野菜ベイビー誕生の季節

まだまだ風が冷たくて、フリースは手放せないし暖房もつけている。4月も半分過ぎたのにな〜。今日は日中良いお天気で浮かれたんだけけど、帰り道では向かい風がきつくって。下り坂だっていうのにせっせとペダルをこがなきゃ前に進まなかった〜。早く温かくなって〜。プリーズ。。。

それでも。野菜ベイビーたちはゆっくりと成長しているよ〜。ちょっと暖かくなった勢いで春野菜の種を蒔いたのが3月の終わり。全部が全部出そろったわけではないけれど、少しずつ顔をのぞかせ始めた♪

↑↑ 左はにんじん。発芽するまで時間かかるな〜。右側の発芽率ほぼ100%のは、去年の「種種エクスチェンジ」でMadokaさんに頂いた「ケール」二種☆ Madokaさん、元気に発芽したよ〜!本葉がでてしっかりしたら間引きしま〜す。

我が家の畑野菜は、ほとんどが直蒔き。夏が短いので、きちんと早くから室内で苗を育てれば、もっと収穫率もあがるのだろうけど、自分の中でなんとなく「成長の大半を過ごす畑で発芽した苗は強いのだ」っていう思いがあり、いつも直蒔きを選んでしまう。面倒くさがり、っていうのも大きな理由ですが。あはあは。

一部、覆いをしている(↓↓)のは、双葉が出てすぐに鳥につつれてしまうから。左右は開いているので、覆いの下に柔らかい芽があることに気づいた鳥たちなら、入ってきて食べちゃうかも… 今のところ大丈夫です。

でも、トマトだけは例外(↓↓)。室内窓辺でぬくぬく苗を育てる。じゃないと夏が終わるまでにトマトが赤くならないから〜。なーんかヒョロヒョロなんだけど。。。君たち、大丈夫ですか?

しっかりお日さまの方を向いて育つので、毎日向きを変えている。あっちこっちにストレッチしなきゃ行けなくて、この子たちはこの子たちなりに大変なのかも。

ビオラはこぼれ種から育ったものがあちらこちらにいっぱい! 花や葉っぱを虫にかじられているのもあるけれど、なんてたくましい子たち。芝生の真ん中にもチラホラ飛び出て花を咲かせている。去年は芝刈りする前に、いちいち苗を移動させていたのだけど、今年はたくさんありすぎるのでそのまんま。

休み中におんぼろ芝刈り機にも働いてもらった。相方のお父さんから譲り受けた、推定年齢50歳のToroくん。

側面は本体部分が欠け落ちたので、ダンボールとダックテープで補強。今シーズンも頑張ってくれるかな。頑張っておくれ〜。昔のモーターは強いと思う。今作られるもので、50年動き続ける芝刈り機なんてないよ〜。

そうだ♪ 週の初めの相方の誕生日に、お姉さんと妹さんから誕生日祝いが届いた♪

日陰を好む草花の寄せ植え〜。 相方も喜んでいたけれど、私も嬉しい☆ 半日日陰のフラワーベッドは、何を植えていいのかよくわからず、何だかいつもさみしげだったから。頂いた翌日にベッドの方に植え替えた。とても素敵なのでこのまま楽しんでも良かったんだけど、なにせ重くて重くて移動できなくて。

バンクーバーでお祝いのケーキを食べたから、もうケーキは買わなくていいって言ってたけど。やっぱり形だけね、ということで、また苺ケーキを作った。

前回同様、豪快です。コレしか作れません。あ、でも、全開よりもスポンジは上手くできた〜。それがさ、楽をして炊飯器でスポンジ作っちゃえ〜って材料を混ぜて、さぁ焼きましょうと炊飯器のメニューを見たら… 「ケーキボタン」がないっ!!! なかったーーっ! 以前のものにはあったのに… で、急遽、型を取り出してハラハラしながら焼いたんだけど、思ったよりも上手く膨らんだ。ほっ。やれやれです。間には苺と洋ナシとルバーブジャムを挟んだよー。

日に日に日が長くなってきています♡ 朝の散歩の時間も、もう暗くない。

手前にもらったshade plants を幾つか植えたよ〜。

週末はお天気らしい。うほほ〜い♪

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

種種エクスチェンジ

毎年春になると、うちの庭には桃色のポピーが咲く。油紙のような花びらで、すっかり桃色のものもあればフチが赤かったり、去年は白いのもあった。毎年紹介しているから、「あぁ、あの花ね」ってお馴染みかも。

咲き始めると次から次へとつぼみがついて、長いものだと夏の終わり頃まで可愛らしい花を揺らしてくれる。ミツバチも大好きで、ポピーのお皿の上で転がるようにして花粉を集めている様子も可愛らしくて毎年、その様子を眺めるのも楽しみなのです。あぁ。。。こんな写真を見ていると、本当に春が待ち遠しくなる。

かわいいミツバチたち〜。

去年の夏頃だったかな、このポピーの種、いりませんか?ってここで言ってみたところ、ブログのお友達二人が「欲しい!」と♪ イタリアのtomさんドイツのSachieさん。 それで、シーズンの終わりにせっせと種を集めた。「コレも咲くかもしれません」と、1~2種類の別の種も加えてもらってもらった。できた種を集めただけで、特に何も処理をしていないので、ちゃんと咲いてくれるかどうかわからないし発芽率も怪しい。でも、自分の庭でかわいらしく咲いている花の種が、私も訪れたことのない土地で芽を出して花を咲かせるかも(!)と想像すると、それだけでワクワクしてくる。

そして私もお二人から種をもらってしまったのでした~♪ わぁ〜い♪

Sachieさんからは朝顔の種とおまけのシソの種! Sachieさんは去年、ベランダで幾つかの種類の朝顔を育てられていた。中にはとても珍しい種類もあり、ほぼ毎日アップされていた朝顔日記をとても楽しみにみせてもらっていたのでしたー。朝顔を育てたのなんて、小学校の3年生以来!毎年父が夏の「すだれ」に這わせるようにして朝顔を植えていたっけな。普通の素朴な朝顔だった。Sachieさん情報では、驚くほどつるを伸ばして高く高く育つみたい。日当たりが良いところがいいらしいし、さて、どこに植えようかな~。

Tomさんからは「ベルガモット」と「チコリ」の種を頂いた♪ tomさんのお庭に毎年咲いている赤いベルガモットがとってもきれいで、数年の間いいなぁ~って思っていた。同じような赤い種類は見当たらず、去年の春には「Wild Bergamot」の種を植えてみたんだけど。。。発芽したあとに全然大きくならず枯れちゃったのでした。チコリのお花もブログで見せてもらって、素朴で可愛らしいなぁって思っていた花。2年目から花が咲くんだって。楽しみ~!

遠く海を渡ってやってきた種たち。大切に育てるから芽を出してね~!Sachieさん、tomさん、どうもありがとう!!

春はまだ遠いけれど、どこに何を植えようかなぁ~って考えるのも楽しい。去年はお野菜のほうが害獣(狸、鳥、リス、ラット)に散々やられてイマイチだったので、今年はどうするべきか…とか。私はいつも適当にパラパラ~っと種を撒いて育てるので、今年はもうちょっときちんと苗を育ててから植えようかなって考えたり。

こうやって種の交換ネットワークが広がると、それもまた庭いじりの楽しみだな~。上手く収穫できた花の種をリストアップしてみてもいいかも☆ 全部が全部収穫できるわけではないし限りもあるけれど、特に気になる花があったら言ってくださいね~。

そうそう♥ tomさんからの種と一緒に届いた「ドライ柿」があまりにも美しく美味しかったので見てください。

カナダでは柿ってあまり見かけない(アジア系のスーパーやチャイナタウンにはある)ので、自然と食べる機会もない。こんな風にぎゅぅっと凝縮された柿の甘さを味わったのは初めて!干し柿とはまた違った、柔らかくじんわりとした優しい甘さがある。

おいしーっ! nomnomnom…

相方もGusも美味しいといって喜んでたよー☆ どうもありがとうっ!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

フクロウさんと束の間の晴れ間に。

とてもムーディな祝日の月曜日。一晩中降り続いた雨がやんだので、Gusを散歩に連れて行こうと裏庭のドアを開けたとき。目の前をわさわさっと黒い物体が横切った。

なんだなんだと目で追って木の上に見つけたのは、フクロウだった。彼の目はGusに釘付け。私はドアを開けたまま、そっとカメラをとりに行った。

朝っぱらからカラスがやたら騒いでいたのは、フクロウがいたからだ。

なんて美しいいきもの。

ほんの束の間の晴れ間、雨にぬれた葉っぱも木々もすべてがきらきらしていた。

いつまでも咲き続けるちいさなビオラ。春先からずぅっとツボミをつけては種になり…をくりかえしている。こんなに長い間咲き続ける花はこの子だけ。

ビルさんのインストレーションも、冬の間は片付けることにした。また来年の春になったら、アンカーストーンの上でゆらゆらしてね。

もう引っこ抜いてしまえばいいのだろうけれど、まだ黄色い花をつけているからそのままにしている。とても細かな種で、上手く発芽してくれなくて苦戦したので、余計にかわいくて引っこ抜けない〜。こぼれ種から来年も咲いてくれればいいのになー。

今日も降ったりやんだり、強風吹いたりだったので、家の中でごそごそしていた。来年用の「Gusカレンダー」の写真を選んだり、4日休むと休みぐせがついて、明日朝起きるのがつらいだろうなぁー。

*おまけ:手帖の落描き

ふくろうさん。

雨がやむといいなー。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

種をあつめるとき

夏も終盤。8月もあと少しになるこの時期、そろそろ庭の片付けにはいる。咲き終わった花を抜いたり、ラベンダーも花の部分を刈りこみ、野菜畑ももうそろそろおしまい。いんげん豆とトマトだけ頑張ってくれている。

でも、このオレンジちゃん(ロイヤルサンセット)はまだ咲いている。あと3っつほどツボミがあるよ〜。たくましいっ。

畑の終わったエリアにグリーンマヌア(緑肥)の一つ「Phacelia」の種を植えてみた。

緑肥にも色々あるらしいけれど、Phaceliaはホーム・ガーデンや小さな畑に向いているらしいです。根っこがそれほど深く広がらず、来年の春にそのまま土をかえすんだって。有機物や微生物の繁殖を促してくれて、土の成分のバランスを整えてくれるそうです。Phaceliaはミツバチたちの大好きな花なので、初春に植えた場合は花を咲かせてあげるといいかも。緑肥として使う場合は、花を咲かせずに土をかえすといいそうです。茎も柔らかいので他の緑肥と比べると速く分解されるんだって。

年寄りリンゴの木にも少し実がついている。この木は数年に一度しかまともに実をつけない。去年、結構たくさんリンゴができたので、今年はゼロかなって思っていたんだけど、今のところ10個くらいついているヨ。狸にもぎ取られなければいいけどー。

プラムとブラックベリーはふさふさ。ただねぇ。。。このプラム、あまり美味しくなくって、ジャムにする気にもならない。これまた年寄りの隣の木で、今、雨のようにプラムが降ってくる… 落ちた実をどうしようかいつも困る。ブラックベリーは熟したのを集めてとりあえず冷凍しちゃう。まとまったところでジャムにしよう。… 今週末にする予定だったんだけどできなかったー。

花の種をあつめるとき。今年咲いて気に入った花たちは、完全に種が大きくなって乾燥するまで待つ。6月から咲き始めてついこの間までゆらゆらしてくれていたピンクのポピーも、ようやく種をあつめることができた♪

ポピー、青い矢車草、コーラルニンフ(サルビア)、コスモス、春菊など、できた種から少しずつ集めています。今年も元気に咲いてくれてどうもありがとね〜、って呟きながらの種の収穫は楽しい。

ポピーはこうして「かっぱのお皿」のように蓋が持ち上がった頃が収穫時。振るとかさこそと音がする♪ あの小さなひと粒の種が大きくなって花を咲かせ、何百(千かも?)という種を生産するんだもんねぇ。

少しずつ、秋への準備です!良い1週間を!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪