夢:草原のなかから始まって

久々に夢の話。長いので軽くスルーしてくださーい。
(*画像はクリックすると少し大きくなるよー)

***

長く続く一本道の両側には広い草原が広がっていた。私はその道を歩かず、草むらの中を歩いていた。私の顎のあたりまで伸びた柔らかい草。名前はわからず。葉っぱが滑らかで気持ちよく、両腕を草になぞるように広げて歩いていた。

すると。

一本道の遠く向こうの方に黒い点が見えた。点がどんどん大きくなり、それがこちらに向かって走ってくる人たちだと気づいた。数人どころではない。後から後から血相を変えた人たちがこちらに向かって走ってくる。足がもつれて転げてしまう人もいた。一体なにごとか。そしてみんな走りすぎていく。私は草むらから抜け出し、人の流れの中に立ち「一体どうしてみんな走っているのだろう?何かに追われているのか、こんな風に必死にどこかに向かう必要があるのか、なんで??」と、人が走ってくる方角を見つめていた。

すると。

ヒトの黒い点々よりもずっと大きな黒い点がひとつ、こちらに向かってくるではないか。
私は一本の糸杉の影に隠れた。

黒い点は黒いカタマリになり、近づいてくるに連れてそのカタマリからは何本かの毛むくじゃらの腕が伸びているのが見えた。

蜘蛛だった。

3階建の建物くらいの大きさの蜘蛛は、逃げるヒトを捕まえ、抱きしめ、口のところに持っていき、その後草むらに放り投げていた。

「食べはしないのか」と気づく。

糸杉の影に隠れている私には気づかない。蜘蛛はヒトの流れに沿って進んでいった。私はヒトと蜘蛛の流れに逆らって歩いていった。もともとそちらの方に行くつもりだった。建物があるのだ。妹たちがそこで待っているはずだから。

建物にはいると広々とした明るいリビングルームがあり、一面がガラス窓になっていて向こう側の景色を一望できた。パノラミックだ。スライドさせて窓を開けると、少し段差があるもののそのままテラスに出られるようになっていた。

そのテラスは奥行き1.5m程。人工芝のような不自然な緑の芝が短く刈りこんである。そして柵も何もなく、1.5mの向こう側は崖っぷちになっていた。すっとんと、いきなり90度。高さは30mくらいはあるんじゃないか。崖の向こうに広がるのは先程の草原。そんな急な崖があることを考慮にいれると、この1.5mの奥行きは狭い。

そのテラスで5〜6人の若者が踊っていた。ビール瓶を片手にタコの様に体をうねらせて踊っていた。酔っ払っているのだろうか。そのうち誰かが足を踏み外して落ちてしまうんじゃないか。でもなにやら楽しそうだし、落ちても彼らなら大した怪我もしないような気がしたので、私が一声注意する必要はないと思った。

しばらくリビングから踊る若者たちを眺めていた。と、左側に目をやったとき、そのテラスと崖の下の草原の中間の辺りに天然石でできたプールがあることに気づく。一つの大きな岩をくりぬいて作られたもので、とても素敵だ。プールにはられた水は泉から湧き出たもので、みるからに柔らかく甘みがありそうだった。

ただ、そのプール、長さが2.5m程しかない。平泳ぎでひとかきしたら頭をぶつけてしまうだろう。

黄色いワンピースの水着をきた女性がプールサイドに立っていた。飛び込んだ。浮かんだ。ただ顔を下にして浮かんでいる。

その様子(黄色い水着姿の女性が石のプールに浮かぶ様子)が、とてもきれいだった。私はポケットからiPhoneを取り出し写真を一枚撮ろうとする。片手をリビングの窓にかけ、もう片方の手でスマホを外にだす。

iPhoneを握ったその手は、何故か水の中にあった。(窓の外がプールの湧き水になっていた、or プールまで手が伸びた)確かにひんやりとした水を感じた。そのまま片手でシャッターを押す。

すると。

私のiPhoneから、黒いプラスチックでできたハートがポンと飛び出てきた。

最初に飛び出てきたのは厚みが2cm程、大きさは5cm程。真ん中にハート型の穴が開いていた。そして次に出てきたのは厚みが1cm程で二回りほど小さなソリッドな(穴の空いていない)黒いハート。一度に4〜5個、ぽぽぽぽぽんっと飛び出た。それらが水中でゆらゆらと浮遊した。

「面白い。」

もう一度シャッターを押してみた。

すると今度はクローバーのような人の形または鍵穴にも似た形が飛び出た。緑色だった。

そのとき、iPhoneがただのプラスチックの白いケースになり、ヘッドホンジャックの穴から薄い茶色の水が流れ込んでいくのが見えた。

「あ。これ、もしかして、やばい?」

そのとき。手の中のiPhoneが P—- P—–P—- P—– P———– という電子音を放った。そして画面一面に:

「わたしたちしんじゃうかもしれないよ」

という文字が現れた。

***

ここで目覚ましがなったのでした。

ふぅ〜。これだけの挿絵を描くのに随分時間がかかってしまった。見えたように描きだすのは難しいな。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

夢:とんでもない装い

これまたかなりストレスフルな夢だったので記録。さらっと流してくださーい。

幼なじみの「おさきちゃん」と「おなべちゃん」と一緒にサマーイベントに参加した。どこぞの山で開催されていて、3日しっかりと山で働いて(植林をしたり、オーガニック農場を耕したりという作業)、最期の日は盛大なパーティをして締めくくるというもの。みんなこの最後のパーティを心待ちにして働いていた。どろどろになった作業着をぬぎすてて、パーティーの日はみんな朝からしっかりとシャワーを浴びて髪を整え、とっておきのドレスやスーツに着替えて準備をする。

一つだけ約束事があった。サマーイベントの参加者はパーティーの日まで自分のスペシャルドレスなりなんなりを見せてはいけないっていうこと。そう、サプラーイズ!なのです。

4日目の朝、おさきちゃんとおなべちゃんと私の三人は少し寝坊をしてしまった。でも、大丈夫、みんなパーティーのドレスはスーツケースにいれて準備してきたから。それぞれシャワーを浴びた。おさきちゃんもおなべちゃんもとてもスッキリとした品のいいドレスを着て出てきた。おさきちゃんのは黒。おなべちゃんのはラベンダー。素敵だ。

私もスーツケースを開けた。クローゼットをまるごと突っ込んだような量の服が溢れでてきた。

なんで。。。

おさきちゃんとおなべちゃんは、もうメイクをし始めている。

すごい量の服なのに、どれとどれを合わせてもとんでもない組み合わせにしかならない。おさきちゃんが「もうあと5分しかないよ〜!早く着替えたほうがいいよ〜」と私をせかす。

そして私はこんな格好になった。

わたし一人だけ「ちんどん屋」みたいな出で立ちで、おさきちゃんとおなべちゃんは無言でひきつっていた。「ごめんね、こんな格好だけど、一緒にパーティーに行ってね。。。」と、かなり申し訳ない気分でいっぱいだった。

のでした。

別にストレスがたまっているわけでもないのに、なんでかなー。やれやれ。

週末!!

みなさん、焦らず、ゆったりと良い週末を!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

心わさわさの理由。

今日は妙に気持ちがわさわさしていた。落ち着かない夢を見て「あぁ~ん!」って叫んで目が覚め、覚めてみるとざざざーーーーっという雨の音。『恵みの雨だ。草花喜んでる。昨日すれ違ったバナナスラッグも今頃喜んでるだろうか。』とちょっと嬉しくなり、いつもよりも20分ほど早くベッドからでた。でも、起きてからも気持ちはわさわさ。夢はたま~に見る同じテーマのものだった。

一時帰国していて、またカナダに帰るという日に空港で出くわすハプニングなのです。ありがちよね。今回は夢を見ながら、「そういえば前回(の夢で)は空港でパスポートがないことに気づいて大変だったんだ。。。」と思い出し、何度も何度もパスポートとチケットを確認し、家族にも「今回は前みたいなアホなことしないもんねー」と言っていた。なーのーにー! さぁ、空港に向かおうというときになって、最後にもう一度チケットをチェックしたところ出発時刻を大きく間違っていたーっ!てっきり午後6時半の出発だとおもっていたのに、なんと2時45分って書いてあるっ!なっ、なっなんで??? 妹も「姉ちゃん、どこをチェックしてたんっ???」と半分怒っている。

なぜかというとですね。

何度も確認していたのは実際のチケットではなくてですね。。。

練りワサビの箱に書かれていた時刻」だったのーーっ!!! なんでーっっ!!!

そう。ショルダーバッグの中のパスポートと一緒に練りワサビがはいってたんだもん。もう、いや~~(号泣)。それですごく悲しくなって「おかあさぁ~~~っんっ!!」って叫んで目が覚めたのでした。。。

変なディティールですが。。。この練りワサビの箱には色んな時刻が色んな言語で書いてあった。中国語、アラビック、ポルトガル語、オランダ語、デンマーク語… 英語はなかったな…

それから。きっとこの「わさわさ」の始まりは、昨日の歯医者さんに有り、だと思う。スッキリしない気持ちで歯医者さんをあとにした。なんとなく肌にねっとりへばりつくエナジーを感じながら。いつも歯のクリーニングをしてくれるマリアさんが夏休みで、イレインっていうバックアップの衛生士さんが担当だ、と受付のひとに言われた。そこでもうなぁんとなく嫌な予感がしてたのです。「マリアがいないのなら、別の日に予約するのに…」と思いつつ、早引きして来たわけだし済ませてしまおうと待つ。20分待たされる。出てきたイレインは50代後半(っぽい)東欧出身(っぽい)おばさん衛生士。

すごい苦手なタイプだった。。。 ずーっと喋り続ける衛生士。
私を中国人だと思い、いきなりニーハオといった。日本人だというと、「あらら、じゃぁ、コンニチワねっ。私の息子は日本に6ヶ月住んで、日本語ペラペラなのよっ。すごいでしょ?ペラペラよっ。」(ここで私は口を開けさせられる)「あら、銀色の詰め物。これは珍しいわね。中国でしてもらったの?」(だから、日本人だってゆうてるやん…、口にツールが突っ込んであって答えられないので小さく頭を横に振る)。「あぁ、日本だったわね。私の息子は29歳で、日本が大好きなのよ。日本に住みたいって言ったんだけど一人息子だからそれは許せないでしょ? あなた、結婚してるの? 相手はカナダ人? え? そう。それはラッキーじゃない。子供は? うちの息子もそろそろねぇ~、でもここは女性の方が少ないわっ。いい娘はみんな結婚してるのよ。息子は億万長者になってからじゃないと結婚しないっていうのよ。あははっ。でもいい人が見つかるといいわ~。結婚したら私は干渉しないのよ。嫌でしょ? あれこれいう姑ってねぇ。。。(あんた、めっちゃ口出ししそうやで。)

あれやこれや延々話し続け、最後に「フロス」で歯の間をきれいにしてくれたんだけど、そのときに「正しいフロスの仕方知ってる? フロスはね、二重にするのよっ。こうしてねっ! そして必ず中指を使うのよっ!人差し指じゃないわよ、中指よっ!」

ミドルフィンガーくらってしまった…

イレインは私にフロスをしながらも、次は電動歯ブラシの使い方を説明し始め、もう私は全身のエネルギーを吸い取られて反応もできない状態でして。そして最後のとどめは「Fluoroid (液体のフッ素?)」。歯のエナメルを守ってくれるものらしい。大抵は最後にFluoroidの液で口をゆすぐように言われるんだけど、私はいつも気分が悪くなるので今回も「それいつもスキップするのでいらない」とイレインに言ったのね。ところが彼女は強引に「大丈夫よっ。私がペイントして歯にぬってあげるから。この方法だったら絶対大丈夫なんだからっ。」と、綿棒でFluoroidを塗り始めた。家に帰って気分が悪くなりました。とほほ。。。

すんごい疲れた〜。皆さん、フロスするときは中指を使いましょう。

長々と書いてしまった。書いてスッキリした。ふぅ。

明日は金曜日!いい一日にしよう。

*久々のDoodle です→☆ Shall we? 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

夢:救急救命士の夜

久々に(?かな?)。夢の話。

***

救急救命士(パラメディック)の私は、その日は夜勤で病院で待機していた。『今夜は比較的ひっそりとしているな』と、ぼんやりと思ったその時、緊急連絡のランプが光った。同じシフトの同僚と救急搬入口の方へ急ぐ。

「次の患者は?」と同僚に聞く。

「男性。24歳。交通事故だってさ。ひどい事故だったみたいだよ。」と答える彼。

救急車が到着し、ドアが開く。患者が降ろされてくるこの数分は、いつも少し気が張る。何年同じことを繰り返しても、この瞬間は心拍数が上がる。

担架で降ろされた患者に駆けつけた。

その患者はペパロニ・ピザだった。

トッピングであったはずのペパロニサラミは、ピザ生地から全てずり落ちていた。

ペパロニのなくなった部分のピザ生地は、うすく広がったトマトソースの色とぬるりとした少し柔らかい質感のせいで、妙に生々しく痛々しくもあった。

ペパロニサラミをのせてあげたら痛みはとれるだろうか。どうだろう。

***