ようやくトマト・ブラックベリージャム・母からの小包

とても美しい秋の日が続いてまーす♪ 朝晩すっかり涼しくなった。今週末は衣替えかな。

土曜日の雨で庭の草花や畑に残っている野菜たちも潤って、トマトもようやく少しずつ楽しめるようになりましたー。青いのもまだいっぱいあるけど。今年は苗の数も少ないので、たくさんのソースにするほどはない。でも、毎日少しずつトマトの本当の味を楽しめるのはこの時期のみ。嬉しいなー。

↑↑の子たちはこぼれ種から出てきたの。

引き続き、マメばーっかり食べてます(笑)

雨が降ったからか、裏庭の奥のブラックベリーが柔らかくなりすぎて傷みかけているのがたくさん。もうブラックベリーも終わりの時期なのかも。数週間の間に集めて冷凍しておいたものを、ジャムにしたよ♪ 半分の量で、全部で5瓶。今回は煮詰めている途中に、少し種をすくいとりました。私はいくら種があっても全くOKなんだけど、誰かさんが種が少なくてスムーズなのがいいなぁとつぶやいていたので。

作ってみると、確かに種が少ないとスムーズで歯と歯の間にはさまらないのは良いな、と思った。あと一回ジャム作りしたら、来年のこの時期まで十分だ♪

さて。日本の実家に届くようにオーダーしておいたクレンジングミルクと美容液。今日、やっと届いた♪ わーい。

1ヶ月前に試してみたビーグレンが撃沈だったので、敏感肌のひとでも使えるものを。。。と、選んだのがマルティナのジンセナシリーズ(←お友達に教えてもらった)のクレンジングミルクと、ノンケミカルな美白効果あり(らしい)のHana Organicの美容液。マルティナの洗顔クリームは、これだけを使って後は何もしないらしい。自分の肌の持つ力を引き出してあげるんだって。

でも、乾燥肌でしかもこれからの時期。。。洗っただけでは私の肌はつっぱります(とても)。なので、美容液ちょっと使ってみて… その後、いつものビーズワックスクリームぬってしまった。普通の人ならきっと、ベタベタしすぎて絶えられないかも。私にはこれでちょうどいい感じデス。あはは。ま、しばらく使ってみてまたリポートしまーす。

で、小包の開いたスペースに色々と詰め込んでくれた母。

なんだか、この、ちょっとずつ入っているのがとても嬉しい。左下の「ふりかけとろろ昆布」っていうの、ざくざくしていてすごく美味しい(送ってもらったの二度目)。じゃがポックル!これ、ハマるよね〜。この小袋の量が…北米の量になれてるとさ、やたら少なくて、一袋食べて次に手を伸ばしてしまう。ドラッグアディクトみたいになってしまう。それからそれから、お腹が空いてたので、箱を開けてすぐにこの真中に映っている「焼きとうきび」(札幌おかき)を食べてみたんだけど。めっちゃ美味しかったー!なにこれ。懐かしのあのクノールのコーンスープを粉のまま口に流し込んだみたいっ。日本には色々とあるよねぇ〜。感心しちゃう。

アポロは相方用です。日本からの小包だと知って、最初に聞いてきたのは:ねぇ、いつものあの「イチゴの山」入ってるかな。 でした(笑)

こうして遠くから送ってくれるの、本当にありがたい。こちらからも何か送りたいんだけれど、大したものないし〜(ホントにない)、それに、郵便料金が信じられないほど上がってしまってとんでもないのです。もうちょっと良心的な郵便料金にして欲しいな。とほほ。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

出雲の風水薬膳茶・かのと茶でにっこり。

気持ちのいい夏日が続いていまーす☆ 気温は20度前後。風が吹くと少し肌寒さも感じるほど。

青い空と青い海の週末、家の片付け・掃除をして犬飯つくって散歩して、野良仕事でお日さま浴びて… 相変わらずの過ごし方。この夏が終わるまでに、倒れ掛かっているフェンスを修繕(新しいものに変える)しなきゃいけない。冬のストームが来たら倒れそうな角度まで傾いているから。一つのセクションは、クレイジーな隣人「V」と関わらざるを得ないので気が重い~。相方は、いっそのこと4,5メートルのフェンスを建ててしまいたい、なんて言ってる(地区の条例で高さ制限があるのでできないけど~)。なにかと「入り用」な夏になりそう。ま、家は生きもので、私たちと同じように老いていくのでお世話をしてあげないといけないもんねー。

さて。少し前に「遅れたけれど~」って日本にいる友達二人から同じ週に誕生日のお祝いが届いた♪ 遠く離れたところからわざわざ送ってくれたこと、とっても嬉しい。忙しい中、私が好きだろうなと思うものを考えながら選んでくれたことが何より嬉しい。

不思議・面白かったのは、二人が選んでくれたものたちになーんとなく共通点があったこと。その中の一つが本のテーマなんだけど、そのことはまた別の機会に話すとして。。。今日はお茶♪

Mちゃんが選んでくれたお茶は、出雲大社の黒豆茶と「艸楽」(そうらく)というお店の「五行・風水薬膳茶」。

お豆がお茶?!ってびっくり! でも、ハトムギ茶は麦だし。なんでもお茶になるのかなー。

そしてとっても気になったのが、かのと茶。

誕生日から風水でいう自分のタイプを見つけて、それに合わせてブレンドされたお茶、なんだって。おもしろーい! ここ→☆でタイプを見つけられるようになってるよ。

それによると、私は「金の陰」なんだそうで、「辛(かのと)」のお茶。友達はこのお店のお茶を飲み始めてから、なんだか気持ちがすぅっとして気分がいいそうです。

そんなスペシャルブレンドのお茶、もったいなくて飲めなーい!暗い冬になってブルーが入ってくる時期のためにとっておきますっ、ってMちゃんに話したら、「飲んでくださいよ」とお返事があったので。。。

ふふっ。ではでは、早速。

きれい。緑茶の葉っぱも「ぱりっ」として香りもいい。お茶に何が入っているのか、気になるよね? お店のサイトでは紹介されていないのだけれど、袋の裏に書いてある材料をみると:

国産の緑茶、レモングラス、レモンピール、カモミールフラワー、ローズ・レッド、ベルベイヌ、焙鳩麦、クコの実、高麗人参。

鳩麦の豆がはいっているのがおもしろーい♪

飲んでみての感想:

陰のお茶は緑茶ベースなので、とてもうれしい。私は普段よく飲むロイボスもグリーンロイボスを選ぶ。口当たりがまろやかで「Earthy」な風味なのが好き。だから、他のもの(花や種など)を加えるなら紅茶ベースよりも緑茶なのが好きです。「かのと茶」はマイルドで最後にふっと感じる(?)レモン(かな?)の爽やかさでにっこりしてしまうようなお茶でした。昨日、飲み始めたばかりだから「効果」はわからないけれど、続けて飲んでみるとちょっといい気分になりそうなお茶♪

それ、たべれるの?

このお茶を飲みながら、こうしてお茶っ葉や他の材料を選んでブレンドできてしまうひと(専門家?)って素敵だなぁって思った。何をどれくらいの割合で配合するとお茶を入れたときに上手く風味の釣り合いがとれるのか、わかっていないとできないよねぇ。私もときどき、自分で庭で摘んだハーブを混ぜ合わせたりするけれど、超・適当… 何かを加えるときに「適量」を考えず「とりあえず多めに」入れてしまうところがあるよな… と。多けりゃいいってもんじゃないのにね。かのと茶の袋の中を見つめながら、自分の大雑把でいい加減なパターンを振り返ってしまったのでした(反省)。

かのと茶に「本質を支えてもらって」やんわり気持よく過ごしたいな〜。Mちゃん、どうもありがとう!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

サプライズの贈りものとクリスマスの夕食

クリスマス(25日)が過ぎて26日の朝がやってくると、何故かいつもほっとする。トンネルに入る前に息を止めて、トンネルを抜けるまで我慢するっていうの、子供の頃に皆やったことあると思うけれど、あのトンネルを抜けてぷはぁ〜っと息を吐き出したときのような開放感。 それが26日の朝。我家のクリスマスなんて、ホント形だけで何もすごいことしていないのに、それでも人並みにホッとしちゃうから不思議。

今年はイブの日の最後の郵便配達で二つ、びっくりな贈りものが届きました〜。本当にびっくり・嬉しかったので、ちょこっと紹介させてね〜♪

surprise gift

どちらもブログを通してのお友達から届いたもの。そしてどちらも手作り♪

バンクーバーのお友達から届いたのはシュトレーン♡ 大好きなんだけど、とっても難しそうで自分でチャレンジできないの〜。なので、今年もベーカリなんかに並んでいるのを見て「買っちゃおうかなぁ」って思っていたのでした。

surprise gift

このお友達は秋にママになったばかり。寝る時間だって十分に取れないほど大変なことでしょうに、こんなに手のかかるお菓子を送ってくださって。もったいなくて食べれなくて、まだ手を付けてませーん。大晦日にいただこうかなぁ〜。可愛い赤ちゃんのお葉書も一緒で、見ているだけで気持ちがとろけちゃいそうでした。

そしてもう一つ、イブの日に一緒に届いたのが、この白樺編みの素敵なスカーフ!! サープラーーイズっ!

surprise gift

今はインスタグラムの方でも時々作品を見せてもらっている、福岡のMさん。実は、去年も同じパターンのスカーフを彼女のブログの抽選(?)で運良く当てさせてもらっちゃったのでした。頂いたものを相方がみて「いいね〜」って言っていたのを覚えていてくださったみたいで、わざわざ前回よりも長いものを編んで送ってくださったの〜。本当にびっくりしましたっ。ボタンがついていて輪っかにもできるので、くるくると巻きつけちゃえます。かわいい〜。

相方も私も、ブログだけで一度も会ったこともない私のために、時間をさいてこうして手作りのものを送ってくださるということにびっくりです。どうもありがとう〜☆ Hugs!!

「それ。なに?」と、立ち上がってのぞくGus。。。

okurimono7

さて。

我が家のクリスマスの夕食 in 2015! 覚書のために書いておきまーす。 今年はビクトリアに残ることになったお友達に参加してもらって、我が家でささやかなクリスマスの夕食:Beef Bourguignon(ビーフ・ボーグニョン、牛肉の赤ワインのシチュー)。レシピはジュリア・チャイルドのフレンチクックブックより。

2015 Xmas dinner

以前にもこの本のレシピを紹介したことがあるけれど(洋書:Mastering the Art of French Cooking )、この本にのっているものは、ちゃんとレシピにそって作ったら外れることなく美味しくできる。ただ。。。めっちゃ手間がかかる〜!レシピがパラグラフになっていて、手順の中で材料の分量が紹介されているので、ひと通り何度か読んで手順を把握してから取り組まないと、作業の途中で「ひぇ〜っ(涙)」となります(なりました)。たいていは相方がメインの作業をして、私は端っこで切ったりレシピを読み上げたりというお手伝いさんになる。

2015 Xmas dinner

簡単に言うとビーフシチュー。でも、ソースの大半が赤ワインで、ゆっくりと煮込むというもの。そこに皮付きのベーコン、Braise(ワインとストックとハーブで蒸し煮)した小玉ねぎとマッシュルームが加わる。ベーコンは熱湯で脂分を落とす、シチュービーフは予め焼き色をつけておく。そこに赤ワインとビーフストックを加えてオーブンで3時間煮込む。

2015 Xmas dinner

玉ねぎの蒸し煮とマッシュルームは、別々に準備をする。それを柔らかくなった牛肉の煮込みの中に加える。小玉ねぎの薄皮をむくのがね〜、大変だったっ。バラけないように切り込みを入れずに薄皮だけをむくの…でもね、この小玉ねぎの蒸し煮(約30分ほどワインとストックで蒸す)って、とろ〜んとしてこれだけで食べても甘くってすんごい美味しい!

大体の作業(お肉を煮込むトコロ)は前日にやってしまっておいたので、クリスマス当日は玉ねぎとマッシュルームを合わせるだけ。夕食はこのシチューとお野菜という、至ってシンプルなものでした♪

2015 Xmas dinner

夕食に来てくれた友人は博士号の勉強でめちゃくちゃ忙しく、久しぶりに会って色んな話をすることができて楽しかった♪

2015 Xmas dinner

クリスマスの日は日本のお正月のように色んなビジネスがお休みになる静かな一日。いつもよりもゆったりと時間が流れるような気がする。こういう日がせめて年に5日ほどあるといいのになぁと思う。ビジネスが閉まるのに合わせて、テレビもインターネットも全部がお休みの日があればなって。

この日のデザートは洋なしとチョコレートのケーキを作ったよ。そのレシピはまた後日☆ 今年も残すトコロあと数日。気持ちもラップアップしてすっきりと新しい一年を迎えたいな♪

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

嬉しいおくりもの

2週間ほど前のこと。ブログを通してのお友達(今はインスタグラムだけされている)ことりちゃんから贈り物が届きました♪

おくりもの

四国の味!

鳴門のわかめが美味しいのは知ってるんだー。めちゃくちゃ嬉しかった。

それから、「和三盆」。ことりちゃんや彼女のお友達のブログで何度かみかけた伝統のお菓子。

おくりもの

見るたびに、なんてキレイなお菓子なんだろう、ってうっとりしていたのです。いつか遊びに行った時に食べに連れて行ってもらおう~って思っていたもの。嬉しい~。冬休みに入るまでとっておこう、って思っていたんだけど…

開けちゃった。食べちゃった。

おくりもの

これ、昔、おばあちゃんが「ぼんさん(=お坊さん)がくれはったお菓子やで」と、出してくれた「はくせんこう」を思い出した。やさしい甘さ。美味しい。まろやかな緑茶が飲みたくなるような甘さ。

それから、抹茶の和三盆。

おくりもの

美味しいー! クリスマスツリーみたいかな、って並べてみた。抹茶モノの好きな相方も喜んでいたよ~。ことりちゃん、どうもありがとう!

もう一つ。バージニア州に住む相方の旧友から届いたまな板二枚。

おくりもの

美しい。クルミの木です。上の方は「Black Walnut」。クルミの木ってとてもダークな色をしていて、全くの素人の私が見ても見分けがつく。手作りのまな板、欲しかったのでとっても嬉しい。彼は木工の細かなものから家具、台所のキャビネットなどの大きなものまで何でも作れる人。

おくりもの

幼いころにご両親の仕事で日本に住んでいたこともあり、日本の建築物の美しさの影響を受けたって言う。彼の作る家具は無駄な装飾がなく簡潔に美しい。素晴らしい技術があるというのに、根っからの気むずかし家さんらしく(相方いわく)、弟子がつかなかったんだって。近くに住んでいたら基本の木工スキルだけでも教えてもらえるのになー。

おくりもの

あのぅ。。。サラダボールがほしいです。って言ってみようかな。本当に欲しい。

思いもかけなかった贈りものにホクホクしてしまいました。ことりちゃん、Sさん、どうもありがとう!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪