ごんたの旅立ち。

大きな花の満月の夜、ごんたは旅立った。

ごんたらしいな。

ごんたは柴犬なので、柴犬特有のデリケートさや気品をもっていた。

家の中や、オムツをされてオシッコをするのが嫌で、足がふらふらして立てなくなっても外に出たいといって夜中に何度も母を起こした。母が二階にいるときには、モモが母を呼びに行って起こしたらしい。昨日の夕方、父に抱かれて外の階段下までおろしてもらったときには、それまで下げたままだったしっぽを大きくブルンブルンと振ったんだって。それはきっと、父へのありがとう。

こどもの日に、妹二人の家族が集って皆で食事をしたときには、すすすっと円卓の下に忍び込んですやすやと眠っていたそうな。皆に囲まれて。きっとそれは、みんなへのありがとうの挨拶だったんだと思う。

ごんたは昔からひとへの挨拶は鼻先をちょんと撫でられるだけ、家族にだって抱かれるのが大嫌いだった犬。だけど、認知症が出始めた頃からは、母にすり寄ってきて胸と胸を合わせるようにして抱っこしてもらうと安心して泣き止んだんだって。

生きものがみんなそうなのか知らないけれど、今まで我が家で飼ってきたわんこたちは、死ぬ数日前になるととてもきれいになった。それまでの全てを落としてしまうように。ごんたも、見えない目は目やにでくっついていたし、歯もぬけきれないのがごそごそし、毛並みも毛羽立って白っぽくなっていた。それが、4日ほど前に両親とスカイプで話したとき、「すごくすっきりきれいやで」と言っていた。口臭がなくなり、毛が不思議ととてもツヤツヤとして。閉じたままだったまぶたがあいて、ガラスのような目で見上げてくるんよ、と母が言っていた。

昨夜、母が最後にトイレに連れ出してあげたとき、もう動かなくなった4本足でしっかりと立ち、ぶつかりながらも飛ぶように公園の方まで駆け足をしたんだって。連れ戻しにいってあげるとしっぽを大きく振ったそうです。母が抱き上げて玄関下の階段をふたつあがったところで、ごんたは二つ鳴き、そのまま永遠に目を閉じたそうです。

最後に外で走りたかったんよね。ってみんなで言った。その姿がきっと、毎晩寝ずにそばにいてくれた母へのありがとうだったんだろうな。

ごん兄ちゃんが大好きだった甘えたのモモは、一晩ずっとごんたのそばから離れなかったよと、妹が写真を送ってくれた。

もう一度、頭をくしゃくしゃとなでてあげたかったな。先週、一緒にタンゴを踊りに夢の中に会いに来てくれたのが、私へのあいさつだったんだろうなって思う。

27日の朝、きれいな着物の箱に大好きな毛布やおもちゃやスナックを詰め込んで、父の般若心経の写経を胸におさめ、たくさんの花に囲まれてみんなに見送ってもらったようです。虹の向こうで、先代ももちゃんメメちゃんといっしょに走りまわってね。

ごんた、ありがとう!

「ごんたの旅立ち。」への12件のフィードバック

  1. パプリカさん、

    つらいね。。。ゴンタ君、皆んなに愛されてたんだね。今は空の上で走ってるかな?そうだといいね。パプリカさんは大丈夫?遠くからだけど、hug送るね。

    1. Kumasakiさん、どうもありがとうね♪
      ほんと、昨日は一日ずっとそわそわしてた。わたしはゴンタと暮らしたことはないんだけどね、やっぱり悲しいなぁ。もう一度会いたくて、コロナがなければ去年か今年の春に帰国できてたのにって、悔しかった。 でも今頃、ゴンタのお姉ちゃん犬の先代メメちゃんと一緒に走り回ってると思うよ〜。
      Hug、ありがとう!

  2. ゴンタ君、Rest in peace. Two to tangoはpapricaさんへのメッセージだったのですね。

    1. Cecileさん、温かいメッセージをありがとうございます。
      そうですね、「ぼくちん、そろそろ行かなきゃいけないので、さいごに踊っておきましょう。」って、そんな感じでしたね♪ 
      Society6にアップして、妹たちと両親に送ることにしました♪
      Gontango

  3. 最後まで読み終わり、涙と鼻水を拭きにティッシュを取りにいきました。
    途中、モモさんって誰だっけ?って疑問が湧いてきて。
    そしたら、ごっついワンとのツーショットが出てきて、あーそうだった!と思い出し泣き笑いになっちゃった。
    モモさんにとってごんたさんは遊び友達?先輩?ライバル?いや、やっぱり家族なんでしょうねぇ。
    1日でも長く一緒にいたかったであろうご家族の皆さまのお気持ち、お察しします。
    柴犬ってそういう犬なんだねー
    気質や個性を深く理解してくれて無償の愛で包んでくれる家族と暮らせて、ごんたさんは幸せだったと思うな。

    1. アキラさん、メッセージどうもありがとう。
      こうして書き出すことで、少し気持ちの整理がついたよ。実家の方はちょっと大変みたいでねぇ、心配。
      おてんばモモにとっては、ゴンタはお兄ちゃんだったんだよー。彼女がパピーのころから、ずっと甘えてきたし、ごん兄ちゃんは優しいから何をされても怒らなくってね。モモも寂しいようで元気がないのよ。。。
      最後もとてもゴンタらしかったよ!母が、もう一度ゴンタが走る姿をみたいわぁ、って数日前に呟いてたの。だから思いっきり走って、行ってきます!っていって旅立ったようでね〜。 
      生きものと暮らすと、この最後がいつもとてもつらいです。楽しかったことを思い出して笑って元気出さなきゃね!

  4. papricaさん、お知らせくださってありがとうございました。すぐにこちらにきて読ませていただいて、涙がとまりませんでした。時間をおいて3回よみました。毎回涙、涙でした。

    ミルクさんは徐々に弱くなってるものの、なんとか自分で立てて、すこーしだけまだ歩けます。ご飯は私たちが朝と夜に20分くらいかけて食べさせています。ごんたくんと一緒で以前は絶対に抱っこさせてくれなかったんですが、今は抱っこすると嬉しそうな顔をします。

    ごんたくんは一杯愛されましたね。モモちゃんの顔がたまりません。最期のほうはご家族も大変だったと思いますが、その分、きっとまた情も深くなって、元気だった頃とは違う愛情があったと思います。書きたいことは沢山あるけど、うまく言葉にできなくてすみません。

    読ませていただいて、ミルクさんにかけた言葉は『お願い。死なないで。』でした。旅立ってしまったら、ただただ悲しくて悲しくて悲しくて。その先にどうやっていけるのか、ものすごく時間がかかるだろうなぁと漠然と思っています

    papricaさんのこちらのイラスト、ほんとに素敵です!タイトルも最高!
    いつの日か、ミルクさんのイラスト書いていただけませんか?購入させていただきたいです!!!

    1. みるくさん、あたたかいメッセージをありがとうございます♪

      ごんたの耳が聞こえなくなって目も見えなくなったときに、みるくさんの老犬介護アドバイスを母に伝えてずいぶんと救われたんですよ。ありがとうございました。
      ミルクちゃんはまだ自分で立てて歩けてご飯もきちんと食べれていると聞いて、ほっとしました♡ この間の「バギーの中からお手々バイバイ」が可愛かったです〜。
      元気に夏も過ごせそうな表情でしたよ!
      ごんたは最後までオムツなしで、失敗も一度きりだったんだそうです。夜も頻繁に母やモモを起こしたそうですが、みんな「ゴンタのプライドやね」って言って付き合っていたようです。今回は母がずいぶんショックを受けて、倒れちゃって。。。 幸い、妹二人が近くに住んでいるので駆けつけて仕事も休んでくれまして、みんなで最後のお別れもできたようです。寂しいけれど、ごんたの生きた16年と9ヶ月をみんなで祝ってあげようねって言い合ってます。

      一日一日精一杯のミルクちゃんとの「今」を、思い切り楽しんでください♪ 
      イラスト、見てくださってありがとうございます。ミルクちゃんのイラスト、楽しそうです☆ わたしで良ければ、また「こんな感じのミルクちゃんを。。。」というお話を聞かせてくださいね!

  5. お母さん、とても心配ですね。また涙がこぼれました。自分でもそうなってしまいそうです。時間がかかるかもしれないですが、お庭のお花の美しさや四季の移ろい、そして何よりモモちゃんの可愛さに心が動いていきますように。離れていると心配だと思いますが、今度はpapricaさんはじめ、ご家族の皆さんの愛情がお母さんを支えてくれると信じます。

    イラスト書いて下さるのですね~。とってもうれしいです。300以上の山を一緒に登ったのに、手元にあるのはミルクさんの写真ばっかりで3人(正確には2人と一匹ですが:))であんまり撮ってないのです。山ガールだったミルクさんと、とびきりの笑顔のイラストを描いて頂けると嬉しいです!

    1. みるくさん、おはようございます♪
      みるくさんに悲しい思いをさせてしまってごめんなさい。同じくシニア犬と暮らしていると、「自分の場合は。。。」って重ねてしまいますよね。よくわかります。
      どのわんこにも(生きものにも)その時はやってきますが、それまでは今ある一日を精一杯楽しみましょう♡(と、私も自分に言っています。笑。)
      温かいメッセージ、ありがとうございます。母にもみるくさんの言葉を伝えました。

      みるくさんの理想のものに近いものが描けるかどうか自信もないのですが、トライしてみますよ♪ またタイミングを見てお写真など送ってください。
      良い一週間を!

  6. 読みながら、涙が出てきてしまいました。辛いですよね。お母様、大丈夫ですか?

    1. あきさん、お気遣いどうもありがとうございます。
      ブルドッグのおてんば娘モモが寂しそうな目をしているのが気がかりです。人間のように元気づけることもできないし。時間がたっていつもの元気さを取り戻してくれるといいです。
      生きものと暮らしていると、ホント、別れがいつも辛いんですよね。

paprica へ返信する コメントをキャンセル