チアシードプディングが美味しい~、と週末サワードゥパン

健康に良い、美容に良い、ダイエットにも効く、なんて言われて数年ほど前に(?かな?)ぐぐっと注目を浴びていたチアシード

チアシードというと、私の中では「チアペット」しか浮かばなくて、食べるもの、ましてや「健康食品」だなんて思えず、試したこともなかった。

チアペット…こんなのもあるのね。

ところが。最近ハマっているのです。チアシードを使ったチアシードプディング! 美味しいの~☆

この間遊びに来てくれたジェニーは、看護師さんで自然療法にも詳しいし、今はホーリスティック自然食事療法の勉強もしている。彼女は自身のリューマチの症状を抑えるためにも、今までに色んな食事療法を試してきた。消化器官の健康が体全体の健康の基本であることや、体への負担を軽くする食事療法など、ジェニーが来るたびに「いいよ~」っていうことを教えてもらう。で、ジェニーが食べてたのよ、朝ごはんにこのチアシードプディングを♪ 見た目はすごく怪しくて「なにそれ。。。」っていう代物なんだけど、食べさせてもらったら「イケる!」。

色々とあるレシピの中で、私が落ち着いたレシピは:

  • チアシード(黒) 大さじ 1
  • 良いココナッツミルク 大さじ2~3
  • 豆乳 4分の1カップ(弱)
  • ブルーベリー 適当
  • メープルシロップ 小さじ2程 (はちみつでもOK)

コレを1C強のメイソンジャーに入れて一晩おいたものを、翌日おやつに持っていく。

最初作ったときは、ジェニーが食べていた量と同じだけ作った。チアシード1/4 C 分! そしたらね、食べて半時間もしないうちにお腹がどっしり重くなってぱんっぱん! 動けませんっ。すっごい満腹感っ! チアシードは水分を含むと膨らむし即効性の満腹感を与えてくれる、っていうのは読んだことあったけど、冗談抜きでお腹一杯になる!! ので、大さじ1の上の分量を作って、お腹が空いた時に二口程食べると落ち着く。食べすぎるのもよくないらしいので、大さじ1(10~15g)が一日の摂取量としてはちょうどいいみたい。

一晩置くと水分を含んでぷるんぷるんのカエルの卵みたいになるよー。

ジェニーは良質の脂質をなるべくたくさん摂取して、関節や消化機能に負担のかかる炭水化物をあまりとらない。なので彼女のチアシードプディングにはココナッツミルクがたくさん入ってる。私は少しだけ入れて、後は豆乳で十分。ここにシナモンなどを入れても美味しい。ジェニーはカカオニッブというチョコレートの原料(?)みたいなのと植物性のコラーゲン(粉)も入れていたよ。

チアシードの嬉しい効果がわかりやすくまとめられているサイトがたくさんある。→チアシードの効果☆
中でもα―リノレン酸や抗酸化作用の高いミネラル「セレン」、繊維や鉄分が含まれているっていうのはとても嬉しい。

プディングと言っても、プリンとは違って、とろ〜りとしたゼリー状。この食感が苦手な人もいるかも。私はしばらくチアシードプディング熱、続きそうでーす☆

*週末サワードゥパン

先週末のパンはこんな風

この形だと端から端までが大体同じ大きさでサンドイッチにもしやすいので、最近は丸いカンパーニュ(?)よりもこの形ばかり。今回のはあまり不規則に大きな気泡も入らず、相方が「ジャムが落ちるっ!」ってブツブツ言うこともなく、程よい酸味も香りもあり私たち好みに焼けたかな♪

ちょっとずつちょっとずつ練習続く~。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

週末サワードゥとたわむれる

同僚のコーリーさんにサワードゥ種をゆずってもらってから、週に一度のペースでサワードゥブレッドを焼く練習をしている。サワードゥブレッドは普通のイーストパンよりも時間がかかるので、週末に一斤焼くというペース(それ以上焼いても食べきれないし)。木曜日に最初の餌やりをして、金曜日に二度目の餌やり、で土曜日に焼くこともあるし、もう一日おいて日曜日に焼いたり。時間はかかるんだけど、じっくりゆっくりと膨らんでいく様子がなんだかとても面白くて、面倒だとは(まだ今のところ)思わない。粉と水だけなのに、ちゃんと生きていて、粉と水を与えると本当に嬉しそうにぶくぶくしてくるのが見ていて楽しい。

先週末に焼いたのが、5つ目のパン。まだまだ上手く焼き上がらない。一番難しいのが温度調節。うちにはプルーファー(発酵機)がないからオーブンに生地を入れ、お湯を入れた器も一緒にいれて温めたり。ラジエーターの側においてみたり。それから、私が今のところ大きく失敗しているのが「成形」。バネトン(パンを成形する器)がないので、ザルに粉を十分にまぶした布巾を敷き、その中で成形発酵させてるんだけど… 布巾にくっついてせっかく膨らんだ生地をやぶってしまったり(涙)。バネトン、一つ相方がネットでオーダーしてくれたんだけど届かない〜。

↑↑のパンは風味は良かったんだけど、気泡がねー。もうちょっと均一にならんものかね。。。穴が大きいとジャムが落ちちゃう、って誰かさんがこぼしてるし(苦笑)。ぼちぼちですな。

相変わらず、捨てる分のサワードゥ種でクラッカーは焼いてまーす☆ ココナッツオイルを使ってカレー味のを作った。もう一つの方は、生地にハチミツを少しねりこんで、焼くときにバターを刷毛でぬってシナモンシュガーをふりかけたの。これがなかなか美味しいのですよん♪

先週末の日曜日には一晩寝かしたサワードゥ生地を使って、初シナモンロールを作ってみたー!

ここまでするんだから、All in!!! の勢いで「クリームチーズのフロスティング(高カロリー♡)」をたっぷりと。これはサワードゥ種を使っているけれど、パンを焼くときのように餌を与えて発酵させるわけではないので、酸味は殆ど感じない。でもね、この生地がとっても美しかった。とても弾力があってツヤツヤで。冷蔵庫で一晩ねかせた冷たい生地を、温めないようにして伸ばして巻いてしまうというレシピ。

普通のイーストで作るシナモンロールよりも、食感がしっかりとしたパン生地のように思う。

美味しい。

半分の生地は冷凍した。忘れた頃にもう一度焼こう。うふふ。

サワードゥとは全く関係ないのだけど、最近続けて「なめたけ」作ってまーす。レシピは白ごはん.comさんより♪

お弁当のおかずやら、こないだはパスタに絡めて食べてみたら、和のパスタで美味しかったよー☆ 色んなキノコはないけれど、韓国産のえのきなら最近手に入れやすくなったので♪ 同僚Fくんにも紹介したら、作ってみる!って言ってた。作ったかなぁ〜。

もう1月も半ば。毎日を丁寧に過ごさなきゃね。食べ過ぎにも注意しなきゃ〜。きゃ〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

捨てるサワードゥ種でパンケーキとクラッカー

週末ごとにサワードゥの話ですが… スターター(種)の扱いに慣れるまで週一でサワードゥ種を使ってみようと頑張っている。パンより何より、うちのスターターたち(ジャスパーとマチルダ)を上手くつないでいけるかどうか(途中で死んじゃったら悲しすぎるし〜)、その練習がメインなんだけど。

天然酵母はどれでも同じだと思うけど(え?違うかな?)、サワードゥ種ずっと元気に生かしていくためには、定期的にごはんをあげないといけない。サワードゥ種の場合は小麦粉と水。冷蔵庫からだして常温に戻したものに、粉と水を与えてぶくぶくさせ、落ち着いたところでそれを使ってパンを焼く。そしてまた冷蔵庫に入れて眠らせる。エサを上げるたびに粉と水を足すので、どんどん種が増えていく。

これをどうするか。「捨てるサワードゥ種を利用する方法」で調べると、クラッカーとパンケーキが簡単で人気っぽい。

ので、作ったよー。

サワードゥクラッカー☆ レシピも色々あるけど、シンプルなこれ→☆を参考に。ハーブやスパイスは適当にアレンジした。

焼きが浅かったかな。。。 今回は庭のローズマリー+ガーリックパウダー+チーズ+マスタードパウダー+塩で味付け。ほんのり酸味もあり食べると癖になる…(やばい)。

それから、サワードゥパンケーキはこれが2度めのチャレンジ☆ 一度目は酸味が足りなかったので、別のレシピを参考にして、ちゃんと前夜に準備しておいた。

美味しいぞー!

ちゃんと酸味もある! 相方の「合格」も出たっ。彼のお父さんの懐かしのサワードゥパンケーキに近づいたみたい♪ ふんわりもっちりとした生地で、普通のパンケーキのように「粉粉」していない(ケーキっぽくない?)食感。

冷蔵庫に「あんこ」があったのを思い出して、トッピングー。 美味しぃ。

他にも捨てるサワードゥ種を利用するレシピが幾つかあったので、また試してみようと思いまーす☆

*おまけ:ごはんを食べた翌朝のマチルダちゃん。

げっ。元気過ぎ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ほろほろに柔らかいBeef Short Ribs・ショートリブ

今日は一日中ど〜んより。昼前にGusを散歩に連れて出たら、ばしゃーーーっと雨に降られびしょびしょになってしまった。1週間の天気予報も雨マーク続き。あぁ〜、気が滅入るぅ。

昨夜はお友達が夕食を食べに来てくれた。うちは、あれこれ上手に作れないので、人を呼んでも「ワンプレートディッシュ」。久しぶりに「Beef Short Ribs・牛肉のショートリブの赤ワインとポート煮込み」を作ったヨ。とってもシンプルなレシピだけど、外れることがない。お肉がほろほろになるよ〜!

以前にもココで簡単に紹介したと思うけど、自分の覚書きにレシピを書き留めておきまーす。

Beef Short Rib with Red wine & Port

材料(1C=250cc):

  • 牛肉 ショートリブ 2lb (約900g)
  • 赤ワイン 1C
  • ポート 1C
  • ビーフストック 1C
  • クミンパウダー 適量
  • 塩 適量
  • こしょう 適量
  • シャーロット(刻んで) 大さじ1
  • ニンニク(刻んで) 大さじ1

大人4人だったので、実際に使ったショートリブは1.3kg程。なので赤ワインとビーフストックの量を少し増やしました。

オーブンは220F(105度)に設定。

まず、ショートリブにクミンパウダーと塩こしょうを適量まぶして塗りこむ(?手で揉むようにして)。

キャストアイロンのお鍋に油を温め、中火でショートリブの4面をじゅじゅぅっときつね色に丁寧に焼く。一面焼いている時にぐちゃぐちゃ動かさない。一度に3〜4つずつ焼き色を付けていく。焼けたものはお皿にとっておく。

火を弱め、刻んだニンニクとシャーロットを数分炒める。焦げ付かせないこと。

このお鍋に赤ワイン、ポート、ビーフストックをいれる。底についた焦げと旨味がとれる。

お肉をお鍋に戻し、蓋をしてオーブンにいれる。

4時間後。

お肉はとても柔らかくなり、ほとんど骨がとれている。この柔らかくなったショートリブをお皿にとりだす。1日前に作る場合はこのソースを冷蔵庫にいれて油を固めて取り除く。冷やせない場合はスプーンで表面の油をなるべくすくいとる。

ワインと肉汁のソースを火にかけ、煮込んで4分の1の量まで減らす(↑↑の下の写真は量を減らしたあと)。お肉を戻してソースにからめる。

パスタ(パッパルデッレ)を湯がいておく。パスタもお肉もソースに絡めてもよし、私たちはお皿にパスタを盛ってショートリブをのせ、ソースをかけたよー。パルメジャーノをたっぷりかける。

こんな感じで。

とっても柔らかくなっているので、ショートリブを上からフォークで押さえるとほろほろに崩れる。

とてもシンプルだけれど、とても美味しい♪

がっつりお肉を食べたいなっていうときに、オススメでーす♪

デザートはフレンチクックブックの「洋なしのフラン」。

これもシンプルです(パンケーキみたいなものだから)。コニャックとお砂糖に浸した洋なしが大人の味♪

昨夜食べ過ぎて、珍しくワインも飲んだので、体が重かった今日。雨だったし一日ぐうたらしていた。ま、こういう日もいいよねー♪

*おまけ:手帖の落書きより

瞑想中にこんなのがいっぱい飛び出てきてとまどった。

だれ、これ?

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪