週末サワードゥとたわむれる

同僚のコーリーさんにサワードゥ種をゆずってもらってから、週に一度のペースでサワードゥブレッドを焼く練習をしている。サワードゥブレッドは普通のイーストパンよりも時間がかかるので、週末に一斤焼くというペース(それ以上焼いても食べきれないし)。木曜日に最初の餌やりをして、金曜日に二度目の餌やり、で土曜日に焼くこともあるし、もう一日おいて日曜日に焼いたり。時間はかかるんだけど、じっくりゆっくりと膨らんでいく様子がなんだかとても面白くて、面倒だとは(まだ今のところ)思わない。粉と水だけなのに、ちゃんと生きていて、粉と水を与えると本当に嬉しそうにぶくぶくしてくるのが見ていて楽しい。

先週末に焼いたのが、5つ目のパン。まだまだ上手く焼き上がらない。一番難しいのが温度調節。うちにはプルーファー(発酵機)がないからオーブンに生地を入れ、お湯を入れた器も一緒にいれて温めたり。ラジエーターの側においてみたり。それから、私が今のところ大きく失敗しているのが「成形」。バネトン(パンを成形する器)がないので、ザルに粉を十分にまぶした布巾を敷き、その中で成形発酵させてるんだけど… 布巾にくっついてせっかく膨らんだ生地をやぶってしまったり(涙)。バネトン、一つ相方がネットでオーダーしてくれたんだけど届かない〜。

↑↑のパンは風味は良かったんだけど、気泡がねー。もうちょっと均一にならんものかね。。。穴が大きいとジャムが落ちちゃう、って誰かさんがこぼしてるし(苦笑)。ぼちぼちですな。

相変わらず、捨てる分のサワードゥ種でクラッカーは焼いてまーす☆ ココナッツオイルを使ってカレー味のを作った。もう一つの方は、生地にハチミツを少しねりこんで、焼くときにバターを刷毛でぬってシナモンシュガーをふりかけたの。これがなかなか美味しいのですよん♪

先週末の日曜日には一晩寝かしたサワードゥ生地を使って、初シナモンロールを作ってみたー!

ここまでするんだから、All in!!! の勢いで「クリームチーズのフロスティング(高カロリー♡)」をたっぷりと。これはサワードゥ種を使っているけれど、パンを焼くときのように餌を与えて発酵させるわけではないので、酸味は殆ど感じない。でもね、この生地がとっても美しかった。とても弾力があってツヤツヤで。冷蔵庫で一晩ねかせた冷たい生地を、温めないようにして伸ばして巻いてしまうというレシピ。

普通のイーストで作るシナモンロールよりも、食感がしっかりとしたパン生地のように思う。

美味しい。

半分の生地は冷凍した。忘れた頃にもう一度焼こう。うふふ。

サワードゥとは全く関係ないのだけど、最近続けて「なめたけ」作ってまーす。レシピは白ごはん.comさんより♪

お弁当のおかずやら、こないだはパスタに絡めて食べてみたら、和のパスタで美味しかったよー☆ 色んなキノコはないけれど、韓国産のえのきなら最近手に入れやすくなったので♪ 同僚Fくんにも紹介したら、作ってみる!って言ってた。作ったかなぁ〜。

もう1月も半ば。毎日を丁寧に過ごさなきゃね。食べ過ぎにも注意しなきゃ〜。きゃ〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Sunshine!!! 初・庭仕事なり。

久しぶりの青空!

あぁ〜♪ 朝から心が踊った! うちの裏庭は冬場の日照時間がとても短くて、太陽が十分に高くあがってくれる春になるまではすっぽり影になっているスポットばかり。それでも今日は一日を通して、ゆ〜っくりとお日さまスポットが移動して、庭の草花たちが喜んでた〜♪

唯一、じめじめの暗い庭でも冬を越してくれるケールさん。春はもう少しだからねっ。頑張ろうねっ。今日もこのケールたちはGusの犬飯の材料になりましたー。

左:パープルロシアンケール、右:サルビア、こぼれ種より。

冬は畑をしないので(暗くて育たないから)、ゆっくりと庭に出ることもほとんどない。けれど、私の知らないうちに、草花たちはちゃぁんと春に向けて準備している。

青々として冬を越している元気な子たちや、ツボミをきゅっと閉じて春を待っている子たち。夏も冬も関係なくわさわさと育ち続ける雑草たち。庭の草花をこうして眺めているだけで、元気が出てくるから不思議。森にあふれるマイナスイオンとかいうけれど、本当に草花や草木は私たちに不思議なエネルギーを分けてくれると思う。

今日も朝から色々としたいことがあり、なんだか忙しかった。せっかくのお天気なので、せめて1時間でも外に出て庭仕事をするのだー!と意気込んで… 今年の初庭仕事は、ココ(↓↓)からスタート!

うふうふ。スポットライトの当たっているトコロ。

バラの剪定もしなきゃいけないんだけど、それよりも前に、この「イングリッシュアイビー」!! ぎゃぁっ!! 大っ嫌いです(好きな人ごめんね)。アイビー。どんどんどんどん広がるし、ちょこっと切り落としたツルから根が出て伸びていたりするしー!何にでも巻き付いて伸びていくし、フェンスのパネルの小さな隙間にも侵入するしっ。だいっきらーーーいっ!

。。。隣人「ファファ(仮名)」がフェンス沿いに植えている数種類のアイビーです(ファファもアイビーと同じくらい好きじゃないです)。全部っ。これがフェンスを超えてうちの方に伸びてわさわさと茂り、バラのツルに巻き付いたりするともう大変っ!! 毎年この時期にフェンスのこちら側から全てツルを剥ぎ取りまして… フェンスの上に伸びてるのはファファの方に押しやりまして… とりあえず、それくらいしておかないと一年後ココはアイビーのツルで全てが窒息死しちゃうから。頑張ったー!

お昼前にはGusを連れて丘の向こうの(うちよりもずっとずっと)日当たりの良い所まで散歩。

気持ちいい〜。

パドルボードやってる人たちも。 いいなぁ〜。パドルボードほしいな。カヤックでもいいです。

ほんと、思わずあくびが出るほど気持ちのいい日曜日。今年は去年よりも春が早くやってくるかなっ♡

元気な1週間を!!

sunshine! feeling a bit of spring!!

A post shared by paprica (@paprica) on

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

妙な夢と最近のペーパーバック:ダン・ブラウンとアンデシュ・デ・ラ・モッツ

今朝は雨の音で4時45分に目が覚めて、貴重なあと45分を眠れずに無駄にしてしまった。まだ休みボケが抜けきっていないのか、数日続けて「ディストピア」なテーマの夢を見てしまい、起きた後もシーンが蘇ってきて戸惑ってしまったり。私の怖い夢というのはいつもよく似たテーマで、社会の秩序や人間性が周りの自然環境と共に崩壊していく。とは言え、そういう雰囲気だけが漂っていて、実際に起きていることはそれほど大げさなことではなかったりもする。数日前の夢の中では、私はコロラドリバーにかかる大きなナバホ橋(←実際にあるのー!)の上にたっていて、そこから下を見下ろしていた。その年は過去に例を見ない干ばつでコロラドリバーの水位も恐ろしく低かった。その水位の下がった川に5〜6つの救助隊ボートが浮かんでいた。救助隊がそこにいたからというわけではないが、橋の上から飛び降りてみようかと考えた。上手く飛び込めば助かるかもしれない。

そして、飛び降りないという選択肢はないように思い、足から先に落ちていった。水面までかなりの距離があり、肌に風を感じ、人はある程度の高さから落ちるときに初めて重力というものを感じるのだなぁと思った。途中、私の落ちる位置は十分に深いだろうかと考えた。手足を動かしたらもっと右や左に移動できるものか。次の瞬間、衝撃とともに足の先から頭の天辺までひんやりとする。二の腕の辺りが特に冷たかった。

夢はそこで終わらず、その後もとても奇妙だった。同僚F君が私のオフィスにアフリカ人の家族をかくまい、「この人達を援助するんだ」と言い張っていた。女の子に話を聞くと、どうやらそれは昔パートで働いていたボツワナ出身のキヨ君の両親と妹らしかった。私の小さなオフィスに6人がぎゅうぎゅうづめになり、キヨ君がやってくるのを待ち続けていた。どんどん空気が薄くなり、私は気を失う。目が覚めた時にはF君達はいなくなっていて、オフィスにろうそくがともされていた。電気がつかない。

その後も夢は続いたのだけど。今日はこれくらいでいいや。

頭のなかで色々と処理をしているしるしかな。

話を変えて。私はキンドルを持っていて、夜布団に入ってぬくぬくしながら軽いペーパーバック(ミステリーやサスペンスの軽いもの)を少し読むのが楽しみです(だから妙に切羽詰まった夢をみたりするのかも!)。冬休み中には、ダン・ブラウンの「インフェルノ」と「オリジン」を読んだよ〜。インフェルノはまずまずだったけど、オリジンの方は楽しかった♪ スペインのビルバオやマドリッドが舞台になり、サグラダ・ファミリアを始めとするガウディの建築物も取り上げられていて、グーグルでロケーションやアートや建築物、歴史を検索するのも楽しかった〜。今読んでいるのは、スウェーデンのミステリー(クライム)作家「アンデシュ・デ・ラ・モッツ」の「Memorandom」。

なかなか良いペースでストーリーが展開し、こういうペーパーバックは面白いテレビドラマを見ているようで(時にはテレビよりずっと面白い)楽しい。洋書を読むスピードがとても遅い私でも、こういう読み物はさくさくと読めるのでキンドル向きです。

さてと、歯を磨いて続きを読も〜っと。変な夢を見ませんように〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

レンジで温めるビーン・バッグ / マジックバッグ 作ってみた

冬休み中、少しだけ「チクチク作業」をした♪

結構長い間、作ってみたいなぁって思っていたもの。レンジで温めるカイロ! ビーンバッグワーマー(Bean Bag Warmer)とか電子レンジパッド(Microwave Heating Pad)っていうのかな。日本でもよく似たもので「ゆたぽん」っていうのがあるみたい。

私が以前買ったのは、こちらの薬局などで「Magic Bag」っていうブランド・商品名のもの。「カナダで一番あなたを快適にしてくれる友達」、というような売り文句付きで紹介されている。相方の関節痛と私の生理痛にと思って。$25くらいしたと思う。

で、買ってみて気づいた:「コレ、袋に豆が詰まってるだけやんかっ!」

確かに、レンジに数分入れるだけでホカホカになり、しばらく心地よく温かい。じんわりと柔らかいぬくもりがある。レンジに入れる時間で温かさを調節できる。熱いお湯を入れる湯たんぽや(こちらでは)ホットウォーターボトル(水枕です)に比べると、ずっと安全で短時間で温められる。

この買ったビーンバッグをしばらく使っていて思った。もうちょっとユーザーフレンドリーな形にできないのか?って。寒い朝やジメジメした日には関節が特に痛む相方も、このビーンバッグを温めて手の甲にのせたりしていた。折りたたんで片手を挟んだり。でも、少し手を動かすとビーンバッグがずり落ちる。このビーンバッグが「袋状」になっていたら、すっぽりと手を中に入れられるのにな〜って。

でね♪ 作ることにしたっ! もう着なくなったフリースと、古いフラネルのシーツを使って。

袋状のものをふたつ。外側はミシンでしっかりと縫った。豆を入れる穴と豆を入れた二つの袋をくっつけるのは手縫いでチクチク。

レンジで温めるビーンバッグの中身は、お豆でもいいしお米や麦、さくらんぼの種などでもいいらしい。随分前に知り合いにもらったもち米がたくさんあり、古すぎて食べるのには抵抗があるんだけど、お米だから捨てられなくてとっておいたものがあったのです。それを詰め込んだよー☆ 片面に300gほどいれた。

できたーーっ!!

中のお米が一箇所に偏らないように、刺し子のように並縫いで二本線を入れた。

↑↑ この中に手を差し込む。うふふ。

電子レンジで2分半〜3分温める。

あったか〜〜い♡ 

私は関節炎はないけれど、冬場は特に手足・足先が氷の様に冷たくなることがある。一度冷たくなるとなかなか温まらなくて、寝る前に足だけお湯に浸したりすることもある。

むふふ。。。♡

足も突っ込んじゃえ〜!

ビーンバッグは一度温めるとしばらく温かいのだけど、こうして手や足を「間」に挟むと(上からバッグをのせるよりも)温かさをずっと長く感じる(持続する)ような気がする。

これは私のアイデアをとりあえず形にしてみた「プロトタイプ」。次に作るときは、もう少し豆(米)を減らしてもいいかな。それ以外は、この形で満足です♪ 相方も手先が冷たくなったり、関節が痛むときに使ってくれているので嬉しい。末端冷え性の人にオススメしたいビーンバッグですっ!わははっ。

*おまけの「ビーン・ベアー」

くまさんの友達。

休み中にまたクマさんを作った。一つはお友達にもらってもらえた(一方的に送ってしまったのですが)〜。 ↑↑の左側のオレンジの方です。お友達はこの子に「セドリック」という名前をつけてくれたそうデス☆ かわいらしい名前をつけてくれて嬉しい。

記念撮影。うっふん。

このセドリックと同じ布で鼻と目の色を変えてもう一つ作ったヨ。また誰かにもらってもらえるかなー。ビーン・ベアーも中身はお豆なので、レンジに入れると… ぬくぬくクマさんになるよ〜!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪