ズッキーニのラザニア

今朝も大学近くは霧に包まれていた。

秋だなぁ。

朝活」として「モーニングページ」を始めたのはもう3年前のこと。最初は随分頑張ってとにかく3ページを埋めることに必死になってたけれど、今はモレスキンノートの半ページだけだったり、一ページだけだったり、週末書けなかったりすることもある。それでもまぁ、朝起きて目は半分閉じたままぼぅ〜っとしながらも書いている。まったくくだらないことばかりなので、一体何の意味があるのだろうと何度思ったことか。でも、書いている。ペンを持って字を書くという小さな作業がちょっと気持ちいいのです。ただそれだけかも。。。 でもね、1年前、2年前のノートをめくってみると、夏から秋に変わるこの時期、気持ちが停滞し、すっかり秋が訪れる頃にはうい〜んとまた自分の中の何かが動き出す、というパターンがあるということに気づいた!

気持ちも季節の流れに合わせて波があり、食欲も嗜好も同じく(笑)

あったかいものが食べたくなってきた〜。で、パスタの代わりにズッキーニを使うラザニアを試してみたよ〜。レシピは相方が見つけてきたもの。見つけてわざわざ私に送ってきたんだから、さぞかし食べたいのだろうと思い、「今日はあのズッキーニのラザニアにするよ〜」と言うと、「え?ふぅーん。。。そうなの?あれ、だけ??」と。全然食べたそうじゃないやんっ。でも、リコッタチーズも買ってしまったので作った。

ズッキーニのラザニア

材料:

  • トマトソース(800gのトマト水煮かトマトをにんにくで香りづけしたオリーブオイルの中に入れて煮詰めてバジルを入れただけのシンプルなもの)
  • ズッキーニ 大3本
  • 塩コショウ
  • リコッタチーズ 1.5 Cup
  • パルメジャーノ(おろしたの) 1C
  • 全卵 1個+黄身1個分
  • ナツメグ少々
  • 刻んだパセリ 大さじ2
  • バジル 20枚程

オーブンは220度。ズッキーニの端を切り落とす。5mmほどの厚さにスライスする。刷毛でオリーブオイルをぬり、ベーキングシートの上に並べ、塩コショウを少し。オーブンで12〜15分、少し柔らかくなるまで焼く。オーブンから取り出して冷ます。

オーブンを205度に下げる。

ボールにリコッタチーズとパルメジャーノの3/4 Cのみ、全卵と黄身を各一個分、ナツメグ、パセリ、塩コショウを少々いれてよく混ぜる。このミックスしたものを焼いたズッキーニの上にのせる。

ベーキングディッシュにトマトソースをひく。その上にズッキーニ+チーズミックスを並べる。トマトソースをひく、ズッキーニ。。。と繰り返す。最後はトマトソースで終えて、1/4 Cのパルメジャーノをふりかける。バジルも。

オーブンに入れて20〜25分焼く!

ほ〜らほ〜ら☆ 見た感じふつうのラザニアっぽい?

まぁ、野菜の重ね焼きだよねぇ〜。きっとおナスなんかで作ってもオッケーなんだろな。サッパリとしていて、ズッキーニとトマトの甘さが味わえて美味しかったよ〜。ただ、次に作るときはもう少しトマトソースを多めに硬めに(?)作りたいなと思った。ズッキーニからも水分が出るので、ソースがゆるすぎるとべちょべちょする。私はそれでも良かったけど、きっとベチョベチョ嫌だという人もいると思う(我が家には一人)。

オーブン料理が嬉しい季節がやって来た。

*おまけ:ぬか漬けリポート(?)

こないだ作ったぬか床は健在!っぽいよ〜。でも、こっちの皮の硬いフィールドキューカンバーを漬けてみたら、まずかったっ。皮がとにかく硬くって、ちょっと酸味がはいった気がする。でも、同じぬか床にラディッシュを漬けてみたらとっても美味しかった。

ぬか床もメンテが必要なのかなぁ。まだ大丈夫かなぁ。ラディッシュが安いのでどんどん漬けちゃおう♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

first fog of the season.

深い霧にすっぽりと包まれた土曜日の朝。

夏と秋がすっかり入れ替わったしるし。

天気予報の通り、昨日の夕方から雨が降った。雨がやみ、霧が朝を覆う。こうして一雨降ってしっとりと潤うたびに、秋が深まっていく。

今朝はビクトリアの街全体がこんな風だったのかなぁ。海の近くだけでなくて。

お昼前に自転車でダウンタウンの方に行ったんだけど、すっきりとして霧の気配など全くなし。9月はまだ観光シーズンなのか、ダウンタウンは思ったよりもゴミゴミ(混み混み)していた。たま〜にしか行かないので、シーズンの終わりのセールなどをのぞいてみようかな、と、窓の外からちらりとのぞき、「あぁ。。。やっぱりいいや。」とそのまま通過した。ゆっくりと買い物をする根気(?patience)というものが激減してしまったことに気づく。

霧の朝の海岸は随分と引き潮で、海藻に覆われた石ころの上をそろりそろりと波打ち際まで歩いた。

いつも一人(?)ですぅっと浅瀬に立っている「サギ」に近づきたくて。

サギの周りでは、カモメたちやカラスたちが海岸に集まってわいわいとやっていた。ダウンタウンのお店の窓越しにモノを見て歩くより、こうして海辺に立って鳥たちを眺めているほうが好きなんだなぁ、と、写真を眺めて思う。すっかり都会離れしてしまった。

あ、でも、今日ダウンタウンで「マッチョな男」を見たのはちょっと楽しかった。どこかのジムで朝の筋トレでもしてきたっぽいマッチョ。ステロイドでも飲んでいるんだろうと思われる不自然な筋肉。首がものすごく太くて、肩から上腕部、太ももの筋肉も入道雲のようだ。あまりにもモリモリなせいで腕が体の横に自然に沿わず、「U」を逆さにしたような形で左右に大きく振っていた。太ももも太すぎて、真っ直ぐ前に足を出すことができず、逆さにした「八」のように足を運んでいた。そんな妙な歩き方なので、ただ前進するのに普通の人の倍のスペースをとって歩いていた。それでもきっと、彼はあの妙な体がすごく自慢なんだろうなぁ。人それぞれ、好きなモノも色々だなぁと、ゴリラのように歩いて行くマッチョの後ろ姿を見ながら思った。

午後には霧が晴れ、雨上がりの緑がきらきらととてもきれいだった〜。

こういう季節がやってくると、オーブンでじっくりと焼いた果物が食べたくなってくる… あぁ、食欲の秋。

明日、果物を焼こうかな。むふふ。

*おまけ:霧の海岸クリップ☆

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

‘salty dog’・ beautiful start of September

今週水曜日から新学期が始まり、大学キャンパスはかなりクレイジー。今日は久しぶりに疲れたな〜。

特に一週目は「教室がわからない」「コンピューターにログインできない」「パスワードを忘れた」「ラップトップが壊れた」「WiFiにつながらない」「トイレはどこ?!」と、おろおろわらわらそわそわいらいらの学生さんやスタッフや先生たちが、途切れなくやって来て去っていく、というのが繰り返される。「学期の初めってちょっぴり緊張したよなぁ〜」と、自分が学生だった頃を思い出す。特にフレッシュマンの子たちは初めてのことばかりだもんね。教科書をぎゅっと胸のあたりにかかえて、少し顔をこわばらせて廊下を歩いて行く姿が微笑ましい。若いっていいなぁ〜、と目を細めてしまう。

先週末からずぅっととっても気持ちが良い最高のお天気が続いている。これも明日から少し下り坂らしい。ホントかなぁ。

週末、久しぶりにカメラを首から下げてGusを砂浜ビーチに連れていった。

逆光なんだけど、これ(↑)とっても「海の男」っぽくて、おっさんGusがちょっと若くみえる(笑)

最近のGusは、きゃぴきゃぴしたエナジーのわんこには自分から近寄って行くことはない。誰と挨拶をするかも、とてもピッキーになっている。パピーの頃は誰かれ構わず駆け寄って行ってまとわりついていたのにね。これもニンゲンと同じだねぇ。私たちもおとなになると好き嫌いがはっきりしちゃうもんねぇ。

この小さなてろんてろんの子(↑)は好きだったみたいで、おしりを臭ってくるくる回りつづけていた。可愛い子だったよ。

顎の辺りまで浸かって、浅瀬に戻ってきて、また浸かって、を繰り返す。海藻もほとんどなく、水も澄んでいてきれいだった〜。

棒きれなどをくわえながら「キメっ」のウインクをしたりして。。。海の男っぽい。

全く関係ないけれど、最近よく、水道の蛇口をひねりながら「蛇口ひねってこうして飲める水がじゃんじゃん出てくるのって、なんて恵まれているんだろ。ありがたいなぁ。」と思う。ありがたいことは周りにたくさんあるけれど、特に飲水が普通に水道から流れ出てくることが気になって、余分な水を流さないでおこうと思う。

自然災害が次々とあちこちで起きているからというのも、その理由かもしれない。台風の被害も、北海道の地震も、容赦なく体当りしてくるような自然災害。これ以上の被害が出ないことを祈っています。

先週末、この夏最後の桃でピーチパイを焼いた。相方の一番好きなパイ。

生地を折りたたんで作るガレット。

雨、降るかなぁ。木々も草花もからっからなので、少し降ってくれると嬉しいなぁ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

光が変わるとき

とても気持ちのいい3連休。

光が秋の色に変わった。

柔らかくて静かで、何をしていても何もしていなくても、その中にいると幸せだなぁと感じる、そんな光。

裏庭半分をぎっしりと埋めるように散らかっていたヘーゼルナッツ(老樹2本あり)の殻。リスたちの食べかすの片付けは、私の仕事。大きな熊手で集め、それを東側のフェンスと地面の隙間にぎゅうぎゅうと詰めるようにして20cm程積み上げた。数カ所、ウサギたちのハイウェイになっているような穴があったので… ナッツの壁を突き破って、また侵入してくるかもしれないけど。ま、様子を見よう。

畑をしているお友達が「ピクルス用のキュウリ」を届けてくれた。

えええっ♡ きゅっ、きゅうりっ!! これって、お漬物にできるかなーっ?! と、大喜びしたところ、「いやいや、この種類は皮が硬めだから、ピクルスにして食べるんだよ〜。」と。このままズボーンとぬか床に突っ込みたかったのだけど、漬けても上手く漬からないと思うと言われたので、シンプルなピクルスにした。

相方は、もともと「きゅうり」というものが好きではない。どんな風に出されても、きゅうりには手を付けない。自分がバッタの様な気分になるから、という理由で(何それ)。 で、こうやってピクルスにしても、多分、私が一人で食べることになる。ニンニクと唐辛子とペッパーとディルをいれたもの。今度ハンバーガーでもするときに一緒に食べよう。

枯れ草の下の土を食べるGus。。。なんでー?!(ヒゲ汚れてるでしょ)

美しい秋がゆっくりゆっくりと過ぎていきますように。

さて、新学期開始!頑張ろ〜。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪