かわいいミツバチたち

今年もミツバチたちをパパラッチしてまーす。どうぞ見てあげてください♪
(クリックで少し拡大します)

7月に入ってからは、裏庭で見かけるミツバチたちの数は去年とあまり変わらないように思う。でも寒かった6月は、素人目に見ても、やってくるミツバチたちは明らかに少なかったな。8月に入ってからは、終わりかけの古いラベンダーにバンブルビー(マルハナバチ)たちが群がってるよ~。バンブルビーたちは蜂蜜を作らないけれど、受粉活動には欠かせない。

うちの庭に咲く花で、ミツバチ・マルハナバチたちに人気のあるものをリストアップすると:

  • 一重のポピー(桃色ポピーです)
  • コーンフラワー(矢車草)
  • フォックスグローブ
  • タイム
  • オレガノ
  • ラベンダー
  • サルビア(ホットリップスとコーラルニンフ)
  • ガクアジサイ
  • ブラックベリーの花
  • エキナセア

頭つっこんでマス。かわいい。

しっかりと香りのあるバラやスイートピーに群がっているのはみかけないよ。

working hard 🙂

A post shared by paprica (@paprica) on

ミツバチたちが働いている様子は、ずぅ〜っと眺めていられる。ときどき人差し指をそっと伸ばしてなでてみたくもなるほど。でもきっと、にんげんの「におい」のようなものが体についたりしたら、巣にもどって追い出されちゃうかもしれないもんね。見てるだけ。

dear honeybees.

A post shared by paprica (@paprica) on

ビデオはインスタグラムにアップすると5分の1ほどのファイルサイズに圧縮されるみたい。便利です。

今日はすこし青い空がもどってきたかな。昇ったばかりの朝日は、まだ異様なオレンジがかった赤い色をしていたけれど、うっすらと普通の青い空が見え始めたかな。スッキリとした透けるような青空が恋しいな。週末少し雨が降るらしい。まだ山火事が続いているエリアにどさりと雨が降ればいいのになぁ。

こんな風(↑)に終わりかけのラベンダーの小さな花に、きゅぅっとしがみついているマルハナバチ。かわいいよね〜。

大人になってからは「バッタ類」の昆虫がとても苦手になってしまったのだけれど(視覚的に、あの足が。。。ダメです)、蜂たちは本当にかわいらしくて、春から秋にかけての時期が楽しみ。で、パパラッチになって毎年同じような写真を撮っていまーす。

見てくださってありがとう〜。元気な週末を!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

かわいらしい働きものたち

今年の9月は、きっと、私がビクトリアで経験した9月の中で一番暖かくて、心地良くて、爽快で、美しい。本当にキラキラとしていて爽やかで、毎日空に向かって「どうもありがとう」とお辞儀をしたくなります。

日の長さは毎日少しずつ短くなりつつも、私が自転車で家路に向かう時間には、まだ十分に夕方のお日様が気持ちがいい。

夕方の庭で、日が陰るまでぶんぶんと働いているミツバチたち。

秋のミツバチたち

この花って何て名前だったっけ? 秋の始めから色づき始めて、乾燥していてもしっかりと花をさかせる。この時期に明るい桃色に咲くのはこの花くらいです。

秋のミツバチたち

だからかな。ミツバチたちにモノスゴイ人気。夏のボリジの花に群がるミツバチもすごかったけど、それに劣らず。私が顔を寄せて眺めていても、逃げる気配も無し。

秋のミツバチたち

ぶんぶんと賑やかで、みている私の目には楽しそうなパーティの様に映るけど、彼らにしてみれば、お日様が影ってしまう前に精一杯花粉を集めなきゃと必死なわけで。

秋のミツバチたち

集めた花粉をもって、どれくらいの距離を飛んで家路に向かうのだろう、って、いつも思う。こうして眺めている間にも、花の一部が影に入ってしまい、そうすると一匹二匹とミツバチも消えていくのです。

秋のミツバチたち

今日も一日、ご苦労様。

*おまけ*

毎日少しずつ、トマトとズッキーニ♪

初秋の収穫

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
訪問どうもありがとう♪ ↑↑One Click 嬉しいな♪