額に入ったトキの絵

2ヶ月ほど前のこと、昔描いたトキの絵のタッチアップをした。相方が額に入れてくれるというので、汚れた白い部分にジェッソをぬったのでした。

近くの小さなフレームショップに届けてから、ずいぶん経ち、私はすっかり忘れていた。それが、ちょうど良いタイミングで5月初めの私の誕生日に出来上がってきました〜♪

こ〜れ。

トキの絵

ディプティッチ(キャンバス2枚)をひとつの額に入れるというので、やはり面倒だったみたい。キャンバスはボルトで固定されていて、周りの額はシンプルにフローティングフレーム(キャンバスのふちから1cm弱離れている)に入れてもらった。

Japanese-Ibis-S2

見にくいですね。キャンバスが中央に浮いているようになってるのです。

誰が描いたどんな絵でも、額に入ると「Completed(完成した)」感がぐっと高まる。おさまるところに収まって、トキも嬉しそうで、私も嬉しい。

もう長いこと筆を持っていないのだけれど、描いてみたいな〜っていう気分になる。長く描かないでいると、キャンバスに向かうと緊張するっていうのも事実。そういえば、Doodleの方も長らく放ったらかしにしている。手を動かさなきゃダメですネ。

週末は下り坂で雨が降るっていう予報だったのに、昨日も今日も良い天気。そうなると、家の中でじっとしてられなくて、庭でわしわしやってました。今日は、新しいドッグシッターさんとの顔合わせ・インタビューがあり、Gusを気に入ってもらえるかみてもらいました〜。バーバラさんがドアを開けるなり、彼女に思いっきり飛びついて挨拶したGus。。。んもぅ〜、初対面が大事だっていうのに〜っ!と、私も相方も焦ったのですが、バーバラさんはテリアが大好きで性質もよく知っているとのことで、OKがでました。ほっ。留守中、家と犬の面倒を見てもらえるシッターさんって、見つけるのが難しい。良い人そうだし、良かった〜。

*おまけ:サーモンサラダサンドイッチ*

相方が作ったお昼ごはん。めちゃくちゃ美味しかった〜。チキンサラダサンドと同じアイデア。

salmon-salad-sandwich

丁度、照り焼き風に焼いておいたサーモンが残っていたので、身をほぐし、細かく切ったセロリとネギを混ぜて、マヨネーズ+マスタード+酢+塩コショウであじつけしたもの。それをパンにはさみ、monterey jack っていうチーズをのせて、フライパンでじっくりと焼き色をつけてトーストサンドイッチにしてくれた。おいしぃ♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

まったりとはこういう日のこと

昨日の日曜日は「まったり」という表現がぴったりの一日だった。

。。。と、「まったり」という表現をググってみると「近畿方言で主に味覚を表す擬態語として用いられた(ウィキより)」らしく、本来は「柔らかさのなかにコクがある様子、重みがあって奥行きのある様子をいう言葉」なんだってね。ほほぅ。90年代ころから「のんびりと落ち着いた様子」という意味で全国的に使われらしたらしい。

そ、まったり。

ビクトリア 雨

ミゾレのような雨が降り続いた日曜日。土曜日に人をよんでお酒も飲んだというのもあって体が重く、いつもの3分の1ほどのスピードしかでなかったもんで。よって、予定していた「To Do」リストの3分の1しかこなせなかったのでした。

ひとつは、昔に描いた絵の「Cleaning up」。

wetcoldday3

2003年10月に、日本産の最後のトキ「キン」が死んでしまったときに描いたディプティッチです。生息地を失い、全くの最後の一羽になったキンはどんな思いで生きていたのだろう(もし、「思い」があるならですが)。

この古い絵を、相方が額に入れてくれるそうです。わーい。ディプティッチは額に入れるということが難しく、この状態で本棚の上に放っておいたので正直とても嬉しい。

wetcoldday2

白い部分がホコリやらなんやらで汚れていたので、下地のジェッソでタッチアップした。ただそれだけなんだけど、とっても久しぶりに筆を手にとり、ぺたぺたするのが楽しかった。どんな風にフレームにはいるのか、楽しみです。

で、もうひとつ、リンゴのフランを焼きましたー。実は土曜の夜のデザートにも同じものを焼いたんだけど、とっても美味しかったので。余っていた材料でもう一回!

りんごのフラン何が美味しいって、バターで軽く炒めてカルバドスのシロップにひたしたリンゴが美味しいの〜。まさに「まったり」だよっ。それだけをバニラアイスにのせて食べても美味しいはずっ。あ、以前に紹介したレシピはココ→☆

アップルフラン

一人で4分の1、余裕です。あっさりと、重たくないデザート。大人の風味。

ミゾレの雪が雨に変わり、外はぐちょぐちょです。明日もこんなのかな〜。こんな天気の中、Gusと散歩に行った相方の撮った一枚。

タグボート

小さいのにものすごい力を発揮するタグボートは、私も相方も大好き。大きな家を乗せたフロートなんかも、なんなく引っ張って行っちゃうんだもんね。かっこいいぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

雲のかたち

丘の上に座ると、正面に勢いのいい雲みっけ。

空にぬぼ〜っとうかぶカエルのようで。笑ってしまった。

雲の形

けろ〜〜〜ん。けろ〜〜ん。

そらおよぐかえる

そのばかでかく怠惰なカエルは、5分もしないうちに赤ん坊に姿を変えた。

雲の形

見えますか?

雲の形

ふむ。

こうして写真と並べてみたのって初めて。妙だけど面白い。視覚的翻訳。目に映る景色が自分の中でプロセスされて吐き出されたカタチ。ひとそれぞれ、映り方も吐き出し方も違うもんね。

Doodle Marathon の方を1ヶ月ほど(もっと?)放ったらかしにしておりました。タブレットもホコリかぶってるし。。。また、ぼちぼちと頑張ります。

今日もご訪問どうもありがとう。↓↓ぽちっと One Click嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

新しい企画 Doodle Marathon

相方からのクリスマスプレゼントの「Intuos5」について、数週間前にちょこっと紹介しましたが。素敵なツールを、全くの「宝の持ち腐れ」にしてしまいたくない!と思い… あれこれ考えて、新しい企画(?という大げさなものではないんだけど)を始めています。「意識して心がけ」ないと、どうしても「ただ眺めているだけ」で、タブレットに手をつけることなく何日も過ぎていくから。

Doodle Marathon=落書きマラソン。って呼ぶことにした☆ 毎日、っていうのはとっても厳しいので、週に3回ほど、何でもいいから何かを描いてアップしていくスペースを作ってみたヨ。今年に入ってからぼちぼちとアップしているものの、疲れていてインスピレーションがゼロの日はパスになりがち。

で、ひとに見せるほどのものでもなし、恥ずかさも感じるのですが、ここで言ってしまえば「見ているひとがいるかもしれない」というプレッシャーから、もう少し自分をプッシュするかも。。。と、思い切って紹介することにしました。

Doodle Marathon=落書きマラソン

doodle marathon

私はMarathon Puppyって名前で投稿。もう一人のMr. Clownは…相方です。相方は「自分には絵なんて描けないし、頑張ってみても幼稚園児の落書きにしか見えない」と言って、自分の絵を人に見せることに関しては、私よりもずっとシャイです(彼には内緒でここで暴露しちゃう)。彼の場合、何に対しても「コウイウ風にしたい」っていうハッキリとしたイメージが出来上がってしまっていて、その完璧なイメージ故にせっかく描いたものや作った物を、つぶしてしまうことがある。私は、相方の絵はとてもチャーミングで大好きです。完璧ににコントロール「できない」からこそ、出来上がる絵がカチコチではなく、もどかしさや緩やかさを感じさせる。描きたいものの「見かけ」じゃなくて、そこからにじみ出ている「エッセンス」のようなものが、緩やかなスタイルに詰まっていると思う。というわけで、無理やり「Doodle Marathon」のチームメートになってもらいました〜♪

相方が使っているのは、Paper by FiftyThreeっていう iPad 用のアプリ。無料アプリにしてはナカナカ素晴らしいよ。2012年度のお絵描きアプリのランキングでは上位にのぼってたよー。指で色を自由に混ぜられる「カラーミキサー」っていうのがすごい。私は「Adobe Illustrator CS6 Macintosh版」を使ってます(使い方よくわかってないんだけど…)

Doodle Marathonのリンクはページのサブメニュー(上部の薄いグレーのメニューバー)に加えておきますネ。物好きさん、お暇なときにのぞいてみてくださ〜い♪ Mr. Clown共によろしくねん。

  Wacom Intuos 5

(2013.01.17時点)
posted with ポチレバ

今日もご訪問どうもありがとう。↓↓ぽちっと One Click嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ