窓拭き、スコーン、桃色のバラ。

なんとか晴れた週末☆ よく働いたと自分でも思う。

まずは窓拭き!先日、ドイツのくまさんが「窓拭きの心得」「窓拭きの手ほどき」(←と私が勝手に呼ばせてもらっている)をブログで紹介されていた。→ここです☆

いやぁ、素晴らしい! なるほどなーーーっ!思う点がたくさんっ。「窓枠から汚れを落とすべし」「窓は最初に内側をきれいにするべし」。くまさんの説明を読んでいると、とても理にかなっていて「そっかぁ、そうだそうだ」と納得。洒落た道具はないけれど、とにかく「週末晴れたら窓拭きをするのだ」って気合まんまん。

裏庭に面した窓は高い位置にある。以前ははしごを立て掛けて掃除してたけど、わたし、はしごに登るの大嫌い。

で、長い「柄」のついた窓拭き道具(片方にスポンジ、片方にスクイージー)と、ホースにくっつけて使うタイプのWindexで窓掃除開始!このホースにくっつけるタイプのは、スゴイパワーで噴射されます。まず、「リンス」に設定して水をぶっかけてOff。スポンジでこすって予め汚れをおとして、またリンス設定で水をかけ、その後「洗浄」に切り替えて石鹸水みたいなのを吹き付ける。そしてまたリンスで流し落とす。

手で拭き取るように完璧にはきれいにならないけれど、大きな汚れはおちてぴかぴかしたので嬉しい☆

すっかりいい気分になって、お昼にはミットゥンさんがインスタで紹介されていた「無花果とほうじ茶のスコーン」を焼いてみた!

ミットゥンさんのレシピはシンプルなものが多く、「おっ☆」と思ったその勢いで作っちゃえるのが嬉しい。

ほうじ茶と無花果☆ この二つの素材を組み合わせるのが斬新〜。

ほうじ茶はミルサーでガガーーーっと粉にして。焼き上がったスコーンの香りがほうじ茶!香ばしさがそのままふわぁんと口の中に広がり、無花果の優しい甘さにぴったり♡ ドライなスコーンって、私あんまりすきじゃないんだけど(喉がつまりそうになるので)、久しぶりに作ったこの風変わりな素材のスコーンは美味しかった!一気にふたつ、食べてしまった。ここにホワイトチョコチップを加えるのもアリかも。。。なんて思った。

少しずつカモマイルを摘み取って。お茶用に乾燥させる。

ゆっくりとだけれど。ようやく、バラが咲き始めた。

コンスタンス・スプライちゃん。

今年はつぼみにアブラムシ(?)がついてしまったのがあり、外側の花弁がやぶれちゃっていたりする。それでもかわいらしい。爽やかな香り。

バラを飾ることができるということ。この季節の贅沢です。

気持ちの良い一週間になりますように♡

「窓拭き、スコーン、桃色のバラ。」への4件のフィードバック

  1. すごーい、Papricaさん、頑張った!!キレイ、キレイ。
    この窓は桟もあるし、こりゃ大変だわー。

    1. くまさ〜ん、頑張ったよ〜!
      くまさんの手ほどきを読んで、よっしゃ!って気持ちになれたのですよん♡ 刺激をありがとう〜!
      完璧じゃないけど、気持ちがスッキリしましたっ。

  2. くまさんの説明、思わず窓を拭きたくなる理にかなった内容で私も早速やってみました。と言ってもコンド住まいなので合計4.5枚。一軒家に住むPapricaさんには頭が下がりっぱなしです。
    ええっ、カモマイルも育てているの?さらに自家製のお茶まで作ってしまうとは…素晴らしいです♪

    1. Cecileさん、こんばんわ!
      ぷぷっ、Cecileさんも刺激を受けて窓拭きしちゃったのですね〜(笑) 合計4.5枚、お疲れさまです! 私が掃除したのは、この裏庭に面した窓と家の片方の側面一階分だけですよー。全然すごくないです。
      窓拭きって、結構上半身の力が必要でしょう?力尽きてしまいました。来週、残りを拭きます〜。
      カモマイルはこぼれ種であちこちから出てくるんですよ。自分で「ここに芽を出してね」って植えたものはうまく育たないのに、こぼれ種組は元気です♪ ドライのカモマイルって、買うとすっごい高いから(笑)。貧乏性なんですよー。

Cecile へ返信する コメントをキャンセル