妙な夢と最近のペーパーバック:ダン・ブラウンとアンデシュ・デ・ラ・モッツ

今朝は雨の音で4時45分に目が覚めて、貴重なあと45分を眠れずに無駄にしてしまった。まだ休みボケが抜けきっていないのか、数日続けて「ディストピア」なテーマの夢を見てしまい、起きた後もシーンが蘇ってきて戸惑ってしまったり。私の怖い夢というのはいつもよく似たテーマで、社会の秩序や人間性が周りの自然環境と共に崩壊していく。とは言え、そういう雰囲気だけが漂っていて、実際に起きていることはそれほど大げさなことではなかったりもする。数日前の夢の中では、私はコロラドリバーにかかる大きなナバホ橋(←実際にあるのー!)の上にたっていて、そこから下を見下ろしていた。その年は過去に例を見ない干ばつでコロラドリバーの水位も恐ろしく低かった。その水位の下がった川に5〜6つの救助隊ボートが浮かんでいた。救助隊がそこにいたからというわけではないが、橋の上から飛び降りてみようかと考えた。上手く飛び込めば助かるかもしれない。

そして、飛び降りないという選択肢はないように思い、足から先に落ちていった。水面までかなりの距離があり、肌に風を感じ、人はある程度の高さから落ちるときに初めて重力というものを感じるのだなぁと思った。途中、私の落ちる位置は十分に深いだろうかと考えた。手足を動かしたらもっと右や左に移動できるものか。次の瞬間、衝撃とともに足の先から頭の天辺までひんやりとする。二の腕の辺りが特に冷たかった。

夢はそこで終わらず、その後もとても奇妙だった。同僚F君が私のオフィスにアフリカ人の家族をかくまい、「この人達を援助するんだ」と言い張っていた。女の子に話を聞くと、どうやらそれは昔パートで働いていたボツワナ出身のキヨ君の両親と妹らしかった。私の小さなオフィスに6人がぎゅうぎゅうづめになり、キヨ君がやってくるのを待ち続けていた。どんどん空気が薄くなり、私は気を失う。目が覚めた時にはF君達はいなくなっていて、オフィスにろうそくがともされていた。電気がつかない。

その後も夢は続いたのだけど。今日はこれくらいでいいや。

頭のなかで色々と処理をしているしるしかな。

話を変えて。私はキンドルを持っていて、夜布団に入ってぬくぬくしながら軽いペーパーバック(ミステリーやサスペンスの軽いもの)を少し読むのが楽しみです(だから妙に切羽詰まった夢をみたりするのかも!)。冬休み中には、ダン・ブラウンの「インフェルノ」と「オリジン」を読んだよ〜。インフェルノはまずまずだったけど、オリジンの方は楽しかった♪ スペインのビルバオやマドリッドが舞台になり、サグラダ・ファミリアを始めとするガウディの建築物も取り上げられていて、グーグルでロケーションやアートや建築物、歴史を検索するのも楽しかった〜。今読んでいるのは、スウェーデンのミステリー(クライム)作家「アンデシュ・デ・ラ・モッツ」の「Memorandom」。

なかなか良いペースでストーリーが展開し、こういうペーパーバックは面白いテレビドラマを見ているようで(時にはテレビよりずっと面白い)楽しい。洋書を読むスピードがとても遅い私でも、こういう読み物はさくさくと読めるのでキンドル向きです。

さてと、歯を磨いて続きを読も〜っと。変な夢を見ませんように〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

8月初めの庭模様

オリンピック、見てますか〜? こちらでのオリンピック放送は、CMが多いしアメリカのチャンネルだとアメリカチームしか見れないからつまんな〜い!だからもう見ないっ!! って言ってたのに、二人してジムナスティックスを見てしまった。あと、水泳も見たよ〜。男子100メートル自由形のチームの。水泳選手、かっこいいなぁ〜。真上から泳いでいる様子を見るのが好き♪ みんなイルカのようなんだもんな〜。

リオとの時差があまりないので、週末なんかはず〜っと何かが放送されてるよ♪ 陸上も見たいなぁ。

さて。ここ5日ほどの間に撮った庭の写真、記録のためにアップしておきまーす。「去年の今頃は庭はどんなんだったっけ?」と振り返るときに参考になりまーす。

↓↓は一日の半分が日陰になるすぽっと。もう少し多年草を上手く整えたいんだけど、どうも収集が付かない状態になっているスペース。。。

8月初めの庭

↑↑は朝日がしっかりと当たって、昼過ぎぐらいまではお日さまの良く当たるスポット。手前は影になるので紫陽花などあり。何故か今年は大金鶏菊が咲いている。。。ほんと、どこから種が飛んできたんだろう。不明。

今年は春のはじめにウサちゃんが3〜4匹、出没して発芽したものがすべてきれいに食べられたという事件があった。ので、初めて畑ボックスの周りに鹿よけ用のネットを張った。うっとおしいかな〜って思ったけれど、このネットがあるのでスイートピーやツルの豆をあちこちに植えることができたのはラッキー。来年もこのままにしておこうかな〜。

8月初めの庭

庭の東側(右上)には、大きなふる〜いラベンダーの株があり。。。これ、そろそろ引っこ抜いて、若い苗に植え替えようかな、って思う。小さなラベンダーの苗も買ってきてスタンバイオッケー。

8月初めの庭

この時期、ハーブベッド(左上↑)はカラカラ。パセリもオレガノもミントも、花が終わりかけて種になり始めている。

スイートピーもそろそろ終わりです。この種は香りがとってもよかったので、種の収穫のために花をそのままにしていまーす。

8月初めの庭

今週末は晴れたり曇ったりのお天気。今日はひんやりとしていて長袖トレーナーを着ていたもん。夏さん、もう少しゆっくりと滞在していってくださいませ。

相方の友人の奥さんに、彼女の書いた文章が絵本みたいになるように挿絵を描いて欲しい、と頼まれた。挿絵というから数枚のことだろうと思っていたら、合計12ページ。先週金曜日からブレインストーミングをして、なんとか今日の午後には仕上げた〜。来週まで引きずりたくなくって。やれやれ。

Aug6_garden_walk9

今年はね、ブラックベリーがよく採れるよ〜♪ 去年までは、大学の近くとか散歩途中なんかでも集めてきて、それでジャムを作る量になっていたんだけど、今年は裏庭の奥のブラックベリーブッシュだけで足りそう。毎日集めては冷凍してまーす。来週末はジャム作りかな。

家にあった果物を色々と使って、週末スイーツ。フルーツのクランブル。ブルーベリー、ネクタリン、イチゴ、ブラックベリー、リンゴがはいってるよ。

フルーツクランブル

クランブルの部分は玄米粉とアーモンドを砕いたのとオーツに溶かしバターときび砂糖を混ぜあわせた。この玄米粉(ブラウンライスフラワー)っていうの、初めて使ったんだけど、クランブルにしてしまうとな〜んとなくきな粉のような香ばしさがでて美味しかった♪

そうだ。週末は古本屋さんもちらっとのぞいたよー。

russell

Laline Paull のThe Bees。大学の図書館で借りて読み始めたら、すぐにリコールがかかってしまった一冊。蜂のコロニーの中でも一番下のランクとして生まれたフローラ717。彼女の視点から描かれたミツバチ社会の物語。面白そうだなぁ〜、と思って♪ 蜂のシーズンが終わるまでに読み終えられるかな(私、読むの遅いから〜)。 この他にもイシグロカズオの作品を一冊ピック。 もう少しさくさくと速く読めるようになれるといいんだけどな〜。

また新しい一週間!元気に過ごそう〜。

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

エレナ・フェランテ:The Story of a New Name

とても久しぶりに本を読んでいて泣いた。おそらく英語の本を読んでいて泣くのはこれが初めて。自分でもびっくりした。

私を泣かせたのは、ちょっと前に紹介したElena Ferrante(エレナ・フェランテ)さんのNeapolitan NovlesのシリーズのBook 2: The Story of a New Name.

Elena Ferrante Book2

私にしては驚くほどの速さで470ページもある第2部を読み終えた。土曜の朝、朝ごはんを食べながら最後の30ページあたりを読んでいて、涙がこみ上げてきた。声をつまらせて泣いてしまった。本を読んでいてひっくひっくするほど感情的になったのって、浅田次郎の「ぽっぽや」を読んだ時以来かもしれない。映画でも本でもめったに涙しないのに、ある一文を読んだ時にぐわぁ~~っとこみ上げてきた。不思議なものです。

前の記事でも簡単に説明したけれど、このフェランテさんのナポリタンシリーズ(4部作)はエレナとリラの友情を巡る物語。私が読み終えたこの第2部は、リラが16で結婚をしてから、全てを捨て子供だけを連れて出て行くところまでのストーリー。まだ日本語に訳されていないし、これから読む人もいると思うので詳細は書かないけれど、第二部では10代終わりから20代前半のドラマがある。ナポリタンシリーズは「フィクション」として紹介されて入るものの、実話を元にして書かれたとしか思えないような描写が溢れている。第1部を読み終わったところで、このエレナとリラの二人にすっかりどっぷり感情移入してしまっていた。若い二人にどうにか幸せが訪れるようにと、願っていたり。

相方にそんなことを話すと、それは書き手が素晴らしいからだよ、と。よくよく見てみると、訳されたフェランテさんの英語の文章はとても読みやすい。そしてリズムが良い。エレナの心の声やリラの叫びが聞こえ、喧騒としたナポリの郊外の町の様子が肌に感じられる。第2部もクリフハンガー的な「ええっ!」っていう終わり方だったよ。

Elena Ferrante

嬉しいことに手元には第三部「Those Who Leave and Those Who Stay」があるのだ。うふふ♪ そして、この9月には4部(最終部)も出版されている。4部が出たときには、コチラのリタラリーマガジンやラジオでも彼女の作品のことで持ちきりだった。スポイラーアラートを見たり聞いたりしたくなかったので、徹底して避けていたけど(笑)。

第2部を読み終わって、人の人生ってドラマだなぁ、と漠然に思ってしまった。

誰か、フェランテさんの作品を日本語に訳してくれないかなー。もちろん、原文伊語から日本語へ訳したもの。出版されたら是非、読んでみてください~。

*参考までに:

英語:エレナ・フェランテ ナポリタンシリーズ2部
The Story of a New Name: Neapolitan Novels, Book Two

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

エレナ・フェランテのMy Brilliant Friend

とても久しぶりに夢中になって(英語の)本を読んだ。イタリアの作家「Elena Ferrante・エレナフェランテ」の「My Brilliant Friend」。残念ながらまだ邦訳は出ていません。が、英語訳版はペーパーバックキンドル版もあるみたいです♪

カナダに住むようになってずいぶんになるけれど、今でも本当に英語で本を読むのが遅い。読んでるうちに居眠ってしまうことも多い。軽く読めるパルプフィクションやそれなりに楽しい作品はあるのだけれど、こんな風にのめり込んで心を動かされたのは本当に久しぶり。

My Brilliant Friend

設定は1950年代のイタリア、ナポリ近郊の貧しいながらも活気のある小さな町。この町で生まれ育っていく二人の女の子たち、エレナとリラの友情をめぐる物語。…と、言ってしまうとなんともそっけなくつまらなく聞こえるのだけど。
全く性格の違う二人が小学校で出会い、どちらかというと真面目で引っ込み思案なエレナが、何故か自分とは全く違ったタイプの奇抜な問題児タイプのリラに惹かれる。凸凹な2人がお互いを試し競い合う中で築いていく信頼関係と友情が、とてもリアルに描かれている。まるで自分が小学生の・思春期のエレナやリラになってしまったかの様な気分になる。人々の日常の生活の基板であり、形作り色づけているのは、貧困と暴力、男性社会。生活の端々にそれが染み付いているという事実が、エレナとリラを通して生々しく描かれている。「My Brilliant Friend」は三部作の最初の一冊。16歳のリラが結婚をするところまで。ミステリーは、中年になったリラがある日突然姿を消してしまう、という最初の章にあり。2部、3部と読み進めていく中で、一体リラに何が起こったのか明らかになるのかな。

どうしてこの「My Brilliant Friend」にこれほど夢中になったのだろう。本って、読んでいる時の自分の年令や境遇や気分によって、受ける印象がずいぶんと違う。世間で話題になっていて素晴らしいと評されている作品でも、共感できいということも良くある。10代・20代に読め!と言われて読んで全く「わからなかった」作品が、今読みなおしてみてじわりと心に浸透したりすることもある。

子供だから見える世界や子供にしかわからない感情ってある。思春期に感じる独特の焦りや戸惑いも。フェランテさんの描写力に引き込まれ、ずいぶん昔に忘れてしまった感情が沸き上がってきた、からかもしれない。

面白いのはね、この作者「エレナ・フェランテ」さんは謎に包まれているのです。My Brilliant Friendが最近になって北米でずいぶんと注目されたわけなんだけど、コレまでにもたくさんの作品を出版されてきたのね。だけど、今までに一度も公に「姿を表していない」んだって。どこに住んでいてどいういう経歴があって、というのも謎。インタビューも姿を表すというものはなし。それで、フェランテさんのファンの間では、「実は男性なんじゃないか」とか「彼女は一体どんな家に住んでいるのかしら」なんていうゴシップでもちきりになったり。フェランテさんは「自分が匿名であることで創作活動における自由を守りたい。描かれている内容の中には、自分にとってまだ癒えない生傷が含まれているから。」というコメントもされているよ。第2部、相方がアマゾンでオーダーしてくれました♪

*おまけ:子供の視点*

5,6歳の子どもたちがファッションモデルのポーズを見ながら、一体何が起きているのか、モデルたちがどんな気持ちなのか、を説明しているビデオクリップ。すんごい可愛くて笑ってしまった。残念ながらこれも英語字幕のみです〜。

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪