ありがとう、Gus。

一月五日。Gusが天国に旅立ちました。

14歳と9ヶ月と1日。

とても穏やかに寝入って、そのまま逝ってしまった。きっと目を覚ましたら、よいしょよいしょって掛け声かけて虹の橋をわたっていくんだろうな。鮮やかな七色の光に包まれて、小鳥の声や他の動物たちの声も聞こえて、優しいゴン太が待っててくれる橋の向こうまで、よいしょよいしょって。

お正月明けから厳しい日が続いていて、足がふらふらで昨日・一昨日は立てないこともあった。一度倒れると自分では起き上がれなくてばたばたして。ぎこちない歩き方で壁や部屋の隅に突進していってそのままの状態だったり、という頻度があがってきていた。足が硬直していて自分でベッドにもはいれない。それでも私が家にいてそばで見ていてあげれるなら、そんな状態でもなんとか過ごせた。

出勤が始まった昨日の夜、Gusにさようならをするべきなんじゃないかと相方と涙で話し合った。辛かった。Gusの命の終わりを私たちが決めて良いのか。そんなことをしていいのか。それが正しいのかなんてわからない。でも、Gusの中にまだGusらしさが残るうちに、きちんとさよならを言いたい。もう、壁に頭をぶつけることもない、自由に解き放ってあげたい。その思いで決めました。

今日は大好きな海岸に一緒に行き、打ち上げられた海藻のにおいをかぎ、足に冷たい海水を感じたGus。抱き上げて「覚えてる?いい匂いやろー。」って声をかけると、私の目を見て鼻をぺろぺろとなめてくれた。

ついでに、パピーの頃から何度も駆け回った大好きな丘の上にも行った。ぐるりと平らな小道を歩き、とても良いウンチをころんとしスッキリして帰宅。

私が鳥のフィーダーに餌を入れるのに、一緒に庭に出て、少し土をほって匂わせてあげた。私がたんぽぽを抜くと、必ず寄ってきて土を臭って食べて口の周り真っ黒にしてたよね、Gus。

お昼過ぎ、私の焼いたビスコッティを細かく割ってあげると、ほぼ一本美味しそうに食べた。最近ヒットだったジャーキーは3本食べた。お水も自分でちゃんと飲めた。今日は良い日。

そして長いお昼寝。

獣医さんが来てくださった。彼女の顔を見るなり泣けてきて、こんなに調子が良いのに…って言うと、「ある意味、Good Dayにさよならができることは幸せですよ」と。

穏やかに眠るGusにいっぱいチューをして、心が張り裂けるほどごめんねと、ありがとうを言って、そのままGusは旅立ってしまった。

もっと、あと数週間でもいい、生きさせてあげればよかったのかと、正直、気持ちが悪くなるほど辛く思う。Gusはもっと生きたかったかなって。もう一度、ぎゅっと抱っこしてGusのにおいを嗅ぎたいのに、もうここにいない。自分たちでGusにとっての選択をって決めたというのに、Gusが去ってしまってすぐに間違ったことをしたんじゃないかと、そんなことをいっても手遅れなのに思ってしまって、ごめんねごめんねGusと、謝り続けてしまう。

発作の起こる2日前、丘から駆け下りたところで。

わたしたちの天使。

本当にかわいい子だった。なによりもかわいくて、美しい存在だった。

あふれるほどの笑いと喜びを届けてくれた。どんなときもすぐそばにいてくれた。私が涙を流せば、寄り添ってくれた。相方と私が笑って話をしていると、かならず間に入ってきた。かわいくてやさしいGus。

あぁ、もう一度、ぎゅぅっと抱きしめて、ほんのり甘い香りに鼻をうずめたいよぅ、Gus。

 

君は愛のかたまりだった。「愛しむ」ということを教えてくれた。

Gus、ありがとう。わたしたちの光。光そのものだったね。

いつかまた会おうね。

Gusのことを愛してくれたみなさんへ。どうもありがとうございます。

「ありがとう、Gus。」への42件のフィードバック

  1. Gusちゃんありがとう。
    ゆっくり休んでください。

    1. パプリカさん、
      涙が出て止まりません。
      Gusはパプリカさんに出会えて、本当に幸せだったね。
      きっと“ありがとう”と尻尾をふりながら、虹の橋をかけているんだね。

      1. Miekoさん、温かいメッセージをありがとうございます。
        Gusのために涙を流してくださってありがとうございます。
        悲しさと寂しさの波がときおり打ち寄せるのですが、仕方ないですね。本当に、Gusはとっても優しい子だったので、ぼくちんはだいじょうぶーってしっぽを降りながら橋を駆け抜けていったと思います。

    2. taeさん、ありがとうございます。
      Gusのこと、いつも見てくださっていてありがとうございました。幸せわんこでした。
      しばらく大波が押し寄せるのでしょうが、ゆっくりと「とき」に任せようと思っています。

  2. みるくのれいこ より: 返信

    Gusくん、沢山の笑顔ありがとう。みるくを見つけて一緒に走ってくれるとうれしいな。

    1. れいこさん、ありがとうございます♡
      本当!虹の向こうにはみるくちゃんがいるっ! 
      みるくちゃん、Gusのことよろしくね。泳ぎの上手なみるくちゃん、Gusに教えてあげて。眺めのいい丘にも連れて行ってあげてね。

      メールもありがとうございました。とても救われました。

  3. Gusちゃん 安らかにお眠り下さい。
    素晴らしい家族に見守られてきっと幸せだったと思います。

    1. wakasaさん、ありがとうございます♡
      Gusはたっくさんのひとに愛されて、ネットの向こうの会ったこともないひとにも愛されて、とても幸せなわんこでした。
      もう一度あの笑顔がみたいです。

  4. 読んでて涙がこみ上げてきました…
    pikaoの天使でもありました Gusの笑顔ほんとにありがとうです
    むこうで元気に遊んでね 

    1. pikaoさん、ありがとうございます。
      pikaoさんのGusへの優しさをいつも感じていました。お会いしたこともないひとたちに、こんなにも愛してもらって、なんて幸せなわんこだったんでしょうね。
      はいっ、虹の向こうで今頃思いっきり駆け回っていると思います!

  5. Gus君、何年間もブログを通して本当にたくさんの笑顔と癒しを与えてくれました。本当に本当にありがとう。
    どうか安らかに幸せにあたたかい時間を過ごしてね。
    絶対に忘れません。ありがとう。

    1. 月子さん、ありがとうございます。
      Gusのことを遠くからたくさん愛してくださって、ありがとうございます。
      Gusの笑顔、寝顔、ぶすっとした顔、物陰から覗く目、全てが恋しくてしばらくは気持ちがぐらぐらしそうですが、少しずつ元気が戻ってくると思います。
      ありがとうございます。

  6. つらかったな。ほんまに…。けど、Gusは幸せ者やで!
    ツライ決断やったと思うけど、やっぱり最後は苦しむ前に神様のところへ連れて行ってあげるのも、私ら飼い主に課された使命なのかもしれない。天国で、元気に走り回って欲しいもんな。
    あー!ひと目会いたかったなー(笑)公園や海沿い一緒に走り回りたかった(私の足がつると思うけどな)。
    ゆっくりな。

    1. Kayoko、ありがとうなー。
      うんうん、ほんと、今思うと、旅立つ前夜もその日も穏やかやってん。出発準備やったんかな。この投稿のベッドの中で笑ってるの、前夜やねんで。私らおいおい泣いてたのに、Gusは「てへ〜」って笑ってたわ。こんな風に笑える子を送り出してしまうこと、それが正しいのかどうか最後の最後までわからんかったよ。昼寝の延長で旅立っていったし。Gusらしかったわ。
      Kayokoにも会ってほしかったよー。足つって転がってるKayoko思い浮かべると笑えるけど(ありえるわ)。 
      うん、ゆっくり過ごすわ。ありがとう♡

  7. 竹内 奈央 より: 返信

    年明けからブログが更新されなかったので、とても心配でした。くしゃくしゃっとした毛並みが、愛らしく大好きです。お二人と一緒に生きた時間さ、きっときっときっと幸せだったに違いないって思います。ありがとうございました

    1. 奈央さん、はじめまして♡
      Gusのこと、見てくださっていたのですね♪ 嬉しいです。
      Up&Downの続く日々でしたが、冬休みを一緒に過ごせたこと、大好きな雪の中を一緒に歩けたこと、Gusからの最後のおくりものでした。
      ボーダーテリアはショートにグルーミングするひとが多いのですが、嫌がり始めたのでもうそのまんまで、倶楽部もふりの会長を務めていました(笑)かわいい子でした。
      遠くからGusのことをかわいがってくださってありがとうございました♡

  8. papricaさん、

    大変お辛いなかのご投稿をありがとうございます。

    今までそっと覗かせていただきましたが、私もヒトの言葉を話すことのない子を何回か見送りしました。
    お別れがどんな形であってもやはり「あれをすべきだった、するべきでなかった」と考えてしまいますよね。
    でも、見送った者ができることは、楽しかった時間を何度も何度も思い出してあげることだと思っています。
    そして、今を一緒に過ごせている子を思いっきり愛して、助けが必要な子たちにできる限りの手助けをしてあげれば、見送った子たちもきっと喜んでくれると。

    patricaさんちの子だったGus君は、間違いなく、とびっきり幸せなワンコでしたね。
    どうぞ、ご自愛ください。

    ケイ

    1. ケイさん、はじめまして♡
      Gusのこと、遠くから見てくださっていたのですね。ありがとうございます。
      ケイさんを含め、お会いしたこともないたくさんの方から温かいメッセージをいただいて、本当にGusって愛されていたんだなぁって気づきました。
      悲しくてどうして良いかわからないなか、そんなメッセージに救われています。
      ケイさんのおっしゃるとおり、楽しかったときをたくさん思い出してあげたいです。色んなエピソードをひとつずつ。
      ありがとうございます♡

  9. Thank you Gus. Every time we met, you were always smiling – the happiest pup I have ever known. Thank you.

    1. Thank you!! Just remembering how crazy Gus was when he ran into you puts a smile on my face. Your crazy greeting made him nuts! haha…
      Yes, he was the happiest pooch, so loved, and filled with joy. Thanks!!

  10. すごいいい写真だね、キラキラしてる。

    パプリカさん、本当に辛かったね。。big hug 送ります。

    1. Kumasakiさん、どうもありがとう。
      Big Hug、うれしい。
      この写真を撮った日、この日がね、Gusが自分で丘を駆け下りることができた最後の日だったん。
      撮った写真をなにげに見たときにどきっとしてね。 この子は光だなぁって思ったんよね。本当によく笑うかわいい子だった。
      ありがとね、Kumasakiさん♡

  11. ヤマモト より: 返信

    Gusくん良い家族に恵まれて本当に幸せでしたね。Papricaさんお辛かったでしょうね。ここ何年かで東京から連れてきた2頭を見送ったときのことが思い出されました。きっと新しい出会いがやって来ますね。ゆっくりお休みください。

    1. ヤマモトさん、ありがとうございます。
      いずれはやってくる別れなのはわかっていても、気持ちの準備なんてできないですね。
      ヤマモトさんも、日本から一緒にカナダへのアドベンチャーに出発したワンちゃんたちを見送られたとき、そのときの悲しみは深かったことでしょう。
      Gusが新しい出会いを届けてくれると信じています。あぁ、でももう一度、Gusと海を見ながら歩きたいです。

  12. Gus君、Papricaさんに会えて幸せな人生でしたね。そしてお2人にとっても。獣医さんの言葉に大きく頷きました。寒さ厳しい日々なのでどうぞお体に気を付けてお過ごしくださいね。
    Rest in peace.

    1. Cecileさん、ありがとうございます♡
      Gusはかわいい子でした。ときどき、犬ってことを忘れてしまうような目で私たちをみて「ちゃー」って笑うんですもん。幸せでした!
      獣医さんの言葉に救われました。Gusらしい旅立ちだったなーって。
      空の上でもみんなに優しくしてもらっていることと思います。 ありがとうございます。

  13. Gus、今までよく頑張りました。
    楽しかったね、ありがとう。

    1. アキラさん、ありがとう!
      Gusのことずっと見てくれて、愛してくれてありがとうね♡ 最後までGusらしくって、それが私たちにとって救いです。

  14. うわーん、papricaさん、ハグ、ハグ、ハグ・・・

    1. くまさん、たくさんのハグをありがとうございます。
      この日が来るのはわかっていたけれど、心の準備なんてできないですね。まだそこにいる気がして、なんだか落ち着かないです。

  15. ああ、ついにお別れの日が… でも、命あるもの、いつかはそれが尽きるわけですものね。ただ、みおくったものの哀しみは計り知れず…。

    Paprica家で愛されたGusは、幸せな一生を終えたにちがいありません! しばらくはつらい日がつづくと思いますけど、時が癒してくれるはずです。

    そして想い出もいっぱい。

    RIP

    p.s.
    2年まえの暮れに愛猫を亡くしたとき、息子夫婦も相当落ち込んでいました。気分転換に海外旅行へ、と思ったらコロナでゆけず…で、最近、保護猫をひきとって家族に加えたところです。(ノラのときにひどい目にあわされたのか、まだ撫でさせてくれない!と嘆いてますが)

    1. serendipityさま、ありがとうございます♡
      本当に、見送ってあげないといけない日が来るのは十分にわかっていても、心の準備はできませんでした。
      正直なところ死期が近いことを感じていて、元気を出さなきゃと思いながらも涙を流す日がたくさんありました。
      Gusの笑顔にはずいぶんと照らされ支えられ、わたしたちも幸せでしたよ。 そうですよね、時にまかせて、ゆっくりと思い出を整理していきたいです。

      息子さんご夫婦の悲しみもよくわかります。2年待って迎え入れた保護猫ちゃん、かわいいのでしょうね♪ これもまた時にまかせてゆっくりと心を開いてくれるのを待つのみですね。これからたくさんの幸せを紡いでいってください。

  16. Gus君、papricaさんと一緒にいられて幸せだったと思います。

    1. tabisuurueiyoushiさん、ありがとうございます♡
      まだすぐそばにいるような感じがして寂しいです。Gusは本当にたくさんのひとに愛され幸せなわんこでした。Gusと暮らすことができたわたしたちも幸せでした。

  17. 私が papricaさんのブログに初めてお邪魔したのは
    2014年8月です。
    それから ずっと Gusくんの 元気な様子を
    ブログを通して 拝見してきました。

    いつも にこにこ笑って 海岸をお散歩したり
    お庭でごろごろ寝そべったり~
    今は天国で 走り回っているかな・・・

    1. nonさん、ありがとうございます♡
      わぁ。7年半ほどGusを見てくださったのですね! 7年前のGus、若かったなぁ。色々と懐かしい思い出が蘇ってきます。
      もう一度、思いっきり笑うGusを見たいです。一緒に散歩して、庭でごろごろして。なんでもないGusとの日々がとても恋しいです。

      天国にいるワンちゃんやにゃんこちゃんたちに優しくしてもらってるかな。クッキーくれそうなひとにくっついて行ってる気もします。
      ありがとうございます。

      1. Gus、ありがとう。
        涙で曇って前が見えない。
        Papricaさんと相方さんもとても辛い決断をされましたね。
        でも、でも。

        GusはPaprica家の光だった。
        そのまぶしい光を、私たちにも分けてくれた。
        Gusの微笑み、被り物、ホビーをボロボロにしちゃうところ。
        正直猫派で犬は遠い自分ですが、Gusの姿を見せてもらって、『わんこもかわいいなぁ、飼うならGusと同じ犬種!』と謎の一人決めをするほど。

        ありがとう、Gusくん。
        笑顔の彼しか思い出せないよ。
        Papricaさん、哀しみは波のように襲ってくるだろうけど、Gusもママの笑顔が大好きだと思う。いつか、屈託なく笑える日を取り戻せますように。無理に乗り越えようとせず、自分たちの心を大事にね。Gusはお宅で幸せだった、それは絶対だから。
        さようなら、Gus。いつか会いましょう。

        1. 真木さん、温かいメッセージをどうもありがとう♡
          お会いしたこともないひとたちに涙を流してもらえて、Gusって本当に幸せなわんこです。
          Gusへの「Kindness」だと信じての決断だったけど、やっぱり心が張り裂けました。謝らずにはいられなかったよ。
          生きものと暮らしていると、いずれはやってくるときってわかっていたのに、辛さは変わらないね。

          真木さんが英国の旅の途中のどこかで(だったと思う)、Gusに似た子を見たよ!って言ってたの覚えてるよ〜。
          わんこはみんなかわいいし大好きだけれど、ボーダーテリアは恋に落ちるテリアだよ♡ Gusのエピソードをたくさん覚えていてくれて嬉しいな。

          「笑顔の彼しか思い出せない」って、私の家族もふくめて沢山のひとたちに言ってもらえた。そのことがとても嬉しいし、今の私たちの支えになってます。
          うん、涙の流れるときは泣こうと思う。きっとね、Gusが大好きだった春がやってくるころには、涙せずにGusとの散歩道を歩けるようになってるはず。
          真木さん、どうもありがとうね♡

  18. papricaさん、どんな言葉をかけたらいいか分かりません。つらいですね。
    Rest in peace… Gus-kun.
    またブログに来ます。

    1. 砂漠人さん、どうもありがとうございます♡
      生きものたちはニンゲンのように「生」に執着をしないそうなので、きっとGusも軽やかに天に走っていったように思います。
      砂漠人さんは、砂漠で沢山の生と死をみてこられましたよね。砂漠ではそれがとても自然なサイクルのように見えました。
      また来てくださいね♪

  19. Gusとお別れされたのですね…
    good dayにお別れというDr.の言葉、きっと最後のgood dayの思い出が残るということなんですね。
    犬はいつでも一生懸命。わん子とお別れした時強く思ったことです。
    一生懸命だから、可愛くて滑稽で愛おしい。
    Gusのたくさんの思い出を可愛がってください。

    1. tabbikoさん、温かいメッセージをありがとうございます。
      旅立つ前夜に、わんわん泣いている私たちに笑顔を向けてくれて、最後の日もとても調子良かったんです。Gusらしい旅立ちでした。
      「犬はいつでも一生懸命」、わたしも同感です。一生懸命、ただそのときを精一杯生きているんですよね。
      Gusは本当に多くの人に愛されて、最後まで命がきらきらと光っているようでした。
      遠くからGusのことを見てくださってありがとうございました♡ 

Kumasaki へ返信する コメントをキャンセル