秋色Gusとかぼちゃのニョッキ

朝晩ずいぶん涼しくなり、夜なんてパジャマTシャツの上にフリースを着ちゃってますよ、もう。今日、日本の家族とスカイプをしてそんな話をしたら「うそーっ!!」ってびっくりしていた。あっちはまだ日中28,29度だったりするらしく、それでもずいぶん涼しくなって食欲が出てきたって言っていた。

気温が下がり、光が柔らかくなり、重ね着をしてスカーフを巻くこの時期がくると、気持ちがとても敏感になる様に思う。「秋になると物思いに耽る、センチメンタルになる」ってよく聞くけれど、お日さまがさんさんと照っていた夏には感じなかったことを感じ始めたり、頭ではなくて肌から浸透して心にじわっと染みこんでいくような、そんな感じがする。不思議。

気持ちのいい秋の午後、庭でごろごろするGus。

背筋も手足も伸ばしてフガフガ鼻を鳴らしながら回る。

まだまとまった雨の降る季節ではなく、枯葉はみなパリパリなので、ゴロゴロした後起き上がるとあごひげに枯れ葉がひっかかっていることがよくある。↓↓

のどかだな。

恵まれているよなぁ。こんなふうにゴロゴロしながら土曜の午後を過ごせること、ありがたいな。

今日は午前中はスタッフトレーニングで出勤だった。トレーニングといっても、堅苦しいものではない。9月から新しく加わった学生スタッフや他のパートの子たちみんなと顔を合わせて、いくつかのトピックをカバーするというもの。簡単な朝ごはん(マフィンとコーヒー)とお昼ごはんが出る。和気あいあいとしていて若い学生さんスタッフはみんないい子たち。「若いっていいな〜」ってしみじみしちゃっている自分も、これは「秋だからだな」と思う。そう、色んな事に「しみじみしちゃう」のが秋なのかも!

そして、涼しくなってくると(+天気が悪くなってくると)粉いじりをしようかな(したいかな)という気分にもなる。ローストしておいたかぼちゃでニョッキを作った。

今夜はニョッキと庭のトマト。我が家の夕食はシンプルです。

お肉を食べたくない日はこういう食事が嬉しい。そうだ、そうだ、まだ、お家アイスバーを作ってるよー!

写真がいっぱいになったので、最近一番ヒットだったアイスバーはまた明日紹介することにしよう。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

夢:腹話術講座レベル1

夢より:

大学主催のサマーワークショップがあり、私はその中の一つ「腹話術講座1」に参加してみた。参加者は私を入れて12人くらい。皆で円になって座っていた。先生の他にアシスタントの大学生が一人ついていて、二人は椅子には座らずに明るく気持ちのいい教室をぐるりと見渡していた。どちらもとても爽やかだ。

受講者はそれぞれ一体ずつ人形を持っている。与えられたものなのか、自分で選んだものなのかは良くわからない。

私も右手で人形を持っていた。彼の名前は「ひでのぶ」。

私の左隣の女性の人形はスージー。ブロンドのおかっぱでピンクのストライプのワンピースに白いエプロンをつけていた(人形がね)。斜め向かいに座っていた男性の人形はエディ。栗色の髪で薄い緑のTシャツにジーンズのオーバーオールを着ていた。赤毛のアンに出てきそうな雰囲気でかわいい。

from Doodle Marathon.

一方、私の「ひでのぶ」は「ちびっこ浪人」みたいで、髪もぼさぼさしていた。でも紬(?)のちゃんちゃんこみたいなのがよく似合っていた。ひでのぶのこと嫌いじゃなかったけれど、「なんでひでのぶなんだろう…」と、人形の横顔をみながら不思議だった。

from Doodle Marathon.

発音の練習を一通り終えたあと、「Today’s Topic Q&A」の時間になった。これは、先生が「お題」(短い質問)を出してくれて、それに人形が答えるという即答の練習。

この日のお題は「Tell me something that is not so easy to erase(簡単には消えないものはなーに?)」。

スージーは「Red wine stain on the white table cloth(白いテーブルクロスの上の赤ワインのシミ)」と答えた。エディは「Permanent marker(油性マジック)」という短い答え。確かに簡単には消えないね。

私の番がきた。なんて答えようかと戸惑っていると、ひでのぶが「Emotion(感情)」と勝手に答えた。え?勝手に?
そう、勝手に。私は「顔のほくろ」なんてどうかなって思ってたもん。

みんながわたしの方を見た。私はひでのぶの顔を見た。ひでのぶはきょとんとしてみんなの顔をみた。先生が「Emotion, it is. Yes, indeed. It is hard to erase at times. (感情かぁ。そうだね、確かに消し去ることが難しい時があるね)」と言って笑い、スージーとエディもうんうんと頷いた。「例えば?もう少し詳しく説明してよ。」って聞かれるのじゃないかと、少しドキドキしていた。ひでのぶにそんな長い文章を話させる自信がなかったから。浪人小僧のひでのぶは何食わぬ顔して次のお題を待っているようだった。

***そんな夢でした。

ちなみに腹話術師は英語で「ventriloquist」、腹話術は「ventriloquism」。いつまでも覚えられず発音できない単語の一つです。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

カリフラワーの応用:カリフラワー・ナゲット

今日はもうひとつ「美味しかった」の話。

時々カリフラワーに夢中になる。生で食べるなら私はブロッコリーよりもカリフラワーの方が断然好き。この間、カリフラワーがとてもいい値段で売っていたので大きなのを一房買ってきた(180円ほど)。それをフードプロセッサーにかけて細かくポロポロにした♪ これを「カリフラワー・ライス」って呼ぶんだって。ご飯の代わりにこのカリフラワーライスをカレーと一緒に食べたりするとおいしいらしい。水分をぎゅっとしぼっておいて生で食べてもいいし、オリーブオイルで少し炒めてみてもいいらしいよ♪

週末に試してみたのが、このカリフラワー・ライスを使って作るカリフラワー・ナゲット。オリジナルレシピではカリフラワー・トッツって書いてあったけれど、日本人にはきっとナゲットのほうがしっくり来るように思う。簡単だし、たくさん作って冷凍できるし、オーブンで焼くのでとてもローカロリーだし。。。そして、美味しいっ! 言われなかったらカリフラワーだってわかんないと思う~。

カリフラワー・ナゲット

材料 (1C=250cc)

  • カリフラワーライス(フープロでポロポロにしたカリフラワー)3C
  • ネギ 4本ほど 細かく刻む
  • パセリ 大さじ2 細かく刻む
  • チェダーチーズ 1C(なかったのでパルメザンを半カップ)
  • ガーリックパウダー 小さじ1
  • カイヤンペッパー 小さじ半
  • 卵 1個 溶いておく
  • 卵 白身一個分(面倒なので黄身も使った)
  • パン粉 ¾ C
  1. オーブンは205度(400F)に設定。
  2. カリフラワーライスをペーパータオルや布巾に包んで絞って余分な水分を取り除いておく。ボールに入れる。
  3. 残りすべての材料をボールに入れてよく混ぜる。

  4. 大さじ2ほどの量を手に取り、小さなコロッケの様な形にする。薄く油をひいたベーキングシートに並べる。

  5. オーブンに入れて17-20分焼く。ひっくり返して5-10分焼く。焼き色がついていたら(ベーキングシートに面している方)オッケー。

できた☆

簡単でしょー?カリフラワーは生でも食べれるのだし、基本、卵に火が通ればいいのです。冷凍にするなら軽く焼いておいて冷凍にして、食べる時にまたオーブンで温めたらいいかな? 試していないけど、これは冷凍できそうです。

カイヤンペッパーがきいていて少しピリッとするし、カリフラワーだからとっても軽い!最初、私は家にある材料で上のレシピの半分の量を作ったんだけど、あんまり美味しかったので、翌日また作ったよ(笑)。チェダーチーズを入れなくても十分美味しかった。

相方に「ねー、ちょっとこれ、食べてみてよ」ってすすめると、用心深い彼は「何が入ってるのん?」と案の定ためらった。「とにかく、ちょっと食べてみー」という私の押しで一口かじった。

私:どう?どう?どう?? 好き?
相方:うん。It’s OK。(彼の「It’s OK」は「美味しい」という意味はなく「悪くない・食べれないことはない」という意味)
私:何が入ってるかわかる?
相方:豆腐。食感が豆腐っぽい。
私:はーずーれーっ! カリフラワーでしたっ!

結局、私一人で喜んで平らげちゃいましたー。またカリフラワー買ってきて作りたいと思う一品。カイヤンペッパーいれなかったら、子供うけもしそう。ケチャップとかつけて♪

お試しあれ~♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

バナナココアマフィンとおこりんぼうのミツバチ

忘れる前に、マフィンのレシピとミツバチのこと。写真が多いです〜。

真っ黒になって、ヘタの部分を持ち上げたら「もそっ」と落ちてしまうほど熟して(腐りかけて?)いたバナナが3本もあったので、とっても久しぶりにバナナマフィンを作った。ココアも入れて。これがなかなか美味しかったので、レシピを書き留めておいたよ。

バナナココアマフィン

材料(1C=250cc):

  • 熟したバナナ 3本
  • ヨーグルト 3/4 C
  • 卵 1個
  • 植物油 1/4 C
  • 牛乳(豆乳でも)1/4 C
  • バニラエッセンス 小さじ1
  • きび砂糖 2/3 C
  • ココアパウダー(無糖)大さじ2
  • 塩 小さじ半
  • ベーキングソーダ 小さじ1 1/4
  • 小麦粉 12/3 C
  1. バナナを崩す。卵を溶いてヨーグルトに加えて混ぜる。それを潰したバナナに加える。
  2. 植物油、牛乳、バニラを混ぜあわせ、1の中に加えてよく混ぜる。
  3. ここに砂糖を加える。
  4. ココアも加えて混ぜる。
  5. 粉もの(塩、ベーキングソーダ、小麦粉)を予め混ぜあわせておく。これを4の中に加え、サクサクと混ぜる。混ぜすぎない。
  6. 190度(375F)のオーブンで16−19分焼く。

バナナマフィンなんて、あまり珍しいものでもないのだけれど、これ、とてもしっとりとしていて美味しかったよ♪ バナナバナナしすぎず、程よくココアが効いていて。

マフィンを焼いている間に、ちょうど使いきってきらしていたカレンデュラオイルのハンドクリームと、いつものミツロウクリームを作ったよ〜。

ちょっとミツロウの量が少なかったからかな、緩めに仕上がってしまった。このカレンデュラのクリームはとってもよく効きます。ぺとぺとするので、いつも夜にテレビを見ながらマッサージをするようにして塗りこむ。相方のかさっかさの足や腕も、これでずいぶんましになりました♪

さて。ミツバチさんたち。お天気が良い日には、まだまだしっかりと働いている。その時おり、季節の花に集まってきてせっせと花粉集め。

ただね、去年も気づいたんだけれど、夏の終わりにかけては何故か、ミツバチたちの中にとても攻撃的なのがいるのです。こんな風に(↓↓)二匹仲良く一つの花に群がっていることもあるんだけれど。。。

一匹がとまっている花にダイブするように飛んできて、そこにいる蜂をぱちーんと弾き飛ばしてしまうような怒りん坊な子もいる。こういう行動って、春〜夏の始めにはほとんど見かけない。そして、そんな怒りん坊なミツバチは、お尻に花粉をいっぱい付けていることが多い。

で、花に頭をつっこんでいる間、ぷいっと黄色いおしりを空に向けている。

ミツバチたちにもテリトリーがあるのかな。こうして働きにきているのはみんな雌、なんだよね?(だったかな?確か…)

庭でミツバチたちの様子を楽しめるのもあとすこし。ごくろうさま。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

秋の丘の上より。笑うGusと。

もうすっかり、光に秋のフィルターがかかっている。気持ちがいいので久しぶりにゆっくりと丘の上までGusと歩いたよ♪

ちょっと前までは、この長い階段もひょいひょいと駆け上っていたGusだけれど、最近は右膝を傷めたのもあっててくてくてくてくとゆっくりです。使わないと筋肉が衰えてしまうので、少しずつでも登って歩いてを続けないとね〜。

登ってしまうと久しぶりに嗅ぐ丘の上の匂いに興奮して嬉しそうなGus。たちまち笑顔。わかりやすいイヌだ。

夏にお別れを言うのは寂しかったけれど、秋の光と変わっていく木々の色はとてもきれいです。

G:ちょっとまってー。いいにおいがしてたよー。

乾いた草や枯葉の上をかさこそ歩くのも秋の楽しさ。

昔の展望台のそばに立って深呼吸。気持ちのいい一日に感謝です。あまりにも気持ちよすぎて食欲が急上昇。お腹が空いていなくても、常に口に何かを入れてモグモグしていたい気分。やばい。

↓↓↓ この子も。必死にナッツを集めて、食べて、埋めて隠して… 時々こんな風に直立不動になっているのを見かける(笑)

Cheers to the Beautiful Autumn!!! 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪