週末サワードゥとたわむれる

同僚のコーリーさんにサワードゥ種をゆずってもらってから、週に一度のペースでサワードゥブレッドを焼く練習をしている。サワードゥブレッドは普通のイーストパンよりも時間がかかるので、週末に一斤焼くというペース(それ以上焼いても食べきれないし)。木曜日に最初の餌やりをして、金曜日に二度目の餌やり、で土曜日に焼くこともあるし、もう一日おいて日曜日に焼いたり。時間はかかるんだけど、じっくりゆっくりと膨らんでいく様子がなんだかとても面白くて、面倒だとは(まだ今のところ)思わない。粉と水だけなのに、ちゃんと生きていて、粉と水を与えると本当に嬉しそうにぶくぶくしてくるのが見ていて楽しい。

先週末に焼いたのが、5つ目のパン。まだまだ上手く焼き上がらない。一番難しいのが温度調節。うちにはプルーファー(発酵機)がないからオーブンに生地を入れ、お湯を入れた器も一緒にいれて温めたり。ラジエーターの側においてみたり。それから、私が今のところ大きく失敗しているのが「成形」。バネトン(パンを成形する器)がないので、ザルに粉を十分にまぶした布巾を敷き、その中で成形発酵させてるんだけど… 布巾にくっついてせっかく膨らんだ生地をやぶってしまったり(涙)。バネトン、一つ相方がネットでオーダーしてくれたんだけど届かない〜。

↑↑のパンは風味は良かったんだけど、気泡がねー。もうちょっと均一にならんものかね。。。穴が大きいとジャムが落ちちゃう、って誰かさんがこぼしてるし(苦笑)。ぼちぼちですな。

相変わらず、捨てる分のサワードゥ種でクラッカーは焼いてまーす☆ ココナッツオイルを使ってカレー味のを作った。もう一つの方は、生地にハチミツを少しねりこんで、焼くときにバターを刷毛でぬってシナモンシュガーをふりかけたの。これがなかなか美味しいのですよん♪

先週末の日曜日には一晩寝かしたサワードゥ生地を使って、初シナモンロールを作ってみたー!

ここまでするんだから、All in!!! の勢いで「クリームチーズのフロスティング(高カロリー♡)」をたっぷりと。これはサワードゥ種を使っているけれど、パンを焼くときのように餌を与えて発酵させるわけではないので、酸味は殆ど感じない。でもね、この生地がとっても美しかった。とても弾力があってツヤツヤで。冷蔵庫で一晩ねかせた冷たい生地を、温めないようにして伸ばして巻いてしまうというレシピ。

普通のイーストで作るシナモンロールよりも、食感がしっかりとしたパン生地のように思う。

美味しい。

半分の生地は冷凍した。忘れた頃にもう一度焼こう。うふふ。

サワードゥとは全く関係ないのだけど、最近続けて「なめたけ」作ってまーす。レシピは白ごはん.comさんより♪

お弁当のおかずやら、こないだはパスタに絡めて食べてみたら、和のパスタで美味しかったよー☆ 色んなキノコはないけれど、韓国産のえのきなら最近手に入れやすくなったので♪ 同僚Fくんにも紹介したら、作ってみる!って言ってた。作ったかなぁ〜。

もう1月も半ば。毎日を丁寧に過ごさなきゃね。食べ過ぎにも注意しなきゃ〜。きゃ〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

桃色ちゃん、咲いた!

ようやく咲いたよ、私の桃色ちゃん:コンスタンス・スプライ!

my.constance.spry

わーい♪

去年、小さな枯れそうな苗をセールで見つけて、この春までは全く成長しなかった。今もまだ苗の背丈は私の肩にも届かない。でも、今年、はじめてツボミをつけてくれた〜。コンスタンス・スプライは一季咲きのバラなんだそうで、今つけているツボミが開いたらおしまい。全部で6つ。今年はそれだけだけれど、それでも十分です♪

my.constance.spry2

か〜わ〜い〜い〜♡

となりに植わっている古い白い「マダム・アルフレッド・キャリエール」さんよりも、はっきりとした個性的な香り。花の香りをかぐ季節になると、いつも「香りってなんなんだろう」と思う。 小さな小さな粒子が鼻の中で認識されるのが。。。香りなのかな、って視覚的なイメージはあるんだけど、花のどの部分がその香りの粒子を生み出しているんだろうって、思う。またググってみよーっと。

my.constance.spry3

子供の頃は男の子みたいで、20代になっても「Tom Boy」ぽかった私が、こんな風にバラを育てているなんてね。このコンスタンス・スプライさん、葉っぱには虫はついていないけれど、花びらが虫に食われている模様。 ツボミのときにアブラムシが付いていたからかな。指でこすりとったけれど、遅かったのかなー。

咲いてくれて嬉しい。

週末はとてもひんやりとしていた。曇空で、今日は夕方に少し暖房をつけてしまうほど。今週は雨マークもついているし、先週とは打って変わってのグレーの一週間なのかな。お日さまが出ていないとエナジーレベルがぐっとさがる。家の中でごそごそとしていたくて、パンを焼いたりルバーブマフィンを作ったり。夕食も作る気分になれなくて、「朝ごはんみたいな晩ごはんにしよう!」と。。。

相方がワッフルを焼いたよー。久しぶりで美味しかったー。

ワッフル

この穴の小さなワッフル。これが、オリジナルのワッフルなんだって(相方いわく)。うちのワッフルアイロンは相方のお母さんかおばあちゃんのもので、電気のコードだけを修理して今も使っているよー。ヨーグルトがたっぷりはいってます。

あ、そうそう、突然「おうちピクルス」がとても食べたくなって。ラディッシュがお手頃だったしピクルス作った。

pickles1

ラディッシュときゅうりの。すぐにラディッシュの赤い色がお酢ににじみだしてきれいな赤いお酢になった♪ ピクルスのお酢って、再利用できるのかなー。

また新しい一週間、楽しく過ごそう〜。

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Project “TOMATO” の日曜日

先週、相方が内緒で私に買ってくれていたものが届いた。

トマトソース作り

Tomato Strainer って呼ばれるツール。つまり、トマトの皮と種を取り除いて、スムーズなソースを絞り出してくれる機械。手動ですよ〜ん。Maid in Italy, ステンレス製って書いてあるけど、なんだかブリキのおもちゃの様で、正直「コレ…ちゃんと動くの?」と不安になってしまった私。相方は、トマトのシーズンが終わってしまうまでに届いて良かった〜!と喜んだ一方、上手くいかないようだったら返品しようねと、包装してあった箱をとても丁寧に開けていた。

というわけで、今日はプロジェクト・トマトの日でしたー☆

窓辺のトマトもいい具合に赤くなったし、庭のもほぼ終了。このトマトソース作りが多分今シーズン最後のバッチになるかな。

トマトソース作り

タイミングよく、ローマの友達のマシモがスカイプをしてきて、この機械を見せてみると「あぁ〜〜!懐かしいっ!それの大きなの、うちのばあちゃんが使ってたよ。トマトを潰したらバジルの葉っぱを一枚入れて、それからそれから。。。」と懐かしのトマトソース作りを語りだした。家族総出でソースを作る日があったんだって。

「そうか。イタリア人も使う機械なのか」と、ほっとする。

簡単な説明書には、①生のトマトを放り込む、または、②洗ったトマトを半分に切って3〜5分鍋で火を通し、それをこの機械に通す、とあった。最初、生で試したけれど、つるつると滑ってうまく「潰すセクション」に入って行かなかったので、②の少し火を通して柔らかくするという方法でやってみた。

トマトソース作り

トマトを上からいれて、ハンドルを回す。

すると、手前から種と皮が出てきた!

トマトソース作り

そして。

左側からスムーズなトマトソースが出てきた〜♪

トマトソース作り

水分も多いので、これをまた細かい網目のストレーナーにさっと通したヨ。相方も興味津々で、「ちゃんとできた?ちゃんと皮と種、取り除かれてる??」と何度もチェックしにきていた。

不安だったけれど、ちゃんと仕事をしてくれたブリキのおもちゃっぽい機械。ハンドルを回すのも楽しい♪

お湯にトマトをとおせば皮もはがせるし、細かいストレーナーを使えば種だって取り除ける。なので、別になくても良い機械といえばそうなのですが。一つ、コレはいいな!と思ったのは、プチトマトも簡単にソースに出来ちゃう。プチトマトは生のままこの機械に通しても大丈夫。今までは皮が入るのが嫌で、プチトマトは生食のみで、たくさん採れてもソースにはしなかったのだけど。この機械があったらプチトマトも放り込めるよー。

トマトソース作り

種も皮も入っていないスムーズなトマトソースの出来上がり☆ そしてふと、長い長い狸とのバトルを振り返り、ソースにできる分だけ採れたことに感謝。

この機械を使ったら、ブラックベリーの種も取り除けるのかな〜。次の実験だ。うふふ。

秋ですね。スクワッシュの季節。

バターナッツスクワッシュ

バターナッツスクワッシュをスライスして溶かしバターをふりかけてローストした。美味しい♪

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ジャムのクッキー

私はクッキーよりもクラッカーの方が好きで、クッキー食べたい!って思うことって滅多にない。一方、相方はクッキーモンスター。時々、食べたいなぁ〜って思うクッキーというと、やっぱり、オートミールチョコチップかな。それから、ジャムが真ん中に入っているクッキー♪ あれって、見た目がボタンみたいでかわいらしくて、食べたくなる。

去年のブラックベリージャムが残っていたので、ジャムのクッキーを作ってみたヨ♪

サムプリントクッキー

一口味見してみて、ふわぁ〜っと夏の緑の風景が目に浮かんだ。ブラックベリーはそんな夏の味がする。

ジャムのクッキーといっても、間にジャムが挟んであるのではなくて、クッキー生地を小さく丸めて、真ん中を親指できゅっと押さえてへこませ、そこにジャムを入れたもの。これは「Thumbprint Cookie・サムプリントクッキー」って呼ばれてマス。

レシピはGardianで紹介されていたもの〜。→オリジナルレシピ☆

Spicy Linzer Thumbprint Cookies・ジャムのクッキー

材料:

  • 180g バター(常温)
  • 80g キャスターシュガー
  • 卵 1個
  • 150g アーモンドミール
  • 130g 小麦粉
  • 小さじ1 シナモン(粉)
  • 1/4 小さじ クローブ(粉)
  • 小さじ1 フェンネルシード
  • 小さじ1 ジンジャー(粉)
  • レモン1個分の皮 すりおろし
  • オレンジ1個分の皮 すりおろし
  • バニラエッセンス 小さじ2
  • 1/4 小さじ 塩
  • 130g ジャム

材料がやたら多く感じるけれど、全部揃えてしまえばあとは混ぜるだけ。

室温に戻したバターにキャスターシュガー(私はなかったので普通の砂糖)をくわえてクリーム状にする。そこに溶いた卵をくわえてよく混ぜる。ここに「ジャム以外の」残りの材料すべてを加え、木しゃもじ・手でよく混ぜる。

オーブンは160度(華氏325)。くるみの大きさほどに丸めた生地を親指で押さえてくぼみを付ける。約28個のクッキーができるらしい。

温めておいたオーブンに入れて20分焼く。その間にジャムを小鍋に入れてふつふつとなるまで温める。

焼きあがったクッキーがまだ熱いうちに、ジャムをいれる。

できあっがりー☆

サムプリントクッキー

私のは小さめだから、30個以上できたよ♪

結構バターがはいっているクッキーです。でも、小麦粉よりもアーモンドミールが多いせいか、さくさくっとしているし、スパイスがほどよく効いていて香ばしい。

サムプリントクッキー

この手のクッキーって、見栄えは楽しくていいのに、食べてガッカリ、というのも多いけど、これはなかなかGood☆ レシピをとっておくことにしました。

夜は久しぶりに「じゃがいものピザ」。ここでも2度ほど紹介したよね♪ おジャガのおいしい季節だからねー。

ポテトピザ

庭のレタス、葉っぱが硬くなってるかな、と心配していたけど、大丈夫みたい♪ ちぎりたて(?)はささっとゆすいで、ぱりっと食べれるのが嬉しい。のんびりの我が家の畑では、今はこのレタスがメインかなー。残りの葉っぱもの(ほうれん草や小松菜)は、そろそろおしまい。

さてまた一週間。良い一週間を!

*Doodle Marathon update:left hand practice – strawberry talk→☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪