夢とタヌキ

夢で。

みんなおでこに「きのこ」が一本生えていた。

りっぱなきのこで、色とりどりで。平均すると、「ドアノブ」よりひとまわり大きなきのこ。

わたしのおでこにも付いていたけれど、何色だったのか見ることができなかった。

***

タヌキ。

今日、仕事帰りに家の近くの道を一匹のタヌキが歩いていた。歩道と車道の境目辺りをそろりそろりと。

こんな明るい時間帯にタヌキが歩いているのも珍しいな、と、自転車のスピードを落として目の前を横切ろうとするタヌキをよく見てみると、彼の両目が真っ白に濁っていた。

「白内障?」 歩道から車道への少しの段差を小さな両手でとんとんと確認して降りていた。目が見えないのか。

朝も夜もわからないのかなぁ。彼には家族がいるのかなぁ。目が見えなくてもイヌと同じように嗅覚はいいからあまり不便はしないのかなぁ。不安かなぁ。

と、去っていくタヌキを見ながら心配してしまった。Gusも最近ちょ〜っと耳が遠くなっているような…

ちょっと迷惑なケモノも家族もみんな元気なのがいいね。

2 Replies to “夢とタヌキ”

  1. 相変わらず、発想が独特だよね。papricaさんは色や形の面白さからくる夢が多いね。
    キノコがドアノブみたいに生えてる星、きっと美の基準はもう顔の造作ではなくて、キノコの美しさや色になるんだろうなー(笑)

    たぬき、大丈夫かなあ。車にはねられたり捕まったりしなければいいね。
    ちょっと、心を痛めてしまった。。。

    1. africaさん、おはよう!
      発想、なのかなぁ。とてもランダムに要素(?)を組み合わせているだけのような気がすることもあるよー(笑)きのこの夢ではストーリーはほとんどなくて、きのこの人たちが行き交うのを見てた。立ち止まって手を合わせて拝んでいる人もいたよ。それが挨拶の仕方だったのかも。そんな星、どこかにあるのかもね♪ きのこにオシャレしてみたりしてね~。
      狸、気になったよ。事故にあったりしていないといいけれど。庭で悪さをされると腹が立つけれど、不自由だったり痛みを抱えている生き物をみるのは辛いよね。
      p.s. ぬか床にしいたけ入れましたー。

コメントは承認後に表示されます。