7月始め:今年始めてのお花

ようやく夏らしい日がやってきて嬉しい。7月だもんね〜。8月に入ると少しずつ秋の気配を感じるビクトリア。涼しすぎた6月が終わり、本当の夏といえるのはこの一ヶ月だけなのかも。楽しまなきゃ。

今年の春先に東側のフェンスを思い切って新しくした。そのフェンス沿いをどうするか、今年は日当たりなどの様子をみぃの、雑草を抜きぃの、あまり手のかからない宿根草などを来年に植えるとして。でも、雑草以外には何も植わっていないのも寂しいからと、今年は「日陰でも育つお花ミックス」の種をパラパラと蒔いておいた。蒔いたところを、二度目に訪れたフェンスのお兄さんたちにめちゃくちゃに踏んづけられ… わけのわからなくなったところから発芽して咲き始めた花たちがとっても可愛い! 上の白い花もその一つ。ミックス種から出てきたので名前がわかんないんだけど。

「フェンス沿い」というと、庭の一番奥の雑草地帯もその一つ。4月の初めに少しずつ雑草を抜き始めたエリア。ココは夏になるとところどころ生い茂った木々の影になってしまう。いつもどうしていいのかわからず放ったらかしにしていたんだけど、今年はこちゃこちゃと花の種を蒔いてみた♪

約2ヶ月でこんな風↑↑ 「芽がでないなぁ…」と、発芽を待ちきれず重ねて植えたりしちゃったので、収集つかなくなってしまった。でもまぁ、それなりに、このスポットを気に入ったものたちはちゃんと発芽して花を咲かせ始めてるよ♪

キンセンカはもっと日当たりの良いところに植えてあげるべきなのに。間違っちゃいまして… それでも元気な子は元気。

今からツボミを開きますよ〜、のこの辺り(↑)が可愛い。女の子のおかっぱ頭を思い浮かべてしまうフォルム。

キンセンカに混じって仲良く元気に咲いてくれているのが、デザートブルーベル(desert bluebells)という青い花。

これも、種を植えた覚えはないんだけど。とってもきれいな青なので、来年のために上手く種が採れたらいいな♪

もう一つ♪ 今年始めて出会ったのが、コリアンダー(香菜、パクチー、シラントロ、全部一緒よね?)の白い花。

変な気候だったもんで、葉っぱが茂るやいなや、ぴゅーんと背を伸ばして花を咲かせちゃった。葉っぱを一杯食べるのだ〜って意気込んでいただけに、ちょっと残念だったんだけど、この可愛らしい花をみて元気が出た! と〜っても可愛い。来年は食べるようではなく、ハーブベッドの方にも種を蒔いてみたいな。

6月が涼しすぎて、夏野菜はすっかり出遅れてしまった。今年はインゲンもズッキーニもいまいちかなぁ。ま、ぼちぼちと。今植えるものが8月には食べれるといいな。食べれますように♪

*お詫び:コメントを記入したのに消えちゃった!事件(?)が起きてしまっていたようです。原因不明なのですが、私の使うサーバーの不具合かもしれません。承認制になっているので、私が確認して始めて表示になります。せっかく書いてくださったのに消えちゃっていたら、ごめんなさい〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

2 Replies to “7月始め:今年始めてのお花”

  1. こんにちはーお花が綺麗な季節になりましたね。咲いている間はずっとこの良い季節が続きそうな気がするのに、気が付くとあっという間に秋になってるので、今年はもっとお花を愛でなくては、と意識して見るようにしてます(*’▽’)
    Doodleいつも楽しみに見せて貰ってます。色使いがとっても素敵だなーって思って見てるんですけど、きっと身の回りにカラフルな色がたくさんあるから、そこから影響を受けたりすることもあるのかなあ…とちょっと想像してました。また新作楽しみにしてますね!

    1. Saoriさん、こんにちわ!
      そちらの今年の夏はあっついんですよねぇ? 6月は本当に寒い日が続いたので、今年の我が家の野菜たちは「変」ですよ。でも、花たちは野菜よりも柔軟性があるのか、遅れながらも咲いてくれています♪ 葉っぱや花が広がって大きくなっていく様子って、みればみるほど神秘的です。 うちの庭は統一性やデザイン性には欠けるのですが、この時期はミツバチや蝶々、ハチドリがたくさん遊びに来てくれるのでぐちゃぐちゃでもオッケー!です(笑) 
      あははっ。ホコリまみれのDoodle、覗いてくださってありがとうございます~。嬉しい。 「渋いモノトーンや北欧チックな色使い」を試してみたりもするのですが、落ち着くところはあんな風ですね。人それぞれの色彩感覚ってどういうところで培われているのでしょうねぇ。 次の絵しりとり、アップしますね~。

コメントは承認後に表示されます。