一日一描、やってみる、のとデイビッドおじさんの話

4、5年ほど前から、一日にひとつ、何かを「描く」ということを試してみたいと思ってた。絵の具を出して紙やキャンバスに描くということは時間的にも気分的にしんどくて続かない。でも、何かの形で手を動かして「描く」という作業をするべきだ、と感じていた。ところが、実際に取り組もうとすると全く上手くいかない。問題は、時間が取れないというよりも、「何を描けばいいのかわからない」ことだった。

ところが。今年にはいってから、そのずっと気にはなっていた「一日一描」をなんとか続けている。今のところ♪ 使っているのはモレスキンとフリクションのペン。

onedrawing-a-day1

黒いモレスキンの一冊は方眼で、モーニングページ用。もう一冊は無地のページで「一日一描」用。赤い小さいのは普段持ち歩いてるメモ用。スケジュールではなくて、思いついたことなどをメモするだけ。

さて。一日に一つ描くというので「ネック」になっていた題材なんだけどね。

決めたの。大好きな「The Sartorialist」のポートレートの中から一枚選んでそれを描く。

Sartorialist

The Sartorialist」はストリートフォトで有名なNYのフォトグラファー「Scott Schumanさんのフォトブログ。もうずっと前からちらちらと見せてもらってきた。最近はインスタグラムの方ものぞいている。一見、ファンションブログのように見えるんだけど、それだけでもない。ハイファッションのモデルさんから、工事現場のおじさん、小道にたたずむ子どもたちと対象は幅広く面白い。

onedrawing-a-day2

毎日、一つ写真を選ぶ。手元はほとんど見ず、写真だけをじーーーーっと見ながら描く。ひどいときはプロポーションとかめちゃくちゃで、ページからはみでてしまったりする。最近は少し手元をチェックして、せめて顔だけは「ふくわらい」状態にならないようにしている。線描です。コレを始めてから気づいたのは、人の仕草や立ち様、手の美しさ、ファブリック(布)のしわの面白さ。スコット・シューマンさん自信の被写体の選び方や切り取り方、構成が素晴らしいから、私も強く惹かれるんだと思う。

かける時間は10~15分ほど。コンピューター上の写真からは、生のモデルを見て描くフィギュアドローイングのときの様なエネルギーは感じない。だけど、短い時間でもじっと集中して見つめて観察して注意深く手を動かす、っていう作業が、自分の中の何かを気持ちよくマッサージしてくれているような気がする。

。。。と。ま、今のところ、バンクーバーに行ったときと風邪でダウンの時以外は続いています。少しずつ、少しずつ。コレが何かにつながるとか、つなげようとか、そういう予測や期待はないんだけれど、このプロセスが自分にとても必要な気がしています。どこまで続くかな〜。

それから。2週間前のドローイング。先週は風邪でいけなくてその前はバンクーバーだったから、ちょっと間が空いた。

Jan30_2

この日は上手く集中できなかった。それは。。。隣に座ったデイビッドおじさんのせいっ! とってもフレンドリーなひとだったんだけどネ。トロント大学でアートを教えていて今はもう退職されている。若い頃はエディンバラでアートを学び、ローマに留学しその道(どの道?)の師に学び、カリフォルニアでアートを教え、その後トロント。ドローイングやアートの基礎のクラスや論理を主に教えていたらしく、その分野(どの分野?)では「ちょっと名の知れた」アーティストらしい(←彼の話)。David Rifat。ググるといくつか作品が出てくる。body mass と 光と影を匠に操った面白いスタイルだな、って思った(言わなかったけど)。で、隣で自分のスケッチブックのページを、私に見えるようにちらりちらりとめくりだしたので、「あ、それ、好き。」って言ってみた。すると、「え?どれどれ? あ、これ? これが好きなのかい?そうかいそうかい。。。」って笑うおじさん。反応が面白いので、私も調子にのって「あ、それも好き。あ、ちょっとまって、それもいいね。」って。そしたらおじさんが「君は絵を描く学生かい?」と聞くので、「昔ちょっと描いてたことがあるだけ。基礎はないよ。」と答えると、「Are you any good??」と聞いてきた。

この質問。時々耳にする。これをどう訳すか、どう受け止めるかは微妙だ。「まぁまぁの絵を描くのかい?」「どんなもんなんだい?」そんなところかな。挑戦的に聞こえなくもない。そして答えにも困る。「Well… Good or Bad, I don’t know. I enjoyed it though…」と返事をしておいた。

Jan30_3

ドローイングが始まってから、デイビッドおじさんの視線を肩越しに感じた。彼は確実に「見ていた」よ、私が描いているのを。小休止のときに、私の耳元でぼそっと「君(の描き方?)は悪く無い。でも。知識がないんだ。」と。

ほほぅ。知識かぁ。そうコメントされて嫌な気分はしなかった。でも、「知識かぁ。」っていう自分のつぶやきが頭にひっかかってしまって、どうも集中できずに終わってしまった。最後の1時間は用事があったので参加できなかったし。私が片付けを初めて帰ろうとした時に、デイビッドおじさんは自分の名刺と一緒に一切れの紙をくれた。そこには:

Placing・Pose・Proportion・Perspective・Presentation、と書かれていた。 5つの「P」。デッサンの基本であり、これを常に心して取り組むべし、なんだそうです。ほほぅ。

Jan30_5

帰ってから相方にデイビッドおじさんの事を話した。「知識も大切かもしれないけど、勉強しに土曜の朝行ってるわけじゃないんだし、好きな様に自由に描けばいいんじゃないの。でさ、そのおじさんの隣にはもう座らないほうがいいよ。」って、答え。

そうだね~。頭でっかちになって、肩に力が入って手が動かなくなったら困る。プロセスを楽しみながら夢中になれることが目的だったもんね。次回はおじさんから離れたところに座ろ~っと。

少しずつ、少しずつ、続けていけたらいいな。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

額に入ったトキの絵

2ヶ月ほど前のこと、昔描いたトキの絵のタッチアップをした。相方が額に入れてくれるというので、汚れた白い部分にジェッソをぬったのでした。

近くの小さなフレームショップに届けてから、ずいぶん経ち、私はすっかり忘れていた。それが、ちょうど良いタイミングで5月初めの私の誕生日に出来上がってきました〜♪

こ〜れ。

トキの絵

ディプティッチ(キャンバス2枚)をひとつの額に入れるというので、やはり面倒だったみたい。キャンバスはボルトで固定されていて、周りの額はシンプルにフローティングフレーム(キャンバスのふちから1cm弱離れている)に入れてもらった。

Japanese-Ibis-S2

見にくいですね。キャンバスが中央に浮いているようになってるのです。

誰が描いたどんな絵でも、額に入ると「Completed(完成した)」感がぐっと高まる。おさまるところに収まって、トキも嬉しそうで、私も嬉しい。

もう長いこと筆を持っていないのだけれど、描いてみたいな〜っていう気分になる。長く描かないでいると、キャンバスに向かうと緊張するっていうのも事実。そういえば、Doodleの方も長らく放ったらかしにしている。手を動かさなきゃダメですネ。

週末は下り坂で雨が降るっていう予報だったのに、昨日も今日も良い天気。そうなると、家の中でじっとしてられなくて、庭でわしわしやってました。今日は、新しいドッグシッターさんとの顔合わせ・インタビューがあり、Gusを気に入ってもらえるかみてもらいました〜。バーバラさんがドアを開けるなり、彼女に思いっきり飛びついて挨拶したGus。。。んもぅ〜、初対面が大事だっていうのに〜っ!と、私も相方も焦ったのですが、バーバラさんはテリアが大好きで性質もよく知っているとのことで、OKがでました。ほっ。留守中、家と犬の面倒を見てもらえるシッターさんって、見つけるのが難しい。良い人そうだし、良かった〜。

*おまけ:サーモンサラダサンドイッチ*

相方が作ったお昼ごはん。めちゃくちゃ美味しかった〜。チキンサラダサンドと同じアイデア。

salmon-salad-sandwich

丁度、照り焼き風に焼いておいたサーモンが残っていたので、身をほぐし、細かく切ったセロリとネギを混ぜて、マヨネーズ+マスタード+酢+塩コショウであじつけしたもの。それをパンにはさみ、monterey jack っていうチーズをのせて、フライパンでじっくりと焼き色をつけてトーストサンドイッチにしてくれた。おいしぃ♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

まったりとはこういう日のこと

昨日の日曜日は「まったり」という表現がぴったりの一日だった。

。。。と、「まったり」という表現をググってみると「近畿方言で主に味覚を表す擬態語として用いられた(ウィキより)」らしく、本来は「柔らかさのなかにコクがある様子、重みがあって奥行きのある様子をいう言葉」なんだってね。ほほぅ。90年代ころから「のんびりと落ち着いた様子」という意味で全国的に使われらしたらしい。

そ、まったり。

ビクトリア 雨

ミゾレのような雨が降り続いた日曜日。土曜日に人をよんでお酒も飲んだというのもあって体が重く、いつもの3分の1ほどのスピードしかでなかったもんで。よって、予定していた「To Do」リストの3分の1しかこなせなかったのでした。

ひとつは、昔に描いた絵の「Cleaning up」。

wetcoldday3

2003年10月に、日本産の最後のトキ「キン」が死んでしまったときに描いたディプティッチです。生息地を失い、全くの最後の一羽になったキンはどんな思いで生きていたのだろう(もし、「思い」があるならですが)。

この古い絵を、相方が額に入れてくれるそうです。わーい。ディプティッチは額に入れるということが難しく、この状態で本棚の上に放っておいたので正直とても嬉しい。

wetcoldday2

白い部分がホコリやらなんやらで汚れていたので、下地のジェッソでタッチアップした。ただそれだけなんだけど、とっても久しぶりに筆を手にとり、ぺたぺたするのが楽しかった。どんな風にフレームにはいるのか、楽しみです。

で、もうひとつ、リンゴのフランを焼きましたー。実は土曜の夜のデザートにも同じものを焼いたんだけど、とっても美味しかったので。余っていた材料でもう一回!

りんごのフラン何が美味しいって、バターで軽く炒めてカルバドスのシロップにひたしたリンゴが美味しいの〜。まさに「まったり」だよっ。それだけをバニラアイスにのせて食べても美味しいはずっ。あ、以前に紹介したレシピはココ→☆

アップルフラン

一人で4分の1、余裕です。あっさりと、重たくないデザート。大人の風味。

ミゾレの雪が雨に変わり、外はぐちょぐちょです。明日もこんなのかな〜。こんな天気の中、Gusと散歩に行った相方の撮った一枚。

タグボート

小さいのにものすごい力を発揮するタグボートは、私も相方も大好き。大きな家を乗せたフロートなんかも、なんなく引っ張って行っちゃうんだもんね。かっこいいぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

雲のかたち

丘の上に座ると、正面に勢いのいい雲みっけ。

空にぬぼ〜っとうかぶカエルのようで。笑ってしまった。

雲の形

けろ〜〜〜ん。けろ〜〜ん。

そらおよぐかえる

そのばかでかく怠惰なカエルは、5分もしないうちに赤ん坊に姿を変えた。

雲の形

見えますか?

雲の形

ふむ。

こうして写真と並べてみたのって初めて。妙だけど面白い。視覚的翻訳。目に映る景色が自分の中でプロセスされて吐き出されたカタチ。ひとそれぞれ、映り方も吐き出し方も違うもんね。

Doodle Marathon の方を1ヶ月ほど(もっと?)放ったらかしにしておりました。タブレットもホコリかぶってるし。。。また、ぼちぼちと頑張ります。

今日もご訪問どうもありがとう。↓↓ぽちっと One Click嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ