庭のシルバー・グリーンとGusの新しいセーター

ふぅ。なんとも落ち着かない一週間。心はざわつき、流行っている風邪だかインフルエンザの「はしくれ」を体の中に感じ続けて疲れた。

気持ちのざわつきは、先週末から月曜日にかけてBC州を襲った豪雨とその被害の規模にもある。土砂崩れと浸水で主要なハイウェイを含めたいくつもの交通機関がが破壊された。バンクーバー東部の農場地帯なども2m以上の水に浸かってしまっている。非常事態宣言が出され、数百万のひとたちが避難している。ビクトリアもあの日は怖いほどの雨が降り、その後強風にさらされた。今回の水害で避難を強いられた人たちの中には、夏の山火事で全てを失ったひともいる。心がいたむ。

わたしは普段どおりに毎日をおくれているというのに、ざわざわと落ち着かない。今日は雨が降っていなかったので、庭の「簡易グリーンハウス」を骨組みから外して片付けた。次のストームでぶっ飛ばされないように。簡易、なので、ビニールの部分もひとシーズンで随分傷んでいた。来年どうしようかなー。

冬がもうそこまできている。冬を超すたくましい草花たちはシルバー・グリーンに光っていてきれいです。

↓↓これはこぼれ種から出てきた「セリンセ」。ゆっくりと大きくなり、来年の春に花が咲くよ。こうして冬を越した株のほうがずっと元気に花を咲かせる。

地味〜な葉っぱたちを見ているだけで、ざわざわがおさまるのだから不思議です。

今年の春に種から育てたシルバーセージ。

今の家を買ったときに、前に住んでいた家のお向かいのカーミーさんが、このセージ(乾燥したの)を束ねていぶして(?)家のなかの良くないものを「お祓い」してくれたっけ。カーミーさん、今はどこでどうしているのかなぁ。

↓↓ これ、今日植えたのです(笑)。こんな時期に植え替えていいのか?って思いながらも植えました。

秋の初めにポットに蒔いておいた「白いオダマキ」の苗。すごく繊細にみえるけど、オダマキさんたちは結構タフなので、きっとだいじょうぶ!

最高気温が8度くらいになってきたし、Gusはおじいちゃんだし、新しいセーターを買ってあげた。フリースのセーターで、とても着せやすい。Wilderdogっていうところのものです。

アウトドア派のわんこたちのためのブランドのようです♪ セーターやブランケットや寝袋まである〜。

Gusはもう全然アウトドア派じゃないけど、ぬくぬく過ごそう!

今日は車でいつもの丘の下まで行って、そこからゆっくりと丘の上まで歩いた。それもなかなか足が進まなくて時間がかかったんだけど、丘の上のにおいは大好きだから喜ぶかなーと思って。足が痛むわけではないみたい。ただ、うまくコントロールできないし安定しない。家の中の階段はもう登るのも降りるのもできない。またできるようになるかなぁ。視力もぼんやりとしてきているのかなぁ、という気がする。不安じゃないかなと少し心配にもなる。

でも、丘の上でぶらぶらとしていると、少し嬉しそうに笑った。

なんだか、色んな思いがめぐって。みんなおじいちゃんやおばあちゃんになるんだなぁと。

今日も良い日やねー、わたしたちはちゃんとここにいるからねーって言いながら、Gusのおでこや目にいっぱい「ちゅー」をする。

明日も歩くよ、Gus!

「庭のシルバー・グリーンとGusの新しいセーター」への6件のフィードバック

  1. 大変なお天気だったのですね。気候変動の影響はアジアが一番大きいという記事を読んだことがありますが、そんなことは無い本当に世界的ですね。10年後はどうなってるのか考えるとちょっと怖いです、、、。
    Gusくんのお洋服可愛いですね!似合ってます!ワンコは今を一生懸命生きているから、飼い主も怖がらずに見習って、っていうのもどこかて読みました。
    中々バランスとるの難しいですね。私も未だに時折、哀しみと不安に引っ張られそうな衝動に襲われるときもありますが、ミルクさんの笑顔が特効薬ですよ!papricaさんも、そうですよね!ファイト!

    1. みるくさん、おはようございます!
      今回の豪雨がもたらした被害には言葉を失いました。私の住んでいるところでもあの日の雨は異常で恐ろしかったです。自然災害の起こる頻度だけでなく、そのスケールも大きくなっています。こちらのニュースでも、こういうことが例年起こってもおかしくないって。どんな風に生活をしていくべきか、考えさせられます。

      Gusの新しいアウトフィット、かわいいでしょー?実はGusの体の長さに合わせて買ったら、胸がぱっつんぱっつんで入らなかったんですよー。で、大きめのに変えたら少しバスローブ的になってしまってます(笑)
      突然の体の変化にGusもためらっているようです。が、Gusよりも私たちのほうが精神的についていけてないようです。Gusは今の自分でこの日をのんびり精一杯過ごしているけれど、私なんてすぐに「ちょっと前まではこの道もすたすた歩けたのに。走って笑えたのに。。。」って比べちゃって悲しくなってます。
      みるくさんのアドバイスのとおり、私も笑顔で今こうして一緒にいるときを楽しまなきゃ!と思います。ありがとうございます♪

  2. たとえほんの少しでも歩けるって幸せだし、少しでもそれを気にしてくれる人がいるってもっと幸せなのかなと。全然違うことだけれど、家から出るのもままならなかった長いロックダウンで感じました。笑顔はきっと幸せの印ですね。
    大雨のニュースは気になってましたが、後から道路閉鎖、軍派遣、給油制限とさらに情報が出てきて事の重大さに気づきました。普段通りの写真を拝見して、ちょっと安心しました。

    1. tagnoueさん、ありがとうございます。
      涙が流れてしまいました。本当です、こうして少し笑顔がでてくるっていうのが、Gusは今を今のかたちで楽しんでいるということですね。にんげん(私たち)の方は気持ちがぶれてしまって厄介です。今日も雨が降っていないので、少し外に連れ出そうと思います!
      今回、BC州を襲った豪雨が残した足跡は痛々しいです。多くの人々の生活や農場の生きものたちの命も奪われてしまいました。
      穏やかに、いつもの暮らしをおくれることに感謝しています。

  3. Papricaさん、
    Gus君の最近の様子が心配です。急に元気がなくなった様で、Papricaさんの気持ちも落ち着かないのですね。でもGus君、一生懸命に毎日暮らしていますよね。 Papricaさんがいつも側にいるから、Gus君は何が起こっても大丈夫ですね。大きな愛に支えられていますからね。

    British Colombiaの洪水の記事と動画を見て(アメリカの“The Washington Post “の記事) 心を痛めています。過去の山火事や今回の洪水で人々のの生活が脅かされているのは本当にこころ苦しくなります。普段の生活に早く戻れる様に祈っています。

    1. Miekoさん、こんばんわ♪
      お気遣いありがとうございます。Gusにとってずいぶん大きなショックだったのだろうと思います。犬にもプライドがあるんでしょうね。今までのように階段を登れなかったり、おしっこするのに片足を上げることができなかったりするときに、「できないんですよ。。。」って申し訳無さそうな目をするんです。私が勝手にそう解釈しているだけかもしれないけれど、Gusは顔によく出る犬でわかりやすいので私もそう思っちゃうんですよねぇ。地道にリハビリを続けます!

      BC州の豪雨から一週間です。自分たちの生活をそっちのけで援助にかけつけている、多くのボランティアのひとたちにもエールを送り続けます。一日も早く、暖かく安心して眠れる日が戻ることをわたしも祈っています。

      p.s. アレックスくんが元気そうでほっとしました!あと「CCRC」っていうのは初めて聞きました!続きを楽しみにしています♪

paprica へ返信する コメントをキャンセル