さくっさくっさくっ。

雪が全部消えてしまう前に。しつこいようだけど、またまた雪のリポート~(これで終わりにするからね)。

お昼休みに大学の庭と小さな林の中を歩きたくって。もう、その気まんまんで長靴にレイヤーつけて出勤!

「雪化粧」ってうまく言ったものです。こういう季節の移り変わりの中で使われる表現においては、日本語は豊かだと思う。中国語もそうかな。無理やり英語にして「Snow makeup」なんて言ったら雰囲気が台無しよねぇ。

あ、でも今日、ランチタイム瞑想のヘンリーさんからのグループメールにこんなのがあって。

これは「Kahlil Gibran(ハリル・ジブラン)」というレバノン系アメリカ人の詩人・画家・彫刻家の引用。「優しさって雪のようで、包むものすべてを美しくみせる」かな。日本語の「雪化粧」っていう表現と重なったタイムリーな引用だった。このギブランさんの引用にはなかなか「はっ」とさせられるものがある。また時間のあるときにみてみたいな。

水分を沢山含んだ重たい雪。道路はぐちょぐちょで、半分溶けた雪が歩道に押し上げられていたりして歩きにくい日。でも、大学の小さな林の中のトレールやお庭は踏み固められた雪がきれいだった。きゅっきゅっという音がする。

青空が広がり気温も徐々に上がり、歩いていると時折、ずさっと木の上から雪が落ちてきた。楽しい〜。犬に負けないくらい雪道を歩くのが楽しい。

かわいらしい雪だるま。こんにちわ。ちゃんとにんじんの鼻をつけてもらい、赤いボタンのシャツを着て、にっこり笑ってた。

スキー服着てたら、迷わず座ってたよ。このベンチ↓↓ ふっかふか。

こんな風にお昼休みに歩ける場所があるの、ありがたいな。

水曜日は昼休みに瞑想に行くのだけれど、今日はスキップ。歩きながらの瞑想、ということで。

いつかこんな風な雪の林の中をクロスカントリースキーしてみたいなー。

誰もまだふんでいないふかふかスポットに誘われて… さくっさくっさく… おすそわけ。です(いらないって?)

ごちそうさまでしたっ♪

8 Replies to “さくっさくっさくっ。”

  1. そうそう、papricaさんのとこって、寒いけれど雪はそんなに積もらないのよね〜。たまにだったら楽しいよね、雪。ガスちんも楽しそう。肉球冷たくないのかな?

    こちらは週末大雪の予想だったけど、ちらほら降ってほんの少し積もってあっという間に溶けちゃった。積もったらハム太を遊ばせたかったけど、路面が凍結したところを駆け出したり、手を引っ張られたり、あるいは抱っこをせがまれてスベる可能性が大なので、積もらなくて良かったかも。笑

    1. umiさん、こんにちわ~。
      そうよ~、ビクトリアは温暖で雪が降ることは珍しいところなんだけどね。何やらパイナップル・エクスプレスっていうもの影響なんだって。
      Gusねー、ふかふかの雪は好きみたい。でもぐちょぐちょしてたり凍っていると、すっごい嫌そうな顔する。わかりやすいよ。 道に蒔かれる「ソルト(除雪剤?)が肉球にはよくないので、家に帰るとぬるま湯で洗ってそのあとクリーム塗ったりしてます。

      大雪だって言ってたのにたいしたことなくて、ブログのお友達が「降る降る詐欺だ」って言ってた(笑) ハム太ちゃんももう少し大きくなったら、雪の中で走り回ったり雪だるま作ったりできるよねー。来年降るかな?

  2. 映画のセットみたい~ さくっさくっ気持ちいいお裾分けありがとう。Gusが一緒でなくて残念ね。

    1. poeriさん、こんにちわ!
      真っ白の景色、きれいだった~。今日から雨になるのでどんどん溶けていくんだろうけれど、今朝はまだ大学のフィールドはまっさらな雪で真っ白でねー。「あぁ、ここ走りたい~」って眺めてしまったヨ。

  3. ここ数日のビクトリア、雪がすごいねー。私がいた頃、ドカ雪が降った年が1〜2回あったけど、せめて1月だったように記憶している。2月半ばにそれだけ積もるのは珍しいよね。
    でもたまにしか積もらないビクトリアだから、少々不便でもワクワクするよネ。私はビーコンヒルの春になると水仙が咲く斜面に、友達とそり遊びに行った。月明かりの中、雪まみれになったのが懐かしい。

    1. Mahoさん、こんにちわ~。
      うん、今週はすごかったよ~。過去の経験を生かして(?多分)、街の雪対策は良くなってきているとはいえ、どさっとまとまって降ると交通手段がなくなっちゃうのがビクトリア。休校になった日は静かで心地よかったよ。ニュースでもビーコンヒルでのそりすべりの様子が映ってた!月夜にそりすべりかぁ~。素敵な思い出だね。こっちの人たちって、大人も一緒になって雪合戦したり、そりすべりしたりするのが可愛らしい。妙に真剣になってたりしてね(笑)そちらも寒そうだけど。。。雪は降らないのかな?

  4. お、Khalil Gibran?!Prophetという詩集持ってるよー。だんなさんからもらってとても大事にしてる。どの詩もとても奥が深くて何度でも読んでる。画家、彫刻家なんて知らなかったしアメリカ人なんだねー。とても昔の預言者?みたいな人なんだと思い込んでた。絵もすごいねー。
    雪上のヴィデオpapricaさんが感動したり立ち止まって周りを眺めたりする様子が伝わってきて、こんな感じの人なんだーと想像しちゃったよ。ふふ。
    コルマールはだんだん春に近づいているみたい。昨日はクロッカスとスノウドロップが咲いているのを見かけたよ。
    今年はイタリアに行くの?夏の予定を少しづつ考えてて、わたしフィレンツェに行ってみたいんだ。

    1. heleboreさん、コメントありがとうございます♪
      へぇっ、ギブランさんの詩集?!それも旦那さまからの贈りもの。英語…かな? 図書館で探してみるねー♪ 私はちらりとネット上で彼の引用文を読んだだけなのだけれど、深さの中にぬくもりや優しさがこめられていて、真実の厳しさだったり、いいな、って思いました。多才な人だったんだよね。

      あははっ。そ、雪の上で一人遊びしてきましたー。誰もふんでいないところを選んで、もっともっと歩こう!って。足がかなり冷たくなったけど楽しかったです。
      こちらも雪が降るまえにスノードロップやクロッカスが咲いてたんだよー。あの子たちぺたんこになってしまった。
      我が家は相方の調子が安定するまで旅行は無理そうです。いいねぇ〜っ、フィレンツェ!!お話楽しみにしてまーす!

コメントは承認後に表示されます。