金曜日:にっこり。つぶやき。

今日も寒くて夕方からしとしと雨が降り始めた。

でも、金曜日だから気にしなーい。

アンソニー・ボーデインさんが自殺をしたというニュースに驚いた。好きだったのにな。世界中をめぐりその土地の食文化をじっくりと「味わう」姿勢や、どんな恐ろしげなものであってもモグモグと美味しそうに食べる様子も好きだった。政治的・宗教的思想や権力関係なく、美味いものは誰が食っても美味いんだ、的なおおらかな態度も見ていて気持ちが良かった。あんなになんでも美味しそうに食べる人なのだから、食は彼のパッションできっとそれは好きな仕事だったのだろうし、成功されて友人や家族にも恵まれていただろうに、それでも命を絶ってしまったということが残念です。

まったく話は変わり。この花↓↓ これ、金魚草だと思うんだけど… 何か違う。この春は、去年蒔いて上手く育たなかった金魚草たちが元気であちこちで咲いている。なので、葉っぱの形や蕾の形はまさに他のと同じ金魚草なんだけど。中身(?)が違う… でもかわいい。

今週は大学のキャンパスで幾つかのコンファレンスがあり、キャンパスに慣れない人たちが大勢わさわさとしていた。そんなビジターさんたちも金曜の午後には退散し、なんとなくひっそりとし、退屈になったのでネットをぱらぱらと(?)めくっていて見つけた。

おおお〜♡ このストップモーションアニメーション、とってもチャーミング!

Negative Spaceという映画のトレーラーなんだそうな。ストップモーションアニメというと、皆知ってるのは「ピングー」かな? ストップモーションアニメ大好き♪ ちょっとぎこちないコマの動きや空間に含まれているディティールをゆっくりと見るのも好き。数分のアニメを作るのにどれだけのコマを撮影したのかなぁ〜とか、想像すると気が遠くなる。スーツケースの中身がくるくると折りたたまれて行く様子も最高。こういうちっちゃなアイテムを見ていると、子供の頃のおままごとの気分が蘇ってくる。こういうの作るの絶対楽しいだろうな。マックブックのチャージャーまである〜。コーディネートのセンスも良し。数回繰り返して見てしまった。仕事中に〜。

葉っぱ野菜と間引きケールとにんじん。

あ。そうだ。

突然思い立って。もひとつのDoodle ブログの方で「絵しりとり」っていうのを始めてみた。まだ二つめです。イラストレーターの中川 貴雄さんの絵しりとりを見ていて、楽しそうだと思って。中川さんは2011年からずっと続けてられるらしい。私は食いつきはいいけれどなかなか続かないので、すぐに「ん」の言葉で終えてしまうかもしれないけど。えへえへ。

良かったらのぞいて見て下さいませ〜

*Doodle Marathon:絵しりとり

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Shirley Poppy – 桃色ポピーが咲きましたん♪

今年も咲いた♪ 桃色のポピー。

この子は二つ目。一つ目の子は雨の日に咲いちゃって、すぐにべろりんとしてしまった。

去年も、その前の年も、その前の前の年も眺めてきた桃色ポピー。今年も変わりなくかわいい。うちのデザイン性に欠ける「ゆるい」庭に合っている花なんだわ、といつも思う。

実は、この一番乗りの桃色ポピーは、去年の「こぼれ種」が育ったもの。私が春のはじめに丁寧に蒔いたものは、この株の半分ほどの大きさで、茎も細い。こぼれ種組は別種かと思うほど断然たくましい。明らかに種が落ちた場所の土の条件が良かったのだろう。それにこぼれ種って「強いもの・生き延びれるもの」こそがぐんと育つ。私が蒔いたのは、気をつけていても密集しすぎているところもあり、みんなで仲良くひょろひょろり~といった感じ。それと、こぼれ種から育つ苗は冬を超えている。たくましさの秘密はそこにもあるのかな。

もともとこの桃色ポピーは何かのミックス種に混じっていて咲いたもの。なので確かじゃないけれど、多分「Shirley Poppy」という種類。調べてみると、この種は極寒の土地でなければ、秋蒔きを好むらしい。今年は秋に蒔いてみよう!

朝の庭で元気に咲き始めている花たちをみていると、音楽祭の様。

ぽろん。ぽろ、ぽろりん。

たんたかたん♪ ちりちりりん♪ 

ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドーーー♪

このフォックスグローブの名前は屈折くん。一つ前の投稿の2枚目の写真にちらりと写ってます。Gusに何度も体当たりされ倒されて、で、こんなに屈折してるかわいそうな子。Gusはマルハナバチの羽音が嫌いで(ミツバチはオッケー)ね。。。フォックスグローブの花にもぐりこんでいるマルハナバチめがけて体当たりするのですわ。。。 昨日も、ガウガウいいながら屈折くんを支柱ごと倒したので、こらぁっ!とその場で叱ったら、えらいしょげていた。ハチをおっかけちゃだめってわかったかなー。

草花たちって、なんて繊細で、なんて精巧にデザインされ、なんて無駄がなくバランスがとれているんだろ。草花の美しさやその命の仕組みにはどこまでも感嘆してしまう。 4,5年ほど前までは、食べれるもの以外には全く興味がなかった。それが、毎年種をパラパラ蒔き、それぞれの成長を眺めているうちに、その時期時期の花たちを見るのが楽しみで仕方がなくなった。父が、実家の狭い狭い庭で上手に草木を育てて嬉しそうにしている理由が、今になってわかる。相方も気づいたんだけれど、今年はハチドリたちがいつもよりもたくさんやってきている☆ 何度か紹介した緑肥の「Phacelia」の花やサルビアが好きみたい。

涼しい日が続いているけれど、ようやくインゲン豆とズッキーニが発芽した~。 頑張れ、頑張れ。温かくな〜れ♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ミツバチの季節到来〜。

庭の話・庭の写真ばかりになっちゃうのも5月の特徴かも。お許しあれ。

花がポツポツと咲き始め緑がまだとっても若々しいこの時期は、庭や畑を夏に向けての軌道にのせる(?ってほど大げさなものじゃないけど)のに忙しくって。それでもその忙しさが心地よくて、週末の一日はずーーーっと庭で草いじり・土いじりしてる。それでもおっつかない。ぬいてもぬいてもMorning Glory(恐るべし雑草)があちこちから出てきて、いろんなものに巻き付いてるー!

でも。草むしりしながら「ぷーーーん。ぷーーーん。」と蜂たちの羽音が聞こえてくると嬉しくなる。お帰り〜、ミツバチ、マルハナバチ、メイソンビー。

うちの裏庭は、草に水やりはしないので、庭全体が青々としているのも今だけ。6月も半ばになると草の部分は茶色くなっちゃう。そういう意味でも5月は特別。

目につくところを好き勝手に作業し始めると、あっち行ったりこっち行ったりですべてが中途半端になっていることに気づいた。一箇所で雑草抜いていて、カッターをとりに行く途中で別の場所の花が倒れているから支え棒をたてて、そしたらそこの雑草にも目が行ってしゃがんで草むしりし始めて、それを捨てに行く途中で何も生えていないスポットを見つけて種を蒔きたくなって… と。そんな感じ。

で、最近は三輪に道具をいれて、時計回りに順番に作業することに決めたっ。一箇所ずつ。三輪がいっぱいになったら捨てに行って、寄り道はしない!

日曜日、大きくなりすぎたチャードと花が咲いちゃったルッコラをほぼ全部片付けた。ルッコラは大好きなので、また種を蒔いた。ココは涼しいから、また出てきてくれるよねー。

随分おおきくなったチャードの葉っぱ。スムージーにいれたり、さっと湯がいて冷凍したり。犬飯にも使うよー。

Gus、食べる?

ごはんにまぜまぜしてください。

今年はマルハナバチたちがミツバチたちよりも早い時期に活動開始。去年と比べると増えたように思う♪ 大きく育ってしまったPhaceliaはマルハナバチに大人気。

ミツバチたちはハーブの花に夢中。今はチャイブ、タイム、ラベンダーに群がってるよー。

今年の夏も庭にたくさん遊びにきてねー。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪