ズッキーニのラザニア

今朝も大学近くは霧に包まれていた。

秋だなぁ。

朝活」として「モーニングページ」を始めたのはもう3年前のこと。最初は随分頑張ってとにかく3ページを埋めることに必死になってたけれど、今はモレスキンノートの半ページだけだったり、一ページだけだったり、週末書けなかったりすることもある。それでもまぁ、朝起きて目は半分閉じたままぼぅ〜っとしながらも書いている。まったくくだらないことばかりなので、一体何の意味があるのだろうと何度思ったことか。でも、書いている。ペンを持って字を書くという小さな作業がちょっと気持ちいいのです。ただそれだけかも。。。 でもね、1年前、2年前のノートをめくってみると、夏から秋に変わるこの時期、気持ちが停滞し、すっかり秋が訪れる頃にはうい〜んとまた自分の中の何かが動き出す、というパターンがあるということに気づいた!

気持ちも季節の流れに合わせて波があり、食欲も嗜好も同じく(笑)

あったかいものが食べたくなってきた〜。で、パスタの代わりにズッキーニを使うラザニアを試してみたよ〜。レシピは相方が見つけてきたもの。見つけてわざわざ私に送ってきたんだから、さぞかし食べたいのだろうと思い、「今日はあのズッキーニのラザニアにするよ〜」と言うと、「え?ふぅーん。。。そうなの?あれ、だけ??」と。全然食べたそうじゃないやんっ。でも、リコッタチーズも買ってしまったので作った。

ズッキーニのラザニア

材料:

  • トマトソース(800gのトマト水煮かトマトをにんにくで香りづけしたオリーブオイルの中に入れて煮詰めてバジルを入れただけのシンプルなもの)
  • ズッキーニ 大3本
  • 塩コショウ
  • リコッタチーズ 1.5 Cup
  • パルメジャーノ(おろしたの) 1C
  • 全卵 1個+黄身1個分
  • ナツメグ少々
  • 刻んだパセリ 大さじ2
  • バジル 20枚程

オーブンは220度。ズッキーニの端を切り落とす。5mmほどの厚さにスライスする。刷毛でオリーブオイルをぬり、ベーキングシートの上に並べ、塩コショウを少し。オーブンで12〜15分、少し柔らかくなるまで焼く。オーブンから取り出して冷ます。

オーブンを205度に下げる。

ボールにリコッタチーズとパルメジャーノの3/4 Cのみ、全卵と黄身を各一個分、ナツメグ、パセリ、塩コショウを少々いれてよく混ぜる。このミックスしたものを焼いたズッキーニの上にのせる。

ベーキングディッシュにトマトソースをひく。その上にズッキーニ+チーズミックスを並べる。トマトソースをひく、ズッキーニ。。。と繰り返す。最後はトマトソースで終えて、1/4 Cのパルメジャーノをふりかける。バジルも。

オーブンに入れて20〜25分焼く!

ほ〜らほ〜ら☆ 見た感じふつうのラザニアっぽい?

まぁ、野菜の重ね焼きだよねぇ〜。きっとおナスなんかで作ってもオッケーなんだろな。サッパリとしていて、ズッキーニとトマトの甘さが味わえて美味しかったよ〜。ただ、次に作るときはもう少しトマトソースを多めに硬めに(?)作りたいなと思った。ズッキーニからも水分が出るので、ソースがゆるすぎるとべちょべちょする。私はそれでも良かったけど、きっとベチョベチョ嫌だという人もいると思う(我が家には一人)。

オーブン料理が嬉しい季節がやって来た。

*おまけ:ぬか漬けリポート(?)

こないだ作ったぬか床は健在!っぽいよ〜。でも、こっちの皮の硬いフィールドキューカンバーを漬けてみたら、まずかったっ。皮がとにかく硬くって、ちょっと酸味がはいった気がする。でも、同じぬか床にラディッシュを漬けてみたらとっても美味しかった。

ぬか床もメンテが必要なのかなぁ。まだ大丈夫かなぁ。ラディッシュが安いのでどんどん漬けちゃおう♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ズッキーニをモリモリ食べられる一品:Carrot-Zucchini Kugel

この間、味気のない「フォー」のギニーピッグになってくれたお友達が、「ズッキーニを大量消費できるレシピがあるのよ!」と教えてくださったのがこの「Carrot Zucchini Kugel」というレシピ♪

とてもシンプルで、ズッキーニとにんじんをしっかり食べることができるサイドディッシュです。Kugel(クーゲル)ってキャセロールみたいなものなのかな。彼女のコメント通り、「こんなにシンプルなのに、マジで美味しいやん、コレ。」って、ビックリしたっ☆

にんじんとズッキーニのクーゲル

材料
(1C=250cc)

  • ズッキーニ 3C(おろしたもの)
  • 塩 小さじ半
  • バター 大さじ1
  • 玉ねぎ 1.5 C
  • ニンニク 1〜2かけ
  • にんじん 1.5 C(おろしたもの)
  • 卵 2個
  • チキンストック 大さじ1〜2(オプション)
  • パン粉(又は、Matzo meal)半カップと大さじ1
  • こしょう 少々
  • 植物油 ベーキングディッシュ用

コレはオリジナルのレシピの半分の量です。

卵とパン粉以外は畑からの産地直送(?)。うちの平べったい玉ねぎも♪ この(↓)のズッキーニ、ジャンボでしょ?収穫し忘れて数日置いておいたら、こん棒の様になっちゃったよ。相方も「it’s a weapon.」ってコメントしてた。

ズッキーニのキャセロール

オーブンは190度に温めておく。ベーキングディッシュには薄く油を塗っておく。私は深めの9インチパイ用の器を使った。

ズッキーニをすりおろし(シュレッダーでおろす)、塩小さじ1/4をふりかけて15分置いて水分を出す。その後しっかりと絞る。にんじんもシュレッダーでおろしておく。

バターをとかし、刻んだ玉ねぎをゆっくりとフライパンで炒め、玉ねぎが柔らかくなってきたら(10分ほど)、みじん切りにしたニンニクも加えて2分ほど炒めておく。火から下ろす。

ズッキーニのキャセロール

絞ったズッキーニ、にんじん、炒めた玉ねぎ+にんにく、パン粉、卵を全部混ぜ合わせる。残りの塩と胡椒も加える。

キャセロールディッシュにいれてオーブンにぽい。30分〜40分待つ。

ズッキーニのクーゲル

↑出来上がり〜。焼き色をつけたかったら、表面に少し油をぬるといいらしい。

見た感じ、お好み焼きっぽいネ♪

new enchanted broccoli

これがさ、本当においしいの!! 入っているものといえば、ズッキーニとにんじんと玉ねぎがメイン。それだけなのに、お野菜の風味がふわ〜っと口の中で広がって、ズッキーニとにんじんの甘みを十分に楽しめるよ。冷めても美味しかったよー。ズッキーニやにんじんをモリモリ食べたいときに、是非、試してみてねン♪

それにしても、今日は「暑かった」。27〜28度くらいまで上がったんじゃないかな。ふぅ〜、8月の夏日よりも暑く感じた秋の日。

秋晴れビクトリア

Gusもふんのびちゃってました〜。

ボーダーテリア

*参考までに*

このレシピは「The New Enchanted Broccoli Forest」で紹介されているものだそうです♪

*Doodle Marathon update: *hey, i’m kappa-don. →☆

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ズッキーニブレッド

今年は去年よりもズッキーニの株を減らしたけど、やっぱり消費しきれないズッキーニが冷蔵庫にたまってしまった。このまま腐らせたくないし、全部、Gusの「犬飯いき」っていうのも寂しいので、帰宅後、ズッキーニブレッドを二本焼いた〜。

ズッキーニブレッド

帰りに自転車をこぎながら、しっとりとしたズッキーニブレッドの味を思い浮かべていると、作らずにはいられないほどテンションがあがってしまった。あはは。

以前にもズッキーニブレッドは紹介したっけ。あった→☆ で、チョコレートバージョンはこっち→★

冷蔵庫にいれておいた5本のズッキーニ。このうち2本半をズッキーニブレッドに使い、1本をいつもの修道院のパンに混ぜ込んだよ。残りは犬飯用。ズッキーニブレッドのレシピは「Simply Recipe」より。砂糖を減らして、季節のりんごも摩り下ろして混ぜてみた。

 ズッキーニブレッド(Simply Recipeのアレンジ)

材料(2本分):

  • 卵 2個(溶いておく)
  • きび砂糖 1 1/3 cup (1Cに減らした)
  • バニラエッセンス 小さじ2
  • すりおろしたズッキーニ 2C
  • すりおろしたりんご 1C
  • 溶かした無塩バター 2/3 cup
  • ベーキングソーダ 小さじ2
  • 塩 少々
  • 小麦粉 2C
  • スペルト粉 1C
  • ナツメグ 小さじ半
  • シナモン 小さじ2
  • ドライクランベリーとレーズン 半カップずつ

材料を書いていて今気づいた…ミス。これ、ローフ2本分の材料だった。どどーんと一本で焼いてしまった…通りで時間がかかったもんだ。で、ベーキングソーダの代わりにベーキングパウダーを入れてしまった。

作り方はいたって簡単♪ ボールひとつでできるヨ〜。

卵と砂糖、バニラエッセンスをあわせてよく混ぜる。そこにズッキーニとりんごを入れて混ぜる。無塩バターを加えて、ベーキングソーダをふりかける。粉ものをサクサクと混ぜいれていく(粉は1Cずつ加えること)。最後にナッツやレーズン(オプション)を加えて混ぜて、バターを塗ったローフパンに流し入れる。175度で50分!

ズッキーニブレッド

焼き色が甘かったかなー。(キッチンライトがガンガン明るすぎるせいでもありますが)

でも、中はとてもしっとり。

http://www.simplyrecipes.com/recipes/zucchini_bread/

バナナブレッドやズッキーニブレッドやパンプキンブレッドって、ときどきとっても食べたくなる。一口食べて「ほっ」とする優しい味です。ズッキーニはこうしてケーキっぽい焼き菓子にいれてもズッキーニの味はしないよ。

で、もうひとつ。

同じく摩り下ろしたズッキーニを1カップ使って、パンを焼いた。

http://www.simplyrecipes.com/recipes/zucchini_bread/

きめ細かくふっくらと、ちょうどいい具合に柔らかいパンになりました♪ ズッキーニを入れるとうまい具合に水分を保ってくれるのかな。この修道院のパンの方でも、今日はスペルト粉とライ麦粉を使ったよ(普通の全粒粉も入ってます)。

これでズッキーニもほぼ終わりだな〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日も訪問ありがとう♪ ↑↑ぽちっと One Click うれしいな♪

Goodies#103: チョコレートズッキーニブレッド

今年は二株しかズッキーニを植えていない。なのに、食べるのにおっつかない。

はっと気づくと「こん棒サイズ」になっている。家で育てるズッキーニは、20cmになる「までに」収穫するべし。大きいものは種も大きくなるから好きじゃない。

なので「こん棒サイズ」のズッキーニはいつも、マフィンとかパンとかGusの犬飯に混ぜられてしまう。

今日はちょっとひねって、「Chocolate Zucchini Bread/Cake = チョコレートズッキーニブレッド」を作ることにした。

「ズッキーニを入れると、パンでもケーキでもしっとりとしておいしいよ」と周りのひとは言う。でも、今まで挑戦したチョコレートズッキーニブレッド/ケーキ/マフィンは、「そこそこ」の出来で、私の感想は「こんなもんか。」でした。ズッキーニが入ってるって言われなかったら、わからんよね。ふん。でした。

今日、参考にしたレシピは「Joy of Baking」(サイトはこちら)のもの。サイトのオーナーさんも、色んなレシピを試して調合して、最終的に「これが一番!」というのにたどりついたらしい。

結果から言うと:「おっ。うまいやん、これ。しっとりとしてるやーん。」でしたー。

で、これが、今日使ったでかでかズッキーニ。

チョコレートズッキーニブレッド

ね、こんなの、普通に料理して食べたいと思わんでしょ?

チョコレートズッキーニブレッド
材料とつくりかた:

1C=250cc
tsp=小さじ

  • 1.5 C  shredded (細かく刻んだ)ズッキーニ
  • 1 C 小麦粉
  • 1/2 C ココアパウダー(無糖、ダッチプレスでないもの)
  • 1 tsp ベーキングソーダ
  • 1/4 tsp ベーキングパウダー
  • 1/4 tsp 塩
  • 1/2  tsp シナモン
  • 1/4 tsp オールスパイス
  • 1/2 C サンフラワー/キャノーラオイル
  • 1/2 C 砂糖
  • 1/2 C ブラウンシュガー
  • 2個 たまご
  • 1 tsp バニラエッセンス
  • 3/4 C チョコチップ
  1. 粉(小麦粉、ココア、ベーキングパウダー、ベーキングソーダ、塩、シナモン、オールスパイス)を全部混ぜる
  2. 別の大きめのボールで、砂糖、ブラウンシュガー、たまご、バニラをハンドミキサーで約2分混ぜる。
  3. ここ(#2)に、ズッキーニを畳み込むように混ぜていく。
  4. そこ(#3)に、粉のミックスをざっくざっくと混ぜる(混ぜすぎない)
  5. 最後にチョコチップを畳み込むように混ぜ入れる。
  6. 180度のオーブンで約55〜65分。10分は入れ物の中でさまし、そのあと入れ物からだして完全にさます。

簡単でーす。私は、粉を普通のの小麦粉と米粉を半分ずつ使い、砂糖は1/3カップずつに減らした。

ズッキーニチョコレート

しっとりとしておりました。

月曜日に仕事場に持って行くつもりで作ったんだけど...相方と二人であっさりと平らげてしまうとおもう。ぺろりん。

にほんブログ村:
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へクリック、どうもありがとう。