゃないと水分を吸ってグチョグチョとパンプディングのようになってしまう。12時間ほどしか乾燥できなかったので、使うチキンストックの量を少し減らせて気をつけた。

玉ねぎとセロリ、ハーブを炒めるときに、ドライのアプリコットを半カップほど加えた。これは前にスタッフィングを作ったときに相方が加えていて美味しかったので♪ たっぷりのバターで炒めるところを、半分「Duck Fat(鴨肉をパンフライしたときにとっておいたもの)」で代用した。

すごい、脂質と炭水化物。。。

ターキーもスタッフィングも同じ温度でローストできるので助かった〜。

同時にオーブンから取り出せるようにタイミングを合わせて、全部で1時間半ほど。悪くない!

ちゃちゃっと適当にグレービーを作り、さつまいものマッシュとえだ豆を添えて。

いっただっきま〜〜〜っす☆

すーーーんごい久しぶりのターキーディナーに、相方も嬉しそうだったし、私も自分で作って嬉しかった。ちょっとフェスティブなワンプレートディッシュ、たまにはいいね〜♪

去年も一昨年も、感謝祭に特別何かをしてお祝いしようっていう「気分」になれなかった。それを思うと、こうして「初・ターキー胸肉ロースト」と「初・キャセロールスタッフィング」を作って食べてみたいなーっていう気持ちになれたことは「良いしるし」。

デザートは、定番。相方のおばあちゃんの「パンプキンシフォンパイ」(→レシピはこの記事)。

手元にある手書きのレシピがボロボロでいい加減で、わたしもこんなもんかな、って具合で焼いているんだけど。プリベイクのパイ生地を使うって書いてあるけど、どれくらいベイクするのかは書いていない。焼成時間も「焼き色がつくまで焼く」としか書いていない(汗)。いつもはプリベイクせずに、そのままパイ生地の中にフィリングを入れて焼くんだけど、今回は20分ほど「Mizueさんのパイ生地」を焼いてからフィリングを入れ、その後30分焼いた。

いつもよりもカリッとちょっとクッキーっぽいクラストになったけど、美味しかったよー☆

モラッセスとスパイスが効いているこのパンプキンシフォンパイは、軽くて本当に美味しい。おばあちゃん、レシピありがとう!

Happy Thanksgiving Day♡

秋の散歩は気持ちいい。

「感謝祭の夕食・ターキー胸肉ロースト」への7件のフィードバック

  1. Happy Thanksgiving!! ご馳走、素晴らしく仕上がりましたね。流石! 市販の詰め合わせを買ってきたのですが、そうか、スタッフィングはパンだったのね。何だろう、と思いながら食べましたよ 笑。

    1. Cecileさん、Happy Thanksgiving☆
      ブログを見せていただいたのですが、お一人様用のターキーディナーがお気に入りの食材店で手に入ってしまうなんて、便利ですね〜!そういうオプションがあるのなら、私も選びたいです〜。ここ数年は感謝祭になると「あー、何か特別に作るべきなのかなー」と小さなストレスを感じつつ、特に何もしないでいたんです。でもこういうワンプレートディッシュを作ると、少しフェスティブな気分になれていいですね♪ 
      そうです、スタッフィングはパン!ハイカーボ、ハイファットのコンフォートフードですよね〜(笑)

  2. Papricaさん、うちもこの感謝祭はターキーブレストにしたよ。スタッフィングはなしにしたけど、ブレストは食べやすいしいいですよね。パンプキンパイ、おばあ様のレシピなんていいなあ。私はパンプキンの缶の裏にのっていたレシピをずっと使い続けてます
    今回は骨ないからスープは作らないけれど、昨日はターキーサンドウィッチ楽しみました~

    昨日はチューリップなどの球根を少しだけ植えてみました。気候が気候なので来春咲くかわからないけれど…
    それから私も今年は久しぶりにヒヤシンスの水栽培しようと球根取り寄せました。近くのナーサリーではヒヤシンスは根こそぎ売り切れだったので、ネットで。なんとビクトリアのナーサリーでした。うまくいくといいな。

    1. Kanaさん、こんばんわ♪
      ターキーブレスト、初めて使ってみたんだけど、便利だねっ!この時期にしか売ってないかも〜って、感謝祭明けにもう一つ買って冷凍しちゃったよ(笑)普通の日の夕食にも使えそうだしっ。ありゃいいわ〜。Kanaさんのパンプキンパイ、色がすっごくきれいで美味しそうだった♡ 
      ターキーサンドイッチ、美味しいよね!クランベリーをはさむのが好き。

      わぁ♡ もうチューリップの球根を植えたの?大丈夫よ、きっと咲くよ! 少しずつKanaさんの好きなお庭になっていくねっ。
      ヒヤシンスってそんなに人気なのかなー。この間見に行ったときにはたっくさんあったけれど、今週末にはもうないかも!Kanaさんの水栽培も見せて欲しいな〜。専用の花瓶を使う?うちには一つしかないから、普通の瓶でも大丈夫かな〜。11月にはいったら始めようかなって思ってまーす☆

  3. す…すごい。
    上から3枚目の写真のボンテージターキーさん、焼く前ですでに美味しそう!
    本来なら詰めるものを別添えにしたんだね。
    単品ごとはもちろん、いろんな組み合わせのハーモニーを楽しめるよいアイディアだね。
    日本人はお口の中で「混ぜ食べ」も得意だし!
    デザートまでついて、素敵なディナー。

    1. アキラさん、こんばんわ!
      お忙しいのにコメントありがとね♪
      ターキー胸肉がこんなにコンパクトに丸まってるのよー。これ、すごく便利!ポットにそのまますぽっと収まる大きさだし。
      別にスタッフィングを作ったんだけど、これもなかなか良かったよ。詰めたほうが肉汁でしっとりとするんだけど、詰めて取り出すっていうあの作業、あまり好きじゃないんだわ。
      そっか!日本人って「混ぜ食べ」が得意で好きなんだー。なるほどね〜。確かに、こっちのひとってそういう風に食べるの好きじゃないひと多いかも。
      食後の甘いもの。。。ないと口が寂しい。。。気をつけないとどんどん太るのよ。まじで。

  4. カナダは今月が感謝祭なんですね。こっちはあとまだ一か月はあります。うちも多分今年はターキーブレストにしようかなあって思ってたところです。一羽焼く時でも、最近はうちもスタッフィングでなくてドレッシングとしてキャセロールで焼きます。パンプキンシフォンパイもとっても美味しそう~!HAPPY THANKSGIVING!

コメントは承認後に表示されます。