週末より:Nutribullet とビーツチョコレートケーキ

朝晩、すっかりひんやりとしてきた。あぁ。夏、短すぎっ!
週末、いつもと少し違った景色を見に行くか、と、相方とGusとダウンタウンのハーバー沿いの遊歩道をぐるりと歩いてみた。

用事がない限り近寄らないダウンタウン。エンプレスホテルの前の辺りに群がる人たち。遊歩道も観光客がたくさん行き交っていた。相方が「なんでビクトリアに観光しに来るのだろうね。何を見るんだろうね。」と不思議がっていた。ビクトリアって小さいし安全だし、きっととても観光しやすいんだと思う。エキサイティングなアトラクションがあるわけじゃないけど、ぼぅ~っと海の側を歩いたりするのが好きならいいところかな~。

雨が降らないのでからっからの裏庭では、最後の夏の花たちがちらほら。

夏も終盤にかかると、来年はどうしようかなぁ~って、今年上手くいかなかったことなどをふりかえりながらメモする。今年はお野菜が駄目だった。春先からいつも通り頑張って種を植えたりしたけれど、6月の寒さに野菜と私の気分が萎えてしまった。その後、タヌキにいっぱいいたずらをされ、凹む。今はいんげん豆とズッキーニ少しと青いトマトたちだけ。

終わった野菜の空いたスペースもそのままにしている。というのも、土の調子がイマイチなのです。痩せちゃったかなという気がする。なので、この秋・冬はグリーンマヌアーを植えて少し調子を整える努力をしてみようと思う。

そうそう、2週間ほど前にニュートリブレット(Nutribullet)を買ったのでーす。今まではペーストやスムージーを作ったりパン粉やスパイスミックスを粉砕するのに「マジックブレット」を使っていたんだけど、内側にとりつけるゴムが何度も切れてうっとうしいのでアップグレードした。ニュートリブレットはマジックブレットがパワーアップしたもの。スムージーを作るのがメインのツールみたい。でもVitamix(←気になる。でも高い。)のようにものすごーくパワフルっていうわけでもない。うちの安物のOsterのブレンダーがまだ健在なので、ブレンダーサイズの強力粉砕マシーンはいらないし。。。 で、迷いに迷った挙句、結局シンプルなブレットスタイルのにしちゃった。

良い点:シンプル。洗いやすい。あまりうるさくない。それなりになめらかなスムージーになる。
私たちの普段使いにはコレで十分。ちょっと嬉しくって、買ってからほぼ毎日、スムージー作ったりアイスバー用のジュースを作ったりしてるよ~♪

ブラックベリーの季節なのでベリーとケールがメイン。

で、このニュートリブレットを使って、湯がいて柔らかくしておいたビーツをピューレ状にしまして。それでビーツのチョコレートケーキも作った。

甘さ控えめでとてもしっとりとしていて美味しいと思った。相方も「美味しいねー」といってむしゃむしゃたべていた。「まさかケールとかはいってないよねぇ~、あははっ」って笑って言うから、「ケールははいってないけど、ビーツは入ってるよ。」と教えてあげたところ、ぴたりと食べるのをやめた彼。知らなかったらそれで喜んで食べていたのに~。以前おしっこがピンクになり、理由がわからずドクターに連絡しようとしたことがあったので、今回は教えてあげたんだけど。んもーっ。で、ビーツケーキは今日、職場に持って行ってみんなに食べてもらった。ノープロブレム。

*おまけ:

この子パンダ、めっちゃかわいい。。。「パンダ+瞑想」でググったら出てきた♪

むぅ〜〜。 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

かわいいミツバチたち

今年もミツバチたちをパパラッチしてまーす。どうぞ見てあげてください♪
(クリックで少し拡大します)

7月に入ってからは、裏庭で見かけるミツバチたちの数は去年とあまり変わらないように思う。でも寒かった6月は、素人目に見ても、やってくるミツバチたちは明らかに少なかったな。8月に入ってからは、終わりかけの古いラベンダーにバンブルビー(マルハナバチ)たちが群がってるよ~。バンブルビーたちは蜂蜜を作らないけれど、受粉活動には欠かせない。

うちの庭に咲く花で、ミツバチ・マルハナバチたちに人気のあるものをリストアップすると:

  • 一重のポピー(桃色ポピーです)
  • コーンフラワー(矢車草)
  • フォックスグローブ
  • タイム
  • オレガノ
  • ラベンダー
  • サルビア(ホットリップスとコーラルニンフ)
  • ガクアジサイ
  • ブラックベリーの花
  • エキナセア

頭つっこんでマス。かわいい。

しっかりと香りのあるバラやスイートピーに群がっているのはみかけないよ。

working hard 🙂

A post shared by paprica (@paprica) on

ミツバチたちが働いている様子は、ずぅ〜っと眺めていられる。ときどき人差し指をそっと伸ばしてなでてみたくもなるほど。でもきっと、にんげんの「におい」のようなものが体についたりしたら、巣にもどって追い出されちゃうかもしれないもんね。見てるだけ。

dear honeybees.

A post shared by paprica (@paprica) on

ビデオはインスタグラムにアップすると5分の1ほどのファイルサイズに圧縮されるみたい。便利です。

今日はすこし青い空がもどってきたかな。昇ったばかりの朝日は、まだ異様なオレンジがかった赤い色をしていたけれど、うっすらと普通の青い空が見え始めたかな。スッキリとした透けるような青空が恋しいな。週末少し雨が降るらしい。まだ山火事が続いているエリアにどさりと雨が降ればいいのになぁ。

こんな風(↑)に終わりかけのラベンダーの小さな花に、きゅぅっとしがみついているマルハナバチ。かわいいよね〜。

大人になってからは「バッタ類」の昆虫がとても苦手になってしまったのだけれど(視覚的に、あの足が。。。ダメです)、蜂たちは本当にかわいらしくて、春から秋にかけての時期が楽しみ。で、パパラッチになって毎年同じような写真を撮っていまーす。

見てくださってありがとう〜。元気な週末を!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

small happiness

お昼休みの散歩で出会った「Rose of Sharon」。空を向いてこんな風に元気に咲いている。

結構な大きさに育つのに、キャンパスでは植木鉢に植えられいるのもある。乾燥に強い種みたいよ。ハイビスカスみたいで、他の花が咲終わった8月にも元気いっぱい。チェックチェック、夏の花。

夕方庭の奥で、今日のスムージーを作る分のブラックベリーを集める。水やりをしないところで放ったらかしにされているというのに、つやつや光ってる。小粒だけど。

こうして手のひらに「実」の重みを感じながら、「収穫する」という作業から得る幸せはとても柔らかい粒子のようだと思う。染み込んで広がる。スマホばかりのぞいている子どもたちや若者たちの手をとって、代わりにその手のひらにベリーやプチトマトをのせてあげたいと思ったりする。大きなお世話かな。

草むらの中で見つけた汚いテニスボールをくわえて得意げなGus。

今日のトロフィー。Gusは他の小動物のハンティングはできないけど(一応、そういう血も流れていんだけど、先にガウガウ言うのでみんな逃げちゃう)、テニスボールを見つける能力はすごい。家にごろごろ転がっているボールの殆どは、Gusのトロフィー。

もひとつ、Gus。朝の散歩のあと、Kong(ゴム製で中に果物などを詰められるようになってるモノ)をくわえて、「Kongつめてーーっ!」と走り寄ってくるGus。この顔みるたびに「I love this pooch…」って思う。

うれしそうなこと。毎朝のことなので、「Kong」という単語はわかるのです。「Gus、Kongもっておいでっ!」っていうと、しゃーーーーっっと走り回ってKong探知犬になるよー。

こんな風な日常の小さな幸せがとてもありがたいな。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

BC州の祝日より

今日はBC州の祝日♪ つまり三連休の三日目。三日間、目覚ましなしで自然に目覚められるっていうのは幸せ。今日もスッキリとした青空は見えず、そのせいか気持ちも「でれぇ〜」としていた。テキパキ、すっきりした気持ちで行動できない一日。これを全て空に漂う薄い煙雲のせいにするのも申し訳ないのだけど。こういう「でれれん」の日には、きれいなものや好きなことをして身の回りを固めると良い、気がする。

最後の一輪。黄色ちゃん。今年はたくさん花をつけてくれたね〜。また来年もよろしくね。黄色ちゃんが咲いていると、庭に明かりがともっているようです。

咲いて二年目のエキナセア。

ガーデンストアで枯れて種をつけていたのを見つけ、その種だけを幾つか頂戴して来たのが二年前(そぅ、種をつまんでもらってきたの)。去年よりもずっと背を伸ばし、私の耳のあたりまで大きくなったのもある。でも、何故か、今年はふわっと花びらを開いて二日ほどするとこの通り(↑↑)。花びらを下向きに閉じちゃっている。なんでかなー。でも、このツンツンとした丸い頭にミツバチたちが集まってきてるよ♪

なかなか発芽しなくて苦戦した「ラークスパー」(だと思う)。ラークスパーは発芽させる(種を植える)二週間ほど前は冷蔵庫などで種を冷やしておくといい、って読んだよ。来年やってみよう。少し日陰でも育つし、8月に入ってからこうして涼しげに咲いてくれるので好き。葉っぱも「水草」みたいで可愛らしい。

Gusといつもの散歩。海は青いけど、空は奇妙な色のところもあり、うっすらと青空がのぞいているところもあり。天気予報は晴れなのに、青空が見えないとどうも中途半端な気分になる。空を見ながらぶつぶつ言っているときに、ふと目に入った小人の村。

前に見た時よりもメンバーが増えている気がする。

子供たちの世界では、ひとつひとつのキャラクターがすっかり動き出して会話をしているんだろうな。大人の私がみていても、声が聞こえてきそうだもん。夜になると明かりが灯りそうなお家♪

すっかり乾燥してしまってからからの丘の上へ。この時期は、スピアグラス(猫じゃらしみたいな草)があるせいで、丘にやって来るワンコが激減する。スピアグラスが肉球の間に入ったり、耳に忍び込むと大変だから。Gusも夏の間は小道を歩くだけで、草むらの中に入るのは禁止です〜。

ぼくちん、あついっす。

オーブン使って焼き菓子作る気分でもなく…

でも依然、お家アイスバー熱は冷めない(笑)。今日のはピーチスムージーみたいなのがベースで、イチゴとブルーベリーとモモを小さく切ったのを詰めたもの。

食感がシャーベットみたいでとてもさっぱりしているので好き〜。少し甘みが足りないな、というときだけ蜂蜜をいれるよ♪ ブラックベリーが採れ始めたので、次はブラックベリーベースのアイスだ。。。うしし♡

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

庭のちっち三兄弟

BC州の過去に例を見ない山火事の影響で、ビクトリア上空もうっすらと煙に覆われている日々が続いている。今日で。。。5日目かな。朝日もお月さまも怪しげなオレンジ色をしている。青空が恋しいな。先週末は青空が広がり暑いほどのお天気だった。そのときに撮っておいた「ちっち三兄弟」を紹介しちゃおう♪
(クリックで少し大きくなります)

ちょっと前にここでも紹介した小鳥の「ちっちたち」。すっかり大きくなったよ~。

あのときはまだ羽毛がフサフサで、飛ぶというよりも枝と枝の間をちょんちょんと飛び跳ねて飛行練習していた感じだった。チチチチチチっていう歌声がポピーシードのようでかわいらしくて、いつも3羽一緒にいるので「チッチ三兄弟」って呼んで眺めている。

巣立ちをしたのだろうけれど、うちの裏庭がメインの遊び場なのか、庭にいると木々の間を飛び回っているのをよく見かける。…と、私は勝手に「あの同じ3羽だ」と信じている。そのほうが親しみがわいて楽しい♪

体の大きさとパターンで調べてみるとどうやらチカディー種(Chickadee)で、「Black-capped chickadee 」または「Chestnut-backed chickadee」みたい。頭の色が黒か栗色かで見分けるらしい。どちらも体は12cmほどの大きさで習性や生息地もとても良く似ている。

この子たちは多分、栗色チカディー。チカディー種の中でも一番「ハンサム」っていわれているらしいヨ。

鳥のフィーダーにプラスチックの帽子をかぶせてから、リスたちがいたずらをすることもなくなった様子(…というか、今はナッツが溢れているのでそっちを食べつくすのに忙しい)。チッチたちがこのフィーダーを見つけたのは2週間ほど前のこと。楽しそうに食べる食べる。

かわいらしい♪

フィーダーをひっかけているりんごの木からチチチチチチと聞こえるので、しばらくじっと側に立っていると、ちょこんとフィーダーに飛び移ってくる。3兄弟のうちの一羽は好奇心が旺盛なのか、私がすぐそばにいてもじーーーーっとこちらを見ていたりする。野生の動物たちが自分を恐れずにいてくれてアイコンタクトをとれたりすると、とても嬉しくなるもの。ただの偶然でも、その瞬間だけは友達になれたみたいで。

チカディー種の小鳥たちは、普通、フィーダーのふちに捕まってそこで餌をつつくことはないんだって。一粒拾って近くの枝に飛び移り、上手に足で抑えてゆっくりと食べる。くちばしを枝にこすりつけてきれいにする。で、また拾いに来る。実際にそんな風にして餌をつついている。
↓↓のビデオでそうやって食べているところが写ってます♪

なんだけど、最近はフィーダーにやってきて、そこでしばらく餌をツンツンしていることがある。慣れてきたからかな。チッチたち、あんまり油断しすぎちゃだめよ~。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪